poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 日常つれづれ > あぁ、私としたことが・・・自宅内で発見した物体に愕然としました

あぁ、私としたことが・・・自宅内で発見した物体に愕然としました

不要な物は持たない主義のpooh。
常に身辺の整理整頓を怠らず、「不要」とみなした物は潔く手放してきました。
子供の頃からの鍛錬で身につけたこの習慣は、今やpoohのアイデンティティ(←大袈裟)だと自負していたのです。

しかし、この期に及んで、まさかの失態。

なんということでしょう・・・こんな物体を手元に残していたとは(赤面)
2016040201.jpg
やけに膨らんだ6冊のノート。
普段使っていない収納スペースにて発見してしまいました。

ノート6冊なんてたいしたことない・・・と思った方もいるかもしれません。
実はこれら、それぞれかなり分厚く膨らんでいるので、積み上げると20㎝以上になるのです。
その体積を計算すると
25.7✕18.2✕20㎝=9354立方cm・・・バカにならない大きさです。

ごく普通のノートが、どうしてこんなに膨らんでいるのでしょうか?
それはpoohが会社員だった頃の給与明細&源泉徴収票等がビッチリと糊付けされているから。
言うならば、poohの個人情報のカタマリ(汗)

ページをめくってみたところ、最も古い日付は2005年。
6冊のノートには、会社を退職した2013年までの9年間のデータが収まっていました。

これは早々に処分せねばなりません。
退職して3年・・・かつての給与明細が必要になる機会など、もう絶対ないはずです。

更に、各ノートには会社関係以外にも、当時の電気&ガスの使用明細票、病院で発行された領収書等もご丁寧に貼ってありました。
感熱紙印刷の物は既に判読不能という有様・・・

いやはや参りました。
なんせ、こういった書類は処分に膨大な手間がかかるのです。
ただの使い古しのノートならば「紙ゴミ」として袋に入れれば終わりなのに、個人情報となるとシュレッダーにかけなくてはなりません。

そんな中、我が家のシュレッダーは手動の小型タイプで、1度に数枚の紙を挿入すると即目詰まりしてしまうチャチな代物。
ノートから1枚ずつ剥がしながら作業する必要もあるのです。
あぁ、こんなに大量の不要書類を後生大事に保管していた自分が恨めしい・・・

教訓:書類の処分はコマメに実施せよ。

暇をみてはノートをベリベリ破き、シュレッダーにかけるのがpoohの日課となりました。
かつての自分の記録を見返すこともなく、黙々と機械的に作業しています。
しかし、あまりにも膨大な量なので、まだまだ終わりは見えません。

「今後はこのようなことがないよう気をつけねば」
給与明細という紙切れとはすっかり無縁となった今、ムダと知りつつ自分を戒めています。
己の過去を消し去るために、今日もハンドルをクルクル回すpoohなのでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

コメント

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL