poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

小説の中の美少女と自分自身をダブらせてみました

図書館で1年以上も前に予約していた本がやっと届きました。
「羊と鋼の森」です。
2018041301.jpg
<「羊と鋼の森」とは?>
宮下奈都(なつ)による小説。
紀伊國屋書店による〈キノベス!2016〉第1位、「王様のブランチ」によるブランチブックアワード2015大賞、第154回直木三十五賞の候補作、第13回本屋大賞と、2015~16年にかけて数々の賞を受賞した。


「羊と鋼の森」というタイトルが謎めいています。
でも、その疑問は物語序盤で即解決。
羊はフェルト、鋼は弦、そして森は木、つまりこれはピアノ本体なのです。
20代の男性ピアノ調律師・外村(とむら)を中心に、その世界が描かれています。

そういえばpoohの実家でも、かつては年に1度のペースでピアノの調律を依頼していました。
普段は閉めっぱのフタを開け、黙々とピアノ内部を調整するプロの仕事ぶりに、チビpoohもジッと見入ったものです。
調律直後のピアノは、まるで生まれ変わったように新鮮で、調律師さんが来る日はいつも楽しみでしたねぇ(遠い目)

・・・などと、登場人物のピアノ弾き少女(←美少女)に自分自身を投影してみました。
もちろん、これはかなりのデフォルメです。
だってpoohの場合、調律師さんへのオーダーも、とんだズッコケレベルでしたもの。

「明るく」、「くっきりと」、「丸いイメージで」などなど、「羊と鋼の森」に登場する依頼者たちは各自、調律師に好みの音色をリクエストしています。
しかしながら、poohの母は
「娘3人が弾くので、とにかく長持ちするようにお願いします」 とオーダーするのが常でした。

そう、音色そのものよりも合理性が最優先だったのです。
毎回やけにキッパリと言い切る母に、当時の調律師さんたちも苦笑していましたっけ。
これではまるで、「長持ちするようにパーマはきつく当てて~」と美容院で言い切る“大仏パーマおばちゃん”(笑)
静かに音楽の世界をつむぐ小説とのギャップ、著しいにも程があるというものでしょう。

さて、そんな「羊と鋼の森」は、来る6月に映画も公開予定です。
外村役は今をときめくイケメン俳優・山崎賢人くん、そして双子のピアノ弾き少女は上白石萌音&萌香姉妹が演じるとのこと。
更には、あの名ピアニスト・辻井伸行さんもスタッフとして名を連ねています。
これは期待できそうですね♪

・・・などと、イッチョコマエなことを言いながら、拙いピアノ練習に今日も励むpoohなのでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

一見地味な本だけど、今年は買った人も多いんじゃないかな?

「おぉっ、今年も出ている~!」
先日、書店で発見し、即購入した本があります。
2018040122.jpg
その名も「プロ棋士年鑑」です。

将棋のプロ棋士たちの個人データや、インタビュー記事がまとめられた1冊です。
“将棋好き”と名乗るにはまだまだ未熟者のpoohですが、年鑑は4年前から毎年購入しています。
リビングのテレビ横に最新刊を常備し、何かにつけてページをめくっています。

ネットやテレビでの観戦時に、棋士データをチェックするのがpoohの趣味。
・・・と言っても、その内容はあくまでもミーハー路線に過ぎません。

「永瀬拓矢七段の実家は、ラーメン屋なんだって~」
「門倉啓太五段の叔母さんって、『ズームイン!!朝!』のウィッキーさんの奥さんなんだって~」
などと、限りなくどうでもいい駄ネタ(笑)を夫・ケッチーくん相手に披露するのです。
こういった豆知識を好むpoohには、「棋士年鑑」はまさにタマラナイ一冊。
子供の頃、夢中だった図鑑(動物・植物・宇宙etc)と同じ感覚ですね。

