poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして6年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 日常つれづれ > バレンタインデーにまつわる赤面モノの思い出・・・実は私にも1つだけあるんです

バレンタインデーにまつわる赤面モノの思い出・・・実は私にも1つだけあるんです

クリスマス、お正月、節分・・・毎月のようにさまざま行なわれる年中行事。
でも、イベント嫌いのpoohは基本的にすべてスルーしています。
自分に子供がいれば「それも教育の一環」として実施したでしょうが、夫婦2人暮らしの身にはさほど意味を感じません。
周囲の盛り上がりをよそに、いつも平常心で過ごしています。

●参考過去記事: 年末にあえて私がやらないこと(→2014年12/30の記事)

その最もたるものが、バレンタインデーでしょう。
近年は「チョコレート販促強化月間」のイメージが強いイベントですが、もともとはローマ発祥(※諸説あり)の「カップルの愛の誓いの日」。
日本では「意中の男性に女性から愛の告白をする日」ともされています。
poohが小中学生だった頃などは、2・14は年に一度のアプローチデーでしたねぇ(遠い目)

でも、当時からこのイベントにも不参加を決め込んでいたチビpooh。
「『告白する日』なんてナンセンス。自分が男の子に気持ちを伝えるとしても、2/14だけは絶対避けよう」と考えていました。
我ながら硬派な子供だったのです。

・・・と言っておきながら、実はpoohにも「THEバレンタイン」な経験があります(赤面)
それも大人になってからの話ですから、一体何をか言わんやでしょう(赤面プラス)
更に付け加えると、そのお相手は現在の夫・ケッチーくん・・・(超ド赤面)

あれは彼と知り合ってから数週間目、2人で食事をした帰り際のことでした。
poohが「今、私の想いを伝えねば」という気持ちになったのは当日がバレンタインデーだったから。
これが他の日だったら、あの勢いは生まれず、そのまま持ち越したはずなのです。
その後の状況によっては、2人の関係もフェードアウトしたかもしれません。
「バレンタインデー=女性から告白」という先入観があったからこそ、成り立った出来事でした。

あの日をきっかけに2人は交際スタート→そして結婚。
そう考えると、poohは“アンチ・バレンタイン”どころか、今日はバレンタインの神様にひれ伏して、貢物を捧げる立場かもしれません。
普段はクールを気取っているクセに、実はこっ恥ずかしい面も併せ持つ・・・そんな自分に今更ながら照れまくっています(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

コメント

post
2018-02-14 21:25 
たんちん No.7074
やりまんなあ、ええもんは早いとこ手を打たんねえ。

三本ローラーあきらめて近くの川沿いや山の坂で練習します。ご助言ありがとうございます。
2018-02-15 07:34  たんちんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.7075
雪のない大阪なら通年、外で自転車に乗れますものね。
そうそう、トレーニング前の準備体操はお忘れなく!
あくまでもムリせず、少しずつ少しずつ鍛えていって下さい(^^)
2018-02-15 11:24  良いですね
新米隠居 No.7076
自分から動かないとね

私は数々の失敗・後悔が有りますが

やっての後悔より

やらずの後悔の方が

忸怩たる思いが大きいような気がします。

でも、なかなか勇気出せないのですが f^_^;
2018-02-15 14:39  新米隠居さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.7077
あの時は勇気を振り絞りましたねぇ・・・でも、そのおかげで今の私が存在します。
バレンタインパワーに感謝♡ ですね(^^)
2018-02-15 16:17 
瀬高 No.7078
私もバレンタインにはあまり興味がなくて…と思っていましたが、
poohさんの記事を読んで夫と初めて会った日がバレンタインデーだったことを思い出しました。
poohさんと同じく、私もバレンタインの神様にひれ伏して、貢物を捧げる立場かもしれません。
あの頃は若かったな…。
2018-02-15 17:08  瀬高さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.7079
まぁ、それは奇遇ですね(^^)

ちなみに、私は夫にバレンタインチョコをあげたことがありません(笑)
告った時も、チョコを用意する時間がなくて手ぶらでした。
おかげで我が家のバレンタインはチョコなしがデフォルト、おそらく今後もずっと同じだと思います。
Comment form

トラックバック

Trackback URL