poohの毎日~40代でアーリーリタイアした夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活も8年目に入りました。シンプルに楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > レジャー・娯楽 > その気になりやすい私が「坂道のアポロン」鑑賞後に起こした行動

その気になりやすい私が「坂道のアポロン」鑑賞後に起こした行動

我ながらチョロい人間です。
アニメやドラマ、映画等を鑑賞するたびに「今度はコレだ!」と即その気になっちゃいます。

poohを「その気」にさせるものとはピアノ曲の数々です。
以前から趣味でピアノの練習をしているのですが、どうしても選曲がワンパターンになりがち。
そんな中でエンタメ作品が新曲との出会いの場になっています。
劇中使用曲やBGMを聴いているうちに「あっ、コレ弾いてみたい♪」と気分が高まってくるのです。

<その一例>
●アニメ「のだめカンタービレ」より:「ピアノ協奏曲第2番」(ラフマニノフ)
●アニメ「ピアノの森」より:「エチュード Op.10-1」(ショパン)
●ドラマ「カルテット」より:「ジュ・トゥ・ヴ」(サティ)、「コンソレーション第3番」(リスト)⋯⋯etc.

そんなpoohがこのたび「坂道のアポロン」と出会ってしまいました。

<坂道のアポロンとは?>
小玉ユキによる漫画作品。単行本は全9巻+番外編1巻。
「月刊フラワーズ」(小学館)で2007~2012年に連載され、「このマンガがすごい! 2009」オンナ編1位、第57回小学館漫画賞一般向け部門を受賞。
テレビアニメは2012年にフジテレビにて放送、実写映画も2018年に公開された。


poohがこの存在を知ったのはつい先日のこと、アニメ視聴がきっかけでした。
その味わい深さが気に入り、なだれ込むようにコミックスも買い揃えちゃいました。
2020070841.jpg
「坂道のアポロン」の舞台は長崎県佐世保市です。
そして時代は1966年⋯⋯つまりpoohが生まれる前で当時のグループサウンズの人気ぶりや学生運動の話題と、どれも縁遠いものばかり。
それでもなぜか懐かしさいっぱいの世界が描かれています。
「過ぎ去りし青春」という空気が満ちあふれているからでしょうか?

そんな本作の柱は、なんといってもジャズ!

ジャズ⋯⋯もちろんpoohもそれがどんな音楽なのかは知っています。
でも、その知識はほんのひと噛りで、自分で演奏したことはありません。
poohはクラシック畑の人間なのです。

「坂道のアポロン」の主人公・薫さん(男性)も同様でした。
それがふとしたきっかけでジャズピアノを弾き始め、どんどん夢中になっていきます。
この薫さんの変化については原作の漫画よりもアニメ版の方が理解しやすいかもしれません。
テレビの中で彼らが演奏する「モーニン」や「いつか王子様が」、そして「マイ・フェイヴァリット・シングス」といったジャズの名曲は魅力たっぷり。
実際に聴いているうちに、poohも自分で弾いてみたくなりました。

そんな訳でまずは図書館で本を借りてきました。
2020070842.jpg
フムフム、なるほど⋯⋯と必死に文字・楽譜を追っています。
でも、やはりジャズはクラシックとは完全に別物ですね。
その独特のスウィング感を体感しつつ、気の向くままに指を動かすのが一番みたいです。

ジャズの習得にはかなり時間がかかりそう⋯⋯というかpoohにマスターできるのだろうか?
自問自答しつつも、しばらくは練習を重ねてみます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

関連記事

コメント

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL