poohの毎日~40代でアーリーリタイアした夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活も8年目に入りました。シンプルに楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > レジャー・娯楽 > 覚えたてホヤホヤの夜景スポット豆知識⋯⋯真っ昼間に撮影した画像と共にお届けします

覚えたてホヤホヤの夜景スポット豆知識⋯⋯真っ昼間に撮影した画像と共にお届けします

この夏は地元・札幌を満喫しています。
先日は羊ヶ丘展望台、そして今回は藻岩山(もいわやま)を訪れました。

<前回の羊ヶ丘行きについて>
●札幌市民としてまた1つ成長しました(→8/17の記事)


市内中心部から南西約5kmに位置する藻岩山は標高531m。
今回はロープウェイとケーブルカーを乗り継ぎ、山頂展望台に降り立ちました。

●参考:札幌もいわ山ロープウェイの公式サイト(→こちら)

この場所を訪れるのは実に15年ぶり、いや、もっと前だったかもしれません。
あの時は霧でな~んにも見えなかったけれど、今回はお天気に恵まれました。
2020082701.jpg
札幌市内を一望できたのはもちろん、左手奥には石狩湾まで!
あぁ、なんて壮大な景色なんでしょう。

カメラレンズを望遠に変えて中央部にも寄ってみました。
左側の円は札幌駅前のJRタワー(高さ173m)、そして右端がテレビ塔(同147.2m)です。
2020082702.jpg

さて、こんな藻岩山ですが、実は夜景もキレイだそう。
国内の三大夜景の1つだと施設内にも大々的に表示されていました。
しかし、ここで私の中に疑問が浮かんだのです。
「日本三大夜景って函館・神戸・長崎じゃなかったっけ?」

過去にこの3都市を訪れた際、キッチリとそう記憶したはず。
函館・長崎では実際に夜景(もしくはその間際の風景)をカメラに収め、それぞれ「日本三大夜景の1つ」と胸に刻んだことも覚えています。

<参考過去記事>
●函館(→2017年4/4の記事)
●長崎(→2016年10/24の記事)


さぁ、こうなると気になって仕方ありません。
さっそく帰宅後に「三大夜景」でググってみました。
すると、あらまぁなんということでしょう!
「日本三大夜景」には3種類のパターンが存在していたのです。

①日本三大夜景
②新日本三大夜景
③日本新三大夜景


②③に関してはなかなかビミョーなネーミングです(苦笑)
情報収集ついでに、それぞれの詳細も掘り下げてみました。

①…認定者・認定日は不明だが最も古くメジャーな三大夜景
②…「新日本三大夜景・夜景100選事務局」が2003年に発表したもの(→公式サイト)
③…「夜景観光コンベンション・ビューロー」が2015年に発表。その後2018年に第2回目の結果も発表(→公式サイト)


それぞれのランキング内容も表にまとめてみました。
2020082703.jpg

札幌は③内にランクイン。
でも、私自身が認識していた「三大夜景」は①だったのでアレ? となった訳ですね。
「三大夜景」にもいろいろなパターンがあることを学びました。
ちなみに③の「日本新三大夜景」の正式名は「日本新三大夜景都市」で、特定の夜景スポットではなく都市を対象としているそうです。

そんなこんなで「日本三大夜景」についてミョーに詳しくなりました(笑)
いつかは夜の藻岩山にも登ってみたいものです。
2020082704.jpg
※「さっぽろ観光写真ライブラリー」(→こちら)から拝借した画像です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

関連記事

コメント

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL