poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして6年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

「震災用ウォータータンク」を購入する際に私が最重視したこと

1ヶ月前にネット注文していた品がやっと手元に届きました。
2018119001.jpg
ウォータータンクです。

9月の北海道胆振東部地震では、断水したお宅も多かったそうです。
あの時は無事だったとはいえ、我が家だってもう他人事ではありません。
既に2L✕24本の飲料水はストック済みですが、更にウォータータンクも用意することにしました。
いざという時は、これに水道水を貯めておいたり、給水所から水を持ち帰ったりするつもりです。

それにしても、ウォータータンクは選択肢がモリモリで品定めも大変でした。
ネットショップや実店舗を見比べながら、poohが最も迷ったのは容量サイズです。
小さい物なら5L、大きい物なら20L以上…さぁ、一体どれを選ぶべきか?

当初のpoohは大容量に心惹かれました。
なんせ震災対策ですから、貯水量も多い方が良いと考えたのです。
しかし、タンクを使う自分自身を想像しているうちにハッと気づきました。

20Lの水といえば、20kgではないかっ!

20kgといえば相当な重さです。
屋外でのタンクの持ち運びには、荷物運搬用のキャリーカートを使うつもりですが、その荷台に乗せるのさえ苦戦するのが目に見えています。
下手をすればギックリ腰になっちゃうかもしれません。

そんな訳でpoohは16Lサイズを選びました。
「16kgならギリギリ自力で持ち上げ可能」と判断したのです。
購入したのは兵庫県姫路市の家庭用品メーカー「尾上製作所」(→オフィシャルHP)の製品です。

今回の購入価格は¥1,060✕2個。
ちなみに同メーカーのタンクには20L、22Lサイズもあり、ほぼ同価格でした。
「同じ値段なら大きい物を」という気持ちをグッと抑えて、今回はあえて小ぶりをセレクト。
何事も適正サイズの見極めが重要です。

さて、そんなプロセスを経て我が家にやってきたウォータータンク。
基本は押入れにしまっておきますが、その前に中を洗っておくことにしました。
2018119003.jpg
この製品は注ぎ口が大きいので、手が奥まで入ります。
持ち手が中央寄りに付いているのも、使い勝手の良さを感じます。

また、使用時は縦置きも可能です。
エアー抜き栓のおかげで、コックからの水の流れもスムーズ!
2018119004.jpg

ちなみに16Lという容量は、一般的な女性にはまだまだ重すぎるかもしれません。
人によっては10L、もしくは5Lサイズのタンクを選んだ方が無難でしょう。
また、我が家は安定性・頑丈さを重視してハードタイプを選びましたが、収納スペースに余裕がないご家庭にはソフトタイプがオススメ。
折り畳み可能なソフトタイプなら、かさばらないからです。

震災が多発している昨今、ウォータータンクにも注目が高まっているようです。
poohの今回の買い物も、注文から商品受取りまで丸1ヶ月かかりました。
現物を手にした喜びに浸りつつ、「どうかコレを使わずに済みますように」とも祈っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

「来年、絶対飲もう」と考えているお茶があります

「来年、絶対飲もう」と考えているお茶があります。
それは「ブラックベリーの葉っぱのお茶」!

きっかけとなったのは市販品のハーブティーでした。
2018100901.jpg
知人から頂いたブレンドハーブティーに「ラズベリーリーフ」の表記を見つけました。
ラズベリーリーフ…つまり、ラズベリーの葉っぱです。
実際に飲んでみると、程よい酸味&ベリーっぽい香りがする美味しいお茶でした。

「それならブラックベリーだってイケるのでは?」と考えたのです。
ブラックベリーなら庭にワサワサ生えていて、一大勢力を築いています。
毎夏、実を収穫してジャムやシロップに加工、今年は更にパン酵母にまで利用(→9/21の記事)しましたが、葉っぱも使えるとなるともう最強!

