poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活も7年目に入りました。シンプルに楽しく過ごす日々を綴ります。

おニューの掃除機を手にして真っ先に行なったこと

ネットでポチって以来、首を長~くして待ち望んでいた品物が到着しました。
東芝製の掃除機「トルネオV VC-MG920」 です。
2019033001.jpg
<参考>
●当ブログ 3/26の記事(→こちら)
●東芝の公式サイト(→トルネオV 3つの特徴etc)


まずは説明書を見ながら使用法&付属品を一通りチェック。
フムフム、これが「強い吸引力を持続するフィルターレスサイクロン」ですね。
2019033003.jpg
それでは、さっそく新・掃除機のお手並拝見といきましょう。
実はpooh、この品で最初にやることを前もって決めていました。
早く試してみたくてずっとウズウズしていたのです。

まずは先端ブラシを別タイプの物に交換しました。
2019033002.jpg
これは「電動ふとんブラシ」です。
トルネオVシリーズの最上位機種「MG920」限定の付属品です。
2019033005.jpg
布団に接する面は抗菌加工も施されているそう。
毎分1600回もの振動によってアレル物質(ダニの死骸等)をたたき出す…がウリ文句です。

そんな訳で、トルネオVのデビューは布団モードでスタート!
2019033004.jpg
掃除機をかけた布団はフワフワ感が増したような気がします。
我が家の習慣に「布団の掃除機がけ」が加わりました。
さすがに毎日は面倒ですが、今後はちょくちょく実行していくつもりです。

さて、トルネオVを迎えるにあたり、poohが行なったのはコレだけではありません。
縁あって我が家にきた品をより身近に感じるための儀式も執り行ないました。
それは“命名式“です。

これからpoohの相棒としてガンガン活躍して欲しい…
そんな思いを込めて、掃除機に愛称をつけたのです。

その名も“赤い彗星”!

ガンダムの登場人物 シャア・アズナブル様からいただいた名前です。
この赤い掃除機にピッタリすぎるほどハマっています。
さぁ、これで新・掃除機は完全にpooh家の一員となりました。
掃除のたびに、「赤い彗星、登場!」といちいち宣言する日々を送っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

来週以降の“心のスキマ”に向けて対策を打ちました

NHK朝ドラの「まんぷく」も、残すところあと2回。
来週以降しばらくは「まんぷくロス」の話題がネット上で多々取り上げられることでしょう。
ちょうど1年前に「安藤サクラの演技力に期待大」と、テレビ評論家気取りで語ったpoohとしても、本作のヒットは嬉しい限りです。

●参考過去記事:オンナは若ければ良い…ってもんじゃないのだ!!(→2018年2/2の記事)

さて、そんな最中にスーパーで発見しました。
2019032801.jpg
日清食品の「出前一丁」の5個入りパックです。
発売当時(1968年)の復刻品が特売になっていました。
もともとは「出前一丁」50周年、そして「まんぷく」の放送に合わせた企画商品だったのでしょうが、いよいよ在庫処分に入ったと思われます。

テレビのまんぷく食品の社長室にも、「出前一丁」ならぬ「出前一番」が飾られていましたよね。
おかもちを持った少年(その名も“出前坊や”)のイラストを見ていると、♪あ~らっよっ、出前いっちょ~♪ のフレーズが自ずと口から出てきます。

しかし、ケッチーくんは「何? そのヘンな歌」といぶかしげ…
なんと彼は、あのCMソングを聴いたことがないそう(驚)
“浪速のモーツァルト”キダ・タロー先生による、この名曲を知らないとは一体?…と思いきや、実はちゃんと理由がありました。

ここ北海道のインスタントラーメン界を牛耳るのは「マルちゃん」ブランドの東洋水産です。
今でこそ日清製品もちょくちょく見かけますが、昭和時代のシェアは微々たるものでした。
当然、「出前一丁」のテレビCMも流れていなかったのです。
いやはや、北海道に住んで30年近いpoohですが、その地域色には毎回驚かされます。

