poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 日常つれづれ > 吉野家のベジ丼は食べないという夫の言い分

吉野家のベジ丼は食べないという夫の言い分

吉野家から株主優待券が届きました。
にほんブログ村 トラコミュ 株主優待&株主総会のおみやげ♪へ
株主優待&株主総会のおみやげ♪

半年に1回、¥3,000分×2名義届く吉野家の株主優待券。
年間¥12,000分にもなる、我が家の重要なお楽しみツールです。

前回分の株主優待券もまだ残っていたので、さっそく食べに行くことにしました。
そうとなったら是が非でも食べたいメニューがあるのです。
そう、5/21より発売開始となった新商品、「ベジ丼」です。

11種類の野菜を使用した吉野家の「ベジ丼」シリーズ。
「ベジ丼」¥530、「ベジ牛」¥650、「ベジカレー」¥650の3種類です。

「1杯で1日に必要な野菜の量の半分を一度に摂取できる」というのがウリ。
世間の健康志向ブームを意識した、吉野家の戦略を感じます。

吉野家にはしょっちゅう足を運ぶpooh家は、いつも新商品を積極的に試しています。
自宅で吉野家のオフィシャルHP(→こちら)を眺めながら、すっかり「ベジ丼モード」全開のpooh。
夫・ケッチーくんも当然その流れに乗るだろうと思いきや、予想外の反応に驚きました。

「吉牛に『ヘルシー』を追求するなんて邪道だよ!」
たかが丼メニューに、熱く持論をかます熱い男・ケッチーくんです。

「吉野家に行くのに栄養バランスなんて考える必要はないんだよ。
野菜は普段の食事できちんと摂取しているんだから、『ジャンクフード』として楽しむのがファストフードなんだ。
オレは今回、これにする」

CIMG2886.jpg
前回行った時に「次回ご使用下さい」と頂いた「牛バラ野菜焼」の割引券です。
¥590(並)の定食が¥50引きになります。

ケッチーくんは鼻息荒く語り続けます。
「『牛バラ野菜焼』は841キロカロリー(並)。
それに対して、『ベジ丼』は¥530で421キロカロリー。
ベジ丼のウリは『低カロリー』というけれど、他のメニューと比べて高額なのが納得できないね。
食事の目的はエネルギーを取ることなのに、熱量が低くて値段が高いなんておかしいよ!」


カロリーまで視野に入れてのコスパ試算とは・・・ケッチーくん恐るべし。

ベジ丼3種類と「牛バラ野菜焼」のカロリーは、実際のところどのくらい違いがあるのでしょう。
表にまとめてみました。
吉野家カロリー
※すべて「並」サイズ。

¥100あたりのカロリーは「ベジ丼」が79.4キロカロリーなのに対し、「牛バラ野菜焼」は142.5キロカロリーとおよそ2倍。
ケッチーくん言うところの「コスパが悪い」は確かに明白です。

「そもそもオレは、『カロリーは悪』という世間の認識は間違っていると思うんだ。
だから、オレは『ベジ丼』は食べないよ!」


しかし、poohにはカロリーが高かろうが低かろうが関係ありません。
値段が高いと言ったって、せいぜい¥650なら安いものではないですか。
ケッチーくんのヘリクツは完全に無視し、「食べたいから食べるのだ!」と野菜に牛肉も加わった「ベジ牛」¥650を1人堪能しました。

「これ最高!美味しくて食べ応えも満点だよ」とベジ牛を絶賛するpoohに対して、
「天下の吉野家が開発した新商品だから、美味しいのは当然だよ」
としたり顔で語るケッチーくん(しかし彼が食したのは牛バラ野菜焼)、実はやっぱり食べたくなっていたのかもしれません(笑)。

そんな帰り際、「次回ご使用下さい」と差し出されたものは、
CIMG2904.jpg
ベジ丼シリーズ¥50引き割引券(笑)

「今度はこれを使おうかな・・・」
小さな声でつぶやいていたケッチーくん。
ヘルシーで美味しい吉野家の自信作、彼が手を出す日もそう遠くはないでしょう(笑)

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

コメント

post
2015-05-25 16:18 
RIKO No.3320
こんにちは~

吉野屋のベジ丼へのけっちーさんの気持ち。わかるな~と思いました。
私の中では、吉野屋、すき家、なか卯。。などのファストフード店は
ジャンクなものでそこまでヘルシーさを求めないですね
。だって、使われている野菜がほぼ中国ですし、
肉も中~下ってところですよね・・・・。
使われている素材がヘルシーじゃないのに野菜だからヘルシーって
言われてもなんだかなぁとか感じます。

