poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > マイホーム・家庭菜園 > 遅れ気味です・・・果たして間に合うのか?

遅れ気味です・・・果たして間に合うのか?

夏季に食べる野菜は、家庭菜園の収穫物でほぼ賄うのが恒例のpooh家。
昨年の家計簿の「野菜代」は7月¥721、8月¥329、9月¥386と超激安でした。
にほんブログ村 トラコミュ みんなで楽しく家庭菜園へ
みんなで楽しく家庭菜園

しかし、野菜代は抑えられても、家庭菜園は純粋なる「節約」にはなりません。
食費とは別項目の「家庭菜園」の2014年度支出額は¥4,220。
種や苗、肥料などにそれなりにお金がかかっているのです。

土地にかかる費用もバカになりません。
持ち家の我が家は庭で野菜を作っていますが、そのスペースにかけている固定資産税を考慮すると、市販の野菜を購入した方がずっと安上がりなのです。

この件に関してはちょうど1年前にも記事にまとめています。
<参考記事>「家庭菜園は『節約』にはならない・・・」(→2014年6/10の記事)

家庭菜園は趣味でしか成り立たないものなのです。
「趣味」というと、かかるコストもついつい甘くなりがちですが、我が家ではきっちり財布のヒモを締めています。
ムダのないよう、冬のうちから畑の図面を引き、今年も計画的に準備を進めていました。
今年はコスト削減に向けて、新規の技を導入したのです。

我が家は毎年20種類以上の作物を作っています。
本年・前年に用意した苗&種をまとめてみました。
家庭菜園初期投資
金額欄が空欄の野菜は、前の年に余った種を利用した物です。
パセリは二年草なので、本年は前年の苗を使い回し中(→5/23の記事)

作る作物は同じなのに、前年2千円以上かけていたコストが本年は¥567、4分の1に減りました。
その理由は「本年は苗を購入しなかった」からです。

pooh家、苗の自家栽培に成功しました!
先述の「コスト削減に向けた新規の技」はコレ↑。

前年のトマトやキュウリを見ると、苗の市価は1本¥95。
しかし種で購入すれば、数十粒で¥54~¥243です。
もちろん一度に全部蒔く必要はありません。
乾燥した冷暗所できちんと保管すれば来年度にも使用できるのですから、種の方が断然コスパに優れているのです。
(ただし古い種は発芽率が低下することも忘れてはなりません)

小さなポットに種を蒔いたのが5月初旬。
CIMG2770.jpg
それが今や、こんなに大きく育ちました!
CIMG2944.jpg

吹けば飛ぶような小さな種だったトマトも、立派に苗として成長しました。
CIMG2946.jpg
既に一部は畑に植え替え済み、画像の苗たちももうすぐ畑に引越します。

しかし、ここまで育てる苦労といったら並大抵のものではありませんでした。
基本は室内でしたが、気温の上昇と共にリビング隣のサンルーム、晴れた日は外へと、毎日せっせと移動させていたのです。

水やりも大変でした。
発芽したてのか弱い芽が折れないよう、霧吹きを使って1つ1つチマチマと行なっていたのです。
最盛期は50個以上のポットがあったので、水やりだけで30分、それを朝夕2回実施していました。
1日のうち水やりに1時間・・・道楽者にしかできない芸当です(笑)

こんな手間をかけること1ヶ月以上、その結果減らしたコストが
¥2,235-¥567=¥1,668では割が合わないにも程があるというもの(苦笑)

しかし我が家はこれで満足です。
自分たちで丹精込めて育て上げたんですもの、愛着も倍増なのですから。

種から始めたことで、やや遅れ気味の家庭菜園。
それでも近日中に畑に植えて1ヶ月もすれば、ズッキーニやキュウリが楽しめることでしょう。
夏に賑やかになる食卓を夢見て、今日もポットの水やりに勤しんでいます。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

コメント

post
2015-06-10 17:58  育ての親
たんちん No.3437
大変なんですね、食べる事しか考えてないから苦労を知りませんでした。

うちの家では見切り商品を嫁さんに探してもらいますわ。

種から育つと可愛いでしょうね。
2015-06-10 18:55  たんちんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3438
最初に種を見た時は「これで本当に苗になるのか・・・」と心配しましたが、ちゃんと育つものですね。
発芽したての芽は鼻息ででも倒れちゃうくらいか弱いので、本当に息を止めて水やりしていましたよ(笑)
このまま順調に育って欲しいものです(^^)
2015-06-10 23:13 
祝詞婆 No.3439
半額の苗しか買いませんが、今年は、
つい、できあいの苗を買ってしまいました。チト、反省してます。

できあいの苗、とくに接ぎ木苗って高いですね~
手間賃ということなんでしょうね。
2015-06-11 01:14 
yazirobe777 No.3440
こんばんは
自分トマトなら栽培したことはありますが、まったくコスト度外視でした。
コストよりおいしそうない品種に目が行きがち、
最近はやらないのですが、ベランダ農業を再開しようかな?
2015-06-11 06:34 
ヒロ No.3441
>固定資産税を考慮すると
この部分、色々な方のブログを見ても、これを書いてあるのはpoohさんのブログが初めてでした
家庭菜園にしなくても、かかると思いますが、もし、家庭菜園をしなかった場合、固定資産税に勝つものは、何でしょうか?

