poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして6年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

「乃が美」の高級生食パン…どうやって食べようか悩んだ結果

知人から「乃が美」の食パンを頂きました。
2018091701.jpg

<乃が美とは?>
「高級食パンブーム」の先駆けとも称される、人気の食パン専門店。
2013年に大阪で総本店をオープンして以来、全国各地で店舗を増やし、現在(2018年9月時点)102店舗を展開中(→オフィシャルサイト)


1斤¥432もする高級食パンですが、実はpoohもその味を経験済み。
あれは5月…1ヶ月間京都に滞在した時のことでした。
旅先での浮かれ気分もあり、自ら「乃が美」に飛び込んだのです。

<京都で食べたパンに関する過去記事>
●「伝説の玉子サンド」を自力再現・・・我ながらチャレンジャーです(→6/5の記事)


そのシットリ・フワフワの食感に舌鼓を打ちましたっけ。
しかし、帰宅後に判明したのは地元・札幌にも店舗があったという痛恨の事実(笑)
…と言っても日常生活に戻ってしまうと、あんな高級パンなぞ到底手が出ません。
今回の贈答品に文字通り小躍りしちゃいました。

さぁ、どうやって食べようか?

商品同封の書面には、「まずは、そのままちぎってお召し上がり下さい」と記載されています。
商品最大の特徴でもある“生”の食感を味わうには、確かにこれがベストでしょう。
しかし、その食べ方は既に京都で経験済み…今回は何らかの工夫を施したくなりました。
2018091702.jpg
まずは愛用の器具を使って、パンをスライス。

<食パンのスライス技に関する参考過去記事>
●ご質問が多かったので、ランチを作りつつお答えします(→2014年10/5の記事)


その後、前夜の残り物の大根ナマスを中心に具材を用意しました。
ウィンナー(細切り)、庭で収穫したパクチー、更にはマヨネーズやナンプラー…
2018091703.jpg

そう、今回はベトナム風のサンドイッチ「バインミー」を模してみたのです。
本家は柔らかめのフランスパンを使いますが、フワフワ食パンのpoohオリジナルです。
2018091704.jpg
バインミーついでにポテトサラダサンド、そして自家製ブラックベリーのジャムサンドも用意し、3種類のサンドイッチ盛り合わせが完成!

ちぎって食すのとは異なる、満足感いっぱいのランチになりました。
やっぱり「乃が美」のパンは美味しいです♡
今度食べられるのはいつになるかな~と、早くも次の機会を夢見ています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

夕暮れの吉野家でガッカリ…でも、「3社合同定期券」のおかげで立ち直れました

夫・ケッチーくんが、かれこれ半年以上も夢見ていたものがあります。
吉野家の「晩ごはん」を食べてみたい!

<吉野家の「晩ごはん」とは?>
2017年9月からスタートした吉野家の夕食限定商品。
販売時間は15~24時、ご飯の大盛りも無料となる(→吉野家のオフィシャルサイト)


我が家の吉野家タイムは、いつも午前中。
「牛皿」と「牛カルビ」が一度に楽しめる「牛牛定食」¥690に憧れつつも、なかなかその機会がありませんでした。
でも、そろそろ食べてみたい…よし、サイクリングついでに行ってみよう!

株主優待券を握りしめ、夫婦でウキウキと出かけました。
しかし、なんということでしょう。
先日、北海道を襲った大地震は、吉野家にも影響を及ぼしていたのです。
「当面の間、メニューは牛丼・味噌汁・卵のみ」という書面が店内に貼られていました。

まぁ、これも致し方ありません。
「夕食」として、2人で牛丼を食べました。
もちろん美味しかったけれど、「晩ごはん」メニューを楽しみにしていた分、ガッカリ感アリアリ…
なんせpoohなどは、季節限定品の「さんま炭火焼き牛定食」¥690を食べるのだ!と、前日から息巻いていたのですから。

でも、凹んでいたのも束の間。
店内で、これまたお得な企画を発見し、その場でしっかり立ち直りました。
その名も 「3社合同定期券」!

