poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 読書・テレビ・映画 > ドラマ「下町ロケット」を見ていると、男性が羨ましくなっちゃいます

ドラマ「下町ロケット」を見ていると、男性が羨ましくなっちゃいます

今クールのテレビドラマは「下町ロケット」がダントツで評判いいみたいですね。
poohも楽しく2週分を見ました。
にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ
日常の小さなできごとを愛する生活

<ドラマ「下町ロケット」とは?>
TBS日曜劇場で10/18よりスタートしたテレビドラマ(毎週日曜21:00~)。
研究者の道をあきらめ、家業の町工場を継いだ佃航平(阿部寛)は、製品開発で業績を伸ばしていたが、商売敵の大手メーカーから理不尽な特許侵害で訴えられる。
圧倒的な形勢不利の中で取引先を失い、資金繰りに窮する中、国産ロケットを開発する巨大企業・帝国重工が、佃製作所が有するある部品の特許技術に食指を伸ばしてきた。
特許を売れば窮地を脱することができる。
だが、その技術には佃の夢が詰まっていた・・・さて、どうなる?

※参考:TBSのオフィシャルHP(→こちら)

原作は2010年に発行された池井戸潤の小説(第145回直木賞受賞作)です。
poohも昨年読みましたが、池井戸作品らしいスピード感にすっかり夢中になりました。
現在、朝日新聞で続編が連載されており、11月には単行本が出版される予定とのこと。
こちらもぜひ読みたいなぁと、今から楽しみにしています。

さてそんな「下町ロケット」、ドラマの方も作り手側の意気込みをダイレクトに感じる作品です。
主役の阿部寛はもちろん、個性派ぞろいの脇役陣の熱演ぶりが見ものでしょう。
吉川晃司、安田顕、立川談春、池畑慎之助・・・各自それぞれ眼光鋭くドアップでテレビ画面に登場するさまは、まさに「顔芸」、「歌舞伎芸」(笑)
「日曜劇場、ここにあり!」と、つい叫んでしまいそうです。
※参考:10/21のYahoo!ニュース 「下町ロケット『顔芸対決』」が話題」(→こちら)

そんなこんなですっかり日曜日が楽しみになったpoohですが、このドラマを見ていると40代、50代の男性に羨ましさを感じます。

男性はシワも白髪も武器になるんですもの!

「ノンノボーイフレンド」としてモデルデビューした頃(1983年)から目にしている阿部寛、もちろん当時からバリバリのイケメンでしたが、今の方が断然魅力的。
バタ臭いハンサム(失礼)でしかなかった「アベちゃん」が、目尻のシワが加わったことによって、「こなれ感」漂う大人の男性になったのは、ここ最近の活躍ぶりにも顕著に表れています。

吉川晃司も然りです。
彼が「モニカ」でデビューしたのは1984年。
今回久々に目にした彼の髪が真っ白になっていることにビックリしました。
しかしドラマを見ているうちに、彼が「衰え」を全く感じさせないことに再び驚愕したのです。
白髪というより「シルバーアッシュ」というくらいの洗練感に満ち溢れていて、超ステキ♡

40代を迎えてからどんどん進行している白髪・たるみに悩んでいるpooh。
(丸顔のせいか、シワよりたるみの方が気になるタイプです)
シワも白髪もカッコよさに繋がる男性陣に憧れすら感じました。

よくよく考えてみると、女優さんにはこういうタイプは見かけません。
同じく「下町ロケット」に出演している倍賞美津子あたりがその線なのでしょうが、彼女は68歳。
pooh世代とはちょっと離れすぎているのです。
40~50代で「年齢相応」を感じさせる女優というと・・・思いつかないものですね。

薬師丸ひろ子(51歳)、天海祐希(48歳)、永作博美(45歳)、檀れい(44歳)、常盤貴子(43歳)、鈴木砂羽(43歳)・・・キレイな女優さんは沢山います。
「下町ロケット」なら真矢ミキ(51歳)・・・って言うか、ほとんど男性ばかりのドラマなので、あとは先述の賠償美津子と土屋太鳳ちゃんしかいないのですが(笑)

