poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > マイホーム・家庭菜園 > 今年の家庭菜園は苗も手作り!

今年の家庭菜園は苗も手作り!

そろそろ本格的に家庭菜園に取り掛かるシーズンです。
にほんブログ村 トラコミュ みんなで楽しく家庭菜園へ
みんなで楽しく家庭菜園

「家庭菜園は節約になるか?」と問われると、その答えはビミョーだと思います。
「住宅地だと地価が高すぎて家庭菜園は割に合わない」というのが、我が家の考えです。

<参考記事>「家庭菜園は『節約』にはならない・・・」(→2014年6/10の記事)

我が家にとっての家庭菜園は、あくまでも「節約のため」ではなく「楽しみのため」。
だからと言って「金に糸目はつけない」ということはあり得ません。
キッチリとコストを追求していくところは、節約家の性とも言えましょう。

この季節、園芸用品店やホームセンターの菜園グッズコーナーに行くと、さまざまな苗や種が売られています。
「見ているだけでテンションが上がって、ついついあれもこれもと買い求めてしまう」と言うお客様もたくさんいるようですが、我が家はキッチリカッチリ、必要最低限の物のみを購入しています。
その際、心がけているポイントをお話ししまししょう。

<①:まずは畑の図面を描き、「何がいくつ必要なのか」を明確にする>
「畑の図面を描く」と言うと、「そんなことまでするの?」と驚かれることもありますが、ムダ買い防止のためには計画をきちんと立てることが必須です。
pooh家は毎年、雪が残っている頃から、「今年は何を植えようか」とプランニングを欠かしません。

毎年、同じ場所に同じ種類の野菜を栽培すると、その野菜を冒す病原菌や有害線虫が多くなったり、土壌の養分が不足したりして、野菜の生育が悪くなることもあります(連作障害)。
前年の図面を見ながら、反省を踏まえて作戦を練ることが家庭菜園においても大事です。

販売時は小さな苗も、成長するに従ってビックリするほど大きくなります。
ビッチリと植えてしまうと成長を妨げてしまう恐れもあるし、かと言って土地を余らせてしまうのも勿体ない。
効率良く畑を運営するためにも図面作りは有効です。

<②:高価だから良いものだとは限らない>
お店にはさまざまな種類の商品が、価格帯も幅広く陳列されています。
例えば、キュウリの苗1つでも、「さちかぜ」、「夏さんご」、「四川」と品種もさまざま。
安い物なら¥100以下ですが、「接ぎ木苗」と記されたものは2、3倍はします。

どの品種を選ぶか・・・これは好みが分かれるところです。
マンションのベランダガーデニングから始めて、家庭菜園歴10年以上になるpooh家も毎年、いろいろ試行錯誤しました。
その結果は「どれでも同じ」(笑)。

プロの農家なら品種によって味わいにも差が生まれるでしょうが、しょせん素人のテキトー栽培。
しかも、大概の物は「美味しい」と一括りにしてしまうバカ舌でもあります。
自分で作った野菜なら何でも大満足なのですから、品種の違いなど判別できないのが現状です。

接ぎ木苗に関しては「丈夫」という長所がありますが、これは「連作障害に強い」ということだそう。
前述したとおり、連作の回避については徹底しているpooh家なので、接ぎ木苗を選ぶ必要もないだろうと考えています。
ならば、1番安い品種の接ぎ木でない普通の苗で十分!

土や肥料も価格帯は幅広く、いろいろ迷うところではありますが、「高ければ良い」とは考えずに、じっくりと使用目的や効能、使用量などをチェックして納得した商品を選んでいます。
余った物は翌年に向けて再利用できるよう、きちんと管理しておくことも忘れません。

このようにして、毎年家庭菜園におけるコストも追求してきたpooh家ですが、今年は新たなる取り組みに挑戦することにしました。

今まで市販品を購入していた苗を、自分で種から育ててみよう!