それにしてもこの本、昨年まではさほど売れる書籍ではなかったはず。
これまでの「棋士年鑑」は2014年版はぴあ、2015-16年版は宝島社、2017年版は扶桑社と、毎年コロコロと出版社が変わっていました。
それが今回の2018年版は前年同樣、扶桑社からの発行。
おそらく昨今の将棋ブームで、前年度から販売部数もグ~ンと伸び、今年は売れ筋として期待されているのではないでしょうか?(あくまでもpoohの憶測です)
2018033001.jpg

一見地味な存在だけど、「棋士年鑑」の愛好者は確実に増えているに違いない!
そんなことを考えながら、今日もpoohはこの書籍をじっくりと読み込んでいます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

「オバケのQ太郎」の冒頭シーンに今更ながら驚きました

時々、甥っ子と本の貸し借りをしています。
今回、彼からオススメされたのは
2018031601.jpg
「オバケのQ太郎」!

言わずとしれた名作マンガです。
Qちゃんのトボけた顔を見ると、♪あ・の・ね、キュータロウはねぇ~♪で始まるアニメ主題歌を反射的に口ずさんでしまうのはpoohだけではないでしょう。
・・・と言っても、これは昭和世代限定で、甥っ子にはチンプンカンプンみたいです。

そんなジェネレーションギャップを感じつつ、第①巻のページをめくってビックリ。
2018031602.jpg
Qちゃんのクセに毛がいっぱい!(驚)

♪頭に毛が3本しかないんだよ~♪ と歌われるとおり、「毛が3本」はQちゃんのアイデンティティそのものなのに・・・
でも、2話目以降は3本で定着していたので安堵しました。
ついでに言うと、Qちゃんが卵から生まれたという事実も今回初めて知った次第です。

う~ん、これは不思議です。
だって同じ藤子不二雄作品でも「ドラえもん」、「パーマン」、「怪物くん」等なら、poohはそこそこ詳しいという自負があるのです。
それなのに、なぜかオバQに限ってはトンチンカン・・・一体これはどうしてでしょうか?

そんな訳でググってみると、本作品の連載は1964~66年(週刊少年サンデー)だったことが判明。
へ~、こんなにも古い作品だったとは・・・道理でpoohも読んだことがないわけです。
今回借りていなかったら、オバQについても一生無知のままだったかもしれません。
(アラフィフにもなってQちゃん情報を学び始めるのも如何なものか・・・とも思いますが)

さて、只今poohはせっせとオバQを読破中です。
甥っ子へのお返しには、手持ちの藤子不二雄作品(「笑うせぇるすまん」、「プロゴルファー猿」)を貸すつもりだけど、はてさてその感想は?
彼の反応が今から楽しみです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

せっかく新しい言葉を覚えたのに使うチャンスがありません

新しい言葉を覚えると、さっそく使ってみたくなるのが人間というもの。
もちろんpoohも同類です。
気の利いたフレーズを耳にすると、脳ミソに刻み込み、後日別のシーンで活用しています。
一旦習得すると、もう早く使いたくてウズウズしちゃいます。

そんなpoohが最近覚えたのが
「You copy?」 「I copy」というやりとり。

意味としては「わかったかい?」 「了解しました」という感じです。
本来は軍隊等の無線で使う言葉だそう。
最近観ていたアニメ「プラネテス」のお仕事シーンで随分と多用されていました。
プラネテス
<「プラネテス」とは?>
NHK BS2で2003年に放送されたアニメ作品。
原作は幸村誠による漫画。
宇宙のゴミ「デブリ」回収作業に勤しむサラリーマン・ハチマキを主人公に、2070年代の地球における宇宙開発を描く。


10年以上も昔のアニメのセリフですから、今更感アリアリです(照)
でも、最近のpoohはオンタイム放映のテレビ番組を殆ど観ていません。
視聴するのは再放送や動画配信Netflixを介したものばかり。
情報源が情報源ですから、どうしてもビミョーに“旬”から外れてしまうんですよねぇ。

