poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

人生初のグリーン車で気づいたこと

1人暮らしをスタートさせた学生時代の住居は、ワンルームマンションの一室でした。
6畳とは名ばかり(実質4畳半)の狭小スペースだったけれど、それはそれで気に入っていた記憶があります。
身の周りの物がすべて手中範囲、ちょっとしたコックピット気分を満喫していました。

それから30年(!)、何度も引越を重ねた結果、「poohの家」もそこそこ広くなりました。
でも、昔のチンマリライフも楽しかったなぁと、時折1人懐かしんでいます。

先日出かけた6泊7日の鉄道旅でも、そんな自分を再認識しました。
今回は「フルムーン夫婦グリーンパス」の特典を最大限に利用し、沢山のグリーン車(人生初!)に乗りましたが、結局のところ、poohにはその快適性がイマイチ理解しきれなかったのです。

<利用したグリーン車の一例>
①新函館北斗→東京行きの新幹線「はやぶさ」

北海道新幹線G内

②大阪→金沢行きの特急列車「サンダーバード」
サンダーバード内

③新函館北斗→札幌行きの特急列車「スーパー北斗」
スーパー北斗内

①は左右2席ずつ、②③にいたっては左2席+右1席と、スペースは確かにゆったり。
前後空間も大きく開いているため、リクライニングしても後ろ座席を圧迫しません。
全体的にシックな色合い、そしてシートの素材も高級感アリアリ、「さすがグリーン車!」ともいうべき仕様です。

ちなみに①と同じ新幹線でも、普通車の方は右側3席で若干のギューギュー感が。
こちらには足元のフットレストもありませんでした。
北海道新幹線普通車内
新函館北斗→東京の片道通常料金は、普通指定席¥22,690、グリーン席¥30,060。
この価格差が明確に車内に表れています。

しかし、思う存分グリーン車に乗って得た感想は、「poohは普通車で十分」というものでした。
シートが広いと前後左右に身体が泳いでしまうし、革張り素材はツルツルと滑り、少々落ち着かなかったのです。
普通車のミッチリ感が恋しくなるとは、我ながら「小さい人間だなぁ」と笑うしかありませんが、結局、コンパクトな空間が性に合っているのでしょう。

でも、雄大な自然の景色はまた別腹!
今回の記事の締めは、そんなワンショットをお届けします。
4日目に訪れた島根県松江市の宍道湖(しんじこ)、この開放感は格別でした♡
宍道湖

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事