さて、CMソングのナゾも一件落着、さっそく現物を食べてみましょう。
パッケージの中にはオーソドックスな袋麺が5個入っています。
2019032803.jpg

「復刻版」の本品ですが、再現したのはパッケージのみで中身は通常商品と同じだそう。
スープは粉末、そして「ごまラー油」が付いています。
2019032804.jpg

商品そのものはオーソドックスな醤油味の袋麺です。
普段食べているマルちゃん製品と比べると、「出前一丁」には麺の厚みを感じました。
2019032805.jpg

すっかりその味を気に入ったので、再びスーパーに行き、もう1P追加購入済み。
来週以降の「まんぷくロス」は「出前一丁」を食べて乗り切ります。
萬平さん&フクちゃん、偉大なる発明と楽しいドラマをどうもありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

掃除機の買い替えにあたり私が出した結論

掃除機の調子がイマイチです。
接触が悪くなったのか、使用中にブツッと電源が切れるようになりました。
2年前に自力修理(?)したコードリールの不調も再発し、今では使用後もコードは最長モードのまま…そろそろ潮時かもしれません。

<参考過去記事>
●見て見ぬふりも可能だったけれど…掃除機を自力で修理(?)しました(→2017年1/6の記事)


どこのお宅でも同じでしょうが、家電の買い替えはビッグイベント。
しかも一口に「掃除機」といっても、最近は多種多様で商品の絞りこみが大変です。
pooh家もまずは、その全体像をつかもうとPC検索を重ねました。

時代の先端・ロボット掃除機の導入も一瞬だけ頭によぎりました。
しかし我が家は2階建て、しかも各部屋に段差があるのでスムーズな稼働は困難です。
そもそも時間的余裕ならバッチリのアーリーリタイア夫婦ゆえ掃除も人力で十分、わざわざ機械任せにする必要もありません。
001659.png
その次に検討したのが上のイラストのようなコードレスのスティック型です。
スマートでかっこいいし、収納がコンパクトなのも魅力です。
しかし、その耐久性を考えると、これまた二の足を踏んでしまいます。

聞くところによると、「コードレス掃除機のバッテリー寿命は3、4年程度」。
使用法や機種による違いはあれど、短命とみなして良いでしょう。
バッテリーがイカれた場合は当然交換も可能ですが、掃除機の部品保有期間は6年が目安だし、第一その費用もバカになりません。
「部品交換するくらいなら新品に買い替えた方がマシ」は家電における一般常識でもあります。
「長持ちするもの」が絶対条件の我が家にはコードレスは不向きでしょう。

…こんな調子で検討を重ねていきました。
財布紐ギチギチのpooh家ですから、価格面でも当然シビアです。
掃除機関連のネット記事を1つずつ読み込み、ショッピングサイトのレビューにも目を通しました。
そして「我が家におけるベスト掃除機」にたどり着いたのです。

その名も「トルネオV VC-MG920」
mainvisual_1807.jpg

東芝の製品です。
メーカーの公式サイト(→こちら)によると既に生産終了品ですが、まだまだ一般流通中。
pooh家は底値ルートを模索しまくって¥22,760で購入しました。

掃除機としては基本形ともいえるキャニスター型、そしてゴミパック不要のサイクロン式(※)です。
買い替えにあたり、いろいろ検討したけれど、結局以前と同じタイプになりました。

(※)サイクロン式掃除機とは?
吸引した空気を回転させて遠心力によりゴミを分離する掃除機。
ゴミは本体のダストカップに溜まり、空気は掃除機の外へ排出される。


紙パック不要なので、ランニングコストを抑えられるのがサイクロンのメリットです。
また、空気がゴミの中を通過しないので排気される空気もきれいだとも言われています。
しかも、今回の製品は今使っている掃除機よりも強力なフィルターレス(※2)!
これは期待できそうです。

(※2)フィルターレスとは?
比較的高価なサイクロン式掃除機(目安としては4万円台~)に備えられている性能の1つ。
フィルター付きの場合は定期的にフィルター掃除する必要があるが、フィルターレスならその手間から解放される。


沢山の機種の中から選んだ自信の一品です。
手元に届き次第すぐさま使ってみなくちゃと、今から張り切りまくっています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

1人の女性の「卒業」がニュースになっていました

「卒業」…poohにはもう無縁の言葉です。
今春も知人たちから子供の卒業式画像がSNS経由でいくつか送られてきましたが、「あら、カワイイ♡」と目を細める程度で済ませていました。
しかし、昨日のネットニュースには思わず「おぉっ」と声をあげてしまったのです。

●乃木坂46・伊藤かりん、卒業を発表(→Yahoo!ニュースの記事)

人気アイドルグループ・乃木坂46の伊藤かりん(25)が22日、4thアルバム『今が思い出になるまで』(4月17日発売)をもってグループを卒業することを公式ブログで発表した。卒業の時期は、具体的な日程が決まり次第改めて発表される。


かりんちゃんも25歳…そろそろこの日が来るとは思っていました。
な~んていうと、いっぱしのアイドル評論家気取りですが(笑)、実はpooh、乃木坂46については完全にチンプンカンプンです。
持ち歌はもちろん、顔と名前が一致するメンバーもほとんどいません。
しかし、この伊藤かりんちゃんだけは特別な存在でした。
なんせ彼女のことは過去記事でも取り上げたことがあるくらいです。

●中途半端な存在ならばスキマを狙うべし!(→当ブログ2015年11/27の記事)

この記事はNHK・Eテレの将棋番組「将棋フォーカス」のMCとして奮闘するかりんちゃんへの応援メッセージでもありました。
あれから3年半…いつしか世間は空前の将棋ブーム、彼女もすっかり「将棋アイドル」です。
乃木坂46としては「選抜」に選ばれることなく、ずっと「アンダー」だったそうだけど、「最強のアンダーメンバー」としての評価も高かったとのこと。

<乃木坂46における「選抜」と「アンダー」とは?>
シングル曲のリリースのたびに実施されるメンバーの入れ替え制度。
選考基準は運営サイドが決めている。
選抜されなかったメンバーは「アンダー」扱いとなり、テレビ等への出演は少なくなるが、アンダー曲、アンダーライブを応援するファンも多い。


ただでさえ競争激しいアイドルの世界。
その中で自分の場所を確立した彼女の活動は評価に値するでしょう。
「将棋フォーカス」で4年間見守り続けていたpooh、ほとんど母親の気分です(笑)

さて、そんなかりんちゃん、今後については 「芸能活動続けたいな~と漠然と考えてはいますが、一度、一息ついて、将来のことを考えようと思っています!」と語っています。
センター経験アリの超メジャークラスの女の子でも卒業後は大苦戦…というパターンが確かに目立つだけに、彼女自身もいろいろ思う所があるのでしょう。

もしかすると、以前poohが予見した「プロ棋士と結婚♡」という“オンナの花道”をまっとうするかも…
これはこれでステキ~と、一人で勝手に盛り上がっています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

アーリーリタイアをきっかけに情報源がガラッと変わりました

6年前に会社勤めをやめるまで、poohの情報源は「休憩時間の雑談」でした。
ファッション&化粧品、芸能ネタといった王道の女子トークはもちろん、節約ワザや手抜き料理レシピと、さまざまなジャンルで随分盛り上がったものです。
本やCD、DVD等の貸し借りも頻繁でした。
毎日1時間✕20年間の積み重ねで、今のpoohが出来上がったとも思います。

そんな時間を手放して、現在の話し相手は夫・ケッチーくんのみ。
もともとオシャベリ同士なので会話が途切れることはありません。
でも、その話題はどうしたって偏りがちです。