しかし、いくらpoohでも未知の物体をいきなり口にする訳にはいきません。
「ブラックベリー 葉 お茶」で、まずはググってみました。
するとハーブティー専門店のサイトを含め、モリモリと情報があったのです。
どうやらpoohが知らなかっただけで、「ブラックベリーリーフティー」はポピュラーな存在とのこと。
おまけに体調を整える効果も備えているそうです。

<主な効能>
・歯茎の腫れや喉の痛み、口内炎の解消
・消化器系の不調の改善
・動脈硬化の防止
・女性ホルモンの活性化


もちろん単なるお茶ですから、薬のような即効性までは期待できません。
でも、毎日何らかのお茶を口にするpoohにとっては嬉しい話です。
あいにく今年のブラックベリーは既にシーズン終了だけど、来年は絶対飲んでみます!

ふと気づけば、もう冬は目の前。
家庭菜園の畑じまいも終え、あとは雪を待つだけです。
そんな中、早くも来シーズンに向けて、あれこれ施策を練っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

「人型寝袋」ってご存知ですか?かなり暖かいらしいです

先月の北海道胆振東部地震以来、震災時を見据えた生活用品をいくつか買い揃えました。
●卓上コンロ(→9/23の記事)
●ハンディ浄水器&ポータブル式灯油ストーブ(→10/7の記事)


他にも携帯ラジオやウォータータンク等、入荷待ちの品もあります。
それにしても、これらの品々を購入するまでには随分と時間を費やしました。
たとえ防災目的だろうが衝動買いは御法度だからです。

商品選びの際には、それまで知らなかった物との出会いも随分ありました。
「へ~、こんな斬新な製品があるのか」と、いちいち感心していたのです。
その代表格が「人型寝袋」!
人型寝袋

「人型寝袋」でググってみると、その品揃えはモリモリ。
さまざまなメーカーで取り扱っていて、その価格も5千円~2万円台とバリエーション豊か。
要は中綿やダウン入りのフード付きツナギで、着て歩くことも可能です。
本来はキャンプ等の屋外用ですが、最近では室内で使う方も多いとのことでした。
poohのお買い物心をくすぐったことは言うまでもありません。

厳冬期もストーブの稼働が控えめな我が家。
室温の目安は15℃と北海道の一般家庭としてはかなり低く、あとはコタツで乗り切っています。
もしも人型寝袋があったら震災時はもちろん、普段から使えるかも…と、夫・ケッチーくんといろいろシミュレーションしてみました。

しかし、結果的には購入は見送り。
人型寝袋ではないけれど、poohたちは起毛裏地付きのウィンドブレーカー&ナイロンパンツを所有しているからです。
このセットの下にヒートテックインナー、厚手のカットソー、フリースを重ねれば、真冬の散歩だってヌクヌクであることを思い出しました。
動きやすさ、洗濯の手間を考えても、我が家にはこれで十分とみなしたのです。

でも、これから防寒グッズを探す方には候補としてアリでしょう。
いや、既に愛用されている人も多いかもしれませんね。
将来的にはpoohも再び購入を検討するかもしれません。
人型寝袋を着用する己の姿を想像しながら、一人ニマニマしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

「5人組」といったら、どんなグループをイメージしますか?

「さて、今度は何と命名すべきか…」
久々に真剣に思い悩んでしまいました。

いや、“悩み”というには限りなくしょーもない内容です。
なんせ、対象は単なる趣味アイテム。
先日1つ増えて、合計5個になったカメラレンズにグループ名を付けたいだけ(笑)
2018102301.jpg
(左から)①単焦点レンズ ②標準ズーム ③魚眼 ④望遠ズーム ⑤超広角ズーム

一番ノッポな④で高さ6cm、チビスケの③ならたったの3cmというミニミニサイズが特徴のPENTAX・Qシリーズのレンズ達です。
カメラ本体に装着しても、手のひらに乗っちゃうところがカワイくてたまりません♡
2018102304.jpg

ちなみに⑤の広角レンズが加わる前、poohは①~④を「北斗神拳四兄弟」と呼んでいました。
マンガ「北斗の拳」にちなみ、4つのレンズをラオウ、トキ、ジャギ、ケンシロウと名付けたのです。

<参考過去記事>
●1年半で4個目を入手・・・私がズブズブとハマっている物(→2017年5/22の記事)


レンズ交換のたびに、いちいち各キャラクターの名シーンを思い出し、一人楽しんでいました。
ネーミングによって、それぞれの個性が際立ち、より愛着を感じていたのです。
…とあらば、5個セットになっても新呼称を与えたくなるのも当然(?)でしょう。

