poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして6年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > 生活いろいろ > 「そんなに難しいことかなぁ?」と私自身は感じています

「そんなに難しいことかなぁ?」と私自身は感じています

夫・ケッチーくんが何やらキーキーと騒いでいます。
実はコレ、最近の我が家の恒例行事。
ほんの1分間ほどですが、毎日きっかり3回ずつ発生する光景です。

しかし、いくら彼が騒ごうとも、傍らのpoohは屁の河童。
「あぁ、またやってるな」とクールに構え、テキトーにあしらっています。
だって、その“苦しみ”の原因は単なるビタミン剤、いちいち心配するだけ損なのです(苦笑)

ケッチーくんは先日からビタミンB&Cのサプリメントを摂り始めました。
頬に出来た小さなシミが気になる・・・と悩む彼のために、poohが薦めてみた物です。
以来、「錠剤2粒を1日3回服用」が彼の日課。
朝昼晩、そのつどキッチンで水を汲み、神妙な顔でゴクリと飲み込んでいます。

その直後に毎回、くだんのキーキータイムが勃発するのです。
「錠剤が喉に引っかかった~」と、彼はいちいち騒ぐのです。
そりゃあpoohだって、最初の頃はその背中をさすり、面倒を見ていましたが、こう毎日同じことが続くようでは、さすがにお手上げ。
だいたい錠剤ごときになんでそんなに苦戦するのか・・・理解に苦しみます。

当のご本人によると、「オレは薬を飲み慣れていないから」だそう。
確かにケッチーくんは薬嫌い、普段からその類の物には手を出しません。
例外は風邪の引き始めに摂取する葛根湯ですが、その時でさえ「葛根湯はスパイスである」と、いちいち言い訳しています。

●参考過去記事: 風邪の引き始め・・・私の特効薬はコレ(→2014年10/15の記事)

今回のビタミン剤も「薬ではなくサプリメント」というのが彼の主張。
でも、薬品的な形状(錠剤)であるため、口に含むとミョーに身構えてしまうようです。
おそらくその余計な力が、食道を狭めているのではないでしょうか?

「一度に2粒」を諦めて1粒ずつにしたり、口に含む水量を増やしたり減らしたり・・・
果ては上を向いたり、「ア~」と発生しながら飲み込んでみたり・・・
ケッチーくんなりに毎回対策を凝らしているようですが、あまり効果はみられません。

いやはや、これでは先が思いやられます。
いくら健康自慢のオトコであろうとも、将来は何らかの薬のお世話になる可能性も高いはず。
でも、そのことを指摘すれば、「オレは今後も薬なんか飲まないから大丈夫!」と、根拠なしの自信を見せつけてくるのがケッチーくんでもあります。

来たるべき日に備えて、錠剤を飲み込むコツは今のうちに習得して欲しいなぁ。
そんなpoohの思いをよそに、「また失敗だ~」と騒ぐ声が今日も律儀に3回響いています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

コメント

post
2018-02-20 17:28 
キイロイトリ No.7088
ふふふ
納豆をもぐもぐして、薬を放り込むと~ぬるりと入りますよ。
お試しあれ!
2018-02-20 19:21 
薬剤師 No.7089
いつも楽しみに読んでいます。
初めてのコメントですが、お役に立てそうなので。

現役の薬剤師からのアドバイスとしては、
最初に水を含んで喉を潤わせること
あまり上を向かないこと
普通に薬を飲んだあとに、一拍おいてもう少し水を飲むこと

これでうまくいくかな?と思うのですが…。
上手くいかなければ、次の段階のアドバイスもしますよー(^ ^)
2018-02-20 19:38 
カサブランカ No.7090
龍角散から専用ゼリーが発売されているようです。
2018-02-20 21:08  キイロイトリさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.7091
納豆のヌルヌルを活用とは、まさに目からウロコです!
さっそく夫にも伝えてみますね~(^_-)-☆
2018-02-20 21:13  薬剤師さん、はじめまして!
pooh No.7092
まぁ、プロからアドバイスいただけるとは光栄です☆
たかが錠剤服用でも、いろいろコツがあるものですね。
ちなみに私は複数の錠剤もガバッと1回で飲み込めます。
夫には驚きモノみたいですが、これが普通ですよねぇ(笑)
2018-02-20 21:17  カサブランカさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.7093
龍角散の専用ゼリー、私も夫に薦めてみました。
でも、「わざわざ購入するなんて嫌だ」と即却下・・・なかなか頑固なオトコです(笑)
その頑なさが、喉にも表れているのかもしれませんねぇ(^^)
Comment form

トラックバック

Trackback URL