特に新規情報を得る機会は目に見えて減りました。
そりゃあ、日々マスコミがいろんな情報を取り上げていますが、これはナマの声とは別物です。

そんな生活の中で、poohの貴重な情報源となったのがブログです。
他ブログの閲覧と共に、当ブログにいただくコメントにもビビッと反応しています。
先日、図書館で借りてきた本もその1つです。
2019032201.jpg
◆「ばくりや」  乾ルカ:著  文藝春秋:発行

北海道弁「ばくる」をご紹介した際、読者の“じまじ”さんが、この小説を教えてくれました。
「ほのぼのとした連作集かと思いきや最後に衝撃が待っていて、一気読み間違いなし!」というコメントどおりで、poohもズッポリその世界にハマったのです。

●参考過去記事:私がビックリした方言・ベスト5(→3/8の記事)

じまじさん情報がなかったら、おそらく一生スルーしたままだったでしょう。
この場を借りてお礼を申し上げます。

リアル雑談タイムからは遠ざかったけれど、こうして多くの人と交流できるのはありがたい事。
pooh自身もこの調子でオシャベリに興じていこうと思います。
読者の皆様からのネタ提供もお待ちしていま~す♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

夫には通じない私の話…でも今回はちょっと様子が違いました

poohと夫・ケッチーくんの会話の中で、何かと盛り上がるのが「子供時代のアルアルネタ」。
これは2人が同い年同士であることが大きいです。

<参考過去記事>
●同い年だからわかるもの、同い年でもわからないもの(→2017年1/16の記事)


もちろん、共有しづらい題材もあります。
その一例が上記記事でも取り上げた「男女差によるもの」です。
更にもう1つ加えるならば「生まれ育った地域の違い」も侮れません。

幼少期を本州で過ごしたpoohに対し、ケッチーくんは生粋の道産子。
そのため小中学校の夏・冬休み(※1)や、運動会(※2)といった歳時記の感覚が異なります。
また、♪伊東に行くならハ・ト・ヤ♪(※3)といったCMソングも彼にはまったく通じません。

(※1)北海道の夏休みは8月半ばまでと短い。そのかわり冬休みは1月下旬まで。
(※2)poohの感覚では「運動会は10月」だが、北海道では5~6月開催が一般的。
(※3)静岡県のハトヤホテルのCMソング。首都圏ではお馴染み(のはず)。

そんな訳で、poohは今回の思い出話も「キミは知らないだろうけれど…」を前提にして、ケッチーくん相手に話し始めました。
その内容は「昭和50年代のプロ野球」についてです。
前回のブログ記事で「プチ特技の1つ」としてご紹介しましたが、poohは40年前のプロ野球界についてなら、それなりに知識を持ち合わせているのです。

<参考過去記事>
●1通の封書がきっかけで「人生3回目の波」がやってきました(→3/18の記事)


当時のpoohは阪急ブレーブスのファンでした。
しかし、同世代相手にそんな話をしても、ここ北海道ではビックリするくらい通じません。
その原因は、かつての道民は「プロ野球といえば巨人一択」が大半だったから。
今でこそ日本ハムファイターズの拠点としてブイブイ言わせている北海道も、40年前はパ・リーグなど眼中になかったと見受けられます。
阪急など、ケッチーくんにとっても「名前を聞いたことがある」程度の存在でしかありません。

「1975年から3年連続で日本一! あの時代はまさに阪急の黄金期だった」
「黒地に赤で“H”の文字が入ったキャップ帽がカッコよかった」
…こんな調子でpoohは一人熱弁を振るっていました。
その流れで1人の選手名も挙げたのです。

「そうそう、山田久志っていうピッチャーがいてね…」

すると、なんということでしょう。
それまではフンフンと頷くだけだったケッチーくんが、意外な反応を示したではありませんか。
「“下手投げの山田”だね。オレも知ってる」

そう、山田はアンダースロー投手としては日本プロの最多勝記録保持者(通算284勝)。
「史上最高のサブマリン投手」とも称される名選手ですが、ケッチーくんの口からその名前が出てきたことには驚きました。
「なんでキミが知っているの?」と思わず問いただしてしまったくらいです。

