poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆アーリーリタイア > 質問にお答えします 「退職後の健康保険」について

質問にお答えします 「退職後の健康保険」について

先日、「アーリーリタイア後の国民健康保険(以下・国保)はいくらくらいかかりますか?」という質問を頂きました。
にほんブログ村 トラコミュ ◇家計簿*お金事情*◇へ
◇家計簿*お金事情*◇
まず知っておきたいこととして、退職後の健康保険には、国保のほかに、勤務していた会社の健保組合の任意継続(以下・任継)という手段もあります。
国保と任継、どちらが良いのかは、一概には言えません。
各家庭の条件を考慮しながら、どちらかを選択することになりますが、
「どちらか迷った時は、まず任継に加入する」のが良いとされています。

<任継のメリット>
①任継の方が金額が安いケースが多い。(特に扶養者がいる場合)
②任継から国保に移ることはできても、国保から任継に移ることはできない。


pooh家は、現在国保に加入しています。
2013年に退職したケッチーくんが、まず任継に加入し、その半年後、poohが退職した時点で、2人で国保に切り替えました。
pooh家の任継・国保の保険料は、2013年度¥514,000、14年度¥526,000、合わせて¥1,040,000。
会社員時代の収入から算出されるので、リタイア当初の保険料は、結構大きな金額になります。
(15年度以降はグッと減る予定です)

過去の記事も参照下さい。
●3/15の記事:「国民年金&国民健康保険<我が家の考え>」
●4/12の記事:「アーリーリタイア2年目の税金・社会保険料は、結構高額」

尚、海外勤務直後にリタイアする方の場合は、
「この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした」の槙さんが
昨日の記事、「国民健康保険 vs 会社健保の任意継続」で、ご自身の保険料を記載されているので参考になると思います。

さて、今回の本題の国保についてです。
国保は自治体(市区町村)が運営しているため、保険料の計算方法も住む場所によって多少異なります。
自分の住む地域の金額を調べるなら、ブログ友達・クロスパールさんから教えていただいたサイト
「国民健康保険計算機」がなかなか役立ちます。

これを見ると、保険料の地域差がかなり大きいことに驚きます。

夫婦2人暮らしのpooh家とは全く異なりますが、
4人家族(夫43歳・年収550万円、妻38歳・専業主婦、子供2人)をモデルケースとして、
「全国の国民健康保険料が安い地域ランキング」を見ると、

1位:東京都大島町¥349,390
10位:埼玉県入間市¥381,340 

「安いランキング」の上位1位と10位だけで、年間3万円以上の差があるのです。
poohがザックリと検索した中で、最も高額だったのは徳島県阿波市で¥849,305。
1位の東京都大島町と比較すると2.4倍もの差があります。

同一都道府県内でも大きく違いがあります。
例えば上記の4人家族設定で、徳島県を調べると、最も安い阿南市は¥553,823。
阿波市は阿南市の1.5倍、年間30万円近く、月平均にしても2万円以上の差があります。

高齢者の割合が高く、その赤字を税金で補填できない自治体ほど、保険料が高くなる傾向なのでしょう。
ちなみに上記の数字は、あくまでも4人家族をモデルとして算出したものなので、各家庭の条件によってランキングも変わります。
任継加入という選択も含めて、各自いろいろと検討してみるのが大事ですね。

アーリーリタイアや定年退職した後、「どこに住もうか」と考えるならば、国保の金額も調べてみるというのもアリなのかもしれません。

皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

セミリタイア ブログランキングへ
関連記事

コメント

post
2014-12-13 16:38 
ヒロ No.2150
これは、ボクも調べました
引っ越そうと思っている地域の国保も。そして、資産割というのがあるのも調べている途中で発見しました。
国保の減額とかありますので、収入がなくなると助かります。でも、病院には殆ど行きませんけどね。
2014-12-13 17:01  ヒロさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.2152
資産割は私の居住地にはありません。
やっぱりいろいろ地域によって違いがあるんですね。
まぁ、やっぱり病院のお世話にならないのが一番ですね(^^)
2014-12-13 21:12  poohさん、参考になる記事をありがとうございます!
おまゆ No.2153
最近すごく気になっていた『退職後の健康保険について』の記事を書いて下さり、ありがとうございますm(_ _)mいつも具体的な数字をきっちり出して書かれる記事はとても参考になります。

以前クロスパールさんに教えて頂いた『国民健康保険計算機』で計算してみたら予想よりグッと安くなったので聞いてみてよかった~と思いました(^-^)
2014-12-13 21:24  おまゆさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.2154
おまゆさんからのご質問を参考にして記事を作成しました。
参考になれば嬉しいです(^^)

予想よりグッと安くなって良かったですね。
これからもいろいろな事項をご紹介したいと考えていますので、どうぞよろしくお願いします。
2014-12-14 19:48 
住民税もそうですが、国保などリタイアした翌年はキツそうですね。
ラクになるのは翌々年から、ということでしょうね。
そういう意味では退職月は12月が一番効率いいのかな。
2014-12-14 20:05  招き猫の右手さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.2159
我が家の場合は仕事の引継ぎスケジュールの関係で退職日を決めたのですが、実際のところはどうなんでしょうね?
どちらにしても税金や保険料のことは視野に入れておくに越したことはありません。
2015年度は楽になるので、一息ついている私です(^^)
Comment form

トラックバック

Trackback URL