まずは手当たり次第に「5人組」を思い浮かべてみました。

①秘密戦隊ゴレンジャー
②科学忍者隊ガッチャマン
③ザ・ドリフターズ
④フィンガー5
⑤ジャクソン5
⑥SMAP
⑦嵐
⑧南斗五車星

…う~む、今ひとつピンときません。
①~⑤に関しては“昭和”感が拭えないし、ジャニーズに無関心なpoohには⑥⑦も疑問。
⑧にいたっては、「北斗の拳」からムリヤリ引っ張り出しただけだし…

しかし、ここで閃きました!
アンアン表紙

「5人そろって、TEAM NACS(チームナックス)!」
今や北海道を代表する人気グループを忘れる訳にはいきません。
これぞpoohがイメージする“理想の5人組”でしょう。

そうと決まればあっという間です。
5個のレンズを並べて、それぞれのキャラ付けも行ないました。

「最も活用頻度が高い『標準ズーム』が大泉洋ちゃん」
「顔のデカさで『超広角ズーム』はリーダー(森崎博之)に」
「『魚眼』といえば音尾琢真くん一択」
「端正なイメージの『単焦点』がシゲちゃん(戸次重幸)だな」

最後に残った「望遠ズーム=ヤスケン(安田顕)」以外は、完璧に近いマッチングです。
いや、これはこれでピッタリにも思えてきました。
さぁ、これでpoohの悩みも無事に解決。
「5人揃って、TEAM NACS!」と、今後はカメラを手にするたびに心の中で叫び続けます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

ブログ5周年…その節目にふさわしい新兵器がやってきました

アーリーリタイアと同時にスタートし、日々の出来事を綴ってきた当ブログ。
気づけば5周年を迎えます。

それを記念して、夫・ケッチーくんからプレゼントされたのが
2018102305.jpg
カメラレンズです。

pooh愛用のミラーレス一眼カメラ「PENTAX Q7」の「超広角ズームレンズ」です。
レンズフード&フィルターも同梱されていました。
以前から憧れていた品々に、poohが小躍りしたことは言うまでもありません。
よし、さっそくカメラに装着してみましょう。
2018102304.jpg

「手乗り一眼」とも呼ばれるチビ助感をキープしつつも、いっぱしの雰囲気。
実はこのレンズ、公式直販サイト(→こちら)なら¥39,700もする品です。
(今回はケッチーくんが中古品を探しだし、自らのお小遣いで購入)
「カメラ本体よりもレンズの方が高額」という現象は、カメラ業界のアルアルネタとはいえ、果たしてpoohに使いこなせるのか?

そんな不安を抱えつつも、まずは実際に撮影してみました。
<広角レンズ使用>
2018102310.jpg

おぉっ、普段から撮り慣れた和室に奥行が生まれたような…
参考として、以前から愛用している「標準ズームレンズ」で同じ場所から撮影してみました。
<参考:標準ズームレンズ>
2018102311.jpg

あらら、たいした違いはないような…(汗)

いや、これは室内だからなのでしょう。
今回の広角レンズの画角は最大で102°それに対し標準ズームは87°です。
2018102307.jpg  2018102306.jpg
※イラスト画像はリコーのオフィシャルサイト(→こちら)より拝借しました。

広角レンズの性能が発揮されるのは屋外の風景写真。
屋外なら102°と87°の違いがハッキリするに違いありません。
近日、旅行に出るので、現地でしっかり確かめてきます!

振り返れば、多くのことに挑戦し、それまで知らなかったことも沢山見聞きしてきた5年間でした。
でも、まだまだpoohの好奇心はとどまりません。
まずはこの広角レンズを使いこなすところから…と鼻息荒く、新たな一歩を踏み出しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

“タコ焼き職人”としては未熟な私が、同じ道具を使ってベビーカステラを焼いてみました

最近のpoohのマイブームは「タコ焼き」です。
卓上コンロ用の鉄製プレートを購入し、今や週イチでタコパ(=タコ焼きパーティ)三昧。
まだまだヘッポコレベルですが、いつかは完全球体を…と夢見ています。

<参考過去記事>
●卓上コンロを使って人生初のタコ焼き作りに挑戦しました(→10/3の記事)