何事も「ちょっと遅れている」が最もダサい存在なのは重々承知。
でも、poohの場合、お披露目相手が夫・ケッチーくん限定なので、“ちょいダサワード”だろうがお構いなしです。
今回の「「I copy」も、さっそく使おうと張り切っていました。

「pooh、○○しておいて」と、ケッチーくんから物事を頼まれるシーンはしばしばあります。
その際に「プラネテス」のヒロイン・田名部愛風に可愛らしく「アイコピーですっ!」と切り返したら、彼だってプッと吹き出すはず。
しかし、どういう訳か、なかなかそのシーンに恵まれません。

「そのリモコンを取って」、「今日の買い物はあそこのスーパーにするよ」
なんだかんだとケッチーくんから話しかけられるのは普段どおり。
でも、「従順な妻」ではないpoohは、それらをスムーズに受け入れられません。
「え~、面倒くさい」と、彼の提案に対しては、いつも真逆の姿勢を取っているのですから。

もっともいちいち反論しつつも、結局は彼の指示に従うのがpoohの日常。
それなら最初から素直に受け入れれば良いものを、生来のアマノジャク気質がここでも表面化しているのでしょうね。
う~む、いかんいかん・・・初々しかったあの頃の自分を取り戻さねば・・・(遠い目)

そんな訳で、せっかく覚えた「「I copy」は未だ出番なし。
でも、近日中に必ずや・・・と、今この瞬間も虎視眈々と態勢を整えています。
あぁ、早く使ってみたい!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

不動産屋さんを訪れる時のドキドキ感が復活しました

進学、就職、転勤、結婚・・・人生の節目のたびに不動産屋さんを訪れました。

その行動パターンは基本的に同じです。
まずは自分で居住エリアを絞り、現地に赴いて不動産屋さんに入店。
家賃・間取り等のこちらの条件を提示して、候補物件を一緒に決めていく・・・というものです。
物件探しは毎回ドキドキ感でいっぱいでしたねぇ。

「いっぱいでした」・・・そう、今のpoohは不動産屋さんとはすっかりご無沙汰です。
マイホームを数年前に購入したので、もう転居はありません(たぶん)
現在の家は快適だし、1ヶ所に落ち着けるようになったことにも十分満足しています。
でも、不動産屋さんでのドキドキ感を味わえなくなったのは、ちょっぴり残念な気もします。

・・・こんな調子で、やけにpoohが不動産屋さんを懐かしんでいるのには理由があります。
ドラマ 「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」を只今Netflixで視聴中だから!

※画像はテレビ東京のオフィシャルサイト(→こちら)から拝借しました。
吉祥寺だけが
<「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」とは?>
原作は「ヤングマガジンサード」(講談社)にて2015年から連載中のマキヒロチ作の漫画。
2016年にテレビ東京にてドラマ化された。


舞台は東京・吉祥寺に店を構える「重田不動産」です。
おデブの双子姉妹(大島美幸&安藤なつ)が切り盛りしています。
「住みたい街ランキング」で常に上位の人気エリアの吉祥寺なので、お店を訪れるお客様たちは皆、現地での物件探しが目的です。

でも、重田姉妹の決めゼリフは「じゃ、吉祥寺やめよっか」
相手の条件・生活スタイルに合わせ、よその土地を紹介していく・・・という筋立てです。

雑司ヶ谷、五反田、神楽坂・・・彼女らが案内する“非・吉祥寺エリア”は様々。
でも、それぞれ味があり、「こここそ私が住む土地だ」と思えるものばかり。
重田姉妹ってば、実はスゴ腕のコーディネーターなんですねぇ。

今のpoohが重田不動産を訪れたら、どこのエリアを紹介してもらえるのだろう?
過去の物件巡りの思い出を振り返りながら、毎晩1話ずつ楽しんでいます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