まったく話は変わりますが、以前シフォンケーキの話があったとおもうのですが、先日立ち読みしていた料理本で衝撃的なことが・・・。
その本は新聞紙でつくる型のカステラが載っていたのですが、その新聞紙型の
真ん中に紙コップを乗せて穴を作り、シフォンケーキの種を流し込むという
荒業が展開されていました。。。四角いケーキの真ん中に穴が。。。
でも切り分けたら全然変じゃなかったです。
2015-05-25 16:22 
ヒロ No.3321
優待が届くと思いますね、優待券を使いに行かないと、と。

>「吉牛に『ヘルシー』を追求するなんて邪道だよ!」
ボクもそう思います。

2015-05-25 16:48 
retire2k No.3322
熱量高く熱量を語る男w
たまに行くならジャンクフードとして楽しんだ方がいいという意見は納得
2015-05-25 17:15  RIKOさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3323
「ベジ牛」はボリュームがあって、大食いの私でも大満足でした。
いろいろな野菜を使うことによって食感や味の変化が楽しめるので、これはこれでOKかな?
でも野菜のみの「ベジ丼」では、やっぱりちょっと物足りないかも(笑)

シフォンケーキの型情報、ありがとうございます!
現在、手持ちのパウンド型で試行錯誤中です。
近々記事にまとめようと思っています(^^)
2015-05-25 17:19  ヒロさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3324
我が家の場合、雪の季節は吉牛へ行きにくいので、自転車に乗れる11月頃までが優待券を使うチャンスです。
これからしばらくはちょくちょく行って消化に努めます。
「ベジ牛」、夫も1回くらいは口にすると思います(^^)
2015-05-25 17:21  retire2kさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3325
ジャンクフードにはジャンクの楽しみがありますものね。
私もそれには賛同します。
それにしても、こういうヘリクツをこね始めると、やけに暑苦しいのがうちの夫です(笑)
2015-05-25 18:24 
プライア No.3326
最初見て違和感を持ったのが、牛丼<ベジ丼<ベジ牛の価格設定でした。いくら丼<ウニいくら丼<ウニ丼方式が一般的と思っていましたから。
2015-05-25 18:37 
ネーブル No.3327 [Edit]
私は、牛丼とけんちん汁か豚汁、またはサラダセットかキムチセットを
頼んで、毎月のように行くかもしれません^^
最後、券が足りなくなったら次もらえるまで食べに行きません。
2015-05-25 20:13  プライアさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3328
ベジ丼とベジ牛、野菜の量は違いがあるのでしょうか?
でも吉牛のコピーは「1杯で半日分の野菜」だから同じ量なのかもしれません。
それなら牛肉分でプラス¥120も納得・・・かな?
今度ベジ丼とベジ牛を同時に頼んで比較してみようかと思いつつ、どちらが肉なしを食べるのかで争いが起きそうです(笑)
2015-05-25 20:16  ネーブルさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3329
我が家の場合、その時食べたいものを食べて、年間¥12,000でちょうど納まるくらいなので、「券が足りなくて困る~」ということがないのがありがたいことです。
今回届いた優待券を持って、また出かけるのが楽しみです(^^)
2015-05-25 21:40 
yazirobe777 No.3330
こんばんは
自分も今日いきました。べジ丼ではなくいつも並牛です。(笑)
でも野菜が欲しい時はリンガーでしたので選択枝が増えたのは良いと思います。
2015-05-25 23:13 
まあ好きなもの、食べたいものを食べるのが正解でしょう。
どっちも正解、ということです。

吉野家の優待券は過去によく使いましたが、滅多に外食しない僕は使い切れず、
わざわざ無理くり行ってビール飲んだこともありましたね。
2015-05-26 06:44  yazirobe777さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3332
おおっ!yazirobe777さんも吉牛とは奇遇ですね(^^)
いろいろなメニューを試してみるのも面白いけれど、結局牛丼が一番だなと私も思います。
記事内の表から見ても、コスパ優秀ですし(笑)
2015-05-26 06:48  招き猫の右手さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3333
やっぱり食べてみないことには何もわかりませんものね(^^)
でも、「ベジカレー」には手を出さないような気もします。
カレーに野菜を入れるんだったら、ほとんど味つけしない方がいいと思うのです。
薄味志向の招き猫の右手さんだったら尚更そう感じるかも。
Comment form

トラックバック

Trackback URL