poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして6年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > レジャー・娯楽 > たかが290メートル…とナメていたら、エライ目にあっちゃいました

たかが290メートル…とナメていたら、エライ目にあっちゃいました

poohはパワフルなオバサンです。(略して“パワオバ”)
40代も終盤となった現在も、体力(だけ)は衰えていません。
しかし、今回の四国旅行では、その鼻っ柱をへし折られた場面もありました。

それは徳島市・眉山での出来事です。

<眉山(びざん)とは?>
徳島市街の南にそびえる山。
どの方向から眺めても眉の姿に見えることから、その名がついたといわれる。

2018111404.jpg
↑左右が見切れていますが、中央に見えるのが眉山です。
「眉(まよ)のごと雲居に見ゆる阿波の山 かけて漕ぐ舟泊(とまり)知らずも」と、万葉集でも詠まれた徳島市のシンボル的存在。
もちろんpooh家も、この山の観光を出発前から決めていました。

「眉山って標高290mなんだって。ロープウェイもあるけどキミは自力で登れるかい?」
夫・ケッチーくんからの打診に 「そんなのお茶の子サイサイだよ~ん」と答えたpooh。
これが富士山だったら、さすがにビビりますが、290mなんて、その10分の1以下です。
自称・パワオバなら鼻歌まじりでスタスタ歩ける…と考えていました。
今回の旅行はジーンズ&スニーカーの軽装だし、手荷物も宿泊ホテルに預ければ、何ら問題なしと判断したのです。

しかし、いざ登り始めてから、己の甘ちゃんぶりを大後悔。
2018111401.jpg
この悪路は一体…(愕然)

最初は石段だったのに、途中からいきなり急傾斜のボコボコ道に。
当然手すりなどありません。
ちょっとでも油断したら足を滑らせて横道に落下しそう…まさに冷や汗モノでした。

「うぅっ、こんなハズじゃなかった…」
手荷物をケッチーくんに託し、ヘッピリ腰でヨロヨロと登りました。
ロープウェイだったら、たったの6分間の道のりを、40分以上かけてやっと頂上に着いたのです。
いやはや山を舐めてはいけません。

しかし、苦労しただけあり、山頂からの景色はサイコーでした。
最初は曇り空だったのに、いつのまにか青空が顔を出し、清々しいことといったら!
淡路島や紀伊半島も見えましたよ。
2018111402.jpg

こちらは仏教寺院・パゴダ平和記念塔。
2018111403.jpg

帰りも自力で下山しました。
下りは下りで、おっかなビックリだったことは言うまでもありません。
やっとの思いで麓に辿り着いた時は、心底ホッとしましたねぇ。
その後の「ラーメン東大 大道本店」(→オフィシャルサイト)の「徳島ラーメン」が最高でした!
2018111405.jpg

それにしても「体力には自信アリ」と言っておきながら、なんともブザマな自分に反省いっぱい。
でも、今回の登山をきっかけに、また新たな課題が見いだせたのも事実です。
帰宅後は足腰を鍛えるためのスクワットを日課に加え、「パワオバ」存続に向けて文字通り踏ん張っているpoohなのでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

コメント

post
2018-11-14 20:11 
なんですかこのラーメン、すごすぎて逆上します!
玉子入れ放題なんすか? 
2018-11-14 20:47  朽木鴻次郎さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.7710
徳島ラーメンには「茶系」「黄系」「白系」の3系統があるそうです。
このお店はもちろん茶系で、豚骨スープに濃口醤油やたまり醤油ベース、具材には豚のバラ肉が入っていました。
生卵は入れ放題ですが、グッとこらえて1個にとどめましたよ~。
見た目よりもマイルドな味わいで、すっかり気に入った次第です。

そうそう、今回の旅行では広角レンズが大活躍でした。
パゴダ平和記念塔のような高い建物を撮る時にも重宝しますね(^^)
2018-11-15 14:15 
pin No.7711
山登りはロープウェイがあるとどうしようか迷いますね。
特に下りは膝に負担が大きいから、ふだんから鍛えておかないと大変です。
10月に磐梯山に登って膝がガクガクで苦労しました。
2018-11-15 14:22  pinさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.7712
いやぁ、ホントに膝にきますよね~。
実は徳島の2日後に訪れた松山城も、当初は徒歩のつもりでした。
でも、急遽変更してリフト&ロープウェイ利用…私もまだまだ甘ちゃんです(照)
2018-11-15 22:17  眉山は徳島市民のシンボル
朧月夜 No.7713
初めてコメントさせていただきます。oborotsukiyoと申します。いつもpoohさんの創意工夫にみちあふれた日々を綴ったこのブログを拝見するのを楽しみにしております。ほぼ同世代(少しだけ自分が年上かな?)なので、共感できることも多々あります!
今回のブログは四国、しかも自分の出身地の徳島がテーマだったので、いつも以上に熱を入れて読みました!
眉山は、徳島市内の子供は遠足で必ず行くところなんですよ。観光で徳島に来る方は時間の都合で素通り、もしくは行ってもローブウエイのところ、しっかり徒歩で登っていただけだとは…元徳島市民として、とても嬉しいです!
四国はとても地味で、なかでも徳島はとりわけ存在感が薄いところですが、観光をお楽しみいただけたのなら、とても嬉しいです!
長いコメントとなりまして、失礼しました。これからもブログ楽しみにしています。
2018-11-15 22:25 
たんちん No.7714
この道は酷いですねえ、私なら道を間違えてたと勘違いしそうです。
2018-11-16 07:20  朧月夜さん、はじめまして!
pooh No.7715
前回の記事にコメントいただいた「なんちゃって主任」さんに引き続き、四国の方からのメッセージ、とても嬉しいです!

眉山のボコボコ道は、確かにお子さんの方がひょいひょいと登れそうです。
大苦戦した私ですが、てっぺんからの景色がサイコーで癖になっちゃう山だと感じました。
そして、麓についてからは「阿波おどり会館」も、しっかり見学しましたよ。
そうそう、徳島ではラーメン以外にお寿司も食べました。
あれも美味しかったなぁ…今、思い出してもヨダレが出ちゃいます(^^)
2018-11-16 07:22  たんちんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.7716
いやぁ、すっごい道でした。
でも、あれが本物の山道なんでしょうね。
今回の経験をきっかけに、私、今度は山登りにも目覚めちゃうかもしれません(^^)
2018-11-16 08:37  朧月夜さんへ
pooh No.7717
おはようございます!
先程2つめのコメントをいただいたようですが、昨夜(11/15)の文章と同じものだったので削除しました。
もしかしたら新しい文章との取り違いだったのでは? と憶測しています(^^)
Comment form

トラックバック

Trackback URL