poohの毎日~40代でアーリーリタイアした夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活も8年目に入りました。シンプルに楽しく過ごす日々を綴ります。

あれから77日⋯⋯私のジャガイモはどうなったのか?

あれは4月8日のことでした(遠い目)
poohは自宅庭にジャガイモを埋めたのです。
もともとは冬季のストック食材だったけれど、ふと気づけばすっかり芽だらけ⋯⋯
「それならいっそ種芋に」と思いついたのがきっかけでした。

<参考過去記事>
●発芽してしまったジャガイモの有効活用術(→4/8の記事)


10個のジャガイモをそれぞれ2分割、つまり20片にして土の中へ。
その時点でどれもボコボコに発芽済みだったので、「1週間もすれば土から芽が出てくるだろう」と楽観視していました。
しかし、その後1ヶ月間、畑には何の変化もなし。
埋める前にしっかり土は耕して環境はバッチリ整えたのに⋯⋯

「う~む、やっぱり駄目だったか」
poohはガックリと肩を落としていました。
芽部分さえ取り除けば食用可能だったのに⋯⋯と後悔すらしていたのです。

でも、それは単なる思い違いでした!
その後32日目にしてヒョッコリと地表に芽が出現。
更に45日経過した今では20本すべてがワサワサと葉を茂らせ一大勢力を築いています。
花も咲いて元気いっぱい♡
2020062401.jpg

この調子なら秋にはゴロゴロとジャガイモが収穫できるはず。
10個(991g)の種芋がどれだけ増殖するのか、今から楽しみでたまりません。
「まずはポテトサラダかな? それとも肉じゃが?」と相変わらずpoohは取らぬタヌキしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

発芽してしまったジャガイモの有効活用術

昨年10月にド~ンとまとめ買いしてあったジャガイモ(10kg✕2箱)も残りわずか。
底が見えるダンボール箱はpoohにとって“春の象徴”です。

…などとジャガイモ相手に気取っている場合ではありません。
「残り物には福がある」というけれど、我が家のソレはすっかり芽だらけなのですから…
2020040703.jpg
これは一大事です。
だってジャガイモの芽には天然毒素が含まれています。
ソラニン、チャコニンというもので吐き気や下痢、嘔吐等の食中毒症状を引き起こす危険物質です。

●参考:農林水産省の公式サイト(→こちら)

この毒素は調理加熱でも分解しません(諸説あり)
ジャガイモの芽は根本からガッツリと切り取るのが鉄則です。
ちなみに皮も緑色になっていたら厚めに剥くのが良いそうです。

さっそくpoohも行動を起こしました。
冬中堪能したジャガイモのために花道を…と考えたのです。
まずはオーソドックスに調理法の検討からスタート。
ポテトサラダにしようか、それともニンジンと一緒に煮付けようか…と悩む中、ハッとひらめきました。

そうだ、これを育ててみよう!

実は10年前にも自宅庭でのジャガイモ栽培を手掛けたことがあります。
でも、あの時はコスト的に不満が残る結果でした。
そこそこの収穫に繋がったとはいえ、市販種芋はたったの数個で¥400前後。
ジャガイモなら10kg¥500(※)で買えちゃうpoohには割高でしかなかったのです。

(※)スーパーの目玉品、もしくは農家の直売所における価格

しかし、この発芽ジャガイモは1個あたり¥5程度で買ったもの。
コスト問題も楽勝でクリアです。
こんなに元気よく芽が出ているんですもの、きっと大きく育ちそう!

…という訳で、本日ジャガイモの植え付けを行ないました。
今シーズンの作物第1号です。
合計10個、重量にして991gのジャガイモがどのくらい増えるのか…秋の収穫が今から楽しみ♡

うまく育てば3倍、いや4倍量が収穫できるかもしれません。
畑にはまだ何も生えていないというのに、早くもpoohは「取らぬタヌキ」しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

トイレ床から謎の「シューシュー」音…その正体と対処法

「最近なんだか変じゃない?」と夫婦で首をかしげていました。
トイレ床から「シューシュー」と小さな音が聞こえるのです。
耳障りというほどではないけれど、放っておくのもマズそう…
まずは水道局の公式サイトをチェックしました。

●札幌市水道局:水を使っていないのにシューシュー音がする
→水抜き栓のパッキンが切れているなどにより、漏水していることが考えられます(→こちら)


おぉ、まさにドンピシャの事例です。
だって我が家の不審音も水抜き栓(※)の奥から聞こえるんですもの。

(※)水抜き栓とは?
北国の住宅ではごく一般的な水道設備の1つ。
バルブを回して水を排出し、水道管凍結を防止する。


pooh宅には今回のトイレ、そして洗面所の2ヶ所に水抜き栓があります。
真冬に数日間家を空ける時には、ここをクルクル回しておくのがお約束。
先月の沖縄旅行の前にも実行しました(→1/24の記事)
2020022140.jpg
もう、モタモタしていられません。
再び水道局のサイトを参考に業者を選び、自宅まで来てもらいました。
「まずは自分で」がモットーのpooh家ゆえ、当初は自力修理も考えましたが、水道工事は水道局指定の業者(=指定給水装置工事事業者)しか行なえない決まりだそう。
指定外の業者、もしくは素人だと違反工事となり、工事のやり直しや、水道が止められてしまうケースもあるので厳禁です。

