poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

パッと見には「ガテン系グッズ」だと気づかれません・・・よね?

「冬季の室温は15℃目安」・・・我が家の鉄のオキテです。
一般家庭としては、これはかなり低めでしょう。
でも、当の本人たちはいたってゴキゲンに暮らしています。

もちろん毎年何らかの防寒グッズを導入し、いろいろ工夫を凝らすことも忘れません。
例えば4年前にコタツ、3年前は玄関用カーテン(→2014年10/21の記事)を購入しました。
一昨年から夫・ケッチーくんは就寝時にナイトキャップをかぶっています(→2016年1/23の記事)
必需品の布団乾燥機は昨シーズンから新型になりました(→2/7の記事)

そして今季は、ケッチーくんとお揃いでこんなアイテムを用意。
2017111527.jpg
「作業用インナーソックス」という物です。

商品タグには 「屋外仕事やアウトドア、冷凍庫等の寒冷所作業に」 という記載が。
そう、これは屋外で作業に勤しむ人向けの製品です。
作業服専門店で1点¥499のお手頃価格で購入しました。

それではさっそく履いてみましょう。
2017111528.jpg
おおっ、これは温かい!
本来は靴の中に履くものですが、このままでも十分いい感じです。
この冬の室内履きはこれに決定!

洗濯も簡単なので重宝しそう。
冬本番に備えて、もう1足追加購入するつもりです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

「夫婦2人暮らしにしては多過ぎる」と、ビックリされる方も多いでしょうが・・・

日に日に寒くなっていく今日このごろ。
我が家では今年も冬の備蓄品をバッチリ揃えました。
2017111350.jpg2017111351.jpg
小麦粉は2種類(薄力粉・強力粉)で、総計20袋(=20kg)。
箱入りのジャガイモは10kg、玉ネギにいたっては10kg☓2袋です。

わざわざストックしなくても、スーパーに行けば、いつでも買える物ばかり。
でも、poohは敢えて買いだめしています。

雪が積もると、持ち運びが大変なんですもの(切実)

ツルツルに凍る冬の北海道の道は、地元民poohでも歩くのが大変です。
そのため、重量のある物は積雪前のまとめ買いがベスト。
自転車を使える今ならば、10kg単位のジャガイモ・玉ネギだってpoohにも楽勝で運べます。

もちろん、特売時を狙うことを忘れません。
秋は小麦粉・野菜が安く出回るのも、poohの買いだめ理由となっています。
なんせ玉ネギなんて10kg¥300! 
こんな値段で買えるのは、収穫直後だからこそです。

そうそう、もう1つ忘れてはならない買いだめアイテムがありました。
トイレットペーパーです。
只今の在庫量は、18ロール入り☓6個=108ロール!
2017111352.jpg
先述の食品と比べれば軽量だけど、持ち運びが面倒なことに関してはトップクラスの品でしょう。
数ヶ月かけて、特売のたびにトイレットペーパーを買い足していくのはpooh家流の冬支度。
大荷物を抱えて雪道を歩かずに済ませるための生活の知恵です。

今年も我が家の食料庫&納戸は、冬の備蓄品でいっぱいになりました。
巣の中にエサを貯め込む野生動物の気分で、雪を待ち構えています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

7年前のマイホーム購入時に、よそ様との違いをダイレクトに感じた件

「いやぁ、あの時はビックリしたよね~」
何かにつけ、過去の思い出話に花が咲くpooh家です。
今回はマイホーム購入時のエピソードで盛り上がりました。

あれは7年前のことでした。
我が家は「人生最大の買い物」とも言うべきマイホーム(中古一戸建)の購入を決断したのです。
不動産業者の指示に従い、ある銀行の一室でその契約を執り行ないました。

「では、この書類に皆さんの印鑑を押して下さい」
前オーナー、そしてpooh家の2人はそれぞれのハンコを取り出しました。
(pooh家側は「夫婦共有名義」ゆえ、世帯主のケッチーくんと共に、poohもMyハンコを持参)

当時はいっぱしの勤め人だったpooh家。
人生初(かつ、おそらく最後)のBIG契約に、夫婦で緊張しつつも、分別のある社会人らしく冷静に対応していました。
しかし、前オーナーが机上に置いた物体を見た時は、一瞬手が止まってしまったのです。
印鑑セット
先方の印鑑は、特大ケース入りの3本セットでした。
(※画像はイメージです)

革張りのケースは見るからに重厚。
中身のハンコも1本1本が極太サイズだったことは、今でも強烈に覚えています。
前オーナーは、その中でも最も大きいハンコを取り出して捺印していました。

・・・それに対して、pooh家側のショボいこと、ショボいこと。
結婚を機に作ったpooh印はまだマシとしても、ケッチー印にいたっては、高校卒業時に学校から配布された品なんですもの(照)
相手との“格”の違いを痛烈に感じましたっけ。
20171105.jpg
画像左のケッチー印(直径1.2㎝)は、一般的に「認め印」と分類される物。
隣の一回り大きいpooh印が「銀行印」と呼ばれるハンコです。
どちらも役所で印鑑登録済みですから、不動産契約にも問題なく使えます。
でも、前オーナーの実印(直径1.8㎝前後)と比べると見劣りすることこの上ない・・・

あの時ばかりは、よそ様との違いをダイレクトに感じました。
ちなみに、前オーナーはpooh家と同年代のサラリーマン。
あちらから見たら、pooh家ったら相当なお子ちゃまですよねぇ。

でも、依然としてpooh家のハンコはショボいままです。
だって、今のケッチー印&pooh印でも何ら問題ありません。
ついでに言うと、ハンコ界(?)では「妻が夫よりも大きい印鑑を持つのはご法度」だそう。
カカア天下に陥るから、というのがその理由のようですが、それは印鑑サイズとは無関係・・・とpoohが断言しておきましょう(笑)

チャチなハンコで契約を終えて、早7年。
すっかりこの家にも馴染みました。
そんな暮らしの中で、前オーナーの印鑑セットを時々思い出しては、「あれは大人っぽかったねぇ」と2人で懐かしんでいます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

私の野生のカンは正しかった!

「あれって食べたら美味しいのでは?」と、常々考えていた物があります。
それは“米ヌカ”です。

ヌカとは、お米を精白した際に発生する果皮、種皮、胚芽などの部分。
一般的には「捨てる物」とされています。
確かに漬物用ヌカ床や煮物に使うことはあっても、直に食べるケースは見かけません。

しかし、玄米を自家製米するようになって以来、poohの中でヌカのイメージが変わりました。
ヌカを炒る時の香ばしい匂いは、非常に食欲をそそるのです。

<炒りヌカに関する過去記事>
●今シーズンから更に「手作り度」が増した物(→5/4の記事)

2017050401.jpg

わざわざそんな物を食べなくても・・・と自分を抑えていましたが、その香りを嗅ぐたびに食欲&好奇心と戦っていました。
そんな中、偶然見かけた雑誌で「米ヌカを食べると健康に良い」という記事を発見!
よし、そうとあらば早速試してみましょう。

まずはティースプーン1杯分を口にしてみました。
ちょっとザラッとしたキナコ風で、思ったとおり美味しいです♡

結論:poohの“野生のカン”は当たっていました。

ちなみに米粒の外皮ゆえ、ヌカには残留農薬の不安もあるそう。
でも、pooh家の玄米は低農薬米だし、そもそも玄米のまま炊飯して食べることも多いので、今更そんな心配は無用のはず(たぶん)
また、ヌカは油分が多いため酸化しやすい・・・とも耳にしますが、精米直後の物ならば、その可能性も低いでしょう(これまた、たぶん)

健康食品店では「食べる炒りヌカ」(100g¥200前後)も最近人気だそう。
今まではヌカ床に加える以外のヌカは、生のまま畑にまいていたけれど、これからは自信満々で食用していくつもりです。

そんな訳で、最近はちょっと小腹が空いた時に一口、おやつ感覚で炒りヌカを食べています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

50歳目前の今だからこそ実感する 「若いうちに習得しておいた方が良いこと」

どんなことにも「手遅れ」などない・・・と、poohは常々考えています。
でも、「若いうちに習得しておくべきだった」と、少々後悔しているものもあります。
それは、細かい手作業。

40代も後半になると、「老眼」という防ぎようのない老化現象が襲いかかってくるのです。
対象物を目から遠ざけてみたり、メガネをずらしたり・・・
つい数年前までは「???」だった諸先輩方の行動を、最近のpoohは無意識のうちに実行中。
視界のピントが合いにくいことが、こんなにも面倒だとは思いもよりませんでした。

poohが特に支障を感じるのは手芸作業です。
年に数回しか使わないミシン登場となると、もう面倒でたまりません。
若いうちにマスターしておけば、こんなところで立ち往生することもなかっただろうなぁと悔やみつつ、ショボショボと目を瞬かせています。

そうそう、老眼の影響を被っている作業がもう一つあります。
それは「おうち床屋」業務。

アーリーリタイアをきっかけに、夫・ケッチーくんの髪の毛はpoohが切るようになりました。

<愛用のバリカンに関する参考過去記事>
●おうち床屋の必需品。家庭用バリカンを選ぶ時のチェックポイント(→2015年5/28の記事)


バリカン付属のアタッチメントを交換しながらの、この作業。
もう30回近く行なったので、すっかりお手の物・・・としていたつもりでした。
しかし、最近は「できました~!」というpoohの完成宣言の後に、「この辺り(耳周り部分)をもう少し・・・」と、ケッチーくん本人からダメ出しが入ることも増えています。
どうやらpooh、老眼の影響で細部の仕上がりが雑になっている模様(照)

あらら、そうだった~? と、トボけて再度バリカンを取り出していますが、いやはや、我ながらこれから先が思いやられます。
でも、老眼になる前に、ある程度のコツを掴んでおいたのは正解でした。
今、初めてバリカンを手にしていたら・・・彼の頭はボコボコのトラ刈り状態を免れなかったはず。
細かい手作業は、やはり出来るだけ若いうちに習得しておくに限ります。

さて、そんな先行き怪しい「バーバーpooh」ですが、今シーズンの営業を先日終えました。
寒い北海道ゆえ、冬季はお休みするのが我が家の恒例なのです。
次の営業は半年後・・・毎年、春先は伸び放題の髪の毛と格闘するのも定番となっています。

<春の毛刈りについての参考過去記事>
●夫のことを家畜扱いしているつもりはないのですが・・・(→2016年4/7の記事)


来春にはpoohの老眼は更に進行しているでしょうから、バリカン作業も苦戦の予感。
でも、これまでの経験を活かして乗り切っていこうと思います。
さぁ、頑張れ、pooh! (←自分で自分を励ましてみました)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