poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして6年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

「やきそば弁当」vs「昔ながらのソース焼そば」…2つのマルちゃん製品を食べ比べてみました

「カップ焼きそばといえば『やきそば弁当』だよ!」…夫・ケッチーくんの持論です。
いや、それはどうだろう? 実際、業界トップシェアは「日清UFO」だとpoohが反論しても、彼は頑として譲りません。
「やき弁はホントにうまいんだ!」と鼻の穴を膨らませて力説します。
そのくせ「カップ焼きそばって割高だよね」と、なかなか購入まで至らないのが、いかにもケッチーくんらしいです。

<やきそば弁当とは?>
「マルちゃん」ブランドを展開する東洋水産が北海道エリアで販売するカップ焼きそば。
道内では「やき弁」の略称で親しまれている。


その「やき弁」がこのたび特売になっていました。
ケッチーくんが飛びついたのは言うまでもありません。
しかも隣の棚には似たような製品も…せっかくなので両者を食べ比べてみることにしました。
2019031201.jpg
左がくだんの「やきそば弁当」(①)、そして右は「昔ながらのソース焼そば」(②)
どちらもマルちゃん製品ですが、②はpoohも初めて目にする商品です。

もしや①②は同じ製品かも?…とpoohは推測しました。
それぞれの容器がほぼ同じ形状だったからです。
「外装フィルムのデザインが異なっていても、実は中身は一緒」というパターンは、大手スーパーのPB製品でしばしば見受けられる手法の1つ。
北海道限定の「やき弁」を他地域でも販売するために、別商品として②を製造…その可能性も決してゼロではありません。

しかし、そんなpoohの憶測は大ハズレでした。 

「やき弁」と「昔ながらの焼そば」は完全なる別物だったのです(当然といえば当然)
まずは①の「やき弁」をご覧下さい。
2019031202.jpg.

そして②の「昔ながらの焼そば」
2019031203.jpg
①と比べて②の麺は茶色っぽく、少々太め。
また、かやくの中に含まれる乾燥キャベツも②の方が多めでした。

そして何よりも違っていたのがコレでしょう。
2019031204.jpg
「やき弁」のアイデンティティともいわれる中華スープの素です。
熱湯を注いで麺をもどした後、そのお湯は捨ててしまうのが一般的なカップ焼きそば。
でも、「やき弁」は粉末スープを溶かし、「スープ」として食します。
しかしながら今回の②に添付されていたのは“ふりかけ”のみでした。

ついでに付け加えるなら、湯切り部分の形状もそれぞれビミョーに異なります。
2019031206.jpg

そして完成した焼きそばも、味が全然違いました。
2019031205.jpg
①と比べて、②はコッテリ味。
そしてソースの焦げを再現したようなほろ苦さも感じます。
商品名に「昔ながらの~」とうたっているだけあり、懐かしさを覚える味でした。

食後にパッケージ表記の一部を抜粋して一覧にまとめてみました。
フムフム、なるほど…やはり原材料はそれぞれビミョーに違いますね。
2019031209.jpg

「オレにはやっぱり『やき弁』が一番!」
今回の食べ比べで、ケッチーくんの「やき弁愛」はより深まったようです。
でもpooh自身はまだ、その意見に100%納得したわけではありません。
今度はUFO、ペヤング、バゴォーン…他製品と「やき弁」を対決させねばと企んでいます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

安いサバ缶に浮かれていたら、やっぱり落とし穴がありました

ここ数ヶ月間、ずっと探し求めていた物があります。
それは「サバ缶」です。

我が家ではサバ缶は単なる食材ではありません。
災害時に備えた備蓄用品の1つです。
昨秋の北海道胆振東部地震以降は更にその管理を厳密化していました。
「ストック14缶」を目指し、毎月1缶ずつの買い足しを自らに課していたのです。

<参考過去記事>
●地震から1ヶ月…非常食のローリングストック化に着手しました(→10/5の記事)


しかし、一見緻密なこの計画は初っ端から頓挫(苦笑)
サバ缶の入手に苦戦しています。
ミネラルウォーターやカセットボンベ等は順調に「ローリング」中なのに、なぜかサバ缶だけはスムーズな補充が叶いません。

その原因は昨今のサバ缶ブームです。
「ダイエットに効果アリ」、「時短料理にもピッタリ」と、マスコミがガンガン取り上げたからです。
それに伴い、サバ缶の価格はすっかり高騰してしまいました。

数年前は¥100以下(特売なら¥68もザラ)だったのに、今や相場は¥130以上。
かつての底値が脳みそに刷り込まれてしまっているpoohには、オイソレとは手が出ません。
でも、いつかは特売になるはず…と一縷の望みをかけてスーパーに行くたびに缶詰コーナーをチェックし続けていました。

そして、ついに発見!
2019030401.jpg.
1缶¥127→更に5%引きの¥120
そりゃあ、以前と比べたら割高ですが、この辺で譲歩すべきでしょう。

さて、やっと見つけたサバ缶を食在庫に保管することにしました。
しかし、ここでpoohは異変に気づいたのです。
「このサバ缶、以前の品よりも小さいのでは?」

さっそく1年前に購入した品と比べてみました。
両者共に缶サイズは直径7.5cm、高さ4.5cmと一見したところでは同じです。
しかし、3個ずつ重ねてみると、ビミョーなサイズ差が歴然。
明らかに旧品(画像・右)の方が大きいじゃないですか!
2019030402.jpg

新旧それぞれの違いは、缶側面に表示された「内容量」からも明確でした。
旧品が「内容量145g」とあるのに対し、今回購入した品は「固形量90g、内容総量150g」。
「固形量」とはサバ本体を指していると思われるので、新品の中身は40%が汁気です。
実際、新品の缶を振ってみると、中で水分がタプタプしている感覚がありました。

サバ缶は値上げしただけではない。中身も減!

そういえば以前にもこんなことがありましたねぇ。
4年半前に検証した品もサバ缶(味噌煮)でした。

<参考過去記事>
●【比較検証】 食品の値上げ、ここにも影響していました(→2014年8/6の記事)


サバ缶を取り巻く環境は、消費者にとって年々厳しくなっています。
でも、やっぱり美味しいし、いざという時に頼りになる一品であるのは確か。
我が家の備蓄食品として、これからも買い足し&消化に務めていきます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

「定年後の夫婦がやってはいけないこと」がリストアップされていました

「週刊文春」で気になる記事を見つけました。
「定年後の夫婦トリセツ やってはいけない20」 という特集記事です。
2019030481.jpg
アーリーリタイア夫婦のpooh家は「定年」というキーワードとも本来は無関係です。
でも、夫婦で毎日顔を突き合わせて暮らすという意味では、やはり他人事ではありません。
興味津々でページをめくってみました。

その中には「定年後の夫婦が配偶者に対してやってはいけない行動」が一表になっていました。
夫編、妻編それぞれ10項目ずつ、合計20項目です。

<夫編>
①「おはよう」「いただきます」を言わない
②「お茶」「風呂」などと命令する
③朝食の時から昼食・夕食のメニューを尋ねる
④料理の味を尋ねても「大丈夫」としか言わない
⑤「太ったんじゃないか?」と容姿をけなす
⑥昼間何もせず一日中ゴロゴロしている
⑦妻の前でオナラを平気でする
⑧料理や掃除などの家事に口を出す
⑨食事の後片付けをしない
⑩妻に「腰が痛い」などと体の不調をくどくど話す


<妻編>
①「あの時は悔しかった」と過去を蒸し返す
②「どうだっていいでしょ」と突き放す
③仏頂面になってしまう
④「ヒマなんだから手伝ってよ!」と感情的になる
⑤「あーこれやらなくていいから」と言う
⑥外出先も告げず、いきなりストッキングをはく
⑦加齢臭が嫌だからと言って洗濯物を別にする
⑧突然「寝室を別にしたい」と言い出す
⑨言いなりに食事を作り続けるなど世話を焼く
⑩家事を任せたのに文句を言う


フムフム、なるほど…
どれをとっても「熟年夫婦の諍い原因・アルアル」です。
1項目だけミョーに謎めいているのが「いきなりストッキング」(妻編⑥)ですが、これは「行き先も告げずに妻が外出支度を始めると、夫は動揺する」という内容でした。
妻側(=pooh)としては「えっ? そういうもんなの?」と小さくビックリ(笑)

さて、そんなストッキング問題はさておき、NG行動が20項目も提示されれば、やはり打開策を考えねばなりません。
リストを見る限りでは 「夫婦の会話はとにかく最低限に」が最も近道な気もします。
なんせ夫編は③⑤⑧⑩、妻編にいたっては①②④⑤⑧⑩が「口は災いの元」的内容です。
「定年後の夫婦はお互いの存在に無関心を貫く」のがベスト?
…いや、これでは根本的な解決にはなりませんよねぇ。

この件に関しては、アーリーリタイア丸6年のpoohがお答えしましょう。
「夫婦といえど最低限のマナーは守るべし」

これはリタイア云々とは関係なく、平穏な家庭生活における鉄則です。
「相手の気持ちを逆なでするような言動は慎む」のがオトナのたしなみというものです。
たいていの人がオフィシャルな場ではつつがなく守っています。

しかし、その対象が家族、しかも長年連れ添った配偶者となると、なぜか甘えが生じがち。
受け止める側にとっても、身内からの無礼な仕打ちは必要以上に鼻につきます。
「親しき仲にも礼儀あり」…さぁ、改めてこのことわざの意味を噛み締めようではありませんか!

…と、まるでpooh自身はキッチリとマナーを守り通し、夫・ケッチーくんとの仲も平穏そのものみたいに語ってしまいました(照)
いやいや、実はpooh家でも“プチいざこざ”は日々勃発しています。
彼から手抜き家事や老化現象を指摘されてpoohがムッとすること…しょっちゅうです。

でも、いちいち目くじらを立ててもキリがありません。
そんな時のpoohは「あちゃ~バレちゃった」とトボケたり、「テヘヘ」と照れてみたり、「さすがケッチーくん、そんな所までよく気づいたね」とホメ殺したりして余裕風を吹かせています。
そして、この「余裕風」もpooh自身がそう捉えているだけで、実はケッチーくんにもその思惑はバレバレ…彼は彼で「しょーもないヤツ」と感じていることでしょう(たぶん)

結局のところ、熟年夫婦は細かいことをグチグチ言わず、ユル~く過ごすのが一番!
ちなみに、ギリギリながらも平和を維持するpooh家の秘策(?)については下記をご参照下さい。

<参考過去記事>
●ケチな夫と上手に暮らす方法(→2014年11/5の記事)
●アーリーリタイア夫婦が毎日平和に暮らすコツ(→2016年1/31の記事)
●家庭の平和を保つには「NGワードのアレンジ」が有効です(→2017年3/9の記事)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

「手のひら返し」で話題のシャウエッセン…私もさっそく試してみました

あれは34年前(1985年)、「シャウエッセン」が登場した時のことをpoohは鮮烈に覚えています。
「美味なるものには音がある」が当時のキャッチコピーでした。
本格ソーセージならではのパリッとした食感に「美味しい!」と感動しましたねぇ。
そうそう、久保田利伸を起用したCM(1990年代)もファンキーでカッコよかったです♡

そんなシャウエッセンが、このたびネットニュースになっていました。
<参考>
●シャウエッセンの「手のひら返し」に驚きや歓喜の声(→livedoorニュース2/17の記事)


なんでも2月15日にシャウエッセンより「解禁宣言」が発表されたそう。
えぇ? 一体何が解禁となったのでしょうか?
さっそくメーカー・日本ハムの公式サイト(→こちら)を覗いてみました。
すると、こんな文章がデカデカと掲載されていたのです。

シャウエッセンは手のひらを返します。.

私たちは心配性なあまり、これまでシャウエッセンのレンジ調理を、おすすめしてきませんでした。
それどころか、加熱し過ぎて破裂してしまうことを恐れ、「禁止」さえしておりました。(知らない方も多いかもしれませんが…)
しかし、今はカンタン調理が求められる時代。
世の中の時短ニーズをうけ、繰り返し、繰り返し、テストした結果、加熱時短の目安を定め、ついに「解禁」することになりました。
 (後略)


「シャウエッセンのレンチン調理は絶対NG」…poohも以前から頭に刻み込んでいました。
電子レンジでは、天然腸を使用した皮が破れて爆発しかねません。
実際、我が家で冷凍保存中だった本製品のパッケージにも「電子レンジやオーブンでの加熱はお控えください」と記載されています。
2019022092.jpg

そう、「シャウエッセンはボイル、もしくはフライパン焼き」が、これまでの常識でした。
しかし、「そんなの面倒くさい」という声も最近は増えてきたのでしょう。

こういった要望に対するメーカーの施策は商品改良が一般的です。
今回の件なら「電子レンジでも破けない皮」への仕様変更でしょう。
しかし、日本ハムはあえて商品には手を加えず、従来品を使って調理テストを重ねた模様(←あくまでも文面から読み取る限りでは)
そして、ついに「解禁」へ…長年のファンとしては確かにビッグニュースです!

