poohの毎日~40代でアーリーリタイアした夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活も8年目に入りました。シンプルに楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 日常つれづれ > 私のアーリーリタイア生活、8年目にして変わってきています

私のアーリーリタイア生活、8年目にして変わってきています

私がアーリーリタイアしたのは2013年秋のこと。
それとほぼ同じくしてこのブログを開設しました。
今月末には7周年を迎えます。

会社を辞めた時は「ヒマを持て余すのではないか?」と心配もしていました。
しかし、いざ蓋を開けてみると毎日なんだかんだとやることがいっぱい!
⋯⋯と言ってもチマチマと手間をかけた家事だったり、「知ってどうする?」的な駄ネタ研究が主ですが(笑)、これはこれで充実した日々を送っています。

そんな中、生活パターンが最近少しずつ変わってきました。
同じ市内に住む高齢の両親をサポートする機会が急激に増えているのです。
実家の家事作業に携わったり、彼らの通院や買い物に同行したり⋯⋯
そして、そのたびに両親の老いが加速化していることを痛感しています。
介護という状況にはまだ至らないけれど、数ヶ月後には本格的に向き合っているかもしれません。

まぁ、そうなったらそうなったで自分なら乗り切っていけるでしょう。
夫や親族と協力しあえばきっとなんとかなるはずです。
今は来たるべき日に備えて情報収集を重ねていくだけ。
まずは腹をくくっておこうと自分自身に言い聞かせています。

そんな状況なので、このブログもある日突然更新がストップするかもしれません。
その時は「あぁ、poohさんは忙しいんだな」と思っていただければ幸いです。
現在の週3ペースの投稿はキープしていくつもりですが、状況によっては更に頻度ダウンもあり得るかなぁとも思います。

でも、オシャベリしたいことは沢山あるので、このブログを続けていく気はマンマン!
8年目の「poohの毎日」、今後ともよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

関連記事

コメント

post
2020-10-23 18:25  大丈夫です。(^_^)v
ken No.9162
我が家は、カミさん母と私の母、2人の介護を経験しました。(過去形です。)
大丈夫!ブログは書けます。
介護保険、成年後見人、デイサービス、ショートステイ、療養型病床、老人保健施設、特別養護老人ホーム、等々。
手続きやステップが山ほど有って、ブログネタには事欠かないし、ブログを書くことがストレス発散にもなります。
これからもブログを楽しみにしています。
(^_^)☆
2020-10-23 20:57  kenさん、コメントありがとうございます☆
pooh2013 No.9163
今の時点でただ不安がっていてもキリがないですよね!
「案ずるより産むが易し」と自分にも言い聞かせています。
私自身、ブログで文章にまとめることによって今までも随分いろいろなことをクリアしてきました。
この調子でのんびりと続けていきますよ。
2020-10-24 17:56 
キイロイトリ No.9165
マンマン(半沢直樹の黒崎かと思った・・)でよかった。
確かに親の介護がヒシヒシと迫ってきますよね。
友人は一人で双方の両親4人の介護に飛び回っています。
うちの親も今は元気ですが通院は付き添わないと
いけません(緊張するみたい)。
他に力仕事、畑仕事、ゴミ出し、買い物などなど手伝うことが
グングン増えてきています。
でも私は仕事をしていません。臨機応変に動けるので、
お互いストレスが少ないような気がします。
今は介護に耐えうる体力を蓄える~(^ω^;)
2020-10-24 20:52  キイロイトリさん、コメントありがとうございます☆
pooh2013 No.9166
少しずつ衰えていく親の姿を間近にしていると、時おり胸がツーンと痛みます。
以前の両親なら楽々こなしていたことが、ある日を境にまったく太刀打ちできなくなるんですね。
20年、30年後の自分もそうなってしまうのかなぁ・・・と悩みはつきません。
でも、今出来ることをこなしていくだけ! 
マイペースで頑張ってみるつもりです(^^)
2020-10-25 01:39 
retire2k No.9168
自分も母親(80代)もいつ要介護・要介助になるかわらないなーと思いつつも元気です
月に一度くらいは実家に帰って買い物とかちょっとした修理とかしてます

もしも介護が必要になっても、介護離職で生活設計が大きく変わることがなくていいかな、
と前向きに考えてますw
2020-10-25 06:54  retire2kさん、コメントありがとうございます☆
pooh2013 No.9169
何事も前向きに考えることが大事ですよね~
私もドッシリと構えていようと自分自身に言い聞かせています。

