poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > 節約・家計管理 > 我が家の家計管理方法 「できぱき家計簿マム」を愛用しています

我が家の家計管理方法 「できぱき家計簿マム」を愛用しています

続々と、株主優待が届いています!(^^)!
(株)エイジスさんよりお米券6枚。(2口座分)
CIMG0701.jpg

(株)ゲオホールディングスさんより、セカンドストリートの商品券¥2,000分。
オリコン(株)さんより、図書カード¥500分×2枚。(2口座分)
図書カードは、ふなっしーが印刷されています(≧▽≦) かわいいっ!
CIMG0702.jpg
上記の商品券は、使った時に「株主優待」として、家計簿の収入欄に記載します。

poohは、PCソフト「てきぱき家計簿マム」で、家計管理しています。
「家計簿を続けるコツ」として、よく耳にするのが、
細かくしない、ざっくりでOK ですが、poohは敢えて真逆。
1円単位までキッチリ合わせるというスタイルを取っています。

「てきぱき家計簿マム」に帳簿を3つ作成して、
  ①家計
  ②修繕積立金 (毎月4万円を積み立て、マイホームの維持費にしています。) 
  ③poohのお小遣い  をそれぞれ管理しています。

上記3つの現金を入れた財布は、1つ。
毎日、「てきぱき家計簿マム」に収支を打ち込んだ後、3つの帳簿の現金残高を足して、財布の中身と合っているか確かめています。
面倒くさいと思いますよね~?
でも、poohには、これが一番簡単なんですよ(照)

結婚した当初は、「家計の財布」「お小遣いの財布」の2つの財布を持ち歩いていました。
(当時は「修繕積立金」はありませんでした。)
そしたら、あっという間にグチャグチャになってしまったんです(泣)

1回の会計で、それぞれの財布からお金を出す機会が多いんですよね。
お小遣いでの支払い時に、「家計の財布」からポイントカードを取り出すことも結構多い。

レジで、2つの財布を取り出し、モタモタした挙句、「これは本来は家計で買うものだけど、お小遣いの財布から出しておこう」と、支払っているうちに、poohのお小遣いは、なぜかスッカラカンに(+_+)
1週間ほどで崩壊してしまいました・・・。

で、編み出されたのが、「帳簿は2つ、財布は1つ」の形式なのです。
支払いは、1つの財布で行い、家計簿を入力する時に「家計」と「お小遣い」に振り分けます。
で、最後に帳簿の残高を計算し、財布の中身と照合。

たいてい、バッチリ合うのですが、時々「¥80合わない。」ということもあります。
その時は、とにかく当日の行動を振り返る!
夫まで巻き込み、「¥80ってなんだ~?」と考えるのです。
会社で飲んだジュースとか、レシートが出ない所で購入した野菜だったりします。

どんなに考えても判らないものは、最終的に「不明金」で計上。
でも、「不明金」は、年間¥100くらいですよ~。
高額なものは、絶対思い出しますから。

修繕積立金の帳簿もつけるようになったので、現在は
「帳簿は3つ、財布は1つ」の状態。
でも問題なく管理できています。
PCでの入力も、2,3日に1回で大丈夫。

13年間続けてきた、この方法、おそらく今後も継続していきそうです。

<2つのランキングに参加しています>
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ
関連記事

トラックバック

Trackback URL