そんなわけで、ダイソーで「2点で¥108」の種を6点、計¥324で購入。
CIMG2767.jpg
上の枝豆2種&インゲンは、昨年までも種から育てていたものですが、トマト、プチトマト、キュウリの種の購入は初めて。
「トマトやキュウリは苗からスタートするのが無難」と言われているからです。

市販の苗は1本¥100ほど。
でも、種なら¥54の1袋に数えきれないほどの量が入っています。
コストを安くあげるためには種の方がダントツに安上がり、試してみる価値があるというもの!
CIMG2770.jpg
小さな苗用ポットに土を入れ、種を蒔いて水やりをスタートしました。
今年もトマト&キュウリが楽しめますように・・・ポットを見守りながら豊作を祈る毎日です。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

コメント

post
2015-05-06 18:01 
No.3187
種から栽培、安上がりですよね。
でも、結構時間がかかるのも事実で、実際のコスパはなかなか悩むところです。直播きせずに、ポットでちゃんと苗を作れば、もっと効率も良く、良いのかも!

ちなみにベランダ使ってる我が家は土地代は考えていません。
プランター代も、そろそろ元が取れたかも!って思いながら、また買い足したので、いつまでも元が取れません。自転車操業の工場みたいになってます…。
2015-05-06 18:09 
トマトやキュウリは、たしか、接ぎ木苗出ないと、なかなか良いものが収穫できないとか聞いたけど。
プチトマトは、食べきれないほど取れました。

買うことに比べて、手間暇考えたら、割に合わないのでしょうけど。
お金は使わずに、手間暇使う、と考えればよいのかも^^

取れたては格別ですものねw
2015-05-06 22:06  茜さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3189
トマトやキュウリは直蒔きではかなり厳しいでしょうね。
たくさんのポットにいろいろな種類の種を蒔いたので、現在の我が家はまるで苗専門業者のようです(笑)
我が家も余っているスペースを利用しているので、実際の土地代はタダみたいなものです。
有効活用できるよう、今後も頑張ります(^^)
2015-05-06 22:10  いろいろでセカンドライフさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3190
過去にトマトの接ぎ木苗&普通の苗を同時に購入して並べて育てたことがあるのですが、最終的にはほぼ同じ成長ぶりでした。
いや、もしかしたら安い普通の苗の方を無意識にえこひいきしていたかもしれません(笑)
どちらにせよ、丹精こめることが一番ですよね!

今から収穫物の使い道を思案しています。
まさに取らぬタヌキ・・・です(笑)
2015-05-07 13:29 
pierre小姐 No.3193 [Edit]
poohさん、こんにちはー
うちも1日にミニトマトとゴーヤの苗を買ってきたところです☆
ミニトマトは初めて植えるので、接ぎ苗買っちゃいました、
ほんと高かったです~~。そっか、連作障害だけなんですねー
土代とか肥料代とか考えると、買ったほうがいいかもですが
育てるのって楽しいですよねー、見てて飽きないし。
ミニトマトが酸っぱくなりませんように~と今から祈ってます(笑)
2015-05-07 13:58  pierre小姐さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3194
ゴーヤ、我が家でも毎年植えてます!
結構いっぱい採れるので、きっと苗の値段の元も取れますよ。
気温が上がるにつれて、どの植物もグングン成長するので楽しいですよね(^^)
見る楽しみ、食べる楽しみ、まさに一石二鳥。
お互いに豊作を祈りましょう!
2015-05-07 22:03 
祝詞婆 No.3195
私は、訳あって今年は菜園をしません。
コストだけを考えると菜園は、やらない方が得だと思いますが、
ミニトマトは、種を蒔いて育てると、完全に元が取れます。断トツお得です。
トマトは、ナスと違って、肥料がいらないのもお得です。

是非、種蒔きで挑戦してください。
今後の経過を楽しみにしています。
2015-05-07 22:14  祝詞婆さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3196
ミニトマトは大きくなるとワサワサ実を付けますものね。
採れたてのトマトのおいしさの虜となった今は、市販のトマトを買うことがなくなりました。
なので、もしも今季上手く育てられなかったら、トマト断ちしなくてはなりません(汗)
なんとしても頑張りたいものです(^^)
Comment form

トラックバック

Trackback URL