poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして6年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 日常つれづれ > 「老人ホームって、どんな所?」…只今イチから勉強中です

「老人ホームって、どんな所?」…只今イチから勉強中です

最近のpoohの関心事…それは「老人ホーム」です。
この単語を聞いただけで耳はダンボ状態だし、暇を見つけてはネット検索に勤しんでいます。
おかげでPCの画面広告も「終のすみか」、「安心のサポート」といったキーワードばかりに。

それは実家の両親の一言から始まりました。
「将来的には施設に入居したい」と、彼らが言い出したのです。
70代の両親は、pooh宅から徒歩圏内にあるマンションで暮らしていますが、そろそろ次の生活のことを考え始めた模様。
…となると、娘であるpoohもそのお手伝いをせねばなりません。
さっそく、「老人ホームとは何ぞや?」というレベルから学び始めています。

●まず最初に知ったこと
地方公共団体や社会福祉法人が運営する公的施設(=特別養護老人ホーム)は費用が割安なのが魅力だが、あくまでも要介護3以上の方が対象。


両親は現時点では自立した生活を送っています。
つまり、公的施設では対象外のため、民間企業によるものから探すことになります。
このタイプは、大きく分けると2種類です。

●民間企業が運営する施設
(A)有料老人ホーム
(B)サービス付き高齢者向け住宅 (以下・サ高住)


(A)有料老人ホームが「終身利用権方式」であるのに対し、(B)サ高住は「建物賃貸借契約」で成り立っています。

●(A)有料老人ホームの終身利用権方式とは?
その施設を利用する権利を前払いで購入する方式。
初期費用として、「入居一時金」を支払って契約が成立する。

●(B)サ高住の建物賃貸借契約とは?
一般的な賃貸物件と同様、初めに敷金を支払い、月ごとに家賃を支払ってゆくシステム。


更に(A)有料老人ホームは3種類、(B)サ高住は2種類に細分化されます。
↓ザックリと表にまとめてみました。
2018101709.jpg

まずは今回得た知識を元に、両親と一緒にいろいろ考えてみるつもり。
彼らがどういった施設を望んでいるのか、しっかりヒアリングする必要もあります。
おそらく下見や契約にも付き添うことになるでしょうから、更に深掘りして情報収集していきます。

それにしても今まで完全に他人事だったジャンルゆえ、pooh自身も学ぶことがいっぱい!
外出先でも、それらしき建物が自ずと目に入ってくるようになりました。
しばらくの間は、この状況が続きそうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

コメント

post
2018-10-17 18:48 
瀬高 No.7640
祖母は特別養護老人ホーム→小規模多機能型居宅介護(施設)でした。
どちらも社会福祉法人が運営していましたが、居宅介護の施設は病院の関連施設だったのでお医者さんに往診していただけて助かりましたよ。

2018-10-17 20:31  瀬高さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.7641
民間企業が運営する施設も病院関連が多いようですね。
現時点では生活支援サービスのみで検討することになりそうですが、その内容は本当にさまざま!
じっくり探してみるつもりです。
2018-10-18 14:33  都合のいい施設
ぐうたらシニア No.7642
ときどき拝見しています。
カップルでアーリーリタイアして、女性の視点からのブログは少ないと思います。

自分の問題でもあるので、いちおう検討しています。

サ高住は、要はアパートであって、一階になんらかの施設があったとしても、単に近いので便利という関係になります。必要なときは、なんらかの介護の契約をすることになります。

わたしは、要支援の手前あたりの段階で、時期をみて、
できればの次元になりますが、
スタッフがどうとかの話は当然として、

1)Aの3のタイプで、自立者を受け入れてくれて、そのまま介護に移行できる施設で、

2)入居一時金が少なく(もし施設に合わないとき退所すると、返金がほぼないため。支払う月額は高くなります)、

3)自立時でも、楽しめる環境(人それぞれで一口には言えませんが)のところ、

4)経営母体が安定しているところ

を選びます。支払い能力を含め、あるのか、どうか、分かりませんが。
2018-10-18 15:13  ぐうたらシニアさん、はじめまして!
pooh No.7643
私も、両親にはサ高住かな…と考えています。
最近は物件数も増えているみたいですね。
でも、確かにブラックな要素が多い業界でもあるので、じっくり検討する余地がありそう。
100%希望通り…とはいかないでしょうが、両親にとってベストな選択が出来るよう、まだまだ情報収集していきます(^^)

そして、いずれは私自身のことも考えなくては…(遠い目)
2018-10-19 09:43 
pin No.7644
まだ自分のことはなんでもできますが90歳なので
この先も自宅で過ごせるのか考えなくてはと思っています。
母は3年前92歳で亡くなりましたが、最後まで自宅での看取りだったので
弟夫婦には感謝してます。
poohさんの記事は真剣に読んでしまいました。
2018-10-19 13:40  pinさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.7645
老いた両親の今後の暮らし…本当に身につまされますねぇ。
私も知らないことだらけで、現在せっせと情報収集中です。
そして、将来的には自分自身のことも考えていかねばなりません。
このブログでも、ちょこちょこ取り上げていくつもりです(^^)
Comment form

トラックバック

Trackback URL