さて、そんな「解禁宣言」には、更に気になる一文もありました。

レンジ調理は、脂が閉じ込められるため、濃厚でおつまみ向き、というボイルとはまた違った、おいしい発見も。


「濃厚」とまでいわれたら、試してみなくてはなりません。
せっかくなので解禁宣言後に市場に出回った商品も購入してきました。
(左):今回購入した品  (右)以前から冷凍保存してあった品
2019022091.jpg

新品、旧品共にパッケージの表部分はまったく同じです。
でも、裏面の記載はちゃんと変更されていました。
ボイル、フライパン焼きに加えて「電子レンジの場合」という文字があったのです!
2019022093.jpg

それぞれのレシピに従って調理してみました。
①ボイル ②フライパン焼き ③電子レンジ
2019022095.jpg

①~③のうち、メーカー推奨の手法は①のボイルです。
なんせ「沸騰したお湯に入れて弱火で3分」を“黄金の3分間ボイル”とまで名付けています。
これは電子レンジ解禁後も変わっていません。
でも今回、poohが最も美味しく感じたのは③でした。

結論:シャウエッセンは電子レンジで温めよ!

ボイルやフライパンと比べて外側に脂が逃げないせいか、確かに③は味が濃いめ。
おまけに調理時間もほんの30秒、そして鍋やフライパンを使わない分、後片付けがラクな点も気に入りました。
シャウエッセンを口にして35年目、今後のpoohは電子レンジ一辺倒になりそうです。
日本ハムの「手のひら返し」よ、バンザイ!

ちなみに今回の実験に参謀として加わった夫・ケッチーくんの感想は「①②③全部美味しい」。
なんともマヌケな答えですが(笑)、シャウエッセンならこれも真実かもしれません。
この名品をpoohは今後も末長~く愛していくことでしょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

あちこちで売れ残っている不人気商品…その理由は私にもわかります

スーパーに行くと、まず見切り品コーナーをのぞくのが習慣です。
そんな中で気づきました。
ここ最近、ミョーに遭遇率が高い商品があるぞ。

見切り品となる商品は、店舗によって大きく異なるのが基本です。
もともとの品揃えや商品回転率、更には値下げを決めるタイミングが店ごとに違うからです。
でも、その品だけは複数のスーパーで見切り品となっていました。
つまり、どの店でも売れ残ってしまった不人気商品です。

それはチューブ入りのパクチー!
2019021401.jpg
帰宅後、ネットで調べたところ、2年前に発売された商品だそう。
希望小売価格¥125を3割引きの¥88で購入しました。

<参考>
●エスビー食品、チューブタイプの「きざみパクチー」を発売」 (→2017年1/27の日経新聞)


2年前といえば空前のパクチーブームがありましたねぇ(遠い目)
テレビや雑誌等でモリモリとパクチー特集が組まれ、とにかく人気でした。
そこを狙ってエスビー食品は家庭でお手軽に使えるチューブ製品を売り出したのでしょう。

しかし、メーカーの狙いはどうやら大ハズレだった模様。
それもそのはず、パクチーは決して万人受けする物ではありません。
なんせ別名は「カメムシソウ」…その香りにギョッとした人も多いはずです。
発売から2年を経た今、あちこちで見切られまくっているのも納得できます。

しかし、捨てる神あれば拾う神あり!
だってpooh家はパクチー大好き♡の“パクチスト”です。
これまでも、さまざまな料理でパクチーを多用し、当ブログでお披露目してきました。

<その一例>
・パクチー餃子(→2016年8/18の記事)
・パクチーそば(→2016年9/7の記事)
・パクチー納豆炒飯(→2018年7/13の記事)


但し、これらは春から秋の3シーズン限定メニュー。
poohにとって「パクチーは庭に生えてくるもの」だからです。
そのため冬季は、どんなに体が欲しようともパクチー料理だけは諦めていました。

そんな最中に、見切り品コーナーでチューブ入り製品を繰り返し繰り返し目にしていたら、「買ってみようかな」という気にもなるでしょう。
しかも、この日の夕食は「シンガポールチキンライス」!
鶏もも肉と生姜を炊き込むこの御飯は、パクチーを添えると絶品なのです。
2019021402.jpg
ショウガやニンニクも生にこだわり、普段はチューブ入り調味料など見向きもしないpoohだけど、今回の買い物には大満足。
冬の最中に、あのパクチー臭を3割引(←ここ重要)で味わえたのですから!

こういう出会いがあるから見切り品チェックはやめられません。
今後もスーパーに入るたびにコーナー直行→眼光鋭く商品選定に励みます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