そんなpoohの質問に対するケッチーくんの答えは
「だってオレ、『あぶさん』を読んでいたから」

poohが脱力したことはいうまでもありません(苦笑)
そりゃあ、「あぶさん」は名作ですが、リアル球界と一緒にされては困ります。
結婚して丸18年になるけれど、2人の間にはまだまだ埋められない溝があるのですね。
でも、だからこそ毎日の会話が楽しいのかもしれません。

「実在選手も登場する野球マンガといえば『リトル巨人くん』を忘れちゃいけないな」
「そうそう、長島監督が小学生をスカウトするんだよね~」
…相変わらずpooh家は「昭和のアルアルネタ」で盛り上がっています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

1通の封書がきっかけで「人生3回目の波」がやってきました

poohのプチ特技の1つに「昭和50年代のプロ野球」にそこそこ詳しいことが挙げられます。
小学生時代、真剣にプロ野球を観ていた名残です。
でも40年(!)も昔の知識なので、さほど自慢にもなりません(照)

ちなみにチビpoohは阪急ブレーブスの福本豊選手のファンでした。
通算1065盗塁、シーズン盗塁106の日本記録保持者でもある「世界の福本」!
当時コレクションしていた「プロ野球ソーセージの選手カード」の中でも、背番号7の彼のカードだけは特別な存在でしたっけ。

<阪急ブレーブスとは?>
1936~1988年まで存在していたプロ野球チーム。
本拠地は兵庫県西宮市で、現在のオリックスバッファローズの前身にあたる。

<福本豊とは?>
1947年生まれの元プロ野球選手。
阪急の黄金時代を担い、1988年の引退後はコーチを経て野球解説者、タレントとして活動中。


しかし、次第にpoohはプロ野球から遠ざかっていきました。
成長と共に自分の世界が広がり、他ジャンルに目を向けるようになったのです。
一般的な女子小学生としては、ごくごく普通のプロセスだったとも思います。

そんなpoohが再びプロ野球に関心を持ち始めたのは、大人になって会社勤めをしていた頃。
日本ハムファイターズがここ札幌に拠点を移した2004年のことでした。
当時は「北海道にプロ野球チームがやってきた!」と周囲も大盛り上がりで、poohもさまざまなルートから招待券を頂き、札幌ドームに足を運んだものです。
年に数回のペースでナマ観戦を楽しみ、テレビや新聞のプロ野球情報にも目を通していました。
特に応援していたのは「ユキオさん」こと田中幸雄選手、あのぶっとい腕がステキでしたねぇ♡

そんなpoohの「セカンドウェーブ」は、その後4、5年は続いたでしょうか?
でも、このマイブームもいつしかフェードアウト。
気づけば札幌ドームともすっかりご無沙汰です。

そんな中、このたび吉報が!(興奮)
2019031801.jpg

「北ガスの電気✕北海道日本ハムファイターズ 開幕応援キャンペーン」に当選しました!
今季の開幕戦(VSオリックス @札幌ドーム)の観戦チケットGETです。

電力小売自由化が解禁された2016年に「北ガスの電気」に切り替えて以来、毎年応募→落選を繰り返していたこの企画。
4年目にしてついに願いが叶いました。
あぁ、もう今から楽しみ♪

【「北ガスの電気」への切り替えに関する過去記事】
●調べてみました。電力小売自由化で我が家の電気代はどう変わる? (→2016年1/9の記事)


しかし、ここでpoohは気づいたのです。
そういえば最近のファイターズに関しては完全にチンプンカンプンじゃないか…(愕然)
2019031802.jpg
↑コレは今回のキャンペーンの応募チラシです。
ズラリと並んだ選手の中で、poohが判別できるのは中田翔、田中賢介、鶴岡慎也のみ…
そう、チームはすっかり代替わりしていました。
これでは球場のアナウンスを聞いても、「誰ソレ?」状態です。