トマトの種、ほぼ全て苗となり、ベランダがジャングル状態になったことがあります。あの茎や葉が毒でなければ、炒めて食べたかったです。(笑)
2015-06-11 06:41  祝詞婆さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3442
市販の苗って高いなと以前は感じていましたが、いざ自分でやってみると、納得価格だとわかりました。
冬のうちから温室で育てるのでしょうから、暖房費もかかるし、輸送コストも結構なものでしょうしね。
¥300くらいする接ぎ木苗に対しても、当然そのくらいするよなぁと見る目が変わりました。
いつか、自分で接ぎ木苗を作るかも・・・いや、これはさすがにないと思います(笑)
2015-06-11 06:44  yazirobe777さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3443
賃貸マンション暮らしの時、我が家もベランダ栽培しましたよ!
あれはあれで楽しいんですよね。
人間って、やっぱりどこかで土を愛おしむ気持ちがあるのかもしれませんね(^^)
2015-06-11 06:50  ヒロさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3444
家庭菜園以外の庭の有効活用・・・何かあるかなぁ?
そう考えると、少額でも足しになる家庭菜園が一番コスパが良いかもしれませんね。

発芽した芽がどんどん大きくなって間引きを実行した時は、まさに断腸の思いでした。
間引かれてしまう芽たちの悲鳴が頭に響き渡りましたよ・・・って、思い入れが強すぎて、すっかり植物を擬人化しています(笑)
2015-06-11 11:05 
たねっち No.3445
ずっと楽しく拝見していました。

関東で家庭菜園をやっている身からすると、北海道だと何月まで収穫できる
のかなとひとごとながら心配しました。

家庭菜園以外の庭の活用だと、ウチは仏様のお花を育てて
日ごろのお墓参りなどに使っています。
お花は結構高いので、種代だけで仏花も用意できるし、
自宅も飾れます。

次は「食べ蒔き」にトライするのもアリかもしれません。
種代がタダになりますよー。

観葉植物もたのしめますし。
2015-06-11 11:30  たねっちさん、はじめまして!
pooh No.3446
収穫は毎年9月下旬までです。
ピーマンやシシトウは10月半ばくらいまでなんとかギリギリ持つというところ、ポットの苗たちも早く大きくなって欲しいです。

お花の栽培もいいですよね。
我が家にもちょこちょこ植えてあります。
今はアイリスが花盛り、こういうところで季節の移り変わりを感じられるのも庭のいいところだなぁと思います(^^)
2015-06-11 17:00 
たかみん No.3448
我が家も市民農園を借りて家庭菜園を楽しんでいますが、夏野菜の苗作りまでされるとは、さすがですね!
うちも今年、珍しい品種のトマトを種まきから始めましたが、植え付けまで長くて半分後悔してました(笑)
それなのに、昨年のこぼれ種で、大葉、トマト、カボチャなどがいっぱい自然発芽して嬉しいやら寂しいやら…(苦笑)
お互い、収穫が楽しみですね!
2015-06-11 17:32  たかみんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3452
珍しい品種の野菜、最近いろいろ見かけますよね。
私もイタリアントマト等に興味深々ですが、今の所ベーシックなもの中心です。
どんどん大きくなる野菜を見るのは本当に楽しいですよね。
早く食べたい・・・と今から食い意地張ってます(笑)
2015-06-11 22:41 
No.3454
うちも、シソが収穫可能になるまでに1ヶ月半もかかりました。
春菊も種ですが、やはり収穫まで2ヶ月近くかかります。
プランター直撒きなので、その間食べられもしない植物にプランターを占有されるという弊害も…。気温の低い4月は、シソの生長も遅いです。

来年からは、あらかじめ室内のポットで育てる方法で、場所と時間の節約にも挑戦したいです。

ところで、ヘアカラートリートメントはちゃんと洗い流した方が良いと思います…。
長時間髪に触れることを前提とした薬剤ではないので、そのままにしておくと薬剤が髪を傷めてしまうかも知れませんので。
2015-06-12 05:59  茜さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3456
ポット栽培はスペース面の節約になりますものね。
とは言え、総勢50個以上になると結構置く場所に苦労しました。
床の間にズラッと鎮座したポットは、まさにVIP待遇でしたよ(笑)

カラートリートメントについては、今後も様子を見ながら、あれこれ試してみようと思います(^^)
Comment form

トラックバック

Trackback URL