poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

せっかく新しい言葉を覚えたのに使うチャンスがありません

新しい言葉を覚えると、さっそく使ってみたくなるのが人間というもの。
もちろんpoohも同類です。
気の利いたフレーズを耳にすると、脳ミソに刻み込み、後日別のシーンで活用しています。
一旦習得すると、もう早く使いたくてウズウズしちゃいます。

そんなpoohが最近覚えたのが
「You copy?」 「I copy」というやりとり。

意味としては「わかったかい?」 「了解しました」という感じです。
本来は軍隊等の無線で使う言葉だそう。
最近観ていたアニメ「プラネテス」のお仕事シーンで随分と多用されていました。
プラネテス
<「プラネテス」とは?>
NHK BS2で2003年に放送されたアニメ作品。
原作は幸村誠による漫画。
宇宙のゴミ「デブリ」回収作業に勤しむサラリーマン・ハチマキを主人公に、2070年代の地球における宇宙開発を描く。


10年以上も昔のアニメのセリフですから、今更感アリアリです(照)
でも、最近のpoohはオンタイム放映のテレビ番組を殆ど観ていません。
視聴するのは再放送や動画配信Netflixを介したものばかり。
情報源が情報源ですから、どうしてもビミョーに“旬”から外れてしまうんですよねぇ。

何事も「ちょっと遅れている」が最もダサい存在なのは重々承知。
でも、poohの場合、お披露目相手が夫・ケッチーくん限定なので、“ちょいダサワード”だろうがお構いなしです。
今回の「「I copy」も、さっそく使おうと張り切っていました。

「pooh、○○しておいて」と、ケッチーくんから物事を頼まれるシーンはしばしばあります。
その際に「プラネテス」のヒロイン・田名部愛風に可愛らしく「アイコピーですっ!」と切り返したら、彼だってプッと吹き出すはず。
しかし、どういう訳か、なかなかそのシーンに恵まれません。

「そのリモコンを取って」、「今日の買い物はあそこのスーパーにするよ」
なんだかんだとケッチーくんから話しかけられるのは普段どおり。
でも、「従順な妻」ではないpoohは、それらをスムーズに受け入れられないのです。
「え~、面倒くさい」と、彼の提案に対しては、いつも真逆の姿勢を取っているのですから。

もっともいちいち反論しつつも、結局は彼の指示に従うのがpoohの日常。
それなら最初から素直に受け入れれば良いものを、生来のアマノジャク気質がここでも表面化しているのでしょうね。
う~む、いかんいかん・・・初々しかったあの頃の自分を取り戻さねば・・・(遠い目)

そんな訳で、せっかく覚えた「「I copy」は未だ出番なし。
でも、近日中に必ずや・・・と、今この瞬間も虎視眈々と態勢を整えています。
あぁ、早く使ってみたい!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

不動産屋さんを訪れる時のドキドキ感が復活しました

進学、就職、転勤、結婚・・・人生の節目のたびに不動産屋さんを訪れました。

その行動パターンは基本的に同じです。
まずは自分で居住エリアを絞り、現地に赴いて不動産屋さんに入店。
家賃・間取り等のこちらの条件を提示して、候補物件を一緒に決めていく・・・というものです。
物件探しは毎回ドキドキ感でいっぱいでしたねぇ。

「いっぱいでした」・・・そう、今のpoohは不動産屋さんとはすっかりご無沙汰です。
マイホームを数年前に購入したので、もう転居はありません(たぶん)
現在の家は快適だし、1ヶ所に落ち着けるようになったことにも十分満足しています。
でも、不動産屋さんでのドキドキ感を味わえなくなったのは、ちょっぴり残念な気もします。

・・・こんな調子で、やけにpoohが不動産屋さんを懐かしんでいるのには理由があります。
ドラマ 「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」を只今Netflixで視聴中だから!

※画像はテレビ東京のオフィシャルサイト(→こちら)から拝借しました。
吉祥寺だけが
<「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」とは?>
原作は「ヤングマガジンサード」(講談社)にて2015年から連載中のマキヒロチ作の漫画。
2016年にテレビ東京にてドラマ化された。


舞台は東京・吉祥寺に店を構える「重田不動産」です。
おデブの双子姉妹(大島美幸&安藤なつ)が切り盛りしています。
「住みたい街ランキング」で常に上位の人気エリアの吉祥寺なので、お店を訪れるお客様たちは皆、現地での物件探しが目的です。

でも、重田姉妹の決めゼリフは「じゃ、吉祥寺やめよっか」
相手の条件・生活スタイルに合わせ、よその土地を紹介していく・・・という筋立てです。

雑司ヶ谷、五反田、神楽坂・・・彼女らが案内する“非・吉祥寺エリア”は様々。
でも、それぞれ味があり、「こここそ私が住む土地だ」と思えるものばかり。
重田姉妹ってば、実はスゴ腕のコーディネーターなんですねぇ。

今のpoohが重田不動産を訪れたら、どこのエリアを紹介してもらえるのだろう?
過去の物件巡りの思い出を振り返りながら、毎晩1話ずつ楽しんでいます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

シブくて奥が深~い世界に足をツッコミかけています

「3月のライオン」で将棋、「弱虫ペダル」で自転車。
漫画・アニメ作品がきっかけでマイブーム到来・・・が、ここ数年のpoohの定番です。
そして今回もまた、新ジャンルを開拓してしまいました。

それは落語です。

もちろん一般常識として、その存在は知っていました。
でも、きちんと落語に触れた経験はありません。
「寿限無(じゅげむ)」や「死神」レベルの話なら・・・と言っても、そのオチまでとなると???です。
まさにチンプンカンプンの世界でした。