元・プロ野球ファンとしては観戦チャンスを最大限に楽しみたいっ!
そんな訳でpoohはファイターズ、及び対戦相手オリックスについて予習を始めました。
核となる選手名・ポジションくらいは把握し、鈍ったカンを取り戻しておかねばなりません。
さぁ、poohの「第3次プロ野球ブーム」の到来です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

桜の季節を前にして1年前の出来事を思い出しました

もうすぐ桜の季節です。
今年の開花は早くなりそう…そんな話を聞くうちに、poohはあることを思い出しました。

そういえば去年は桜を見そびれた…

これにはワケがあります。
昨春は京都市で丸々1ヶ月を過ごしていたからです。
家具付きのマンスリーマンションを借り、食事も概ね自炊、そして自転車を乗り回して現地散策を楽しみました。
夫婦2人で“にわか京都人”になりきってきたのです。

<参考過去記事>
●1ヶ月間の潜伏生活を終えました。さっそく情報解禁です(→2018年5/24の記事)


滞在は4月下旬~5月下旬でした。
この時期なら札幌からの交通費が安く済むし、現地の観光客も比較的少なめと踏んだからです。
実際この予想はドンピシャで、新千歳⇔神戸の航空券は1人あたり¥13,000(往復)!
また、GWを挟んだおかげで修学旅行生の数もチラホラでした。

これが1ヶ月前倒しだったら、相当な大混雑に巻き込まれていたはずです。
なんせ3月下旬の京都といえば、お花見シーズン真っ盛り。
そりゃあ、古都で満開の桜を愛でるのもステキだけど、我が家はあえてそれを断念しました。
まさに“花より団子”です(笑)

まぁ、旅行先の桜なら見逃してしまうパターンもさほど珍しくありません。
でも、去年のpooh家は地元・札幌でも桜前線をスルーしていました。
桜が咲く前に自宅を発ち、そして散り終わってから帰ってきたのです。
1ヶ月の京都ステイによって、近所の桜まで見損ねた…そんな2018年の春でした。
あれからもう1年が経ったのかと思うと、なんだか感慨深いです。

…こんな調子で、しみじみと去年の出来事を思い出していました。
poohにとって、京都での1ヶ月はまさに夢のような日々だったのです。
でも、いつまでも思い出に浸っているわけにもいきません。
去年見られなかった分を取り戻すべく、今年はしっかり桜の花を目に焼き付けないと!

ちなみに、今年の札幌の桜は4/29の開花予定。
まだ1ヶ月以上も先ですが、今から気合満々でその日を楽しみにしています。
2019031659.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

「やきそば弁当」vs「昔ながらのソース焼そば」…2つのマルちゃん製品を食べ比べてみました

「カップ焼きそばといえば『やきそば弁当』だよ!」…夫・ケッチーくんの持論です。
いや、それはどうだろう? 実際、業界トップシェアは「日清UFO」だとpoohが反論しても、彼は頑として譲りません。
「やき弁はホントにうまいんだ!」と鼻の穴を膨らませて力説します。
そのくせ「カップ焼きそばって割高だよね」と、なかなか購入まで至らないのが、いかにもケッチーくんらしいです。

<やきそば弁当とは?>
「マルちゃん」ブランドを展開する東洋水産が北海道エリアで販売するカップ焼きそば。
道内では「やき弁」の略称で親しまれている。


その「やき弁」がこのたび特売になっていました。
ケッチーくんが飛びついたのは言うまでもありません。
しかも隣の棚には似たような製品も…せっかくなので両者を食べ比べてみることにしました。
2019031201.jpg
左がくだんの「やきそば弁当」(①)、そして右は「昔ながらのソース焼そば」(②)
どちらもマルちゃん製品ですが、②はpoohも初めて目にする商品です。

もしや①②は同じ製品かも?…とpoohは推測しました。
それぞれの容器がほぼ同じ形状だったからです。
「外装フィルムのデザインが異なっていても、実は中身は一緒」というパターンは、大手スーパーのPB製品でしばしば見受けられる手法の1つ。
北海道限定の「やき弁」を他地域でも販売するために、別商品として②を製造…その可能性も決してゼロではありません。

しかし、そんなpoohの憶測は大ハズレでした。 

「やき弁」と「昔ながらの焼そば」は完全なる別物だったのです(当然といえば当然)
まずは①の「やき弁」をご覧下さい。
2019031202.jpg.

