poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして6年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

「ティモテ」って覚えていますか?

「おおっ、これは懐かしい!」
ドラッグストアで思わずテンションが上がってしまいました。

陳列棚にあったのは、「ティモテ」のシャンプー&コンディショナーです。
パッケージには「あのティモテが帰ってきた」というコピー文が記載されていました。
そうそう、知っている人にとっては「あの」ティモテなんですよね~。

<ティモテとは?>
ユニリーバが販売するシャンプーの商品名。
キャッチコピーは「髪に優しい北欧の七つのハーブ」。
もともとはスウェーデンの製品で、日本では1984年(昭和59年)に発売された(→公式サイト)

2018071564.jpg

「シャンプーは何を使っているの?」
これが当時の10代女子(小学校高学年~中学生)たちの鉄板・挨拶ネタでした。
今にして思えば大笑いですが、当の本人にとっては真剣なやり取りだったのです。
そんな中で、ティモテは最も正しい答えの1つでした。

「Myシャンプーはティモテ」と答える女子(pooh含む)のドヤ顔を思い出します。
実際、その人気はスゴかったらしく、発売時のティモテの市場占有率は20%以上だったそう。
シャンプーの一時代を築いたといっても過言ではありません。
でも、競争激しい業界ゆえ、徐々に人気は下降し、1994年には国内販売も中止に。
poohも、すっかりその存在を忘れていました。

そんな思い出の品がリバイバルとは嬉しい限りです。
しかし、帰宅後に調べたところ、その復活はとっくの昔、2013年からだったことが判明しました。
な~んだ、今更喜ぶまでもなかったのですね。
そもそも現在のpoohは湯シャン一筋、シャンプーへの関心もゼロに等しいのです。

●参考過去記事:最初は抵抗感もあったけれど、今では一生続ける気マンマンの健康法(→2017年5/30の記事)

昔の自分が湯シャンなんて聞いたら、絶対顔をしかめたはず。
人間って随分変わるものですね。
そんなことを考えながら、
「そういえば“恋コロン 髪にもコロン ヘアコロンシャンプー”という製品があったなぁ」
「薬師丸ひろ子の『チャンリンシャン』のセリフが懐かしい」
などと、昭和のあの頃を振り返っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

今の私にピッタリなBGMを見つけました

自宅にいる時はいつも音楽を流していた一人暮らし時代。
でも、結婚をきっかけにBGMとは疎遠になりました。
傍らに話し相手がいる生活には、余計な音は不要だったからです。
また、夫婦共働きで多忙だったため、音楽を楽しむ余裕もありませんでした。

しかし、最近はまた昔のCDを引っ張り出して聴いています。
ちなみに我が家のCD収納庫は仏壇入れ(笑)。
ここに首を突っ込んで、「今日は何を聴こうかな~♪」とピックアップしています。

●参考過去記事:仏壇入れ、我が家はこうして使っています(→2016年4/16の記事)

そんなpoohの、ここ数日のお気に入りがコレ。
2018071101.jpg
クライズラー&カンパニーです。

<クライズラー&カンパニー(以下K&K)とは?>
1990~96年にかけて活動した3人組のバンド(2015年に一時再結成)
クラシックを大胆にアレンジしたエレクトリックサウンドで人気を博した(→オフィシャルサイト)


代表曲はセリーヌ・ディオンと共演した『To Love You More』(1995年)
いやぁ、懐かしいですねぇ。
ヴァイオリニストの葉加瀬太郎がバンドの顔でしたが、poohの推しメンはベースの竹下欣伸(たけした よしのぶ)でした。
長身&イケメンの彼は、あの山口智子の恋人役で俳優デビューも果たしたんですよ!
(ただし、その演技が“棒”気味だったことは小声で付け加えておきます)

しかし、なぜ今更K&K?
それはpoohのBGM復活の場が、室内での自転車トレーニングだからです。
ヘッドフォンを装着しての、一人ローラートレーニングにはビートのきいたサウンドが一番!
ちなみに直前のマイブームは、これまた懐かしいTRFでした(照)

●参考過去記事:意外な人との共通点が判明しました。勝手に親近感を抱いています(→6/21の記事)

ノリノリの音楽に合わせるとペダリングもスムーズです。
そういう意味ではK&Kは完璧!
「うわぁ、懐かしい」と心の中で叫びながら、せっせとトレーニングに励んでいます。

この「1人懐メロ大会」は、今後もまだまだ続きそう。
さてさてお次は、どんなアーティストにハマるでしょうか?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

「歯医者さん大好き」って変ですか?

