poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆アーリーリタイア > 国民年金&国民健康保険 <我が家の考え>

国民年金&国民健康保険 <我が家の考え>

先日の記事で、pooh家では、社会保険料として年間40万円を見込んでいるとお話をしました。
社会保険とは、国民年金と国民健康保険です。

①国民年金
社会保険の中で、大きな割合を占める国民年金。
平成26年度の1ヵ月あたりの金額は¥15,250、pooh家は2人分で¥30,500。
年間で¥366,000です。

国民年金については、所得が一定額以下の場合「免除」という仕組みがあります。
免除される額は、全額、4分の3、半額、4分の1の4種類ですが、pooh家は所得ゼロなので、申請すれば全額免除になるはずです。
(免除と未納は違いますので、ご注意下さい。)
全額免除にすると、年金は半分になるものの支給されます。

ただ、現状pooh家は免除申請はしないつもりです。
理由は
・そもそも長期収支の中で、支出に組み込み済み。
・将来的に年金が減額になることはあっても、ゼロにはならないはずだから、リスクヘッジとして年金受給の権利を確保しておく。(年金がゼロになっても生活はできる、とも思っています。)
・免除を受けると、個人型確定拠出年金の加入資格がなくなる。
にほんブログ村 トラコミュ 賢く 楽しく 欲張りな マネーライフへ
賢く 楽しく 欲張りな マネーライフ
②国民健康保険
会社員時代、健康保険は、会社が半分を負担してくれていましたが、退職によって、全額自己負担になりました。
前年所得が基準となるので、退職した本年度分、及び来年度分は、かなりの金額です。
区役所の窓口で金額を聞いた時は、覚悟していたけれどビビりました(笑)

国民健康保険は、自治体によって料率や保険料の計算方法が異なります。
poohが住む所では、所得割額+均等割額(人数割額)+平等割額(世帯割額)の合計が保険料となります。
所得が低いと「減額」という仕組みが適用されるため、保険料が抑えられます。

pooh家は、平成27年度分からは所得ゼロでの計算になる予定です。
低所得世帯に対する保険料の減額という仕組みにより、世帯所得ゼロだと7割が減額されます。
その時の保険料は、
  ①所得割額:ゼロ
  ②均等割額:¥28,140×2人×0.3=¥16,884
  ③平等割額:¥51,760×0.3=¥15,528

合計(年額)¥32,412 月額¥2,701 となるわけです。
かなり安くなりますね。

社会保険って、給料天引だった会社員時代はほとんど意識していませんでした。
リタイアした今は、自分で調べて、考えていくことになります。
この分野はかなり苦手なpoohですが、きちんと勉強していかなくては・・・(遠い目)

皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ
関連記事

コメント

post
2014-03-15 19:28  始めまして
Dera No.101
始めまして
いつも楽しく拝見させていただいてます!
  おそらくご近所ですw(Dera家は今年2末よりアリリタ突入)
質問ですが、、、
・健康保険ですが、前所属会社でかけていた保険を任意継続しなかったのですか?
・国民年金の付加年金(月400円、2年でもととれる制度)は加入予定は?
もしさしつかえなかったら、、、ご教授願います
2014-03-15 20:00  Deraさん、はじめまして!
pooh No.102
お答えします。
> ・健康保険ですが、前所属会社でかけていた保険を任意継続しなかったのですか?
→任継も検討しましたが、夫婦2人分で考えると、金額的にあまり差がなかったので、国保にしました。

> ・国民年金の付加年金(月400円、2年でもととれる制度)は加入予定は?
→加入予定はありません。
 国民年金の将来に、それほど信をおいてないので、確定拠出年金で積み立てています。

また遊びに来て下さいね♪
 
 
2014-03-15 20:30 
早々に記事を書いていただいてありがとうございます。^^
国民年金が意外というかなんというか結構な金額になりますよね。私も早期リタイアを考えシミュレーションした時に感じました。ただ私もpooh家と同じくできる限り支払う方向で考えています。そうするとおそらく生活費は同じ水準になると思われます。(おそらく早期リタイアを目指す人は同じような水準になると思います。もっとすごい人もいますが^^)続いて国民健康保険は調べていなかったのですが自治体が違えど無職になればそれほど金額は変わらないと思うのでとても参考になりました。ありがとうございます。早期リタイアの計算でネック?になるのは「住居費」「年金・保険」だと考えているので今回の記事は本当にありがたいです。^^
民間の医療保険には入っていないとのことですが高額医療制度があるからという考えですかね?
あ、あと早期リタイアで最も重要なのは「健康」ですよね。^^
これからもブログ楽しみにしています。
ps やっとホームベーカリーオーブンレンジを購入しました。しばらくしたらアップするのでまた見に来てください。^^
2014-03-15 20:57  クロスパールさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.106
参考になって良かったです。
民間の保険については後日お話ししますね。

ホームベーカリーと、オーブンレンジの記事、楽しみです!
美味しいもの、たくさん作れますように・・・

Comment form

トラックバック

Trackback URL