そして②の「昔ながらの焼そば」
2019031203.jpg
①と比べて②の麺は茶色っぽく、少々太め。
また、かやくの中に含まれる乾燥キャベツも②の方が多めでした。

そして何よりも違っていたのがコレでしょう。
2019031204.jpg
「やき弁」のアイデンティティともいわれる中華スープの素です。
熱湯を注いで麺をもどした後、そのお湯は捨ててしまうのが一般的なカップ焼きそば。
でも、「やき弁」は粉末スープを溶かし、「スープ」として食します。
しかしながら今回の②に添付されていたのは“ふりかけ”のみでした。

ついでに付け加えるなら、湯切り部分の形状もそれぞれビミョーに異なります。
2019031206.jpg

そして完成した焼きそばも、味が全然違いました。
2019031205.jpg
①と比べて、②はコッテリ味。
そしてソースの焦げを再現したようなほろ苦さも感じます。
商品名に「昔ながらの~」とうたっているだけあり、懐かしさを覚える味でした。

食後にパッケージ表記の一部を抜粋して一覧にまとめてみました。
フムフム、なるほど…やはり原材料はそれぞれビミョーに違いますね。
2019031209.jpg

「オレにはやっぱり『やき弁』が一番!」
今回の食べ比べで、ケッチーくんの「やき弁愛」はより深まったようです。
でもpooh自身はまだ、その意見に100%納得したわけではありません。
今度はUFO、ペヤング、バゴォーン…他製品と「やき弁」を対決させねばと企んでいます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

「北海道には花粉症がない」…さて、これは○✕どっち?

「北海道には花粉症がなくていいなぁ」
知人たちから、しばしば羨ましがられます。
実際、天気予報の花粉情報コーナーでもこの地だけは平和そのもの。
花粉症でお悩みの方々には、「北海道=楽園」に見えるでしょう。

<本日3/12付のYahoo!天気予報・花粉情報図>
2019031279.jpg

しかし、poohは声を大にして叫ばねばなりません。
「北海道にも花粉症はあるのだ!」

なんせ1週間ほど前から、poohはクシャミしまくり状態。
7連発、8連発もザラで、それが15セット以上となると単純計算でも100発/日です。
そのたびに力むせいか腰にも違和感、更には口の中を噛んで血豆まで作ってしまいました。
当然鼻水もズルズルで、目もかゆいし、耳の中さえムズムズ、あげくの果てはジンマシンまで発症し、夜もおちおち眠れない有様…まさに満身創痍です。

実はpoohにとって、これらの症状は毎年春の恒例行事。
冬の終わりを喜ぶ反面、「あぁ、またツライ季節が…」とゲンナリするのもお約束です。
雪どけと共にまず「ハンノキ花粉」、そして4月下旬以降は「シラカバ花粉」がpoohを待ち受けているのですから。

確かに北海道にスギの木はありません(道南の一部エリアを除く)
でも、その代わりとなる植物がちゃ~んと存在しています。
スギ花粉とほぼ同じ症状のハンノキ・シラカバアレルギー保有者、北海道では年々増加中です。

さぁ、もう一度言いましょう。
「北海道にも花粉症はあります。ヘックションッ!(特大クシャミ付き)」

例年なら3月末スタートのハンノキ花粉が、今年は早くも飛び始めました。
雪どけが早かったからでは? とpoohは睨んでいます。
慌てて耳鼻科に駆け込み、飲み薬・点鼻薬・目薬の3点セットを貰ってきました。
これが効果てきめんで、「鼻で呼吸ができるってステキ♡」と只今しみじみと感動中です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事