世間一般の感覚では、「歯医者=できれば行きたくない所」。
でも、poohは大の歯医者好きです。
子供の頃から、いつもワクワクして足を運んでいた・・・なんて言うと、周囲から変人扱いされますが、好きなものは好きなのです。

「さてはpoohさんってばドMなのね」という声も聞こえてきますが、それは誤り(たぶん)
痛みとは無縁でいたい、いたってノーマルな人間です。
もちろん歯を削る時のキ~ンは耳障りだし、頭蓋骨に響くゴリゴリ音や、歯&歯茎をチクチク突っつかれる作業も御免こうむりたい。
でも、どれも十分我慢の範囲内ゆえ、へっちゃらなのです。

そう、poohにとって、「歯医者は痛くされる場所」ではありません。
どちらかといえば、美容院やエステに近いものを感じています。
歯医者=リラクゼーションサロンなのです。

そんなpooh、今回も1年ぶりに歯医者に向かいます。
検診&歯石クリーニングが目的です。
最近は歯の着色汚れも気になってきたので、その対処もお願いするつもり。
さぁ、キレイにしてもらうぞ~と張り切っています♪

口の中でカチャカチャと器具が動く音を聞いていると、なんだか気持ちよくなってウトウト。
そんな至福のひとときが楽しみ・・・う~ん、やっぱり変なのかなぁ?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

おしどり夫婦だった両親の間に小さな変化・・・娘の私ができること

同じ市内にある実家には、70代の両親が2人で暮らしています。
結婚50余年になる彼らは、これまでずっと「おしどり夫婦」で通っていました。
傍目から見ると、その生活は平和そのものです。
でも、最近少しずつ変化が生じてきたことも否めません。

その発端は、母の物忘れ症状です。
「薬の飲み忘れが増えた」、「つい今さっきの出来事を失念」・・・
日常生活に響くほどではないとはいえ、小さなミスが目立ってきました。
年齢を考えると、これも致し方ないのでしょう。
しかし、そんな母に対し、父はストレスを感じているようです。

彼は、母に関するグチをこぼすようになりました。
そして母は母で、父の言動に時折イラッとしています。
お互いに伴侶への不平不満がタラタラです。

まぁ、娘・poohから見ると、その言い分は「どっちもどっち」レベル(苦笑)
我が両親も、いよいよ老人特有のガンコ気質に・・・と捉えています。
でも、心の奥底では彼らの変化を認めたくない気持ちもあるのでしょう。
「2人とも一体どうしちゃったの?」と問いただしたくなることも、しばしばです。

でも、夫婦なんて、こんなものなのかもしれません。
poohたち子供の独立後、両親は2人きりで30年近い歳月を過ごしていました。
サラリーマンだった父の定年退職後は、文字通り四六時中顔をつきあわせる日々です。
これに肉体&精神的老化現象が加われば、両者の感情が煮詰まってくるのも、そりゃあ当然というものでしょう。

そんな両親に対して、今のpoohが出来ること。
まず挙げられるのは、両親それぞれのクッション役になることです。
「うんうん、そうだね~」と2人の不平不満に耳を傾け、物忘れしがちな母には何らかの対策を取るつもりです。

更には、父と母がそれぞれ別行動する時間も設けます。
これまでのpoohの両親との交流スタイルは、彼らを1セットにしたパターンが主流でした。
でも、今後はあえて1人ずつ個別に向き合い、父と母の中に適度な距離感を作ってみます。
その頻度はせいぜい週に1回程度でしょうが、それでも何らかの効果があるのでは?

とにもかくにも、彼らには心穏やかに過ごして欲しい。
そんな訳で、今日も実家に顔を出してきます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

ん?口の中に違和感・・・鏡を見て仰天しました

「ん? 口の中に違和感が・・・」
食後の口内に、普段とは異なるものを感じました。

どうやら舌の裏に“できもの”が発生したようです。
そのツルツルした感触から水ぶくれだろうと推測したのですが、鏡を見て仰天!
これまでに目にしたモノとは明らかに形状が違うではありませんかっ(汗)

直径8ミリ~1センチはあろうかという極デカサイズで、色は茶色・・・というより黒。
舌の裏にまるで小豆粒が1つ張り付いたかの姿です。
プックリと膨れてミョーに存在感アリアリ・・・水ぶくれというカワイイものではありません。
痛くも痒くもないけれど、それが逆に怪しさを増長しています。

「うぅっ、なんか変な病気かもしれない・・・」
つい先程まで煩いくらい元気いっぱいだったくせに、急にションボリモードのpooh。
これぞ「病は気から」そのものです。
一旦気になりだすと、もう居ても立ってもいられません。
まずは自力で調べてみようと、ヨロヨロと立ち上がりました(←既に気持ちは病人)

一昔前なら、「家庭の医学」なる分厚い本をめくったものですが、現代にはネットという便利なツールがあります。
さっそく「舌の裏 水ぶくれ 茶色」等のキーワードでググってみました。
そこで明らかになったのは・・・

おそらくこれは“血豆”である。

もちろん、これはpoohの自己診断に過ぎません。
でも、固い食べ物で口内を傷つけた時などに、しばしば見られる症状とのこと。
poohにとっては初体験だったけれど、実はさほど珍しいものでもないらしく、まずは一安心・・・と考えても良さそう。
(ちなみに、繰り返し血豆が発生する場合は専門医へ)

さて、そうなると現金なものです。
先程までの“病人感”は吹っ飛び、poohは夫・ケッチーくん相手に今回得た知識をひととおり講釈しまくりました(笑)
その結果、血豆はあっという間につぶれ、消滅。
でも、口内炎に変化することもなく、このまま沈静化しそうです。

やれやれ、ホッとしました。
でも、やっぱり身体は何事もないのが一番!
今日もpoohは元気いっぱいに過ごしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