poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活も7年目に入りました。シンプルに楽しく過ごす日々を綴ります。

山ちゃん&蒼井優の記者会見で最もツボだった箇所

いやはや、驚きましたねぇ。
そう、南海キャンディーズの山ちゃん&蒼井優ちゃんの結婚ニュースです。
「なんだか山ちゃんがカッコよく見える!」と昨日から今朝にかけて、pooh家の2人もひとしきり盛り上がっていました。
その中で最もググッとツボに入ってきたのが、あの記者会見の1シーンです。

それは「結婚を決めた最大の理由は?」という問いに対する蒼井優ちゃんの答えでした。
自分の言葉を探しつつ、彼女は一生懸命回答していました。

①一緒にいて、しんどいぐらい笑わせてくれる
②人に対しての感動することと許せないことのラインが一緒
③金銭感覚が似ている


どれをとっても結婚における大事なポイントです。
しかし、poohのアンテナにビビッときたのは、続けて挙げられたものでした。

④冷蔵庫をちゃんとすぐ閉める

「おぉっ、キミたちは仲間だ!」と凄まじく同調してしまいました。
だって冷蔵庫の開閉はpooh家でも常に重要事項だからです。
優ちゃんはサラッと話していたけれど、そこに着目するとはスゴイ!

冷蔵庫の冷気キープのためには開閉をスピーディーに行なうのがベスト。
我が家ではいつも徹底的にこだわっています。
日常生活ではもちろん、昨秋の北海道胆振東部地震の際には、夫婦で協力して冷蔵庫と向き合うといういじましい努力までしたくらいです。

●参考過去記事: 40時間にも及んだ停電…私が実践した冷蔵庫対策(→2018年9/9の記事)

傍目からすれば「何もそこまで」というこだわりポイント。
でも、こういった小さな所に夫婦それぞれの価値観が出ると言っても過言ではありません。
おそらく山ちゃん&優ちゃんも相手が即閉めする様子を見て、「この人とならうまくやっていける」と確信したのでしょう。

会見での「結婚の決め手」は「優しい」、「私を好きになってくれる“男気”」とその後も続きました。
でも、やっぱり冷蔵庫のくだりがpoohのお気に入りです。
できることなら山里家 VS pooh家で「冷蔵庫開閉選手権」を開催したいくらい(笑)
結婚19年の先輩としては負ける訳にはいかない…と勝手にライバル視しながら夢見ています。

何はともあれ、今回のニュースにはpoohまで幸せ気分になりました。
山ちゃん&優ちゃん、どうぞ末永くお幸せに♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

私も歳を取ったなぁ…テレビアニメを観ながら痛感しました

気づけばpoohもアラフィフ世代…いやはや歳を取ったものです。
でも、毎日元気いっぱいだし、外見面でも気になるのはチラホラする白髪くらい。
今後もこの調子で…と一人楽観視していました。

しかし、やっぱり確実に衰えています。

それを痛感するのはテレビ鑑賞時です。
録画しておいた番組や動画配信サービスを利用して、毎晩2時間ほどテレビと向き合うのが我が家の日課。
バラエティ、連ドラ、アニメ等々、その時々の気分でさまざまな作品を鑑賞しています。

最近のお気に入りは「アルスラーン戦記」です。
2015~16年放映のテレビアニメをAmazonプライム・ビデオで毎日1話ずつ視聴中です。

<アルスラーン戦記とは?>
原作は田中芳樹による大河ファンタジー小説。
アニメ化されたのは、これを元にした荒川弘の漫画作品。


そのオープニングテーマを担当していたのは、UVERworldでした。
ボーカル・TAKUYA∞の歌声や歌詞の雰囲気、そして独特のビートが効いたサウンドに、poohも「UVERだ~♪」と喜んでいたのです。

<UVERworld (ウーバーワールド)とは?>
日本の6人組ロックバンド。
その楽曲はCM、映画、ドラマ、アニメ作品と数多くタイアップしている。


しかし、第14話に入ってからオープニングが別曲に交代…
途端にpoohは置いてけぼりとなりました。
「これは誰の曲?」と、毎回食い入るようにテレビ画面に見入っているのに、バンド名が映し出されるのはほんの一瞬で、まったく読み取れないのです。

動体視力が衰えているんですねぇ(ため息)
おまけに、その時点で「後でググろう」と心に誓っても、アニメ鑑賞中に失念してしまうのです。
翌日再び耳にして、ハッと思い出す…この繰り返しでした。
そう、物忘れも確実に進行しています。

poohの老化現象は、まだ続きます。
先日やっとこさバンド名を調べ上げたのに、今度は覚えることができません。
その名前は 「NICO Touches the Walls」。
「ニコ・タッチズ・ザ・ウォールズ」、「ニコ・タッチズ・ザ・ウォールズ」と呪文のように連呼しても、翌日には「ニコ…なんだっけ?」という有様です(恥)

