poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

シブくて奥が深~い世界に足をツッコミかけています

「3月のライオン」で将棋、「弱虫ペダル」で自転車。
漫画・アニメ作品がきっかけでマイブーム到来・・・が、ここ数年のpoohの定番です。
そして今回もまた、新ジャンルを開拓してしまいました。

それは落語です。

もちろん一般常識として、その存在は知っていました。
でも、きちんと落語に触れた経験はありません。
「寿限無(じゅげむ)」や「死神」レベルの話なら・・・と言っても、そのオチまでとなると???です。
まさにチンプンカンプンの世界でした。

そんなド素人が、アニメ「昭和元禄落語心中」で開眼!
昭和元禄落語心中
<「昭和元禄落語心中」(しょうわげんろく らくごしんじゅう)とは?>
原作は、雲田はるこによる漫画作品。
講談社発行の「ITAN」で2010~2016年まで連載された。コミックスは全10巻。
テレビアニメは第1期が2016年、第2期が2017年にTBS系列で放送された。


江戸落語の世界が舞台です。
Wikipedia(→こちら)から抜粋引用したあらすじは以下のとおり。
「昭和後期の名人と弟子の出会いに始まり、名人の孤独の形成される過去話となる戦前から戦後に飛び、もどって昭和終わりのバブル前後、明白となった落語衰退時期へとつながり、名人の孤独・孤高な芸風と生き方と落語界の衰退とがより強く関わり合う。」 

一昨年・昨年の放送時には随分と話題になった作品だそう。
poohは今回初視聴(Netflix)だったのですが、あっという間にズブズブとハマっちゃいました。
「八代目 有楽亭八雲(菊比古)」を演じる声優・石田彰さんの落語シーンが迫力満点!
落語って伝統芸能なんだなぁと、今更ながら実感した次第です。

そんな訳で、本物の落語も見てみたくなりました。
でも、poohにとっての落語家は「笑点に出演している方々」程度の知識のみ(恥)
これからコツコツ学んでいくつもりです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事