さて、今回はそのタコ焼き器で、甘いオヤツ作りに挑戦しました。
縁日の屋台でよく見かける「ベビーカステラ」です。
更に今回は卓上コンロではなく、キッチン備え付けのガスレンジで調理。
プレートが五徳にしっかりハマるので、安定性はバッチリです。
2018102142.jpg

一般的なベビーカステラには使わないようですが、中にあんこを入れることにしました。
以前作った「今川焼き」の要領です。
当時のレシピを参考にしながら、自分でテキトーに材料を用意。

<参考過去記事>
●牛乳パックで今川焼きを作る(→2014年3/31の記事)

2018102141.jpg
【ベビーカステラの材料 (30個分)】
薄力粉150g、砂糖70g、ヨーグルト60g、卵2個、水大さじ2、みりん・サラダ油各大さじ1、ベーキングパウダー5g、粒あん30g


①薄力粉・砂糖・ベーキングパウダーをふるっておく。
②卵を溶いてヨーグルト・水・みりん・サラダ油と混ぜ、①に加える。
③アツアツに熱したプレートに生地を流し込み、あんこをひとつまみずつ乗せていく。
2018102143.jpg

以後は弱火でじっくり時間をかけて焼き上げます。
今川焼きやホットケーキを作る時のイメージで、鍋蓋も乗せてみました。
2018102144.jpg
  
表面にプツプツ泡が出てきたら、タコ焼き用スピックを使って1つずつひっくり返します。
2018102145.jpg

全体に火が通ったら完成!
2018102146.jpg

「もっと、まん丸にしないと!」と、夫・ケッチーくんから厳しいツッコミが入りましたが、これまで作ったタコ焼きと比べると、なかなか良いビジュアルです。
何回も使ったことで、プレートに油が馴染んできたのも大きいのでしょう。
ちなみに、このベビーカステラは焼き立てホカホカはもちろん、一晩置いた物も美味でした。

そして材料費は30個分で¥90…つまり1個あたりたったの¥3!
このコストなら普段のオヤツにもピッタリです。

そんな訳で、我が家のタコ焼き器は今後もフル活用の予感。
poohが真の“粉モノ職人”になる日もそう遠くはない…ハズです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

「サービス付き高齢者向け住宅」を両親に提案。さて、彼らの反応は?

「いずれは老人施設に入居」と考え始めた両親のために、情報収集に勤しんでいます。
<参考過去記事>
●「老人ホームって、どんな所?」…只今イチから勉強中です(→10/17の記事)


現時点で候補になりつつあるのが、「サービス付き高齢者向け住宅」です。
このタイプの施設は最近増加傾向らしく、poohの周囲でもちらほら見かけます。

<サービス付き高齢者向け住宅 (以下・サ高住)とは?>
主に民間事業者が運営するバリアフリー対応の賃貸住宅。
自立した生活を送る人限定の「一般型」、要介護者も入居可能な「介護型」の2種類がある。


今の両親なら「一般型」を選ぶことになるでしょう。
担当スタッフが常駐し、入居者の安否確認や生活支援サービスのみを提供するタイプです。
かかる費用は施設によって大きく異なりますが、入居時に数十万円、そして月額料金が5~25万円と、まぁ妥当なラインです。

そんなサ高住・一般型のメリット・デメリットをまとめてみました。

◆メリット
①老人向け施設としては初期費用が低額
②オーソドックスな有料老人ホームと比べて生活の自由度が高い
③札幌市内での物件数はそれなりにある

◆デメリット
①有料老人ホームと比べて見守り体制が希薄(特に夜間)
②施設によってサービスの内容・質に差がある
③重度の介護状態になると住み続けることが難しい

お金のこと、サービスのこと、そして当人たちの今後の健康状態のこと…さまざまな面から検討を重ね、じっくりと選ぶ必要があります。
さっそく実家に赴いて、覚えたてホヤホヤの知識を講釈してきました。

しかし、ここで問題勃発!

「間取りは最低でも2LDK」と彼らが言い出したのです。
父と母、それぞれが“自分の時間”を楽しみたいという気持ちもわかりますが、サ高住で2LDKとは、なかなかの難易度…

ネット閲覧した限り、サ高住の大部分はワンルーム仕様でした。
「夫婦2人暮らし用」と銘打った物件でも1DK、せいぜい1LDKです。
もちろん両親希望の2LDKタイプもあることはありますが、そのシェアは微々たるもので、当然家賃もビックリするほど高額。
物件探しが難航するのが目に見えています。

しかも、父か母のどちらかが、いずれは先立つことも視野に入れておかねばなりません。
今度は単身者用物件を探して再び転居…というのも、出来れば避けたいところです。
さぁ、一体どうするべきか?

