poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして6年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

ある日突然、夫から手渡されたのはバリカンでした

あれは5年前、夫・ケッチーくんが会社を退職した直後のことです。
彼はいきなり、こんな物を買ってきました。
CIMG0983.jpg

バリカンです。(購入価格は¥5,260)

「今後、オレの髪はpoohが切ってね」と、彼は言い出したのです。
もともと髪の毛には独自のこだわりを持ち、プロの手による仕上がりにもあ~だらこ~だら煩かったオトコが、いきなりこんな提案をしてくるとは想定外。
poohがドン引きしたのは言うまでもありません。

<当時の状況について記した過去記事>
●私は夫専属の床屋さん(→2014年3/1の記事)


しかし、数年も経つと人間変わるものです。
月イチペースの床屋作業も、まったく苦にならなくなりました。
それどころか、今やpoohのちょっとした楽しみです。
その名も“バーバーpooh”、冬季は強制休業していますが、春の再開が待ち遠しいくらいです。

春の営業再開は毎年4月、気温が20℃を超えるようになった頃がメド。
しかし、今年は少々前倒しする必要がありました。
3月末に親族間の集まりが予定されているからです。
ここはやはり、コザッパリと身支度を整えておかねば!

そんな訳でここ数日は、毎日天気予報とにらめっこ。
寒さとの戦いを余儀なくされる“バーバーpooh”ゆえ、少しでも暖かい日を狙おうという魂胆です。
更に、今回は洗面所を床屋スペースにしました。
通常時は新聞紙を敷きつめた玄関ホールを使うけれど、ここならリビングのストーブ効果も期待できるからです。

ただし、狭い洗面所は作業後の掃除が少々厄介・・・
各所に新聞チラシ&養生テープを貼り付けて、事前準備しました。
中央部にイスを置き、さぁ、バリカンをスイッチオン!
2018033047.jpg
振り返れば、前回の散髪は10月・・・その後5ヶ月間、伸ばし放題だった彼の頭は超ボサボサ。
バリカン付属のアタッチメントを替えながら、poohは格闘しました。
そして今回も無事に、我が夫を男前(あくまでも当社比)に仕立て上げたのです。

フフフ・・・我ながら良い出来だ!
もちろんプロの目から見たら素人仕事そのものでしょうが、poohはすっかりご満悦。
また、これから半年間、バリカンと戯れていくつもりです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

本年度の光熱費に異変?・・・慌てて原因を探ってみました

3月もそろそろ終わり・・・pooh家の家計簿も年度締めです。
いつものpoohならば、その振り返り作業に鼻息荒く勤しむところですが、今年に限ってはノンベンダラリモード。
昨秋にPCを壊してしまい、家計簿データもふっ飛ばしてしまったからです。
本年(2017年度)の総括はスルーするしかありません。

<前年&前々年の家計まとめ記事>
●2016年度: 我が家の年間家計を一挙公開! 一見、前年と同じですが、内情はまったく異なります(→2017年4/2の記事)  
●2015年度: 大幅見直しを余儀なくされたこの1年。その結果を一挙公開!(→2016年3/25の記事)


でも、poohはメゲません。
家計簿データが揃わなくても、光熱費に関しては過去の検針票が手元に残っています。
さっそくチマチマと手作業で本年度分をまとめました。
さぁ、前年(2016年度)と比較してみましょう!

・・・あれれ? 電気・ガスの使用量がミョーに上がっています。
前年より多く消費したつもりもないのに、これは一体どういうこと?

それならばと前々年(2015年度)まで遡り、表を作成しました。
2017年度光熱費
※金額は税込み
※ガス:都市ガス。調理コンロで使用
※灯油:ストーブ&給湯ボイラーで使用

フムフム、なるほど、前々年比ならさほどの差は感じません。
こうやって掘り下げていくうちに、前年はイレギュラー案件が発生していたことを思い出しました。
2016年4月からスタートした電力小売全面自由化に伴い、我が家はそれまで利用していた北海道電力から、「北海道ガスの電気」に契約を切り替えたのです。
その結果、請求日にズレが生じ、通常は年間12回の支払いが、前年だけ11回。
本年度は再び12回に戻ったため、電気代が急上昇したように見えたのですね。

光熱費UPに一瞬焦ったけれど、理由もわかって一安心。
また気を引き締めて、家計管理&節約に頑張っていこうと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

