poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして6年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 日常つれづれ > 両親と顔を合わせるたびに「お墓」の話題が浮上します

両親と顔を合わせるたびに「お墓」の話題が浮上します

同じ市内にある実家には月イチペースで顔を出しています。
両親も最近めっきり老いてきたとはいえ、今のところは問題ない暮らしぶり。
そんな彼らのペースに合わせて、のんびりと会話を交わしています。

取り上げる話題はさまざまです。
お天気、親族&知人の近況、最近見たテレビ番組、子供の頃の思い出話・・・
PC・スマホの操作法を問われることも多いです。
文字通りの「雑談」ですが、その中で毎度毎度浮上する話題がコレ。

お墓について

「我々の遺骨はお墓に埋葬はせず、海に撒いて欲しいんだ」と、父が必ず言い出すのです。
次男に生まれた彼は、本来ならば新しくお墓を用意する立場。
でも、あえてそれはせず、母共々「海に散骨」を希望するそう。

あぁ、またその話かい・・・と思いつつ、「うん、それが良いと思うよ」と毎回poohも答えています。
既に何十回も聞かされたテーマですが、老人相手ですもの、それも致し方ありません。
ちなみに、散骨の話をする時の両親はなんだか楽しげ。
まったく悲壮感はなく、ニコニコ顔です。

・・・となると、会話を盛り上げるのが娘としてのpoohの務め。
以前ブログ記事で取り上げたこともあり、本件に関する基本知識は習得済みでもあります。
「お墓を建てるとなると、その管理も考えなきゃだしねぇ」
「最近は散骨方法もバリエーション豊富らしいよ」などと、これまた同じ話を蒸し返しています。

<関連過去記事>
●子供がいない夫婦のお墓問題(→2014年11/18の記事)
●散骨の選択肢。宇宙葬という変わり種も(→2014年11/20の記事)


父: 「ここ札幌なら、散骨は小樽の業者に依頼するのが良いのかな?」
母: 「あら、私は日本海よりも太平洋に流されたいわ」
pooh:「いや、海は繋がっているんだから、どっちでも一緒じゃない?」

まるで旅行のプランニングです(笑)
毎月こんな話をリピートするのもどうなのか・・・と思いつつも、これはこれで有意義なひととき。
こうして語り合える時間を大切にしていこうと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

コメント

post
2018-02-16 17:22  こんにちは
かの No.7080
お墓問題うちも他人事ではありません。
私も主人の実家も本家に加えそれぞれ孫がいないので、いずれは墓じまいをしなくては思っています。
今から情報収集しておかなくてはいけませんね。
poohさんのご両親のように明確な意思を伝えてもらえると助かりますよね。
2018-02-16 21:09  かのさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.7081
いざその時に・・・となると、なかなかスムーズに事が運ばないのがお墓でしょうね。
そういう意味では、やはり元気なうちに対策を整えておくのがベストだと私も思います。
おそらく今後はますます選択肢が広がることでしょう。
親の分だけではなく、自分のことも踏まえて情報収集していきたいですね(^^)
2018-02-17 09:48 
pin No.7082
娘の遺骨をお寺に預かってもらっています。
墓はないので市の合葬墓にしようかと思い、住職に相談したら
あれは変だから止めたほうがいいと言われました。
お寺としては一人でも檀家を失うのは避けたいのでしょう。
私は家族がなく墓を作っても無縁墓になるのでどうしようか迷ってます。
2018-02-17 10:29  pinさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.7083
確かにお寺側としては、最近の風潮も悩ましいところなのでしょうね。
いろいろと悩む問題です。
どうか、pinさんにとってベストの答えが見つかりますように!
2018-02-17 13:03 
たんちん No.7084
鹿児島、大阪、ハワイにまいてもらいましょう。よめは徳之島、ハワイ、大阪。大阪は一緒にまいてもらおう。おっと一部分は一心寺へ納骨。
2018-02-17 13:52  たんちんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.7085
なるほど、たんちん家は夫婦それぞれ3ヶ所に散骨ですね。
それはそれで楽しそう♪
さて、私自身はどこにしようかしら?
Comment form

トラックバック

Trackback URL