そこでpoohは思いつきました。
「それなら、最初からワンルームを2軒借りたら?」と、両親に提案してみたのです。
各自1室ずつ、出来れば隣同士の部屋にすれば、“1人の時間”も“夫婦の時間”も確保できそう。
また、物件数が多いワンルームなら、2LDKを探すよりはスムーズなはずです。
もちろん費用はそれなりに膨らみますが、ワンルームの家賃は安いし、1人が亡くなった時は、その部屋のみを解約するだけなので、結果的には割安かも…

娘(=pooh)のテキトーな思いつきに、“THE 昭和世代”の両親が「とんでもない!」と怒りだすかと思いきや、意外にもノリノリでした。
「あら、それも面白そうね」
「食事は一緒に食べて、あとは好き勝手に過ごそう」…と、楽しそうに未来を描いています。

もちろん、いざ実行となると、すべてが理想通りとはいかないはず。
ワンルーム✕2軒案だって、そう上手く実現するとは思えません。
でも、いろいろ模索して、ベストを尽くすつもりです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

「老人ホームって、どんな所?」…只今イチから勉強中です

最近のpoohの関心事…それは「老人ホーム」です。
この単語を聞いただけで耳はダンボ状態だし、暇を見つけてはネット検索に勤しんでいます。
おかげでPCの画面広告も「終のすみか」、「安心のサポート」といったキーワードばかりに。

それは実家の両親の一言から始まりました。
「将来的には施設に入居したい」と、彼らが言い出したのです。
70代の両親は、pooh宅から徒歩圏内にあるマンションで暮らしていますが、そろそろ次の生活のことを考え始めた模様。
…となると、娘であるpoohもそのお手伝いをせねばなりません。
さっそく、「老人ホームとは何ぞや?」というレベルから学び始めています。

●まず最初に知ったこと
地方公共団体や社会福祉法人が運営する公的施設(=特別養護老人ホーム)は費用が割安なのが魅力だが、あくまでも要介護3以上の方が対象。


両親は現時点では自立した生活を送っています。
つまり、公的施設では対象外のため、民間企業によるものから探すことになります。
このタイプは、大きく分けると2種類です。

●民間企業が運営する施設
(A)有料老人ホーム
(B)サービス付き高齢者向け住宅 (以下・サ高住)


(A)有料老人ホームが「終身利用権方式」であるのに対し、(B)サ高住は「建物賃貸借契約」で成り立っています。

●(A)有料老人ホームの終身利用権方式とは?
その施設を利用する権利を前払いで購入する方式。
初期費用として、「入居一時金」を支払って契約が成立する。

●(B)サ高住の建物賃貸借契約とは?
一般的な賃貸物件と同様、初めに敷金を支払い、月ごとに家賃を支払ってゆくシステム。


更に(A)有料老人ホームは3種類、(B)サ高住は2種類に細分化されます。
↓ザックリと表にまとめてみました。
2018101709.jpg

まずは今回得た知識を元に、両親と一緒にいろいろ考えてみるつもり。
彼らがどういった施設を望んでいるのか、しっかりヒアリングする必要もあります。
おそらく下見や契約にも付き添うことになるでしょうから、更に深掘りして情報収集していきます。

それにしても今まで完全に他人事だったジャンルゆえ、pooh自身も学ぶことがいっぱい!
外出先でも、それらしき建物が自ずと目に入ってくるようになりました。
しばらくの間は、この状況が続きそうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

私のサンマ調理法…2つのテレビ番組からヒントを得て生まれました

時折、自分で自分のブログ記事をさかのぼって読み返しています。
開設から丸5年も経つと、意外に記憶が薄れている内容も多く、新鮮味を覚えることもしばしば。
その中には、毎年10月になると必ず再読しているものもあります。

●「ガッテン」×「ノンストップ!」、二大巨頭の合わせ技でサンマを焼いてみました(→2015年10/30の記事)
2015サンマ1
<作り方>
①サンマの両面に酢を塗る。
②10分ほど置いた後、10倍希釈したみりんを①に塗り、塩を振る。
③更に30分ほど置き、予熱したコンロに②を入れ、4分焼く。
④サンマをひっくり返して2分焼き、火を止めてからコンロ内で2分放置。


