poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > 生活いろいろ > 物忘れをしないために私が実践していること

物忘れをしないために私が実践していること

家族や友人たちと会話をしていると、「よく、そんなこと覚えているね~」と驚かれることがしばしばあります。
確かにpooh、もの覚えが良い方です。
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

学生時代も暗記物が得意でした。
日常生活においても、人の名前や出来事が思い出せなくて困るという経験は少ないです。
子供の頃の思い出も細かく覚えているし、「あれは○歳の頃・・・」とキッチリ把握しています。

この秘訣は何なのか、改めて自身を振り返ってみました。

<その①>映像で記憶する。
poohは物事を視覚で記憶しています。
過去の出来事を思い出す時は、常にその時のシーンが目に浮かぶのです。

父の仕事の関係で引っ越しが多かったこともあり、「4歳~6歳まで住んでいた土地」、「15歳~18歳まで住んでいた街」と、そのつど状況と共に時系列データが自然とくっついてくるのです。
そのため、「あの出来事は○歳の時」とスラスラ口に出てくるという訳です。

ちなみに夫・ケッチーくんは幼少時から就職直前まで同じ家で過ごしました。
そんな彼には、この記憶術は不向きなようです。
ずっと同じ場所、同じ友人と過ごしてきた彼とは正反対の生活だったからこそ、成り立つ記憶法なのかもしれません。

<その②>呪文で記憶する。
学生時代はテスト前に、あれやこれやと頭に詰め込んだものでした。
しかし、単調に単語や固有名詞を覚えるのは効率が悪いです。
例えば、47都道府県の名前を覚える時、北から「北海道・青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島・・」と1つ1つ順番に覚えるのは手間ばかりかかって、なかなか頭に入りません。

そんな時、poohは頭の文字だけを並べてしまいます。
「ほ・あ・あ・い・や・み・ふ」
「ほああいやみふ」・・・なんだか呪文みたいですが、これで北海道から東北地方まではOK。
関東地方は「とぐいさとかち」(栃木・群馬・茨木・埼玉・東京・神奈川・千葉)です。

意味不明の呪文ですが、これを実際に口に出して数回読んでみるとアラ不思議。
サラッと記憶出来てしまいます。
これをベースにして、各県名を肉付けすればOKという訳です。

<その③>好きなものに置き換えて記憶する。
人間、好きなもののことは瞬時にインプットできるものです。
例えば②の方法で「ふさおなくみか」(福岡・佐賀・大分・長崎・熊本・宮崎・鹿児島)と記憶した九州地方、これにpoohは以下を置き換えます。

福岡→辛子明太子、佐賀→有田焼き、大分→マンガ「デトロイトメタルシティ」、長崎→ちゃんぽん、熊本→くまモン、宮崎→冷や汁、鹿児島→黒豚

食べ物の中になぜか食器やマンガ、ゆるキャラ等が散りばめられていますが(笑)、とにかく「自分が好きなもの」をイメージすれば良いのです。
これを反芻しているうちに、「有田焼きの器に盛った明太子」、「長崎ちゃんぽんを食べるヨハネ・クラウザーⅡ世」、「冷や汁を食べるくまモンに寄り添う黒豚」が頭の中に焼き付きます。
なんともシュールな映像ですが(笑)、インパクトがあるのでイヤでも覚えられます。

記憶方法には人によって得意不得意があるそうです。
poohは視覚やリズムで脳に刷り込みをはかるタイプですが、「耳で聴いた言葉が覚えやすい」という方も結構多いとのこと。
運動神経によっては「腕立て伏せをしている時がベスト」という人もいるくらいですから、あれこれ試してみるのも面白いかもしれません。

これから老後に向かって衰えていく脳みそを、どう鍛えていこうか・・・poohも研究していこうと思います。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

コメント

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL