poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活も7年目に入りました。シンプルに楽しく過ごす日々を綴ります。

長靴を「自転車用パンク修理キット」で補修…素人仕事丸出しの仕上がりをご覧あれ!

「これ、自転車のパンク修理キットで直せないかな?」と一人つぶやく夫・ケッチーくん。
その瞬間、poohの脳裏に過去の記憶がよみがえりました。
だって彼ときたら6年前にも同様のセリフを口にしていたんですもの!

●参考過去記事:穴はガムテープで補修した…つもりらしい(→2014年1/29の記事)

でも、結局あの時は自力補修はせず、新しい物に買い替えました。
その2代目長靴も、もうすっかりオンボロの域です。
春~秋は畑仕事で、そして冬季は雪かきにと、ケッチーくんが年がら年中酷使してきたからです。
表面の亀裂も痛々しい限り。
2019111544.jpg
それにしても6年前と同じ思考で「直せないかな?」と考える彼の執念には敬服します。
しかも今回はその思いつきをしっかり実行しちゃいました。

そう、ケッチーくんは「自転車用パンク修理キット」を取り出して、長靴の自力補修を目指したのです。
2019111541.jpg
微々たるものではありますが、この6年の間にpooh家も成長していました。
サイクリングが趣味として加わり、今やパンクも自分たちで対処。
以前は持っていなかった専用道具(…といってもダイソー製品)も自宅に常備しています。

それでは、その作業っぷりをご覧下さい。
ケッチーくんは、まずセメダインで亀裂部分を閉じました。
一晩置いて完全に乾かすのがポイントだそうです。
2019111545.jpg

その後は修理キットの説明書に従い、ゴムのりでパッチを貼り付けます。
2019111543.jpg

完成!
2019111546.jpg
ウフフ…オレンジの縁取りのパッチがミョーに目立っています(苦笑)
ダイソーのゴムパッチって、なぜかこの“ジャイアンツカラー”(黒✕オレンジ)なんですよねぇ。
でも、脚の内側部分だし、そもそも長靴は自宅敷地内でしか履きません。
人目にも触れないので、こんな素人仕事丸出し状態でも何ら問題ないでしょう(…ということにしておきます)

さて、今回の作業終了を待っていたかのように、札幌には本日雪が降り積もりました。
継ぎ当て付きの長靴は雪かきシーンで大活躍してくれそうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

百均グッズを使って百均グッズを修理しました

ダイソーでマジックテープを買ってきました。
先日のブログ記事で取り上げた「アンクル&リストウエイト」の修理用です。

●参考過去記事:粘着力が低下したマジックテープの復活ワザ3点(→11/8の記事)
2019111301.jpg
いろいろ種類がある中から、最大サイズの2.5✕30cmの品を選びました。
修理するリストウエイトは4個なので、30cm÷4個=7.5cmずつとなります。
しかし、これでも少々短すぎるような…
ありがたいことに裁縫箱に10cmの余りテープが残っていました。
これを使えば購入したテープは3分割で大丈夫です。
2019111303.jpg
ちなみに今回使用するマジックテープは片面(硬い方)のみ。
古いテープの上に新品を乗せてミシンで縫い付けました。
2019111304.jpg
簡単な作業なのでサクサクと進みます。
縫い付け作業は1本あたりほんの1、2分で終了しました。
2019111305.jpg
画像上が修理後です。
下の修理前の状態と比べると、その違いは一目瞭然!
日に日に劣化していくマジックテープを見ながら、「修理しなきゃ…でも面倒くさい」とチマチマと悩んでいたのが吹っ飛びました。
「何事も迅速に片付けるのが一番」と改めて感じた次第です。

さぁ、これで今後もきっちりと手首・足首に重りを巻きつけられますよ~!
2019111306.jpg
百均グッズ(マジックテープ)で修理した百均グッズ(リストウエイト)を使って、今日もpoohは筋トレに励んでいます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

「カステーラ」と「きびだんご」…マニアックな北海道土産としていかがですか?

北海道民(もしかすると一部地域限定?)なら、まずご存知であろう商品です。
「おぉっ、懐かしい!」というお仲間も多いのではないでしょうか?
その名も「カステーラ」です。
2019111102.jpg
●左:ビタミンカステーラ(¥90) 旭川市の高橋製菓製品
●右:ミルクカステーラ(4本入¥148) 札幌市の島川製菓製品


pooh宅周辺のスーパー・コンビニには必ずどちらかの「カステーラ」が並んでいます。
ただし、その陳列場所は店によってバラバラ…
お菓子コーナーが主流ですが、菓子パンの棚やレジ横スペースにひっそり隠れていることも。
いつも目にしているはずなのに、いざ購入となると見つけづらいのがカステーラです。
実際poohも今回の購入にあたり、「どこにあるんだ?」と店内をグルグル徘徊しました。

ちなみに「ビタミンカステーラ」は「第十五回全国菓子大博覧会 総裁賞受賞」とのこと。
2019111103.jpg
<全国菓子大博覧会とは?>
日本最大の菓子業界の展示会。
全国菓子工業組合連合会(全菓連)などが主催する地方博覧会のひとつ(→Wikipediaより)


「第十五回」は1961年(昭和36年)開催…つまり58年も前!
この賞にどれほどのステータスがあるのかは謎ですが、歴史があるのは確かでしょう。

さて、今回は2種類のカステーラを購入したので食べ比べてみることにしました。
以下の画像は冒頭同様、左:「ビタミンカステーラ」、右:「ミルクカステーラ」です。
2019111101.jpg

2019111104.jpg
ミルクカステーラの方が若干小ぶりとはいえ、両者はそっくり!
味もほとんど変わりません。
そしてカステーラ最大の特徴でもある独特の食感(パサパサだけどフンワリ)も同じでした。

そう、北海道の「カステーラ」は水分少なめ。
生粋の道産子・ケッチーくんなどは「カステラ=口内の水分を吸収しまくるもの」という認識をこの品々から刷り込まれたとのこと。
大人になって文明堂や福砂屋の高級カステラを食べた時は、そのシットリ感にカルチャーショックを覚えたそうです(笑)

さて、もう1つ「道民が懐かしむお菓子」をご紹介しましょう。
これまた「どこにでも売っているけれどマイノリティ感満載」の道産品です。
2019111105.jpg
●「日本一きびだんご」(¥98) 夕張郡栗山町の谷田製菓製品

カステーラと同じく、普段は存在感ゼロの商品です。
でも北海道では古くから親しまれてきたことが下記からもハッキリわかります。

~パッケージ印刷の文面より~

「谷田の日本一きびだんご」は、大正十二年弊社の創製したもので、北海道開拓の精神を祈り込み「起備団合」の名称で発売し今日まで北海道の銘菓として発展してきたものです。



フムフムなるほど…桃太郎のイラストからも気合を感じますよね~。
谷田製菓の創業者は、きびだんごで有名な岡山県出身だったのかもしれません。
しかし、この製品には衝撃の事実も隠されていました。
実は「きびだんご」を名乗っておきながら、原材料にキビは一切含まれていないのです。

麦芽水飴、砂糖、もち米、生餡、オブラート、炭酸Ca,レシチン…原材料はこの7品目のみ。
おまけにその形状にも「だんご」らしさは一切なし。
谷田のきびだんごは、オブラートに包まれた薄い板切れ型なんですもの!
2019111106.jpg
「でもオレ、子供の頃はこれが“きびだんご”の基本形だと思っていた」
ケッチーくんにとっての♪お腰につけたきびだんご♪は一般人の見解とは大きく異なるものでした。
本州育ちのpoohとしては、ただただ驚くローカルネタです。

さて、これらの2品はどちらも入手しやすく、価格は手頃、そして賞味期限も3ヶ月以上とお土産にはもってこいのお菓子です。
「スイーツ王国・北海道」のお土産としては野暮ったさも否めませんが(笑)、マニアック度は上々!
カステーラときびだんご、機会があったら、ぜひ皆さんもご賞味下さいね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

粘着力が低下したマジックテープの復活ワザ3点

poohの愛用品の1つが「アンクル&リストウエイト」。
この重り(500g)を腕、もしくは足首に巻きつけて、オイッチニーオイッチニーと筋トレしています。

●参考過去記事:百均グッズで点数アップを目指します(→5/25の記事)
2019052503.jpg
毎日せっせと使う中、最近気になる箇所が出てきました。
マジックテープの粘着力が低下してきたのです。
これは早めに対策を打っておかねばなりません。

さっそく「マジックテープ 復活」でググってみました。
こんな些細なことなんて…と思いきや、世の中にはちゃんと情報が出回っているものです(感心)
ネット界にはちゃんと手法が紹介されていました。

復活ワザ①:テープ表面のゴミを取る
まず筆頭に挙げられていたのが「ゴミ取り」です。
マジックテープは細かいカギ状構造のフック面(硬い方)と、小さなループがびっしり並んだ面(柔らかい方)の2枚1組で成り立っています。
両者を押し当てるとカギがループに引っかかり、ペタッとくっつき合うのです。
その威力を最大限に発揮させるためには、歯ブラシやピンセット、ガムテープ等で表面のゴミを排除するのが良いそう。

しかし、今回のリストウエイトにこのワザは無効とも思われます。
「マジックテープにゴミは厳禁」と、poohは普段から気をつけてきたからです。
それならば、もう1つの方法に焦点をあててみましょう

復活ワザ②:硬い方の面に熱をあてる
先述したとおり、硬い方の表面はカギ状構造。
この部分が伸びてしまうと、ループに引っかからなくなり、接着力が弱まります。
その対処法として挙げられていたのが「加熱」でした。
カギ面はプラスチック素材なので、温めると丸みが再生するそうです。

さっそく実行してみました。
2019110802.jpg
ドライヤーの温風を当てるだけなので簡単です。
プラスチックが溶けないよう注意深く、尚且じっくりと温めてみました。
心なしか表面の感触が改善したような気もします。

「さ~て、以前の粘着力を取り戻せたかな?」
ワクワクしながらテープを張り合わせてみました。

…しかし、あぁなんということでしょう。
期待していたほどの効果はありませんでした。
まぁ、それも当然なのかもしれません。
だって今回のマジックテープときたら、肝心のカギ部分がほとんど消滅しているんですもの。
2019110803.jpg
いうなれば“ハゲ”!

テープ表面がすっかり平らになっています。
毎日ペリペリと付けたり剥がしたりを繰り返した結果でしょう。
こうなってしまうともう完全にお手上げ…結局最終手段に踏み切りました。

復活ワザ③:マジックテープごと交換
poohも近日新しいテープを用意し、ミシンで縫い付ける予定です。

最後に、今回習得したマジックテープに関するオマケネタもどうぞ♪
●マジックテープの発明者はスイス人(ジョルジュ・デ・メストラル氏)
●「マジックテープ」という名称は大手メーカー・クラレの商標で、正式名称は「面ファスナー」


「そんなこと知ってどうするのだ?」という駄ネタです(照)
でも、復活ワザ①~③は知っておいて損はないでしょう。
「まずはゴミ取り、そして加熱、最終手段は丸ごと交換」…poohも呪文のように唱えています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

絶賛愛用中の歯みがき粉「クリーンデンタル」…今度は「くすみケア」を使ってみました

ジャ~ン! これぞオトナ買いです。
歯みがき粉「クリーンデンタル」を10本まとめ買いしました。
2019110603.jpg
実はこの品の集合写真は今回が初めてではありません。
以前も同様の「クリーンデンタル10本買い」を当ブログで紹介したことがあります。
2018011919.jpg
<参考過去記事>
●「歯みがき粉のくせに…」という思いは一瞬で吹っ飛びました(→2018年1/21の記事)


歯周病予防はもちろん、歯石沈着の防止や虫歯予防に定評のあるクリーンデンタル。
上記記事から約2年間、poohは毎日のように「これ、サイコー!」と感動しながら使ってきました。
ストックが残り僅かとなった今回も、迷わずリピート買いを決めたのです。
しかし、ここで問題勃発!

以前の購入価格では、まず入手不可能(愕然)

あの時は10本¥6,370、つまり1本あたり¥637(税込み)で買いました。
今回も同レベルで…と考えていたのに、現実はそう甘くはなかったのです。
なんせ、いくら検索を重ねても「10本1万円」をギリギリ下回れば御の字状態…

でも、それも致し方ありません。
だって一般的なドラッグストアでは¥1,300前後する製品です。
いくら10本のまとめ買いだろうが、¥637なんてもう2度とお目にかかれないでしょう。

それなら現時点での底値で…と粘って探しだしたのが今回の「10本¥9,777」の品でした。
1本あたり¥977、pooh家としてはギリギリ許容範囲内です。
ただし2年来の愛用品「トータルケア」ではなく、「くすみケア」に特化した製品になりました。
こちらの方が若干割安だったからです。

※上段の赤い製品が「トータルケア」、下段のピンク色が「くすみケア」
2019110607.jpg

もちろん今回の商品選定にあたってはpoohもおおいに迷いました。
いくら割安でも、せっかくのクリーンデンタル効果が半減しては元も子もないからです。
しかし、両者の成分を比較すると、その差はさほど大きくはない模様(たぶん)
それどころか「くすみケア」の方が薬用成分が1種類多い(※)という意外な事実も隠れていました。
「よ~し、せっかくだから試してみよう」という気持ちになったのです。

(※)歯の蓄積汚れを浮かせて落とす「ポリビニルピロリドン」が追加配合。

ちなみに両者の中身を歯ブラシに取ってみると
2019110605.jpg 2019110606.jpg
(左)トータルケア(2年前に購入したもの)  (右)くすみケア

トータルケアはピンク色、そしてくすみケアは白色です。
また、味わいもそれぞれ異なっていました。
第一三共ヘルスケアの公式サイト(→こちら)によると前者が「ペパーミント」、後者は「ハーブミント」。
歯みがき粉のフレーバーとしてはどちらもpooh好みです。

そして実際に使ってみると、確かに「くすみケア」は歯の表面の汚れに効果があるような…
まぁ、これも「クリーンデンタル信者」(笑)だからこその感想なのかもしれません。
でも、まずは気に入ったのでしっかり愛用していきます!

健康のためにも歯は大事にしていきたいものの1つ。
くしくも明後日11月8日は「いい歯(118)の日」でもありました。
そういえば、そろそろまた歯科検診の頃合いだな…と考えながら今日もpoohはシャカシャカと歯みがきに勤しんでいます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

「50円」の値下げシール。ドキドキしながら剥がしてみると…

スーパーの見切り品コーナーで¥50の激安食品を発見!
すかさず購入し、持ち帰ってきました。
2019110401.jpg
中身はアンチョビ(イワシの油漬け)です。
イタリアの食品メーカー「デリシャス」の製品ですから、通常価格はそこそこレベルのはず。
「80083504」という商品コードから検索してみたところ、一般的には¥400~¥600前後で出回っている品のようです。
2019110404.jpg
「つまり安く見積もっても87%OFF!」と、発見者・ケッチーくんはご満悦です。
ひとしきり喜んだ後、彼は次なる作業に取り掛かりました。
2019110402.jpg
そう、値札シールを剥がし始めたのです。
そんなのチャッチャと適当でいいじゃんと冷ややかにあしらうpoohを尻目に、ケッチーくんは丁寧に丁寧にシールをめくっていました。
「シールの下に、まだシールがあるよ!」と、ミョーに嬉しそうです。

確かに見切り品にはシールが重ねられた物が多いのも事実。
しかし、今回のアンチョビは特別でした。
だって、その数たるや なんと4枚!
2019110403.jpg
新しい順に「50円」 「99円」 「199円」 「278円」…
「下げども下げども全然売れない」とボヤきながらシールを貼り重ねる店頭スタッフの思いが手に取るように伝わってきます。
それを沢山のお客さんが一旦手に取り、そのまま戻す…何回も何十回も、もしかすると何百回も同じことが繰り返されたのかもしれません。

そんな「THE 売れ残り」が巡りめぐって、ついにpooh家に。
なんだか運命(?)すら感じます。

よ~し、我が家に来たからには美味しく食べてあげようじゃないか!
2019110406.jpg

千切りキャベツと一緒にフライパンで加熱し、お手製コッペパンにサンドしました。
塩分&油分が強いアンチョビが良い仕事をしてくれて、美味しい一品になりました。
2019110407.jpg

さて、お次はパスタのトマトソースに、ピザのトッピングに、ポテトサラダの隠し味に…
アンチョビの使い道でpoohは頭がいっぱいです。
だって今回は見切り品ワゴンにあった物(5本)すべてを買い占めてきたんですもの。
2019110405.jpg
もちろん、見切り品ゆえ今回の品の賞味期限は間近です。
でも、そもそもが保存食品であるアンチョビなら多少の期限オーバーも問題なし(…とpoohはみなしています)
普段はおいそれとは手が出ない高級食材をこの機会にじっくり堪能するとしましょう。

そんな訳でpooh家はしばし“アンチョビ祭り”。
「たったの¥50!」という喜びが絶妙な調味料にもなり、ゴキゲンな食卓です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

余り紙を使ってノート作り…味のある1冊が完成しました

「そうだ、ノートを作ってみよう!」
大量のコピー用紙を前に、poohの手作り魂がムクムクと顔を出しました。

A4サイズのコピー用紙は我が家の必需品の1つです。
しかし、書庫に眠るその束は我が家の消費量をはるかにオーバー。
なんだかんだと紙を使うpooh家でも、おそらく使い切れません。
それなら工作材料に…と思いついた次第です。

ネットであれこれ方法を探り、作業をスタートしました。
●材料:A4コピー用紙(15枚)、表紙用の厚手の紙(1枚)、背表紙用の紙(1枚)、木綿糸、木工用ボンド
●使用道具:カッターナイフ、定規(金属製がオススメ)、ターンクリップ(2個)、目打ち、縫い針


表紙用の紙はカレンダーを使いました。
絵柄がキレイな物を選び、A4サイズ(21✕29.7cm)にカット。
コピー用紙と共に1枚ずつ半分に折っていきます。
2019110104.jpg

角を合わせてピシッと正しく折り目をつけたら、一旦すべての紙を広げ、1枚ずつ重ねます。
そして表紙を一番下にして左右をターンクリップで留め、中央部に穴を開けていきます。
2019110105.jpg
目打ちを使って、まず上部1.5cmの部分に穴を開け、その後は2cm間隔で合計10ヶ所。
16枚の紙が重なっているので、とにかくグリグリと力をこめて目打ちを突き刺していきましょう。

その後は針&糸の出番です。
2019110116.jpg
①糸の端は右のクリップで押さえる
②表紙側から針を通す
③そのまま一番下の穴に針を入れる
2019110117.jpg
④下から2番目の穴から針を出し、③で通した糸を留める(同じ穴に再び針を入れる)
⑤1つ上の穴から針を出し、④と同じ工程で③の糸を留める
…このプロセスを8回繰り返し、すべての穴から③の糸を留め合わせます。

糸の始末は表紙側で行ないました。
2019110108.jpg

このまま閉じれば、もうノートそのものですが、まだ作業は続きます。
16枚の紙を重ねると、厚みが出る分、中身が少々ハミ出すからです。
画像右の白い部分が該当箇所、ここはカットしてしまいましょう。
2019110120.jpg

定規をあてて、カッターナイフを滑らします。
2019110110.jpg

最後に背表紙を貼り付けました。
21✕3cmにカットした細長い紙に木工用ボンドを塗り、糸部分を隠すようにペタリ。
2019110111.jpg

完成!
A5サイズ(21✕15cm)、30ページのノートです。
手探りで作った割には、なかなかの出来栄えじゃないですか!
2019110112.jpg

さぁ、この真っ白なページに、何を書き連ねていきましょうか…
さまざまな思いが脳裏をよぎります。
2019110113.jpg

…などと、ちょっとカッコつけてみましたが、実はこのノート、表紙裏側は「カレンダー再利用の名残り」が丸出し状態(笑)
2019110114.jpg
でも、これはこれで愛嬌があって良しとしましょう(やや強引)
庶民感覚あふれるセンスはpoohがもっとも好むところなんですもの!

そんな訳でpoohの手作りワザに「ノート作り」が加わりました。
秘かに腕を磨いてノート職人を目指します(ウソ)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事