「将来は何になりたいの?」という問いに対する私の回答

最近の小中学生の「憧れ職業」の1つが、YouTuberだそう。
実際、poohの周囲でも、友人の子供(小学生)が、「大きくなったらYouTubeの中で歌を歌う人になるの」と話しています。

そういえばpooh自身は、一体何になりたかったんだっけ?
今や忘却の彼方となった記憶を掘り起こしてみました。
でも、なかなか思い出せません。
「スチュワーデス」、「幼稚園の先生」等々と、友人&妹たちが語っていた記憶はしっかり残っているのに、自分自身についてはてんでサッパリ・・・

もともとクールで、子供らしい夢を思い描くようなタイプではなかったのです。
「自分は普通に高校→大学に進学して、どこかの会社に勤めるのだろう」と考えていました。

ただし子供ゆえ、どんな会社でどんな業務に就くのかまではイメージ不可。
なんせ、チビpoohにとっての会社員像は、サザエさんちの波平&マスオさんくらいでしたもの。
自分もいずれは「デスクで書類に何かを書き込む人」になるんだろうな、という何とも不明瞭、かつ憧れ度0%の将来を設計していました(苦笑)

しかし、「この考えはマズイ」と感じてもいたのも確かです。
「poohちゃんは大きくなったら何になるの?」という大人たちの問いかけに、「会社員」と答えようものなら、シ~ンと場が静まり返ってしまうからです。
「将来の夢」は図画の課題にもよく取り上げられましたが、デスクに座る人間だけでは文字通り絵になりません。

poohはチビなりに知恵を絞りました。
その結果、ある職業に目をつけたのです。

それは「アナウンサー」です。

女子アナといえば、今でこそ選ばれし者の超花形職業。
でも、昭和ド真ん中のあの時代は、そこまでのステータスはありませんでした(たぶん)
当時のアナウンサーはあくまでも「ニュースを読む人」、もしくは「司会者」。
放送委員会に所属し、お昼の校内放送を担当していた小学生(=pooh)には、うってつけの職業に見えましたっけ。

「将来の夢はアナウンサー」と言えば、祖父母を始めとした大人たちは大喜び。
また、図画の構図としても、これほど描きやすい題材はそうそうありません。
バストアップショットでマイクを前にする女性を描けば、図画の宿題も即一丁上がりです。
2018032661.png

ちなみに、この「アナウンサー」という夢はあくまでも周囲に向けたダミーで、内心では会社員になると決めていました。
今、振り返ると、随分と計算高い子供です(赤面)

そんなコズルい子供も無事に大人になり、予定どおり会社員になりました。
でも、さすがにアーリーリタイアまでは予測できなかったなぁと、自分の人生を振り返っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

「受け取ってくれるかな?」内心ちょっぴりドキドキでした

アーリーリタイアで不用になった物といえばスーツ、パンプス、ハンドバッグ・・・etc
これらの品は、ここ数年でかなり盛大に処分しました。
でも、そんな断捨離魂をかいくぐり、ずっとシブとく所有し続けてきた物もあります。

それは腕時計です。

腕時計はもともと好きなアイテムで、20~30代の頃は数年おきに購入していました。
そのコレクションのうち、スポーツタイプの品は現在も重宝しています。
でも、スーツスタイルと好相性だったドレスウォッチの1本はもうほとんど出番がありません。

若かりし日に、「エイヤッ」と気合いを入れて購入した“清水買いモノ”。
現在もそこそこ価値はあるはずなので、専門店に持ち込めば、いくばくかのお金になるでしょう。
でも、poohがあえてそれをしなかったのは理由があります。

「将来は姪っ子に譲ろう」と考えていたから。

年頃になった姪たちに、自分の愛用品を譲り渡す。
そんなおハイソな行為に、以前からな~んとなく憧れていました。
伯母として、ちょっぴりカッコつけたかったのです。
もう使わない腕時計を眺めながら、密かにその時を楽しみにしてきました。

さて、今春は姪の1人が大学生になります。
いよいよpoohのお宝の出番! と思いきや、ここでハタと気づきました。

そういえば、最近の若い人って腕時計には無関心らしい・・・

ケータイ→スマホの普及により、腕時計の存在価値は急降下。
「人生の節目に腕時計を新調」という昔ながらの風潮は、確かに廃れつつあるように感じます。
今更、「ちょっといいドレスウォッチ」を贈っても、若者にはハタ迷惑かもしれません。

