poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > 生活いろいろ > たくさん情報があるから迷っちゃう。そんな時代の家電選び

たくさん情報があるから迷っちゃう。そんな時代の家電選び

昨日の記事の続きです。
にほんブログ村 トラコミュ 賢く 楽しく 欲張りな マネーライフへ
賢く 楽しく 欲張りな マネーライフ
さてさて、ホームベーカリー(以下HB)の買い替えを決めたpoohです。
「どの機種にしようかな?」と、さっそくケッチーくんと共に研究を始めました。

価格.comによると、「HBの市場シェア」は
1位:パナソニック 2位:タイガー 3位:象印 4位:MK 5位:ツインバード 
「価格.comのトレンドサーチのPVシェア」なので、実売数がこの順位というわけではありませんが、目安にはなるでしょう。
パナソニック、ダントツの首位です。半分以上のシェアを占めています。

パナソニックのHBは、他のメーカーと比較して値段が高いです。
やっぱりブランド力の強さ、安心感を感じますね。
1万円そこそこの製品もありますが、高いものだと4万円台。
売れ筋は2万円前後というところでしょうか。
「お米でパンが焼ける」、「天然酵母コースがある」、「自動イースト投入機能がある」、「クイックコースがある」等の機能性の高さが売りなのです。

しかしながら、既に10年来のHB愛好家poohは、そこまでの機能を求めていません。
poohに必要なのは、「普通の食パンが焼けること」、これだけなのです。
夜間に稼働させることもないので、タイマーすら不要なのです。

ちなみに、現在使っているものはMK製。(ふっくらパン屋さんHBD816)
「エムケーって何?」と言う方も多いでしょうね。
長野県に本社を持つメーカーです。
ネットの口コミなどを見ると、「こねる力が強い」ことに定評があるようです。
現在販売されているMK製HBは1万円~14,000円というところです。

「う~む、1万円か・・・」
パナソニックと比べれば格段に安いし、MKには愛着もあるけれど、ここはじっくり検討せねばならないところ。
物は試しと、近所のリサイクルショップを2軒回ってみました。

そこで見つけたのが「シロカ」製のHB。
1軒では¥4,900、もう1軒では¥2,700で販売されていました。
「シロカ」の家電、ホームセンターの売場や、主婦向け雑誌の記事などで見たことがあります。
シンプルな機能で、使いやすそう。

その場では決めずに、一旦帰宅して「シロカ HB」で検索してみました。
シロカ製のHBは、新品でも¥8,000くらいと元々安価。
そのため最近、爆発的に売れているそうです。
どうりで、2軒のリサイクルショップで見つけられたわけです。

肝心のパンのお味はと言うと、「レシピを工夫すれば、そこそこ美味しいパンを焼ける」というのが定説のようです。
HBって付属レシピより美味しく作る方法があるのです。
現在のMKでも、いろいろ模索して研究しましたっけ。
「シロカのHBで、またレシピ研究するのも面白そう」と、poohの好奇心がわき上がってきました。

冷蔵庫の記事の時もお話ししましたが、物を買う時には研究を重ねるpooh家です。
特に家電はネット情報が充実していて、調べがいがあります。
口コミもたくさん書き込まれていますよね。
でも情報量が多すぎて、見ているうちに何が何だかわからなくなってくることも確かです。

そんな時は、やはり原点に立ち返ることが重要です。
①自分にとって必要な機能は何か
②予算を再度確認する

いろいろ情報収集しているうちに、気持ちが大きくなってしまっていますから、一旦リセットしてみるのがベストです。

そして、ヒラメキ&トキメキも結構バカにはなりません。
「これがあったら楽しくなりそう」と感じたら、感性に任せてビビッと決めるのも良いと思います。
運命の出会いなのだ と感じて買った物は自然と大切にするし、使うたびにテンションも上がります。

そんなわけで、「シロカの中古品を買う」方向に傾いたpooh。
しかし、このHB購入記には、まだ続きがあるのでした。
これはまた明日にしましょう。お楽しみに~!

皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ
関連記事

コメント

post
2014-09-14 21:52 
mimi No.1225
リサイクルといえば、某オxハウスなんかでは、保証3か月ですよね。pooh様なんかのような節約家だと、新品購入して、保証期間1年、さらにポイント全部使って保証期間、あと4年延長戦みたいな感じのほうがいいと思うのですが、明日の記事は、どういう落ちになっているのでしょうか? 楽しみにしております。
ちなみに、私のホームベーカリーは、sirocaのshb-512というタイプです。複雑な事しないのであれば(私には)これで十分かと。では、必ずお元気で。
2014-09-14 22:38  mimiさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.1226
mimiさん、シロカをお使いだったんですね。
多機能を必要としない人には良い製品だと私も思います。
選択肢が少ない方が逆に使いやすいですよね。
今回のホームベーカリー選びは、メーカーもたくさんあるし、販売方法もたくさんあるしで、本当にいろいろ迷いました。
明日、きちんと決着をつけますので、どうぞお楽しみに~!
2014-09-15 07:13 
prire No.1227
ははは、賢い消費者ですね。
我が家もメーカーにはこだわりがなくて、スペック検索とレビューで精査した結果、だいたい国内無名メーカーのものになることが多いです。
安いのに十分使える商品ばかりなんですよね。日本の底力を感じます。ブランド名にこだわっていた昔の自分にカツです。
2014-09-15 07:19  prireさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.1228
いえ、ホームベーカリー購入記はまだ続きがあるのですよ。
今日、最終回を投稿しますのでご覧下さいね。
そういえば、昔は家電のブランドにこだわっていましたよね~。
子供の頃はカセットテープ(!)のメーカーにも気を使っていました。
「やっぱりTDKじゃないと」「いやマクセルだ」とか言ってたけれど、ラベルを隠したら絶対区別つかなかったと思います(笑)
2014-09-15 10:51 
サンバー No.1229 [Edit]
なんでツインバードが5位なんだ!^^と思いますね。
私が使っていた最初のHBは、イオンで購入したツインバードAHB-1000で3,781円。「国産小麦で作った小麦粉等はタンパク質の量が異なる為に上手く膨らみません。」なんて書いてある軟弱物の奴よ。
それなのに私は、うどんなんてモーターに負担を掛かる物を作ったから、即、ぶっ壊れてしまった。もお!ショック!この機種は確かに国産小麦のパンは力不足で膨らみが小さかったが、味はそれなりに美味しく、捏ねだけ機械にして、オーブンで焼いたら最高の味を出していた。残念だが値段も値段なのでお釈迦にした。
次はMK-100。これは食パンは美味しかったけど、捏ねてオーブンで焼いたら味は、ツインバードより落ちた。あのツインバードで焼いた最高の味は何処へ・・・
私は再びツインバードを購入することにした。PYーD537と品番は異なるが、前の品と同じ。7,580円。
私はMKで食パンを焼き、ツインバードは捏ね専用として使った。ツインバードは2斤焼けるから重宝した。

私もpoohさんの特別なものは付いてなくていいに賛成です。
パンは手捏ねでも作れるんだから、パン焼き器に特別な物は要らないんじゃないかと思います。


2014-09-15 12:52  サンバーさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.1230
いろいろ使っているんですね(^^)
ツインバードのホームベーカリーについては好みが両極端に分かれるみたいですね。
でも手頃な価格なので、私も親近感を感じます。
愛用のMK製品には天然酵母モードも付いてないのですが、フランス食パンモードで工夫して作ったりしていました。
「手持ちのモノで、いろいろ試行錯誤する」やり方が、私には合っているようです(笑)
Comment form

トラックバック

Trackback URL