poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > 手作りご飯 > 「だし生活」は私の日常

「だし生活」は私の日常

先日、テレビで紹介されていました。
「だし生活」なるものが、最近ブームになっているそうです。

<「だし生活」とは?>
ライター・梅津有希子による著書「だし生活、はじめました。」(祥伝社)を元にしたキーワード。


自分でだしを取るのは意外と簡単。
市販の顆粒だしよりも美味しいし、塩分摂取量も減って健康的。
さぁ皆さん、自分でだしを取りましょう!
・・・というのが、「だし生活」を推奨する梅津さんの主張です。

フムフムとうなずきつつも、あえてこの本を手にする必要もないかな? と感じるpooh。
だってpoohにとっては「だし生活」は日常に過ぎません。
普段からだしは自分で取るのが習慣です。

「自分でだし取り」と言うと、「面倒くさいでしょ?」と問われることも多いですが、テレビで梅津さん自身が話していた通り、さほど難しいものではありません。
昆布を水に漬けておき、加熱途中で取り出した後、ザルに入れた鰹節をそのまま鍋に入れて数分おけば基本の一番だしは完成です。
鰹節はザルごとあげるので、漉す必要もありません。

煮干だしならもっと簡単です。
頭とハラワタを取った煮干を水に入れて煮立たせればOKです。
我が家のお味噌汁はその時の気分でだし素材を変えています。
切干大根や干シイタケ等の乾物も、何かと重宝していますね。

かなりテキトーなpooh流だし取り、それでも市販の顆粒だしとの味の違いは明確です。
天然だしに慣れた身には、化学調味料の味はのっぺりと平坦な印象に感じます。
さほど手間にもならないし、自分で取る方が断然美味しいので、今後もずっと続けていくつもり。

そんなpoohの「だし生活」の一片を今回は皆さんにご披露しましょう。
先日の自家製手巻きシラタキのおでん(→2/5の記事)も、もちろん「おでんの素」の類に頼ることなく作りました。
2016020404.jpg
だしは昆布+鰹節。
味付けはシンプルに塩と薄口醤油です。
これにチクワやさつま揚げ等からの旨味が加わって、なかなか美味しい一品になりました。

3日間おでんを堪能した後は、旨味をたっぷり吸った汁が残ります。
状況によっては捨ててしまうこともあるけれど、poohは高野豆腐に煮含めたり、次の煮物に使ったりと再利用を心掛けています。
地球に優しいエコ活動の一環にもなるし、超簡単に美味しい一品が作れるのですから、これを利用しない手はありません。

今回のおでんの汁は何にしよう・・・と考えた結果
2016020630.jpg
冷ご飯と卵、大根を用意しました。

大根を千切り、葉っぱも小口切りにして汁で煮込み、ご飯も加えてクツクツと。
仕上げに溶き卵を入れ、サッとかき混ぜれば完成!
2016020631.jpg
本日のランチは「だし工房poohの卵雑炊」!

リメイク料理とは思えないほどの美味しさに大満足でした。
もちろん顆粒だしのおでん汁でも作れるものではありますが、やっぱり天然の味が一番です。

手軽に楽しめる「だし生活」。
ブームと言うと一過性で終わるものも多いけれど、これに関しては今後も廃れることなく浸透していけばいいなと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

コメント

post
2016-02-07 19:57 
新宿ぴろ No.4722
最近拝見させて頂いております。
きっかけは、招き猫の右手さん からのリンクです。
どちらにも、共感するところが多いんです。
poohさんには、自転車で食材を仕入れに行く場面、シラタキ自作の場面など共感します。
時間や体力に余力があるのであれば、その方が良いハズです。と思っています。
自分なりの費用対効果しだいですよね。
poohさんファミリーには、費用対効果プラス、暖かさを感じています。



2016-02-07 21:43  新宿ぴろさん、はじめまして!
pooh No.4723
会社勤めをしていた頃は何よりも時間優先、悠長なことは避けていたのですが、今やすっかり手間暇を惜しまなくなりました。
これも時間の余裕があるからこそですね(^^)
ささやかな毎日ですが、今後もあれこれ綴っていこうと思いますので、また遊びにいらして下さい。
2016-02-08 18:10  はじめまして
ラーダ・ドゥーナ No.4724
はじめまして
私もたぶん、同じ番組を見たと思います。

で、感じたことは・・・

「あの~、うちでも普通に実践してますけど?」的な内容でした。
ダンナの血圧が高いので、出汁をとってなるべく塩分を控える料理を作っています。

鰹節に昆布に干ししいたけ、いりこ出汁など・・・。
世の中の人はそんなに「出汁を取るってたいへ~ん!」と思っているのか!と逆にびっくりぽんでした。

出汁というかブイヨンというか、そういう旨みを料理で利用するにしても、日本の出汁は独特だそうですね。

poohさんもそのようですが、出汁は料理によって変えますよね~
豚汁には干しシイタケと昆布とか(具にも使えるし)
うちでは餃子を作る時も干しシイタケを戻して、戻したシイタケは具にし、戻し汁で餃子の皮を包みます。
2016-02-08 18:59  ラーダ・ドゥーナさん、はじめまして!
pooh No.4725
だしの味がしっかりしていると、その他の味付けはシンプルに済むので楽ですよね。
特に干シイタケのもどし汁は絶品だと私も常々感じています。
昔の人の知恵ってスゴイです。
是非とも後世まで残さねば! ですね(^^)
2016-04-05 16:34 
パン好き No.5019 [Edit]
古い記事の質問ですが、ここでいいのかな?
カツオ節はどのくらい入れていますか?
この記事を読み、なるべくだしを取るようにしてますが
削り節の袋には
水800㏄に対し、20グラムとのこと
削り節だけでも100円ぐらいかかるのですが
どのようにされてますか?
2016-04-05 17:57  パン好きさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.5020
私は、その半量程度で済ませちゃってます(笑)
しかも本物の鰹節ではなく、さば・むろあじの混合節(140g入り¥300程度)なのでかなり安上がりですね。
お味噌汁1回(2人分)で鰹節コストは¥10程度です。
でも、さほど味に不足は感じていません。
やっぱりビンボー舌なのかもしれませんねぇ。
2016-04-07 11:38 
パン好き No.5027 [Edit]
返答ありがとうございます。
参考にさせてもらいます。
毎日の更新は大変でしょうが、
楽しみにしてます。
無理せずに続けていただきたいです。
2016-04-07 12:01  パン好きさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.5028
いえいえ、お役に立てるような情報ではないので、お礼まで言って頂けると照れちゃいます(^^)
私自身、脱力モード全開でやっていますので、今後もお気軽にご覧下さいね~。
Comment form

トラックバック

Trackback URL