<3社合同定期券とは?>
全国の吉野家、ガスト、はなまるうどんで利用できる共通割引券。1枚¥300。
9/10(月)~10/21(日)の期間中なら何回でも利用できる。(→3社合同のプレスリリース)


【その割引内容】
●吉野家:丼・定食・皿・カレー1食ごとに¥80引き
●ガスト:会計より¥100引き (※モーニングタイムは利用不可)
●はなまるうどん:うどん1杯ごとに天ぷら1品無料

吉野家とはなまるは、会計が一緒なら同伴者分も割引可能です。
(吉野家のテイクアウトのみ、「1回につき最大3食まで」という限定数あり)
つまり、吉野家に入店中のpooh家が、その場で定期券を購入すれば、今回の食事代が¥80✕2人の¥160引きに!

さっそく、牛丼の精算と一緒にお買い上げ~(株主優待券利用)
2018091721.jpg

裏面には利用の際の注意事項が記載されています。
2018091722.jpg

有効期間はまだ1ヶ月以上あるけれど、こうなると居ても立って居られません。
翌日のランチは、はなまるうどんとなりました。
うどんと共に、各自かき揚げを食べたのです。
吉野家で¥80✕2人、はなまるで¥140✕2個…入手2日目にして、早くも定期代の¥300を軽~くクリアできました。

そんな中、ガストを運営する「すかいらーく」からも株主優待券が本日到着。
今回からはプリペイドカード仕様です。
さぁ、これを携えて、3回目の定期券利用はガストへGO!
2018091723.jpg
10/21(日)までに、定期券を何回使用するのか、そして割引金額の合計はいかほどになるのか。
3社の太っ腹企画に、poohも絶賛便乗中です。
そうこうしているうちに、きっと吉野家の「晩ごはん」も復活することでしょう。
その時は復活を祝し、吉野家ではトップクラスの価格を誇る「炙り塩鯖牛定食」¥790を食べちゃうんだと、今から狙いを定めています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

今こそ節電!電力ゼロでパンを作っちゃいました

北海道内の停電も、ほぼ解消済みとのこと。
しかし、電力供給は未だ綱渡り状態で、「計画停電」の話も浮上しています。
回避するには皆で節電に取り組まねばなりません!

…と鼻息荒く息巻いてみましたが、poohにはなかなか至難の業です。
日頃から節電道まっしぐらの我が家には、もはや削れる部分など見当たらないからです。
しかし、poohは諦めません。
自らの「乾いた雑巾」をギリギリと絞り上げている真っ最中です。

その手段の1つとして、今日は「電力ゼロのパン作り」をご紹介しましょう。
2018091360.jpg
<材料>
強力粉250g、薄力粉100g、マーガリン20g、砂糖大さじ3、ドライイースト小さじ1.5、塩小さじ1、ぬるま湯180cc


<作り方>
①マーガリン以外の材料をボウルに入れてこねる。
(初めはパサパサだが、3分後にマーガリンを投入すると、まとまり感が出てくる)

②20分間ほどこねたら、ボウルにラップをかけて1次発酵。
(イースト菌の活動には35~40℃の温度が必要なので、お湯を入れた鍋に乗せて温める。日光が当たる温かい場所があればそこでもOK)
2018091362.jpg

③生地が倍の大きさに膨らんだら、一旦ガス抜きをして包丁で16分割。
2018091364.jpg

④1つずつ丸めて、オーブンシートを敷いたフライパン(2つ)に乗せる。
2018091366.jpg

⑤フライパンに蓋をして、ガスコンロで3分間ほど弱火で加熱。
火を消した後はそのまま40分~1時間ほど放置し、倍の大きさに膨らませる(2次発酵)
2018091368.jpg

⑥蓋をして弱火で加熱15分→ひっくり返して更に5分。
2018091369.jpg
その名も「フライパンパン」、完成!