そういえば祖父母もカタカナ語が苦手でしたっけ。
この現象は両親世代に受け継がれ、今ではpooh自身も足を突っ込みかけています。
今後はどんどん転げ落ちる一方なんでしょうねぇ。

でも、poohは踏ん張ります。
♪まだ、まだ、まだ、まだ負けられな~い♪と唄うNICO Touches the Wallsの歌声がやけに身にしみる今日この頃です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

表紙に疑問を感じつつも、やっぱり今年も買った本

¥1,600もするのに、今年もやっぱり買っちゃいました。
2019042706.jpg
「プロ棋士年鑑」(扶桑社)です。
将棋のプロ棋士たちの個人データやインタビュー記事がまとめられた書籍です。
「観る将」のpoohには手放せない1冊と言っても過言ではありません。

【観る将とは?】
自分では将棋を指さないが、テレビやネットの対局中継を観て楽しむファンのこと。


それにしても今回の表紙には疑問アリアリ。
書店で手にした瞬間は「???」とただただ戸惑うのみでした。
だって「プロ棋士年鑑」といえば、男性棋士が表紙を飾るのが恒例だったからです。

参考例として昨年度(2018年度)版と並べてみましょう。
(左)昨年度版 (右)今回購入した最新版
2019042705.jpg
<昨年度版に関する記事>
●一見地味な本だけど、今年は買った人も多いんじゃないかな?(→2018年4/3の記事)


将棋感MAXの昨年度版に対し、最新版は「週刊少年マガジン」風。
表紙が若い女性、それも「もろアイドル」だからです。
レイアウトが新旧ほとんど同じだからこそ、最新版の“ナンパ感”が際立っています。

このカワイコちゃんは新進気鋭の女流棋士? いやいや、そんなはずはありません。
棋士ならpoohにもわかるはずです。
そもそも、このトリコロールカラー(青・赤・白)の衣装が女流棋士の概念を越えています。
これじゃ、まるでガンダムのアムロ・レイじゃないですか。

そんな彼女は「鎌田菜月ちゃん」、将棋好きアイドルを自称するSKE48のメンバーだそう。
なるほど、その肩書で衣装のナゾも解けました。
将棋アイドルは乃木坂46・伊藤かりんちゃんだけではなかったんですねぇ。
pooh、また1つ将棋に関する駄ネタを習得しましたよ。

さて、そんな愛読書「プロ棋士年鑑」は常にすぐ手にできる場所に置いています。
それはリビングルームのテレビの足元です。(一番左側の本がソレ)
2019042703.jpg
「屋敷九段の息子さんが芸能事務所に所属したらしい」
「金井恒太六段が2018年からひとり暮らしをスタート」
…相変わらず「知ってどうするのだ?」レベルの将棋ネタをせっせと学んでいます。

1年中、繰り返し繰り返し読み込める…これなら¥1,600だって決して高くはありません。
子供の頃、夢中だった図鑑(動物・植物・宇宙etc)と同じ感覚で楽しんでいます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

1人の女性の「卒業」がニュースになっていました

「卒業」…poohにはもう無縁の言葉です。
今春も知人たちから子供の卒業式画像がSNS経由でいくつか送られてきましたが、「あら、カワイイ♡」と目を細める程度で済ませていました。
しかし、昨日のネットニュースには思わず「おぉっ」と声をあげてしまったのです。

●乃木坂46・伊藤かりん、卒業を発表(→Yahoo!ニュースの記事)

人気アイドルグループ・乃木坂46の伊藤かりん(25)が22日、4thアルバム『今が思い出になるまで』(4月17日発売)をもってグループを卒業することを公式ブログで発表した。卒業の時期は、具体的な日程が決まり次第改めて発表される。


かりんちゃんも25歳…そろそろこの日が来るとは思っていました。
な~んていうと、いっぱしのアイドル評論家気取りですが(笑)、実はpooh、乃木坂46については完全にチンプンカンプンです。
持ち歌はもちろん、顔と名前が一致するメンバーもほとんどいません。
しかし、この伊藤かりんちゃんだけは特別な存在でした。
なんせ彼女のことは過去記事でも取り上げたことがあるくらいです。

●中途半端な存在ならばスキマを狙うべし!(→当ブログ2015年11/27の記事)

