poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > 節約・家計管理 > 幻に終わった私の自家発電計画

幻に終わった私の自家発電計画

「これって電気の自給化につながるかも・・・」
そんな思いがpoohの脳裏をよぎりました。

半年ほど前から夫婦で自転車にハマっている我が家。
それが高じて「3本ローラー」なる物まで導入しました。
poohは札幌→東京(1,000km)のバーチャルサイクリングにもチャレンジ中です。

<参考過去記事>
●この冬、新しいことに挑戦します。目標は東京!(→10/16の記事)


各自毎日30分以上、つまり2人で1日1時間はペダルをこいでいます。
このエネルギーを電力に変えたら・・・と、poohは思いついたのです。
体を鍛えながら電気を自給、これぞ一石二鳥じゃないですか!

しかし、今更poohが考案するまでもなく、「自家発電機能付きエアロバイク」はとっくのとうに商品化されていました(照)
安いものなら1万円台で買えるようです。

«商品一例»
qf345-01.jpg

そう、これぞまさにpoohが欲するアイテム!
でも、現実的には、poohが自転車で電力を賄うのは難しいことが判明しました。

【理由その①:エアロバイクはpoohには不向き】
写真の品に限らず、家庭用エアロバイクは基本的にママチャリ仕様。
サドルにどっしりと腰掛け、両手もハンドルに軽く添える程度です。
主に脚力のみを鍛えるための品と言っても良いでしょう。

しかし、poohが乗りたいのは非ママチャリのスポーツサイクル。
前傾姿勢をキープして乗る自転車です。
脚力はもちろん、腕や腹筋背筋も鍛える必要があるため、エアロバイクでは物足りません。
ここはやはり、3本ローラー+本物の自転車でのトレーニングがベストでしょう。

実は、「発電機能付き3本ローラー」の自作例も、いくつか発見しました。
ローラー台に自動車用の発電機(オルタネーター)を搭載すれば、簡単に(?)作れるようです。
でも、これを含めても、やはりpoohには自転車での電力供給は非現実的・・・とするのが良さそう。

【理由その②:発電量があまりにもショボい】
自転車での発電量は微々たるもの。
確かに、昔の自転車に付いていたダイナモ式ライトの光量から考えても、それは明らかです。
ガムシャラにペダルをこぎ続けても携帯の充電や照明器具分程度・・・実際の電気料金に換算すると、1日あたり数円分にしかなりません。
・・・となると、初期投資(エアロバイク代、もしくはローラー台の改造費)の元を取るのは、相当大変なことが目に見えています。

poohの自家発電計画、あっというまに頓挫。

でも、poohはめげません。
だって今のままでも、自転車トレーニングが光熱費の節約に十分つながっていることを実感しているからです。
ローラートレーニングは10分間も行なえば体がホカホカになり、暖房要らず。
文字通りの“自家発電”で、今冬はストーブの稼働時間も短く済むのでは・・・と目論んでいます。

そんな訳で、今日もpooh家の2人は室内で激チャリに励んでいます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

コメント

post
2017-11-01 16:52 
瀬高 No.6784
毎日30分以上とはすごいですね。
私もpoohさんのように今冬はトレーニングで体を温めたいと思います。
2017-11-01 18:14  瀬高さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.6785
走行距離にするとおよそ10km分になります。
実際の道路ではペダルを止めても走れるので50km/日も可能ですが、こぎ続けねばならないローラー台だとこれが限界・・・。
バーチャルサイクリングは未だ函館の手前です(笑)
まずは北海道を脱出せねば!
Comment form

トラックバック

Trackback URL