poohの毎日~40代でアーリーリタイアした夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活も8年目に入りました。シンプルに楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > 手作りご飯 > チーズが自宅で簡単に作れちゃうらしい⋯⋯私も実際に試してみました

チーズが自宅で簡単に作れちゃうらしい⋯⋯私も実際に試してみました

TV番組で「チーズを作る方法」を紹介していました。
これが超お手軽だったので、さっそく試してみることに!

用意したのは牛乳、レモン汁、塩の3点です。
2020103001.jpg

まずは牛乳1Lを鍋に入れ、コンロで加熱します。
2020103002.jpg
60~90℃程度まで⋯⋯とのことなので温度計で計りながら80℃まで温めました。
火を止めたらレモン汁大さじ4、塩小さじ1/2を加えます。
その後は全体を軽くかき混ぜて15分間放置。

すると表面に小さな固まりが浮いてきました。
今度はキッチンペーパーを敷いたザルを別鍋に乗せ、少しずつ牛乳を移します。
2020103003.jpg

ザルの上で2時間ほど水切りした結果、白い豆腐状の物体が出来ました。
鍋に残った水分は黄色くて牛乳の面影はありません。
2020103004.jpg
以上でチーズの出来上がり~!

完成した“チーズ”はほのかにレモンの酸味が効き、アッサリながらもなかなかイケていました。
ホロホロとした形状は既製品のカッテージチーズに近いです。

情報元のTV番組に習い、今回はこのチーズをピザ生地に乗せて焼いてみました。
2020103005.jpg
市販のピザチーズのようなトロ~ンとした伸びはないものの、これはこれでピザの味!
残りは翌日、醤油&もみ海苔と共に長芋と和えて食べました。
生クリームを加えればチーズケーキの材料としても活用できそうです。
惣菜用なら塩分強め、お菓子用なら塩分ゼロと調整しながら作るのもアリでしょう。

手作りチーズ大成功!

ちなみに1Lの牛乳(成分無調整)から250gの“チーズ”が作れました。
その材料費は¥170ほど、つまり100gあたり¥68です。
既製品のカッテージチーズなら同量で¥200はするので、これからちょいちょいと作ることになりそう♪

そうそう、濾過後に残った黄色い液体はパンやホットケーキ、煮物料理に混ぜ込んで使います。
これは「ホエー」と呼ばれる副産物で捨てるなんてあり得ません。
ホエーにはカルシウムやビタミンが豊富に含まれているそうです。

それにしてもどうして牛乳がレモン汁で固まるのでしょうか?
不思議に思って調べてみました。

<その理由>
牛乳のタンパク質には「カゼイン」という成分が多く含まれている。
カゼインはお互いに反発しあう性質があるため、通常時はくっつくことなく分散している。
そこにレモン汁や酢といった酸性のものをが加わると、カゼイン同士がくっつき合う(=チーズ状の固まりになる)。
この現象は牛乳が冷たくても発生するが、熱を加えるとより大きな固まりができやすい。


なるほど~、これでスッキリしました。
本当に簡単に作れるので、お子様と一緒に実験感覚で試してみるのもオススメです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

関連記事

コメント

post
2020-10-30 22:00 
まりりん No.9180
美味しそうです!
酢で作るレシピもありますね。
違いはあるのかな?
でもレモン果汁のほうが美味しそうです。
カプレーゼとかいいですねぇ(^^)

北海道の濃いめの牛乳で作るとより濃厚に出来そうです。
チーズ好きにはたまらない♪
2020-10-31 07:00  まりりんさん、コメントありがとうございます☆
pooh2013 No.9181
要は酸性のものを加えれば良いのでお酢でもOKです。
でも、チーズ本体の味に響くのでレモン汁の方が適しているような気もします。

今度は牛乳の代わりに生クリーム、もしくはヨーグルトを使ってみようかなと考えていますよ。
私もチーズ好きなので、小さな楽しみが増えました(^^)
2020-10-31 13:37 
まりりん No.9182
ホエー酸辣湯っていうレシピもありましたよ。栄養たっぷりなホエーで美味しい酸辣湯が出来るみたいです。
無駄がなくて素晴らしいですね(^^)
2020-10-31 13:59  まりりんさん、コメントありがとうございます☆
pooh2013 No.9183
なるほど、いろいろあるものですね。
ホエー目的でチーズを作る日も来ちゃうかも。

実は私、牛乳そのものはあまり得意ではないのですが、乳製品は大好き!
今後もあれこれ自作してみるつもりです。
Comment form

トラックバック

Trackback URL