●札幌市水道局:水道工事のお申し込み(→こちら)

さて、今回のシューシュー音は、やはり水抜き栓が原因でした。
業者さんが床から引き出した部品は長さ1メートルほどの槍状で、その先端がガッツリとヒビ割れていたのです。

工事は30分ほどでスムーズに完了(料金¥14,300)
業者さんによると、パッキンの経年劣化はよくある現象らしいです。
年配者には聴き取りづらい音のため、水道メーター検針時に漏水が発覚することも多いそう。
そして、その際の漏水分の水道料金は修繕工事施工届(※)によって減額処置も可能と聞き、まずは胸を撫で下ろしました。

(※)修繕工事施工届とは?
工事完了後、業者が水道局に提出する書類。
水道局指定の業者限定の制度であるため、指定外業者や自力工事だと減額処理は不可。


ちなみに、これは札幌市における制度です。
自治体によっては「漏水時の減額処置」自体、行なっていない所も多いとのこと。
でも、いずれにせよ、水周りで怪しい音が聞こえたら、キッチリ対処する必要がありますね。

pooh家が築25年の中古一戸建を購入し、住み始めてもう10年。
その間、水道関連のメンテナンスは手つかずでした。
おそらく前オーナーも同様だったでしょうから、そろそろガタがくる頃合いなのかもしれません。
「今回はトイレだったけれど、いずれは洗面所側の水抜き栓も?」と、時折耳をすませています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

初めて作った「ブラックベリー・リーフティー」…さて、そのお味は?

poohはシツコイ人間です。
一度狙った獲物はとにかく追いかけ続けます。
しかし、今回は少々油断していました。
1年越しの懸案事項を危うくスルーするところだったんですもの!

…といっても、今回の獲物はたいしたものではありません(照)
それは「ブラックベリーの葉っぱをお茶にしよう」というプチ企みでした。
ちょうど1年前に「来年は必ず」と心に誓っていた案件です。
頂き物の既製品ハーブティーをきっかけに、「2019年は自作してみよう」と心に誓っていたのです。

<参考過去記事>
●「来年、絶対飲もう」と考えているお茶があります(→2018年10/29の記事)


あれだけ心に刻み込んでいたのに、すっかり失念していました。
それでもギリギリのところで思い出し、アワアワと庭に出て葉っぱを摘み取ったのです。
2019100201.jpg

これを干してカラカラに乾燥させました。
2019100202.jpg

葉っぱだけでは味気ないので、ティーバッグ紅茶と一緒にポットに入れてみます。
2019100205.jpg

見た目はオーソドックスな紅茶ですが、ほんのりと甘酸っぱい香りがいい感じ♡
サッパリとした美味しいお茶になりました。
2019100206.jpg

その名も「ブラックベリーリーフティー」、pooh家のお茶メニューに仲間入りです。
体調を整える効果アリという点も嬉しい一品です。

<主な効能>
・歯茎の腫れや喉の痛み、口内炎の解消
・消化器系の不調の改善
・動脈硬化の防止
・女性ホルモンの活性化


今回はほんのちょっぴりでしたが、来年以降はたんまりと葉っぱを摘んで乾かすとしましょう。
熱々のお茶を飲みながら、早くも来年の収穫作業のシミュレーションをしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

リビングから丸見えの“ハミ出し現象”に対策を打ちました

「う~む、さすがにコレはどうだろう?」と、夫・ケッチーくんと顔を見合わせました。
2019072810.jpg
ここはリビングから見たキッチン入口。
オーブンレンジ&ゴミ箱の側面が丸見えです。

ちなみに以前はこうでした。
2019072808.jpg
当時も“ハミ出し”はあったけれど、今より10cm引っ込んでいたので、まぁ良しとしていました。
キッチン側から見た図はこちら↓です。
2019072809.jpg
今回のハミ出し原因は冷蔵庫の買い替えです(→7/26の記事)
以前よりも大きい製品にしたため、隣接のオーブン台の位置もずれ、キッチン入口を圧迫…事前からわかっていたことでした。
でも、いくら覚悟の上とはいえ、実際に目近にするとイマイチ気に入りません。

「なんとかせねば」ということで、さっそく作業を開始しました。
2019072802.jpg

ミシンを引っ張り出して作ったのは20✕125cmの帯状の布切れ。
2019072804.jpg

そしてレンジ台のハミ出し部分に両面テープを貼って…
2019072805.jpg

目隠し完成!
2019072807.jpg

キッチン側から見た図。
2019072806.jpg
余り布使用のため、かかった費用はゼロ!
その割にはなかなか良い出来だと自画自賛しています。
冷蔵庫同様、この目隠しアイテムも末長く愛用…の予感です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