poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして6年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

豪華なリゾートホテルをハシゴしました。そして1つの結論を出しました

「旅先のホテルなんて多少狭くても全然へっちゃら」 というのがpooh家の考え。
基本的にコスト最優先ゆえ、ビジネスホテルの利用がメインです。
時には「えっ、本当に2人部屋?」と問いただしたくなるくらいの狭小部屋に出くわしますが、どうせ1泊ですもの、たいしたことではありません。

しかし、先日の「オホーツク流氷の旅」は趣向を変えてみました。
ちょっと奮発してリゾートホテルに泊まったのです。
それも、あの鶴雅リゾート!

<鶴雅(つるが)リゾートとは?>
北海道で12軒の温泉宿を運営するホテルチェーン。
各施設それぞれが高級リゾートとして高い人気を誇る(→鶴雅グループ公式サイト)


しかも今回は2軒の施設をハシゴ。
鶴雅のダブル利用だなんて、まさに夢の競演です。
●1泊目:「北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート」(→公式サイト)
●2泊目:「サロマ湖鶴雅リゾート」(→公式サイト)

出発前からpoohが張りきったのは言うまでもありません。
そして現地では「さすが、鶴雅!」といちいち感動しまくっていました。

網走の施設のデザインコンセプトは「北方民族&オホーツク文化」
ラウンジもシックで雰囲気満点!
2019021003.jpg

部屋も広~い!(※この画像のみ、ホテルのサイトから拝借しました)
2019021007.jpg

サロマ湖では湖に面した「リゾートツイン客室」をセレクト。
2019021004.jpg

「空と湖と自分が一体化したような解放感」というキャッチコピーどおり、窓からの景色が最高!
なんでも水面に浮かぶ夕日の美しさは絶品だそうです。
でも、チェックインが日没後だったpooh家が目にしたのは朝焼けのみ…しかも今回のサロマ湖はカチンコチンに凍っていましたが(笑)
2019021006.jpg

2日間とも夕食・朝食はバイキングでした。
これまたオホーツクの海鮮メインで品数もモリモリ、そして豪華!
夫・ケッチーくんと2人で、お腹が張り裂ける限界まで食べまくりました。

温泉も広くて快適だったし、スタッフのサービスも完璧。
大満足の旅だったのです。
しかし今回の経験を元にして、pooh家が出した結論は…

まっ、普段の旅行ならビジネスホテルで十分だな。

pooh家にとって、ホテルはあくまでも宿泊場所。
のんびりとくつろぎのひとときを…というよりは、お風呂に入れて安眠できれば十分なのです。
もちろんできればユニットバスよりも大浴場、そして朝食もあった方が嬉しいなぁと、自分たちなりのこだわりもありますが、今回ほどのゴージャスさは求めません。
部屋も広けりゃ広いで持て余してしまうし、食事だって食べる量には限界があります。
結局、根っからのチマチマ体質なのでしょうね。

そんな訳で、今後の旅行は再びビジネスホテル中心になりそうです。
さ~て、お次はどこに行きましょうか?
地図帳やJR時刻表、そしてネット情報をあれこれ見比べながら、また新たな旅行プランの作成に取り掛かっています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事