そんな迷いも感じつつ、まずはLINEで姪に現物画像を送信してみました。
「○○ちゃんに受け取ってもらえると嬉しいな」と、poohの希望を語ったのです。
そんな気持ちが通じたのでしょうか?
「オシャレな時計だね。嬉しい!」という返信が届きました。
もちろん、その中には社交辞令も含まれているでしょうが、poohの伯母心、くすぐられまくり♡

ちなみに、現在彼女は腕時計を持っていないそう。
フ~ム、やっぱり現代の若者の腕時計離れは顕著ですねぇ。
でも、それなら尚更1本くらいは持っていてもジャマにはならないはず。
20年間使っていた腕時計は、これからは姪の元でチクタクと時を刻んでもらいましょう。

他の姪たちにも、折を見てそのつどmyお宝を手渡していくつもりです。
まさに自己満足の世界ですが、人生の小さな野望を1つ達成して、ご満悦のpoohなのでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

番町皿屋敷のお菊さんだったら「1枚足りない・・・」と呟くかもしれません

あぁっ、やっちまいました。
ツルッと手を滑らせて、お気に入りのお皿の縁が・・・(痛恨)
2018032232.jpg

17年前の結婚の際に、知人からペアで頂いたサラダプレート。
これはウェッジウッドの「サムライ」というシリーズで、そこそこお値段が張る品です。
pooh家のささやかな食事で使うには少々贅沢と感じつつも、「食器は使ってこそ価値があるもの」と、毎日積極的に使っていました。
でも、こうして割ってしまうとやっぱりショックですねぇ。

ちなみに、夫婦2人暮らしの我が家の食器は2枚組が基本です。
でも、単品のお皿・グラス類も食器棚に結構あります。
2018032231.jpg
最初から単品だった物も含まれているとはいえ、大半は今回のウェッジウッド同樣、ペアの片割れを失った品々。
柄・サイズはもちろん、テイストも多種多様でバラバラ感が否めません。
でも、poohはそんなのお構いなしで、2人分の食卓に、てんでバラバラの食器を並べています。

「これはこれでオシャレなのだ!」(完全開き直り)

あえて食器を統一しない・・・オシャレカフェでよく見られる光景です。
昔ながらの純喫茶の店には、「お客様のイメージに合わせて、マスターがそのつどカップをチョイス」というスタイルもあります。
そう、「統一」を崩すことにより、場がこなれてセンスアップ、また個性的になるのです。
この理屈でいけば、pooh家のバラバラ食器だって見ようによってはハイセンス!・・・のはず。

「1枚足りない・・・」と、番町皿屋敷のお菊さんが呟きそうな状態ですが(笑)、今後も単品同士を組み合わせながら、それぞれを長~く使っていくつもりです。
・・・などと格好いいことを言いながらも、「今回生き残ったウェッジウッドは自分専用。ケッチーくんには安物の白皿」と、夫婦間格差もコッソリ目論んでいることも、ここに白状しておきましょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

通常販売時はまったく目に入らないのに見切り品になると即GETしちゃう物

スーパーの見切り品コーナーで、タピオカ粉を発見しました。
定価¥500以上の品がたったの¥120(600g入り)・・・「値下げ担当者の計算間違いか?」と思わず心配するくらいの割引率です。
2018032001.jpg

「以前も同じ品を見切り品で買ったけれど、あの時はもう少し高かったよね?」
夫・ケッチーくんとそんなことを話しつつ、帰宅後に調べたところ、前回の購入価格は¥198でした。
ちなみに、「前回」とは3年前。
オトボケ者同士のくせに、底値に関してはミョーな記憶力を発揮するpooh家です。

●参考過去記事: オツトメ品ハンティングでの思いがけない収穫物(→2015年2/19の記事)

さて、久々のタピオカ粉で何を作りましょうか?
パン、クッキー、ホットケーキの生地に混ぜ込めばモチモチ食感になるし、わらび餅の材料にと、その用途は意外に広いのです。
でも、やっぱりコレが一番かも。
2018032002.jpg
「ポン・テ・ケージョ」です!