それにしても、どの女優さんも年齢相応というよりは、「年齢よりも若く見える」という表現が的確。
ツルツルお肌、白髪など1本もないロングヘアを保つことが「美しさ」の必須条件とも言えましょう。
なんだかんだ言っても「女性の美しさ=若さ」が現実なのです・・・。

こんなところにも男女間の違いがあるのかと、しみじみ感じています。
もちろん阿部寛も吉川晃司も恵俊彰も杉良太郎も、皆、昔と変わらない体型をキープしているからこそということも忘れてはなりません。
芸能人を目標にするのはおこがましいと思いつつも、poohも迫りくる老化と戦わねば!

大人の男の魅力でいっぱいの「下町ロケット」、今後も目が離せません。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

コメント

post
2015-10-27 21:26 
retire2k No.4228
安田顕は『アオイホノオ』の庵野役のイメージが強かったのですが
あの無表情の役から今回の顔芸には笑いましたw
今後ひっぱりダコになりそうですね。
2015-10-27 21:36  retire2kさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4229
ヤスケン、いい味出してますよね~。
彼も20代の頃は「ただのハンサム」だったのですが、いい感じに年齢を重ねたように思います。
青いヒゲ跡に「大人の男の色気」を感じますねぇ(^^)
2015-10-28 05:45 
mudman No.4230
poohさんにつられて見てみました^^;)
久しぶりに吉川晃司さんを見た感想ですが、やべー吉川晃司マジかっけー!
私も在職中は毎日バルブの部品を作っていたのでドラマ面白かったですよ。

それにしても離婚の理由がカスみたいな嫁ですねwうちの会社もそうでしたが、中小企業の社長がどれほど資金繰りが大変かまるで解ってない。
2015-10-28 07:42  mudmanさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4231
おおっ! ご覧になりましたか。
初回は2時間スペシャルだったから、2回分と言えど、かなりのボリュームだったのでは?

吉川晃司のようなタイプは、年を取るに従い太って見る影もなく・・・というケースが多いのですが(笑)、相変わらずのスタイルの良さですよね。
やっぱり体型キープは大事だなぁと痛感します。
2015-10-28 09:50 
安田顕さん、初めて見たのは「水曜どうでしょう」
の激闘、西表島、寝釣り対決でした。
明かりの無い、真っ暗やみの中で進む、手に汗握る対決でした^^
まぁ、テレビでは、真っ暗で何も映って無い音声だけの画面が流れる衝撃映像なんですけど。
安田顕さんの、onちゃんも素敵でした。
安田顕、牛乳早飲み後のリバースキラキラ映像は、リバースをキラキラで隠す最初じゃ無かったのかな?

阿部寛さん、どんどんかっこよくなります。
テレビドラマの「トリック」が最高だった^^
テルマエロマエも良かったけど。


2015-10-28 11:36  いろいろでセカンドライフさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4233
ヤスケンと言えば「水曜どうでしょう」のオマケ的存在でしたが、いつのまにかいいバイプレイヤーになりましたよね~。
阿部寛の「はいからさんが通る」での役者デビューの際は、「モデルのままでいれば良いのに」と悲しんだ私でしたが、今や彼は超売れっ子(^^)
ここまで来るまでに、かなり努力されたんでしょうね。
男の顔は生き様、良い例だと思います。
2015-10-28 14:43  私も見てます
パルタ7 No.4234
こんにちは。
私も下町ロケットを見てます。色んな役者が出ていますが、吉川晃司がいい味出してますね。シンガーよりも役者の方がはまっている感じがします。数年前の映画「必死剣 鳥刺し(主演:豊川悦司、原作:藤沢周平)」でも素晴らしい演技を見せていました。どんどんTV、映画で活躍して欲しい役者の一人です。
2015-10-28 14:57  パルタ7さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4235
「必死剣 鳥刺し」での評判、そういえば耳にした記憶があります。
いつの間にか渋い俳優さんになりましたよね。
「モニカ」のピンクのスーツも似合っていたけれど、今のカッコよさもたまりません♡
Comment form

トラックバック

Trackback URL