poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして6年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

「震災用ウォータータンク」を購入する際に私が最重視したこと

1ヶ月前にネット注文していた品がやっと手元に届きました。
2018119001.jpg
ウォータータンクです。

9月の北海道胆振東部地震では、断水したお宅も多かったそうです。
あの時は無事だったとはいえ、我が家だってもう他人事ではありません。
既に2L✕24本の飲料水はストック済みですが、更にウォータータンクも用意することにしました。
いざという時は、これに水道水を貯めておいたり、給水所から水を持ち帰ったりするつもりです。

それにしても、ウォータータンクは選択肢がモリモリで品定めも大変でした。
ネットショップや実店舗を見比べながら、poohが最も迷ったのは容量サイズです。
小さい物なら5L、大きい物なら20L以上…さぁ、一体どれを選ぶべきか?

当初のpoohは大容量に心惹かれました。
なんせ震災対策ですから、貯水量も多い方が良いと考えたのです。
しかし、タンクを使う自分自身を想像しているうちにハッと気づきました。

20Lの水といえば、20kgではないかっ!

20kgといえば相当な重さです。
屋外でのタンクの持ち運びには、荷物運搬用のキャリーカートを使うつもりですが、その荷台に乗せるのさえ苦戦するのが目に見えています。
下手をすればギックリ腰になっちゃうかもしれません。

そんな訳でpoohは16Lサイズを選びました。
「16kgならギリギリ自力で持ち上げ可能」と判断したのです。
購入したのは兵庫県姫路市の家庭用品メーカー「尾上製作所」(→オフィシャルHP)の製品です。

今回の購入価格は¥1,060✕2個。
ちなみに同メーカーのタンクには20L、22Lサイズもあり、ほぼ同価格でした。
「同じ値段なら大きい物を」という気持ちをグッと抑えて、今回はあえて小ぶりをセレクト。
何事も適正サイズの見極めが重要です。

さて、そんなプロセスを経て我が家にやってきたウォータータンク。
基本は押入れにしまっておきますが、その前に中を洗っておくことにしました。
2018119003.jpg
この製品は注ぎ口が大きいので、手が奥まで入ります。
持ち手が中央寄りに付いているのも、使い勝手の良さを感じます。

また、使用時は縦置きも可能です。
エアー抜き栓のおかげで、コックからの水の流れもスムーズ!
2018119004.jpg

ちなみに16Lという容量は、一般的な女性にはまだまだ重すぎるかもしれません。
人によっては10L、もしくは5Lサイズのタンクを選んだ方が無難でしょう。
また、我が家は安定性・頑丈さを重視してハードタイプを選びましたが、収納スペースに余裕がないご家庭にはソフトタイプがオススメ。
折り畳み可能なソフトタイプなら、かさばらないからです。

震災が多発している昨今、ウォータータンクにも注目が高まっているようです。
poohの今回の買い物も、注文から商品受取りまで丸1ヶ月かかりました。
現物を手にした喜びに浸りつつ、「どうかコレを使わずに済みますように」とも祈っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

「来年、絶対飲もう」と考えているお茶があります

「来年、絶対飲もう」と考えているお茶があります。
それは「ブラックベリーの葉っぱのお茶」!

きっかけとなったのは市販品のハーブティーでした。
2018100901.jpg
知人から頂いたブレンドハーブティーに「ラズベリーリーフ」の表記を見つけました。
ラズベリーリーフ…つまり、ラズベリーの葉っぱです。
実際に飲んでみると、程よい酸味&ベリーっぽい香りがする美味しいお茶でした。

「それならブラックベリーだってイケるのでは?」と考えたのです。
ブラックベリーなら庭にワサワサ生えていて、一大勢力を築いています。
毎夏、実を収穫してジャムやシロップに加工、今年は更にパン酵母にまで利用(→9/21の記事)しましたが、葉っぱも使えるとなるともう最強!

しかし、いくらpoohでも未知の物体をいきなり口にする訳にはいきません。
「ブラックベリー 葉 お茶」で、まずはググってみました。
するとハーブティー専門店のサイトを含め、モリモリと情報があったのです。
どうやらpoohが知らなかっただけで、「ブラックベリーリーフティー」はポピュラーな存在とのこと。
おまけに体調を整える効果も備えているそうです。

<主な効能>
・歯茎の腫れや喉の痛み、口内炎の解消
・消化器系の不調の改善
・動脈硬化の防止
・女性ホルモンの活性化


もちろん単なるお茶ですから、薬のような即効性までは期待できません。
でも、毎日何らかのお茶を口にするpoohにとっては嬉しい話です。
あいにく今年のブラックベリーは既にシーズン終了だけど、来年は絶対飲んでみます!

ふと気づけば、もう冬は目の前。
家庭菜園の畑じまいも終え、あとは雪を待つだけです。
そんな中、早くも来シーズンに向けて、あれこれ施策を練っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

「人型寝袋」ってご存知ですか?かなり暖かいらしいです

先月の北海道胆振東部地震以来、震災時を見据えた生活用品をいくつか買い揃えました。
●卓上コンロ(→9/23の記事)
●ハンディ浄水器&ポータブル式灯油ストーブ(→10/7の記事)


他にも携帯ラジオやウォータータンク等、入荷待ちの品もあります。
それにしても、これらの品々を購入するまでには随分と時間を費やしました。
たとえ防災目的だろうが衝動買いは御法度だからです。

商品選びの際には、それまで知らなかった物との出会いも随分ありました。
「へ~、こんな斬新な製品があるのか」と、いちいち感心していたのです。
その代表格が「人型寝袋」!
人型寝袋