サンマといえば、なんといっても塩焼きでしょう。
特に秋の生サンマはシンプルに食べるのが最高です。
パラパラと塩を振って30分~1時間ほど置いて加熱…が基本ですが、これを更にバージョンアップさせたのが上記の方法です。

酢がサンマの皮を破れにくくし、みりんの働きで焦げ目がキレイに仕上がります。
それぞれ別のテレビ番組で紹介していた方法を一緒くたにしてみました。
以来、我が家のサンマ焼きは毎回この方法です。

たまたま発見した小ワザですが、今ではすっかりお気に入り。
10月に入ると、それまで高価だった生サンマが1匹数十円のお手頃価格になるので、pooh家は只今“サンマ祭り”です。
自分で自分の記事を読みながら、フムフム…と頷いています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

ヨーグルトを美味しく作る裏ワザ…その効果を改めて実感!

pooh家の食卓に欠かせないのがヨーグルト。
ヨーグルトメーカーを使い、5日に1回のペースで自作しています。
種菌にはまず市販のプレーンヨーグルトを利用し、その後は自家製ヨーグルトを数回使い回す…この方法を15年ほど続けてきました。

2年前にはオリジナルの裏ワザも編み出しています。
<参考過去記事>
●手作りヨーグルトの種には“森永ビヒダス・脂肪ゼロ”がオススメ!(→2016年6/25の記事)


「森永ビヒダス」の脂肪ゼロタイプを種にすると、ヨーグルトの出来が格段に良くなります。
そのトロ~リモッチリとした食感は、まさに最高級品。
同じ「ビヒダス」でもノーマルタイプはNG、また脂肪ゼロでも他社製品では成り立ちません。
あくまでも「森永ビヒダスの脂肪ゼロ」のみの現象です。
2016062702.jpg
たまたま発見したこのワザが、今回おおいに役立ちました。
それは先月9月6日に北海道を襲った地震後の出来事です。

大規模停電によって、ここ札幌では牛乳が品薄状態になりました。
スーパーの棚もガラガラという状況がしばらく続いたのです。
その後やっと店頭に商品復活…と思いきや、当初は「乳飲料」ばかりという有様でした。

<乳飲料とは?>
生乳(無調整の牛乳)に、乳製品やビタミンなどを加えて加工したもの。
クリームや脱脂粉乳を溶かした“還元牛乳”、カルシウム等を増やした栄養強化タイプ、コーヒーや果汁を加えた嗜好飲料タイプと様々なバリエーションがある。


今回の品は“還元牛乳”で、一般的に「第三の牛乳」と呼ばれるものです。
紙パックに入ったその製品は、一見すると見慣れた「牛乳」ソックリですが、その¥145という安さや、「無脂乳固形分7.4%、乳脂肪分1.8%」という表記にpoohは不安を覚えました。
以前「成分調整牛乳」でヨーグルトを作った時のことを思い出したのです。

<参考過去記事>
●「マズイ」という記憶しかない成分調整牛乳に再挑戦してみました(→4/15の記事)


poohが普段買っている成分無調整牛乳と比べると、あの時の品はアッサリ気味でした。
…となると、今回の「乳飲料」はもっと淡白であることが目に見えています。
無脂乳固形分、乳脂肪分の数値はもちろん、その原材料からして「生乳50%未満」なのですから。
2018101349.jpg

そんな訳で、「森永ビヒダス・脂肪ゼロ」も一緒に購入。
これを使えば少しはマシなヨーグルトになるはず…と考えました。

その結果:アッサリ感は否めないものの許容範囲に

「乳飲料」でもトロッとしたヨーグルトが作れました。
この自家製品を種にして、poohのヨーグルト作りも復旧したのです。
その後徐々にスーパーの品揃えも増え、現在は再びオーソドックスな牛乳を使用中です。

「森永ビヒダス・脂肪ゼロ」はヨーグルトの種として最強! 
今回、改めて実感しました。
実は、ヨーグルト単体としてはビミョーにpooh好みではない品ですが(笑)、種菌には最高!と太鼓判を押しておきます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事