この記事はNHK・Eテレの将棋番組「将棋フォーカス」のMCとして奮闘するかりんちゃんへの応援メッセージでもありました。
あれから3年半…いつしか世間は空前の将棋ブーム、彼女もすっかり「将棋アイドル」です。
乃木坂46としては「選抜」に選ばれることなく、ずっと「アンダー」だったそうだけど、「最強のアンダーメンバー」としての評価も高かったとのこと。

<乃木坂46における「選抜」と「アンダー」とは?>
シングル曲のリリースのたびに実施されるメンバーの入れ替え制度。
選考基準は運営サイドが決めている。
選抜されなかったメンバーは「アンダー」扱いとなり、テレビ等への出演は少なくなるが、アンダー曲、アンダーライブを応援するファンも多い。


ただでさえ競争激しいアイドルの世界。
その中で自分の場所を確立した彼女の活動は評価に値するでしょう。
「将棋フォーカス」で4年間見守り続けていたpooh、ほとんど母親の気分です(笑)

さて、そんなかりんちゃん、今後については 「芸能活動続けたいな~と漠然と考えてはいますが、一度、一息ついて、将来のことを考えようと思っています!」と語っています。
センター経験アリの超メジャークラスの女の子でも卒業後は大苦戦…というパターンが確かに目立つだけに、彼女自身もいろいろ思う所があるのでしょう。

もしかすると、以前poohが予見した「プロ棋士と結婚♡」という“オンナの花道”をまっとうするかも…
これはこれでステキ~と、一人で勝手に盛り上がっています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

「コズルイ男」を演らせたらピカイチだと思う俳優

「脇役、それも悪役がいい作品にハズレなし」
たくさんのテレビドラマや映画に触れてきて、つくづくそう感じます。

そんなpoohが最近気になる俳優さんがいます。
彼は脇役の中でも常に2番手、いや3番手以下の存在です。
そして、その役どころは毎回常に「コズルイ男」。
あくまでも「ズルイ」ではなく「コズルイ」…このビミョーさがタマリマセン。
01_tarent_okada.jpg
その名は岡田浩暉(こうき)!

所属事務所・サーブプロモーションの公式サイト(→こちら)から拝借したこの画像を見て、初めて顔と名前が一致した方も多いのでは?
最近なら「下町ロケット」の中で、トノさんに嫌がらせをしていました。
同じく「日曜劇場」の「半沢直樹」では、宇梶剛士と共にこれまたしょーもない悪だくみをコソコソ。
そして「逃げるは恥だが役に立つ」では既婚者のクセに石田ゆり子にちょっかいを…「ゆりちゃん逃げて~!」と叫んだ視聴者も多かったはず。

しかし、そんな岡田浩暉の姿を確認するたびに、poohはトキメイてしまうのです。
それというのも彼が俳優デビューした瞬間を覚えているから。
あれは1994年…つまり24年も前のことでした。
岡田浩暉はドラマ「もしも願いが叶うなら」で、ダウンダウン浜ちゃんの弟役を好演したのです。

<「もしも願いが叶うなら」とは?>
1994年、TBS系列で毎週金曜日21:00~に放送されたテレビドラマ。
中山美穂と浜田雅功の息のあった掛け合いの良さが評判となり、平均視聴率17.8%を記録。
翌年にはスペシャル版も放送された。


このドラマ以前の彼の肩書はミュージシャンでした。
3人組バンド「To Be Continued (トゥ・ビー・コンティニュード)」のボーカルだったのです。
このバンドの代表曲は「君だけを見ていた」(1994年)。
「もしも願いが叶うなら」の挿入曲として、50万枚を超えるヒットを記録しましたっけ。

ドラマを見ながら、「岡田クン、意外と演技もイケるじゃん」と感心した記憶があります。
でも、特にファンでもなかったpoohの中では、彼の存在も、そしてTo Be Continuedのこともいつしか消えていました。
すっかり「あの人は今」状態だったのです。

しかし、岡田浩暉は俳優としてのキャリアを着々と積んでいた模様。
バンド自体は2000年から無期限活動休止中とのことですが、生き馬の目を抜く芸能界の中で彼はしっかり生き残っていました。
ドラマに「コズルイ男」は欠かせない存在なので、今後もちょくちょく顔を出すことでしょう。
彼の活躍がこれからも楽しみです。

ついでに付け加えるなら、poohにとってのTo Be Continuedは1993年リリースの「If you wish…」。
これは夕方のニュース番組「ステーションEYE」のエンディング曲でした。
当時、この番組でキャスターを務めていたのはあの蓮舫…poohの一人思い出話は、まだまだいくらでも続きます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