「人型寝袋」でググってみると、その品揃えはモリモリ。
さまざまなメーカーで取り扱っていて、その価格も5千円~2万円台とバリエーション豊か。
要は中綿やダウン入りのフード付きツナギで、着て歩くことも可能です。
本来はキャンプ等の屋外用ですが、最近では室内で使う方も多いとのことでした。
poohのお買い物心をくすぐったことは言うまでもありません。

厳冬期もストーブの稼働が控えめな我が家。
室温の目安は15℃と北海道の一般家庭としてはかなり低く、あとはコタツで乗り切っています。
もしも人型寝袋があったら震災時はもちろん、普段から使えるかも…と、夫・ケッチーくんといろいろシミュレーションしてみました。

しかし、結果的には購入は見送り。
人型寝袋ではないけれど、poohたちは起毛裏地付きのウィンドブレーカー&ナイロンパンツを所有しているからです。
このセットの下にヒートテックインナー、厚手のカットソー、フリースを重ねれば、真冬の散歩だってヌクヌクであることを思い出しました。
動きやすさ、洗濯の手間を考えても、我が家にはこれで十分とみなしたのです。

でも、これから防寒グッズを探す方には候補としてアリでしょう。
いや、既に愛用されている人も多いかもしれませんね。
将来的にはpoohも再び購入を検討するかもしれません。
人型寝袋を着用する己の姿を想像しながら、一人ニマニマしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

“タコ焼き職人”としては未熟な私が、同じ道具を使ってベビーカステラを焼いてみました

最近のpoohのマイブームは「タコ焼き」です。
卓上コンロ用の鉄製プレートを購入し、今や週イチでタコパ(=タコ焼きパーティ)三昧。
まだまだヘッポコレベルですが、いつかは完全球体を…と夢見ています。

<参考過去記事>
●卓上コンロを使って人生初のタコ焼き作りに挑戦しました(→10/3の記事)


さて、今回はそのタコ焼き器で、甘いオヤツ作りに挑戦しました。
縁日の屋台でよく見かける「ベビーカステラ」です。
更に今回は卓上コンロではなく、キッチン備え付けのガスレンジで調理。
プレートが五徳にしっかりハマるので、安定性はバッチリです。
2018102142.jpg

一般的なベビーカステラには使わないようですが、中にあんこを入れることにしました。
以前作った「今川焼き」の要領です。
当時のレシピを参考にしながら、自分でテキトーに材料を用意。

<参考過去記事>
●牛乳パックで今川焼きを作る(→2014年3/31の記事)

2018102141.jpg
【ベビーカステラの材料 (30個分)】
薄力粉150g、砂糖70g、ヨーグルト60g、卵2個、水大さじ2、みりん・サラダ油各大さじ1、ベーキングパウダー5g、粒あん30g


①薄力粉・砂糖・ベーキングパウダーをふるっておく。
②卵を溶いてヨーグルト・水・みりん・サラダ油と混ぜ、①に加える。
③アツアツに熱したプレートに生地を流し込み、あんこをひとつまみずつ乗せていく。
2018102143.jpg

以後は弱火でじっくり時間をかけて焼き上げます。
今川焼きやホットケーキを作る時のイメージで、鍋蓋も乗せてみました。
2018102144.jpg
  
表面にプツプツ泡が出てきたら、タコ焼き用スピックを使って1つずつひっくり返します。
2018102145.jpg

全体に火が通ったら完成!
2018102146.jpg

「もっと、まん丸にしないと!」と、夫・ケッチーくんから厳しいツッコミが入りましたが、これまで作ったタコ焼きと比べると、なかなか良いビジュアルです。
何回も使ったことで、プレートに油が馴染んできたのも大きいのでしょう。
ちなみに、このベビーカステラは焼き立てホカホカはもちろん、一晩置いた物も美味でした。

そして材料費は30個分で¥90…つまり1個あたりたったの¥3!
このコストなら普段のオヤツにもピッタリです。

そんな訳で、我が家のタコ焼き器は今後もフル活用の予感。
poohが真の“粉モノ職人”になる日もそう遠くはない…ハズです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

私のサンマ調理法…2つのテレビ番組からヒントを得て生まれました

時折、自分で自分のブログ記事をさかのぼって読み返しています。
開設から丸5年も経つと、意外に記憶が薄れている内容も多く、新鮮味を覚えることもしばしば。
その中には、毎年10月になると必ず再読しているものもあります。

●「ガッテン」×「ノンストップ!」、二大巨頭の合わせ技でサンマを焼いてみました(→2015年10/30の記事)
2015サンマ1
<作り方>
①サンマの両面に酢を塗る。
②10分ほど置いた後、10倍希釈したみりんを①に塗り、塩を振る。
③更に30分ほど置き、予熱したコンロに②を入れ、4分焼く。
④サンマをひっくり返して2分焼き、火を止めてからコンロ内で2分放置。


サンマといえば、なんといっても塩焼きでしょう。
特に秋の生サンマはシンプルに食べるのが最高です。
パラパラと塩を振って30分~1時間ほど置いて加熱…が基本ですが、これを更にバージョンアップさせたのが上記の方法です。

酢がサンマの皮を破れにくくし、みりんの働きで焦げ目がキレイに仕上がります。
それぞれ別のテレビ番組で紹介していた方法を一緒くたにしてみました。
以来、我が家のサンマ焼きは毎回この方法です。

たまたま発見した小ワザですが、今ではすっかりお気に入り。
10月に入ると、それまで高価だった生サンマが1匹数十円のお手頃価格になるので、pooh家は只今“サンマ祭り”です。
自分で自分の記事を読みながら、フムフム…と頷いています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