そんなド素人が、アニメ「昭和元禄落語心中」で開眼!
昭和元禄落語心中
<「昭和元禄落語心中」(しょうわげんろく らくごしんじゅう)とは?>
原作は、雲田はるこによる漫画作品。
講談社発行の「ITAN」で2010~2016年まで連載された。コミックスは全10巻。
テレビアニメは第1期が2016年、第2期が2017年にTBS系列で放送された。


江戸落語の世界が舞台です。
Wikipedia(→こちら)から抜粋引用したあらすじは以下のとおり。
「昭和後期の名人と弟子の出会いに始まり、名人の孤独の形成される過去話となる戦前から戦後に飛び、もどって昭和終わりのバブル前後、明白となった落語衰退時期へとつながり、名人の孤独・孤高な芸風と生き方と落語界の衰退とがより強く関わり合う。」 

一昨年・昨年の放送時には随分と話題になった作品だそう。
poohは今回初視聴(Netflix)だったのですが、あっという間にズブズブとハマっちゃいました。
「八代目 有楽亭八雲(菊比古)」を演じる声優・石田彰さんの落語シーンが迫力満点!
落語って伝統芸能なんだなぁと、今更ながら実感した次第です。

そんな訳で、本物の落語も見てみたくなりました。
でも、poohにとっての落語家は「笑点に出演している方々」程度の知識のみ(恥)
これからコツコツ学んでいくつもりです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

オンナは若ければ良い・・・ってもんじゃないのだ!!

そりゃあ、どうせ見るなら、若い女の子の方がオバさんよりもずっと良いでしょう。
THEオバさん・ド真ん中のpoohだって確かにそう思います。
だけど、年齡を重ねたからこそ、にじみ出る魅力をおざなりにしてはなりません(鼻息)!

・・・本日はいきなり、「オバさんの主張」チックに切り出してみました(笑)
ちなみに、その主張の矛先はNHK朝ドラ・歴代ヒロインの皆さん。
自称・朝ドラウォッチャーのpoohは、彼女たちの老けなさ加減にいつも独りツッコミしています。

<朝ドラウォッチャー・poohによる参考過去記事>
●毎日15分間の楽しみ、もう8年も続いてます(→2015年11/6の記事)
●深読みしたつもりだったけれど、NHKの方が一枚うわ手でした(→2016年3/6の記事)


半年間かけて、1人の女性の人生をじっくりと描くのが朝ドラの基本形。
でも、作中でどんなに年月が経とうとも、ヒロインたちは若い“女の子”のままなのです。
「孫が生まれて、お婆ちゃんになりました~」というシーンでも、お肌はピカピカのツルツル、せいぜい白髪を数本チラつかせるだけ。
女優のビジュアルイメージを損なわせてはならじ・・・という大人の事情なのかしら?

まぁ、この現象にはpoohもすっかり慣れっこです。
「今、この人は50代」と、いちいち脳内変換してドラマ内の違和感を乗り切ってきました。

しかし、現在放送中の「わろてんか」には、さすがのpoohも完全お手上げ。
もうとっくに「おっかさん」の域に達したヒロインが、まったく老けていないのです。
本日から登場した20代の息子役と並んでも、全然親子には見えません。
ここまでくると、せっかくのドラマも、ほとんど「学芸会」です・・(遠い目)

オンナは若ければ良いってもんじゃないよ・・・とつぶやきたくもなるでしょう。
でも、そんな中、吉報が届きました!
10月からスタート予定の新作ドラマ「まんぷく」で、安藤サクラがヒロインを演じるのです。

◆参考: ママ女優 安藤サクラ 朝ドラヒロイン 夫柄本佑後押し(→日刊スポーツの記事)

彼女は現在31歳・・・しかも、プライベートではつい先日に出産したばかり。
ママさん女優がヒロイン役を務めるのは、50年以上に及ぶ朝ドラ史上でも初めてだそうです。
でも、彼女なら、ただただ若くてカワイイだけではない女性の姿を見せてくれるはず。(たぶん)
朝ドラ・ウォッチャーとして、早くも楽しみにしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

まったく異なる2つのアニメ作品の共通点・・・アナタはご存知?

「弱虫ペダル」と「3月のライオン」・・・poohが毎週観ているTVアニメです。

<「弱虫ペダル」とは?>
毎週月曜日 深夜2:05~ テレビ東京系列で放送中(→オフィシャルサイト①)
原作は、高校生の自転車競技をテーマにした渡辺航によるマンガ作品。

2018012501.png

<「3月のライオン」とは?>
毎週土曜日23:00~ NHK総合で放送中(→オフィシャルサイト②)
原作は、将棋をテーマにした羽海野チカによるマンガ作品。

2018012503.jpg

自転車と将棋・・・それぞれまったく異なる世界だけど、両作品には共通点もあります。
それはエンディング終了後、放送時間ギリギリラストに登場する“おまけコーナー”です。

「弱虫ペダル」では、コント的なショートアニメ(通称:Cパート)。
「3月のライオン」では、有名漫画家やイラストレーターたちが描いた静止画(通称:エンドカード)
が、それぞれ毎回放送されるのです。

これらがもう面白いのなんの!
実際、両コーナーともに人気らしく、「弱ペダ Cパート」でググると動画配信がテンコ盛りだし、「3月のライオン」にいたっては、オフィシャルサイトで過去のエンドカードも閲覧可能です。

<参考> 「3月のライオン エンドカード」(→こちら)

ちなみに、前回放送分(第36話)のエンドカードは、「北斗の拳」の原哲夫先生の作品でした。
モデルは登場人物・あかりさん・・・ですが、原ワールド全開の完全別人。
pooh家の2人が大爆笑したのは言うまでもありません。

今や本編そのものよりも、“おまけコーナー”の方が楽しみかも(笑)
両作品の遊び心に毎回ワクワクしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