poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > お菓子・パン > タピオカ粉をブレンドして、手作りパン&クッキー

タピオカ粉をブレンドして、手作りパン&クッキー

見切り品のワゴンで見つけて、ゴッソリまとめ買いしたタピオカ粉(→2/25の記事)
元値¥513が¥198、つまり62%OFFのお買い得品でした。
にほんブログ村 トラコミュ 手作りパン、手作りお菓子のある暮らしへ
手作りパン、手作りお菓子のある暮らし

タピオカ粉は、ブラジル原産のキャッサバの根茎から製造したデンプンです。
片栗粉と同じように料理のとろみ付けに用いられる他、お菓子にも向いているらしい。

これまでにもブラジルのパン「ポン・デ・ケージョ」(→2/19の記事)や、モチモチホットケーキ(→3/6の記事)等で楽しんできましたが、今回はタピオカ粉をパン生地にも混ぜてみました。
CIMG2455.jpg
<材料>
強力粉280g、タピオカ粉70g、砂糖20g、塩5g、マーガリン30g、ドライイースト3g、水160cc

タピオカ粉20%のパンは全体的に白っぽい焼きあがり。
手前はマヨネーズ&ケチャップ、その奥はマヨネーズ&玉ネギ、そして粒あんパン。
さすがデンプン、もっちりとした食感で食べ応えがあります。

●パン8個分の材料費:およそ¥150
見切り品の粒あん(1㎏¥100)のおかげで、かなり安上がり(喜)

また、お菓子にも活用しようということでタピオカ粉+薄力粉のクッキーにチャレンジ。
ラングドシャ風のホロホロ食感になりました。
CIMG2452.jpg
<材料(およそ50枚分)>
薄力粉100g、砂糖80g、バター70g、タピオカ粉50g、卵1個、重曹小さじ1/4

●クッキー50枚分の材料費:およそ¥160
今回は12枚焼いて、残りの生地は冷凍庫へ。
市販のクッキーならついパクパク食べてしまうpoohですが、自分で作るとバターや砂糖の量を実感できるので、食べ過ぎを抑えられるという嬉しい効能もあります。

消費期限が迫っている見切り品なのに600g入りを3袋、合計1.8㎏も購入したので、とにかくせっせとタピオカ粉を使っています。
(ケッチーくんは「もっと買おう」と不満顔でしたが、必死に止めての1.8㎏です)

現在のpooh家、「タピオカ祭り・絶賛開催中!」というところ。
いえ、ブラジル原産だけに、カーニバルというべきなのかもしれません(笑)
タピオカ・カーニバル、まだまだ続く予感です。

皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ
関連記事

コメント

post
2015-03-12 11:48 
「ラングドシャ」良くわからないのでググってしまいました^^
ホロホロ感を作るの結構大変そうだけど、タピオカ粉で代用できるならうれしい限りです。
目からうろこかもww

2015-03-12 13:25  いろいろでセカンドライフさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.2823
本物のラングドシャは卵白を使用するらしいです。
口の中で溶けるところが好きなのですが、タピオカ粉使用で似た食感になりました。
片栗粉でも再現できるとしたら、もっと手軽なのですが、どうなんでしょうね?
Comment form

トラックバック

Trackback URL