こうしてブログを通して皆さんのお話が聞けるのも本当にありがたいこと。
今後もちょいちょいと遊びにいらして下さいね(^_-)-☆
2020-10-25 10:15 
てぐたん No.9170
うちは2011年に私達夫婦がアーリーリタイアした後に実母が脳梗塞で要介護になりました
車椅子生活になったので介護施設に入ってます
完全リタイアなので時間はたっぷりあるけれど、引き取って自宅介護になったらリタイア生活が全て介護になってしまうし、お互いのストレスも溜まってしまうのでね
その後また脳梗塞を起こして、車椅子から転げ落ちて手を骨折したりして我が家の近くの介護施設へ転居したりと色々ありましたが、やはりプロの介護士さんにお任せして良かったです
介護って自分たちでやれば体力や時間がかかるし、預ければお金がかかるし大変ですよね
元気でもコケて骨折からの寝たきりとかは良くあるようですので、今のうちから色々と想定してどうするのかシュミレーションしておくと良いかもしれないですね
2020-10-25 11:43  なんとかなる。
金太郎 No.9171
こんにちは。
無責任に思えるかもしれませんが、なんとかなります。
義父を介護し母を介護していますが、行政サービスもありますので100%背負わなくても大丈夫です。
日々弱っていく親の世話をするのは本当に大変で辛いです。
大きな子供から、大きな赤ちゃんになると判っていても、時々声を荒げる事もあります。
一番大変なのは排泄の問題でした、本人も辛いですが周りの者も大変です。

誤嚥性肺炎が怖いので毎食の”しっかり歯磨き”習慣と、短時間でも外に連れ出して歩くのは大事ですよ!
本人のQOLを低下させる事なく、幸せな日々が続くと良いですね。

kenさんが言われるようにブログを書く事でストレス発散にもなりますので、無理のない範囲で続けて欲しいです、これからもブログ楽しみにしています。
2020-10-25 12:07  てぐたんさん、コメントありがとうございます☆
pooh2013 No.9172
我が家は夫婦それぞれの両親が健在、つまり高齢者が4人いるのでとにかくいろいろなパターンが想定されます。
仰る通り、いざという時に備えて情報を集めておく必要がありますね。
もちろんタダの頭でっかちでは困りますが、知識は重要!
そして自分自身の健康も考えて、乗り切っていこうと思います(^^)
2020-10-25 12:10  金太郎さん、コメントありがとうございます☆
pooh2013 No.9173
「なんとかなる」⋯⋯心強い言葉です(^^)
ブログを通して、沢山のお話を聞けるのも本当にありがたいことですね。
この場は私にとっても大切な場所になっています。

⋯⋯という訳で、もちろんブログは続けていきますよ~。
金太郎さんのブログも楽しみにしています♪
2020-10-25 16:56 
まりりん No.9174
みなさんやはり、介護問題は逼迫していますね。うちは夫も私もに父親がすでに他界しており母親が健在です。義母はもうすぐ90、今はまだ元気ですし、義姉が同居していますので安心しています。
私の母は70代に入ったところですが、10年程前に骨粗鬆症からくる腰椎圧迫骨折で大変な時期がありました。
背中も丸くなり、動作もゆっくりになってきています。
近々の同居も視野にいれていますが…
ただ、夫が仕事で帰りが遅く、生活パターンがまったく違うこと、やはりお互いに(母と夫が)気を使って疲れてしまうのではないか、うまくやれるのか、そもそも家が狭い、増築するのか…と不安は尽きません。
母は再婚をしていて、継父も80歳近く。今は元気ですが先はどうなるか分からないしですし…
あー本当に考え出したらキリがないですね。ピンピンコロリであっけなくあの世に逝ってしまうことだってあるかもですし… 母は、あんたには世話をかけずにポックリ死にたいといつも言っています。親のそういう言葉を聞くと辛いですが、毎回笑って返しています。

poohさんもあまり考えすぎないようにしてくださいね。なるようにしかならんわ!と私も思っています(^^)
ブログ楽しみにしています!
2020-10-25 20:54  まりりんさん、コメントありがとうございます☆
pooh2013 No.9175
皆さんのお話を聞いていると「私だけじゃないんだなぁ」としみじみ感じますね。
リタイアで人との接点が激減した私にはブログの存在は本当にありがたい限り!
今後も気負わずに続けていこうと思います。
お互いに介護生活が始まったとしても、きっと大丈夫ですね(^^)
Comment form

トラックバック

Trackback URL