<材料>
タピオカ粉300g、牛乳(今回はヨーグルト使用)120g、卵2個、塩小さじ1/2、オリーブオイル大さじ3、ピザチーズ50g、ゴマ大さじ2

<作り方>
①すべての材料を混ぜ合わせ、直径3㎝ほどの団子に丸める
②オーブン180℃で20分


ブラジル発祥のモチモチパンはクセになる食感!
材料計量から30分で完成しちゃう便利なメニューです。
しかも、2人でお腹いっぱい食べても総コストは¥100そこそこ。
これも見切り品タピオカ粉のおかげでしょう。

そんな訳で、3年ぶりにブラジルの味を堪能しました。
でも、残りのタピオカ粉を使い切ったら、このカーニバルも一旦終了です。
「また、タピオカ粉ないかなぁ」と、poohは今日も見切り品ワゴンを覗いています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

「オバケのQ太郎」の冒頭シーンに今更ながら驚きました

時々、甥っ子と本の貸し借りをしています。
今回、彼からオススメされたのは
2018031601.jpg
「オバケのQ太郎」!

言わずとしれた名作マンガです。
Qちゃんのトボけた顔を見ると、♪あ・の・ね、キュータロウはねぇ~♪で始まるアニメ主題歌を反射的に口ずさんでしまうのはpoohだけではないでしょう。
・・・と言っても、これは昭和世代限定で、甥っ子にはチンプンカンプンみたいです。

そんなジェネレーションギャップを感じつつ、第①巻のページをめくってビックリ。
2018031602.jpg
Qちゃんのクセに毛がいっぱい!(驚)

♪頭に毛が3本しかないんだよ~♪ と歌われるとおり、「毛が3本」はQちゃんのアイデンティティそのものなのに・・・
でも、2話目以降は3本で定着していたので安堵しました。
ついでに言うと、Qちゃんが卵から生まれたという事実も今回初めて知った次第です。

う~ん、これは不思議です。
だって同じ藤子不二雄作品でも「ドラえもん」、「パーマン」、「怪物くん」等なら、poohはそこそこ詳しいという自負があるのです。
それなのに、なぜかオバQに限ってはトンチンカン・・・一体これはどうしてでしょうか?

そんな訳でググってみると、本作品の連載は1964~66年(週刊少年サンデー)だったことが判明。
へ~、こんなにも古い作品だったとは・・・道理でpoohも読んだことがないわけです。
今回借りていなかったら、オバQについても一生無知のままだったかもしれません。
(アラフィフにもなってQちゃん情報を学び始めるのも如何なものか・・・とも思いますが)

さて、只今poohはせっせとオバQを読破中です。
甥っ子へのお返しには、手持ちの藤子不二雄作品(「笑うせぇるすまん」、「プロゴルファー猿」)を貸すつもりだけど、はてさてその感想は?
彼の反応が今から楽しみです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

絶賛愛用家電・ホームベーカリーがそろそろ寿命・・・さぁ、どうする?

poohのホームベーカリー(以下HB)使用歴は、かれこれ14年。
1台目・2台目ともに、ずっとエムケー精工の「HBD816」を愛用してきました。
そういえば、ネットオークションで2台目を入手した際には、1人浮かれて「エヴァンゲリオンごっこ」に興じましたっけ。

<参考過去記事>
●ランチの自家製パン、新戦力投入で“ヤシマ作戦”決行(→2014年9/19の記事)


しかし、この2台目もそろそろ寿命のようです。
先代品同樣、内釜の回転軸根元のパッキン(消耗品)がイカれてきました。
それなら部品交換・・・といきたいところですが、実はこの機種は2001年製造の古いもの。
メーカーにももう部品は残っていないはずです。

でも、そもそもが激安価格(¥1,200!)の中古品。
それを、この3年半で400回は稼働させたので、十分モトは取れたと称しても良いでしょう。
よし、ここは潔く3台目を迎えようではありませんか!

・・・そんな中で思い出しました。
そういえば、実家にもHBがあったはず!

「最初は物珍しかったのに、すぐに飽きて押入れへ」
HBにおけるアルアル現象が、我が実家でも発生していたのでした。
さっそく母に連絡し、「宝の持ち腐れ」状態だったHBを引き取る運びに。
2018031852.jpg
(左)実家から譲り受けたナショナル製品
(右)poohが愛用してきたエムケー精工製品

そのスペックを表にまとめてみました。
実家のHBは随分小ぶり・・・と思いきや、これは1斤サイズだからなのですね。
2018031851.jpg

さて、せっかくなので両方でパンを焼き、食べ比べしてみることに。
3年半ぶりの「HB版ヤシマ作戦」です(笑)
2018031853.jpg
<poohオリジナル 食パンレシピ>
強力粉200g、薄力粉50g、マーガリン20g、砂糖15g、塩4g、ドライイースト2.5g、水175cc


