poohの毎日~40代でアーリーリタイアした夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活も8年目に入りました。シンプルに楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 読書・テレビ・映画 > 私のミーハー魂、久々に炸裂!

私のミーハー魂、久々に炸裂!

ミーハー⋯⋯世間の流行に、にわかに熱中する者に対する呼称です。
なんでも昭和初期に生まれた単語で、その語源は諸説あるそう。

<その一例>
①「みよ」「はな」等、当時の女性名が“み”や“は”で始まるものが多かったから
②当時の若い女性が好んだ「みつまめ」の“み”と俳優・林長二郎(後の長谷川一夫)の“は”を掛け合わせたもの
③音階のドレミファとかけたもの


⋯⋯と、したり顔でミーハー論を語っていますが、実はこの私自身も生粋のミーハー人間(照)
世間のブームには率先して首を突っ込んでいました。
しかし、そんな趣向も7年前のアーリーリタイアをきっかけに少しずつ消えつつあったのです。 
これも歳だからなのでしょうか? 「私も落ち着いてきたなぁ」などと考えていました。

でも、今回は久々にミーハー魂炸裂!
2020090561.jpg

買っちゃいましたよ、あのウワサの「Number」を!

スポーツ雑誌「Number」が、このたび初めて将棋を取り上げました。
発売前からニュースとして報じられたこともあり、これがもう売れ売れ!
9/3(木)の発売初日から増刷、再増刷を重ね、既に累計発行部数20万部というから驚きです。

●参考:将棋がラグビーW杯を超えた?「Number」初の将棋特集が20万部到達(→Yahoo!ニュース9/6の記事)

将棋ファンの端くれとして、私も本号には関心を持っていました。
でも、当初は自分で購入しようとまでは考えていなかったのです。
雑誌なら普段から利用している「dマガジン」経由でサラッと目を通せれば十分とみなしていました。

しかし9/3(木)の発売初日、dマガジンの画面を眺めているうちに気持ちに変化が⋯⋯
そう、眠っていたミーハー魂がムクムクと蘇ってきたのです。
一旦スイッチが入ると、もう居ても立ってもいられません。
翌日は朝10時の開店を狙って書店に向かいました。

あぁ、それなのになんということでしょう。
ここ北海道での「Number」発売は本州より2日遅れ⋯⋯
こうなると、更に思いが募ります。
物欲というものは不思議なもので、お預け状態に入るとますます欲しくなっちゃうんですね。
そんな訳で夫・ケッチーくんにお願いし、更に翌日の9/5(土)朝6時前にコンビニに行ってもらい、念願の1冊を入手しました。

そして2日間、繰り返し繰り返し、特集ページを読み込んでいます。
さすが「Number」の特集号、読み応えも抜群だし、写真もキレイ!
藤井二冠関連はもちろん、他の棋士に関する記事も面白く、「買って良かった~」としみじみ実感♡

その中で私のイチオシは、なんといっても佐藤和俊七段の記事でしょう。
出身高校のグランドでネクタイ姿で走る彼の姿は「Number」ならではの迫力です。
パッと見は地味めな(←失礼)佐藤七段にミーハー魂をくすぐられ、私自身も若返った気分。
今回の「Number」は我が家のお宝の1つになりそうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

関連記事

コメント

post
2020-09-08 23:22 
まりりん No.9114
将棋流行ってますよね(^^)
藤井聡太二冠は愛知県瀬戸市の出身で、対局の期間はニュースがものすごく盛り上がります。地元のテレビ局製作で特番が放送されるほど!

私の母は聡太くんファンで、勝った対局の日は興奮気味にLINEがきます(笑)
Numberですか!興味津々です。
本屋で探してみます(^-^)
2020-09-09 05:57  まりりんさん、コメントありがとうございます☆
pooh2013 No.9115
私自身はアーリーリタイア後、漫画「3月のライオン」に影響されて将棋を始めました。
それにしても今のフィーバーぶりはすごいですよね。
私の両親も「聡太くん」の動向には敏感に反応しています。
もはや「1億人の孫」的存在なのかも(笑)
Comment form

トラックバック

Trackback URL