poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして6年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 読書・テレビ・映画 > たかがテレビ番組に2年・・・我ながらガンコな娘でした

たかがテレビ番組に2年・・・我ながらガンコな娘でした

少々ヘソ曲がり気味だったとはいえ、poohも子供の頃は素直に親に従っていました。
それがいつしか立場逆転、現在ではすっかりこちらがアドバイザーです。
「親切心を装った勧誘話には近づくな」といった注意喚起はもちろん、流行り物やオススメの本を紹介することもしばしば。
年齢と共にめっきりアンテナが衰えてきた両親に、あれこれ指南しています。

そんな中、珍しく彼らの方から薦められたものがありました。
「面白いからぜひ!」と、その魅力を繰り返しアピールされまくっていたのです。
それはテレビのバラエティ番組、TBS系列で放送中の「プレバト‼」です。

「プレバトは観てるかい?」という父からの問いかけに、
「う~ん、いつか機会があれば・・・」と、何度お茶を濁したでしょうか?
それというのも彼らの番組説明が今ひとつ訴求力に欠けていたから。
「俳句や生け花について専門家が語るんだ」と言われても、どうも食指が動きません。

勝手にNHK教育(=Eテレ)的な雰囲気をイメージし、「プレバト‼」視聴から逃げていました。
実は以前も同じく両親推薦のテレビ番組を観て、お互いの嗜好の違いは実感済み。
「テレビ番組に関しては、もう親のいうことなど聞かなくてよし」というのがpooh'sルールになるのも仕方ありません。

「プレバト観た?」→「いや、観てない」という親子間のやりとりは、少なく見積もっても2年近く続いてきたはずです。
しかし、すっかりお約束となったこの無限ループも先日ついに収束しました。
「本日19時から1チャンネルで『プレバト!!』だよ」と、父が電話を掛けてきたからです。

ここまで念押しされては、さすがのpoohも逃避不可能。
半ばイヤイヤながらも、その場で録画予約し、当日に視聴しました。

「う~む、やっぱり俳句がテーマかぁ」
「中田喜子、熊谷真実・・・シブイ出演陣だ」
「“特待生”とか言っているけれど、そのルールがよくわからん」
こんな調子で当初はグズグズとブーたれていたpooh。
しかし、なんということでしょう、番組開始から20分ほどで、すべてが一転したのです。

「プレバト!!」ってば面白~い!←掌返し

他人にその内容を説明するのは確かに難しいです。
でも、あえて簡単に記述してみましょう。

<「プレバト!!」とは?>
毎週木曜日19:00~20:00放送のバラエティ番組(TBS系列)。
「才能査定ランキング」がメインテーマで、複数の芸能人・著名人が特定のテーマ(俳句・生け花・消しゴム版画etc)に沿って作品作りに挑戦する。
それを査定員(専門家)が判定し、才能やセンスを査定する。(→番組オフィシャルサイト)


調べてみると、この番組は2012年から続くロングラン。
実はpoohなどが紹介するまでもない人気番組だそうです。
特に俳句は関連本の出版や派生企画・イベントの実施にも発展し、只今世間はちょっとした俳句ブーム・・・poohってば今更感アリアリですね(照)

こんなことなら、最初に薦められた時点で即観るべきだったのかもしれません。
親の言葉にはやっぱり素直に従っておくものだなぁと、しみじみ感じた一件でした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

コメント

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL