poohの毎日~40代でアーリーリタイアした夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活も8年目に入りました。シンプルに楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > レジャー・娯楽 > 「ソックニッター」を目指して最初の一歩を踏み出しました

「ソックニッター」を目指して最初の一歩を踏み出しました

只今、ソックニッターを目指して奮闘中です。
「ソックニッター? 何ソレ?」という方も多いことでしょう。
実は私自身もつい数日前にその言葉を覚えたばかり(照)
そんなペーペーではありますが、この場を借りて説明しましょう!

<ソックニッターとは?>
靴下作りのみに特化した編み物愛好家。
日本では少数派だが、海外ではそれなりにメジャーな存在(らしい)


一般的な手編みアイテムといえばマフラー、セーター、帽子⋯⋯etc.
しかし、私は靴下のみに狙いを定めて、つい先日から棒針編みの練習を始めました。
これぞ「五十の手習い」です。

<参考過去記事>
●40年前は挫折した「編み物」に今更挑戦し始めた理由(→11/13の記事)


だって靴下ならいくつあってもジャマになりません。
おまけに使う毛糸も少量で、コストは既製品靴下と同等、もしくは割安に済みます。
何よりも手芸用品店で目にした見本作品がステキだったこと、そしてネット・書籍掲載の手編み靴下の数々も私の好奇心をそそりました。
一旦思い立つと居ても立ってもいられないタチゆえ、さっそくスタート地点に立ったのです。
2020112041.jpg
⋯⋯という訳で買いましたよ!
靴下用の編み針(5本入¥440)です。

超初心者ゆえ、今回の買い物はとにかくじっくりと表示を読み込んで臨みました。
それでも実際に径3.0㎜の3号針を手にすると、その細さにおののきますね。
しかも靴下用ゆえ長さも短い!
2020112043.jpg
●画像上:今回購入した靴下針(径3.0㎜、長さ14.5㎝)
●同下:編み物練習で使用していた6号針(径3.9㎜、長さ20㎝)


両者の長さは5.5㎝差⋯⋯ほんの微々たるものですが、実際に使ってみるとこれが侮れません。
短い靴下針はちょっと油断すると後ろから編み目がすっぽ抜けてしまいそうです。
防止策としてキャップを付け、ヨチヨチと作業を開始しました。
2020112044.jpg

ちなみに毛糸は百均ショップ・セリア製品。
その名も「ひつじちゃんナチュラル(中細)」です。
毛糸玉1個でだいたい靴下片方分、つまり靴下1組の材料費は¥110×2点=¥220の予定です。
2020112042.jpg
一説によると靴下編みはセーター等よりもずっと難しいとのこと。
それというのも、かかと部分が立体的で独特のテクニックを要するからです。
ド素人の私が独学で立ち向かうのは無謀かもしれません⋯⋯

でも、まずは挑戦あるのみ!
「目指せ、ソックニッター!」と自分で自分のお尻を叩きつつ、今日も私はヨチヨチと編み針を動かしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

関連記事

コメント

post
2020-11-22 10:18 
ふんわり No.9224
いざというときはケッチー君が助けてくれそうです(笑)
器用な人って何をやっても上手ですもの。
完成楽しみにしています。
2020-11-22 20:41  ふんわりさん、コメントありがとうございます☆
pooh2013 No.9225
私としても夫に頼りたいところです。
でも、彼も編み物はチンプンカンプン(苦笑)
そんなわけで自力で頑張らねばなりません。

毎日暇さえあれば本を開いてニラメッコしています。
ソックニッター目指してとにかく頑張り続けますよ~!
2020-11-23 08:51 
秋が好き No.9226
Poohさん、初めまして。いつもブログを楽しみに拝見しております。ソックニッターの世界にようこそ、靴下編み!一時期は夢中になり、沢山編みました。私も本を見ながらの独学でしたが、短期間で編めるし、実用的、友人にもプレゼント出来るし、場所も取らない。編んでいてとても楽しいです。思ったほど難しくはないのでpoohさんならすぐにマスターできますとも。マスターしたら手袋にも挑戦してみて下さい(笑)靴下編みは輪針がお勧めです。 応援してます!!
2020-11-23 12:22  秋が好きさん、はじめまして!
pooh2013 No.9227
わぁ! 実際のソックニッターさんからのコメント! 嬉しくて小躍りしています♪
本当に靴下編みはメリットいっぱいですよね~。
⋯⋯と言いつつも、その道程は非常に険しく、「私、とんでもない世界に足を踏み入れてしまったのかも」と現在自問自答中(笑)

まずは本日夕方の記事で、私のデビュー作をお披露目します。
さて、その結果はいかに?!
Comment form

トラックバック

Trackback URL