poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > 生活いろいろ > マヨネーズを細く出せる絞り口の作り方

マヨネーズを細く出せる絞り口の作り方

使っていたマヨネーズがなくなったので、ストックから新品を取り出しながら思い出しました。
「そうだ!あれを決行せねば!」
にほんブログ村 トラコミュ 頑張らない節約へ
頑張らない節約

「あれ」とは、以前「トップバリュのマヨネーズ2種の食べ比べ」を実行した時(→2/12の記事)、コメント欄で教えていただいた生活の知恵。
「マヨネーズを細~く出せる絞り口の作り方」です。

あの時、食べ比べしたのは、この2種類のマヨネーズでした。
CIMG2353.jpg
(左)¥158の品(Ⓐ)、(右)¥175の品(Ⓑ)

Ⓐの絞り口は星型のみですが、Ⓑは星型+細口のダブルキャップ。
それぞれを食べ比べてみたところ、poohの舌ではさほど味わいに違いを感じないため
「¥17の価格の差はキャップの形状の違いだろう」と勝手に結論づけたのです。

※その時頂いたコメントによると、この値段の違いは製造メーカーの違いでもあるそう。
ⒶはSSKフーズ(静岡県)、Ⓑはキユーピー五霞工場(茨城県)の製品。
ブランド力のあるキユーピーの方が高くなるのも納得ですね。


同じ味なら安価なⒶで十分、しかし中身を細く絞り出すダブルキャップも捨てがたい・・・と考えていたpoohに寄せられた情報は至極簡単な方法です。

新品マヨネーズに付いている銀色の内蓋シールに、爪楊枝で小さな穴を開ける。

なるほど~目からウロコです。
ポイントはただ1つ、「新品を卸す時に決行すること」。
今回の機会を逃すと、また次の品を開封するまで待たねばなりません。

さっそくチャレンジ!
CIMG2563.jpg
しかし、ここで予想外の展開が。
銀色の内蓋シールの表面が思いのほか硬く、爪楊枝では穴が開かないのです。
ギューギューやみくもに押しているとシールが剥がれてしまいそうなので、裁縫箱から針を出し、改めてプスッ。
CIMG256401.jpg
おおっ!いい感じではないですか。
ワクワクしながら、小皿に絞り出してみました。
CIMG2565.jpg
(上)自分で穴を開けたⒶ
(下)ダブルキャップ(細口)のⒷ

ホントは直線を描きたかったのに、グニャグニャ曲線のⒶ(笑)。
絞り口の先が突き出たⒷのように真っ直ぐとはいかないものの、これはこれで十分でしょう。
さっそくランチの定番メニュー「ジャガイモのガレット」(→1/16の記事)のトッピングに。
CIMG2570.jpg
「フフフ・・・これは良いことを教えていただいた」
大満足のpoohです。
今後は安いⒶのマヨネーズを、開封のたびにプスッと穴開けして使い続けるつもりです。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

コメント

post
2015-04-13 11:20 
ラリホ No.3033
ふふふ 実行していただいて嬉しいです(*^_^*)
2015-04-13 11:52  ラリホさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3034
「ラリホさん、見てくれているかな?」と思いつつ、記事を作成したので、コメント頂けて嬉しいです!
「中身全てを使い切るまで、内蓋シールが持つかな?」と心配だったのですが、なかなか耐久性があるみたいなので大丈夫そうですね。
また、何かいい情報ありましたら、ぜひ教えて下さい(^^)
2015-07-30 23:32 
ワン No.3801
過去の日記に対するコメントで申しわけございません。

私はマヨネーズは味の素のものが好きなのですが、
嫁がキューピー派なのでそれに従わざるを得ず、結構困っております。
何度か味の素にかえて欲しいと言ったのですが、ギロッと睨まれてしまいます。
これだけは譲れないようです。
2015-07-31 06:43  ワンさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3802
マヨネーズって、キユーピー派と味の素派に分かれますよね。
私は基本的にはキユーピー派です。
トップバリュ製品も最初は恐る恐る購入したのですが、味はキユーピー寄りだと思っています(気のせい?)

内蓋シールの穴開けは、今も継続していますよ。
なかなかオススメです(^^)
Comment form

トラックバック

Trackback URL