ナショナルHBは、内釜の底面積が小さいため、その分高く膨らみました。
稼働時間はどちらも4時間の普通コースですが、やはりビミョーに食感も異なります。
内釜の素材や焼き上げ温度の差でしょうか? ナショナルの方が耳がサクサクでした。
2018031854.jpg
味はどちらも美味しくて甲乙つけ難いというところです。
でも、ナショナルHBの稼働音の小ささには驚きました。
週に2、3回はHBを使うpoohには、この静けさは嬉しいかも♪

そんな訳で、晴れてうちのコとなったナショナルHB。
実家の押入れでの冬眠生活から一転、今度は食パンはもちろん、成形パン・中華まん・ピザ生地、果ては餅つきにまで酷使予定です。
さぁ、ビシバシと働いてもらいますよ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

職務質問から夫を守るために私が実践していること

夫婦でアーリーリタイアして、そろそろ丸5年。
その間に夫・ケッチーくんは1回だけ職務質問を受けたことがあります。
あれは3年前の夏の出来事でした。

●参考過去記事: うちの夫、とうとう職質されました(→2015年7/11の記事)

ちなみに、poohは職質未経験(今のところ)
これは女性だからでしょう。
職質は男性がターゲットになるケースが多いのです。

・・・となると、ケッチーくんは今後も2度、3度と職質に出くわすかも。
もちろん、そのつどきちんと答えればいいだけですから、たいしたことではありません。
でも、わざわざ警察の方々のお手を煩わせるのも申し訳ないし、彼だって余計な詮索とは無縁でいたいはずです。

その打開策といえば・・・まずは身だしなみでしょう。
なんだかんだ言っても人間、見た目は重要です。
コギレイ&コザッパリとした状態を保っておくに越したことはありません。

しかし、専属スタイリスト・poohがいくら彼の装いに気を使おうともさほどの効果はないような・・・
それは肝心の顔が無精ヒゲで覆われているからです。
なんせ現在のケッチーくんのヒゲ剃りは週イチ・・・つまり週に6日間はヒゲ面です。

だからと言って、わざわざ「エブリデイ・ヒゲ剃り」を彼に押し付けるのも酷な話。
さぁ、一体どうしたものか?

ウフフ・・・実は我が家にはとっておきの秘策があります。
それは、このpooh自身です。
ケッチーくんの外出にpoohがくっついていけば、まず職質ターゲットにはなり得ません(たぶん)

一見怪しげな風貌のオトコも、妻同伴なら違和感が薄まる・・・そう信じて、今日もpoohは彼と一緒にヨチヨチ歩いています。
でも、いつかは2人まとめて職質にあう可能性も・・・う~ん、絶対無いとは言い切れないかも。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

「夫婦仲は大丈夫なのか?」という声に対する私の回答

「四六時中、夫婦で顔をつきあわせていてケンカにならないの?」
我が家への質問で、もっとも多いのがコレです。
長年の共働き生活から一転、夫婦揃って退職し、現在は日常の大部分を2人きりで過ごしているのですから、当然といえば当然でしょう。
そういえば、お正月の親族の集いでも、繰り返し同じことを尋ねられましたっけ。

<参考過去記事>
●アーリーリタイア人の宿命? 根掘り葉掘りの質問攻撃にさらされました(→1/3の記事)


そんな質問へのpoohの回答は「ケンカにはならない」です。
質問者たちはそのたびに、「仲良しだねぇ」と感心しますが、実はさほどのものでもありません。
いたって普通の家庭です。

おそらく、これはpooh家の独自ルールの成果でしょう。
いつの間にか定着した、そのルールとは・・・
「相手が何かをしている時は可能な限り話しかけない」というもの

各自それぞれPCに向かったり、読書をしたり・・・
ケッチーくんは将棋盤を使って詰将棋にも取り組むし、poohはpoohでピアノ練習(ヘッドホン付き)が日課です。
これらの時間帯は、お互いほとんど会話を交わしません。

相手の存在を完全無視する様子は、傍目から見ると「家庭内別居」そのもの。
でも、そのおかげで我が家は平和を保っています。
誰からもジャマされることなく、自分の作業に没頭しているのですからケンカにもなりません。

そんな訳で、今日も同じコタツに足をつっこみながら、それぞれ自由に過ごしています。
しかし、この後の食事&テレビタイムでは、ピーチクパーチクとしゃべくり倒すのもお約束。
静寂と喧騒のメリハリがpooh家の平和の秘訣です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事