「ガスコンロに乗せたら、とにかく弱火」が唯一のコツともいえる超お手軽パンです。
オーブンで焼くよりも白っぽく、田舎臭いビジュアルですが、実際はフワフワ♡

そのまま食べても良し、バターやジャムを塗っても良し。
今回は16個のうち6個にピザチーズを入れて焼き上げました。
チーズ入りの目印はあえてつけず、いざ食べる段階でロシアンルーレット的に楽しむ…という遊び心も添えたのです。
作った当事者(=pooh)ですら、「やった~!チーズだぁ」と、いちいち喜びながら楽しみました。

ちなみに今回の材料費は、チーズ代を含めても¥100以下です。
たった¥100で大食い夫婦がお腹いっぱいになりました。
この「フライパンパン」は停電・節電中はもちろん、オーブンやホームベーカリー等を持っていない方にもオススメ。
次回はウィンナーを巻き込んでみようなどと、バージョンアップも企んでいます。

さぁ、明日も節電、エイエイオ~!(←自分で自分に気合を入れてみました)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

今回の停電で重宝した物&今後に備えて購入する物

今回の「北海道胆振東部地震」で、我が家は40時間に及ぶ停電に見舞われました。
その際、poohの頭に浮かんだのが、この映画です。
2018090997.jpg

<「サバイバルファミリー」とは?>
2017年公開の日本映画。脚本・監督:矢口史靖、主演:小日向文世
第1回マカオ国際映画祭・コンペティション部門出品作品。


ある日、突然訪れた原因不明の電気消滅によって、電気ガス水道全てが停止。
廃墟寸前となった東京を脱出し、自転車で鹿児島を目指した一家のサバイバルコメディです。

poohはNetflixで自宅鑑賞しました。
その面白さに笑い転げていたら、数日後に自分がリアル停電…いやはや人生わかりません。
もちろん、乾電池の類まで一切の電力が使用不可となった映画の世界と比べると、poohの一件などプチレベル。
でも、電気のない不便さを思い知るには十分すぎるほどでした。

さて、そんな今回、最も役に立ったアイテムといえば…
2018090999.jpg
「ハンディーソーラーライト」です。

一言で言うなら「乾電池不要の懐中電灯」。
充電方法は
①光を当てて充電するソーラー式
②ハンドルを回して充電するダイナモ式 の2Wayです。

①の場合、20時間(約3日)の充電で稼働時間は5~10分程度と、やや短め。
でも、②なら1分間のハンドル回転で8~11分は利用可能です。
この製品のユーザーは、おそらく②メインで使っているのでは?
ハンドルがとても軽いので、年配者&子供でも簡単に充電できちゃいます。

poohがこのライトを入手したのは、数年前のこと(←正確には覚えていない)。
どこかの会社(←これまた記憶あやふや)の株主優待のギフトカタログからセレクトしました。
それ以前はオーソドックスな懐中電灯(乾電池式)を防災袋に備えていましたが、いつも気づけば電池切れ…「これじゃ、イザという時に困る!」と考えたのです。

その時点では、なんとな~く選んだ物でした。
利用する機会もないまま、防災袋に入れっ放しだったのです。
しかし、今回初めて使用し大感動!
3つのLEDライトの明るさが本当に心強く、「光のありがたみ」を心底実感しました。

ちなみに、この製品のメーカーは新潟県の「新津興器」(→オフィシャルサイト)
Amazonや楽天市場等でも取り扱いがあるようです。
もちろん、こういう品は出番がないのが一番だけど、やはり備えておくに越したことはありません。
poohも再び大事に防災袋に保管中です。

そして、今後に向けて購入を決めた品もあります。
ラジオです。
今回はスマホでラジオ放送を聴いていましたが、消費電力を考えると、専用機の方が良さげ。
懐中電灯同様、ダイナモ式充電ができる品をセレクトするつもりです。

でも、「サバイバルファミリー」では、これらの品もすべて使用不能だったんですよねぇ。
もちろん、あれは映画の世界で、あくまでも架空の災害です。
だけど、同じような事態に出くわす可能性もゼロではない…
ついこの前までは「他人事」だった災害を経験し、改めて対策を見直しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

40時間にも及んだ停電…私が実践した冷蔵庫対策

今回の「北海道胆振東部地震」で、我が家は40時間に及ぶ停電に見舞われました。
その際、poohたちが真っ先に心配したのが冷蔵庫についてです。

冷気を如何にしてキープすべきか?

我が家はバリバリの「食料買いだめ派」。
底値で入手した食材を冷蔵・冷凍保管し、きっちり無駄なく使い切るのが、「夫婦2人・年間食費15万円」の最大の秘策です。
今回も冷蔵庫内には生ラーメン、モヤシ、自家製ヨーグルト1Kg、手作り惣菜、調味料の数々。
冷凍庫に至っては鶏ムネ肉、納豆、ラップ包装したご飯…とガッツリ蓄えが入っていました。

とにかく扉の開閉を控えよう!

停電の瞬間から、pooh家が固く心に誓ったのは言うまでもありません。
なんせ日頃から、冷蔵庫の開け締めにはウルサイ2人なのです。

「庫内の冷気を保つには、開閉頻度を減らすべし」は、もはや常識中の常識でしょう。
普段からpooh家の冷蔵庫には余計な開閉を避ける工夫がなされています。
保管中の食材名をホワイトボードに記録しておくのはもちろん、「豚肉:冷凍庫下段」、「自家製ふりかけ:冷蔵庫中段左側」と、常にその位置を認識。
こうしておけば「○○はどこだったけ?」と、開けっ放しのままガサゴソ…にはなりません。

しかし今回は、より真剣に冷蔵庫と向き合いました。

①いつも以上に開閉頻度を削減。
②「開け閉め」を夫・ケッチーくんに託し、pooh自身は品出しのみに専念。
③冷蔵庫の“保冷剤”として冷凍食品を利用。


<①について>
今回の停電が発覚したのは深夜3時過ぎ。
poohたちは「数時間で復旧するさ」と楽観視しながらも、その後、夕食準備に入るまで11時間、冷蔵庫の開閉を一切自分自身に禁じました。
朝食、昼食は常温保存してあったパンや袋麺で済ませ、「とにかく開けない」を貫いたのです。
その後も可能な限り開閉回数を減らし、翌日の夕食まで過ごしました。

<②について>
初日の夕食からは、やはり冷蔵庫を開ける必要性に迫られました。
…となると普段から鍛え上げた「迅速な食品取り出し術」の見せどころです。
今回はケッチーくんが扉を開放→poohが食品を取り出す→彼がバタンと扉を閉める…という共同作業で臨みました。
作業前には緻密な打合せをし、素振り(笑)まで実行…まさに真剣勝負でした。

<③について>
使用する冷凍品の解凍は、冷蔵庫に移して行ないました。
カチコチに凍った食材によって、少しでも冷蔵庫内の温度上昇を抑えられると睨んだからです。
ただし、これはあくまでも一部の品(=消化する食材)のみ。
使わない物には決して触れず、可能な限り庫内の空気を入れ替えないように努めました。

大事な食べ物を無駄にはしたくない…
そんな執念で企てた素人ワザです。
しかし、これがなかなかバカにならない結果を生み出しました。

40時間経っても食材は無事でした!(たぶん)

製氷機の氷も溶けずに残っていたし、冷蔵庫内の品々もヒンヤリ状態。
ちなみに停電解除後にググってみたところ、「停電時の冷蔵庫は3時間、冷凍庫は4時間はOK」というのが一般的な見解でした。
でも、poohとしては「もっとイケる」という結論です。

もちろん、これは当日の室温や中身の状況等、さまざまな要素が絡んだもの。
でも、最初の11時間に開閉を一切行わなかったこと、その後も最低限&スピーディーに対処していたことが大きかったはずです。
まぁ「食材は無事」もpooh個人の感想に過ぎず、実際は何かしらのダメージが発生している可能性も否めません。
poohも早めの消化を心がけ、自己責任でお腹に収めている最中です。

それにしても、やっぱり電気ってありがたい!
正常に稼働する冷蔵庫を眺めながら、しみじみ実感しています。
現在は北海道内の停電もほぼ解除とのことですが、不便な暮らしを強いられている方はまだまだ多いことでしょう。
今の自分に出来るのは節電…ということで、今日もpoohは鼻息荒く、スピーディーな冷蔵庫の開け閉めに勤しんでいます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