poohの毎日~40代でアーリーリタイアした夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活も8年目に入りました。シンプルに楽しく過ごす日々を綴ります。

バイアステープ作りに初挑戦。それもテープメーカーから自作という斬新なプロセスで!

面白そうなサイトを発見し、食い入るように読み込んでしまいました。

●バイアステープメーカーを自作!作り方は?【型紙無料ダウンロード】(→「ゆびさきクラブ」の記事)

バイアステープの作り方紹介なら、そう珍しいものではありません。
でも、道具(テープメーカー)から自作とは非常に斬新でイカしています。
私もさっそく試してみることにしました。

しかし、その前にバイアステープ、そしてテープメーカーの説明もしておきましょう。
「poohさんは一人興奮しているけれど、一体ソレは何なのさ?」という読者も多いはず。
実際、私の夫・ケッチーくんも同様の反応だったのですから。

<バイアステープとは?>
布を細く裁断したひも状のテープのこと。
衣類や布小物の制作時に使う素材の1つ。


生地の裁断面をくるみ込み、ほつれを防止したり、装飾目的で使用します。
一般的にテープ幅は1~3cmくらい、手芸用品店で¥300程度で色とりどり売られています。
私の裁縫箱にも、むか~し買った物がいくつか入っていました。
2020110980.jpg
こういった既製品も便利ですが、バイアステープは自分で作るという人も多いです。
その際は市販のテープメーカーを使います。
プラスチック&金属製のテープメーカーの価格は数百円。
私自身は使ったことはありませんが、手芸用品としてはそこそこメジャーな存在です。

※手芸用品メーカー「クロバー」の公式サイト(→こちら)から拝借したテープメーカー画像
2020110979.jpg

冒頭で紹介した「ゆびさきクラブ」の管理人“ふるやな”さんは、このテープメーカーを紙で自作。
私もさっそく型紙をダウンロードしてみました。
3種類あるテープ幅(18・20・25㎜)から、今回は最も幅広の25㎜を作ります。
2020110971.jpg

これをハサミ&糊で工作すると、あっという間に「テープメーカー」の完成です。
2020110972.jpg

お次はテープにする布地の準備に取り掛かりました。
先日から絶賛愛用中のロータリーカッター(→11/6の記事)で布地をバイアス(斜め)に裁断します。
2020110973.jpg
これを縫い合わせてテープの土台を作ります。
生地の裁ち方、縫い合わせ方に関しては下記のサイトを参考にしました。

●テープメーカーを使ったバイアステープの作り方(→nunocoto fabricの記事)
2020110974.jpg

さぁ、いよいよテープメーカーの出番です。
左から右に布地を通し、ゆっくりとアイロンでプレスします。
2020110975.jpg

おぉっ、見事にそれっぽいバイアステープが完成!
2020110977.jpg

ちなみに、このテープメーカーは布の出口部分をテープで補強すると、より使いやすいかと思います。
2020110976.jpg

デビュー作のバイアステープを使い、今回はティーポット用のコゼー&マットを作ってみました。
テープのチェック柄がアクセントになり、ちょっぴりオシャレ感が増したような⋯⋯
2020110978.jpg
⋯⋯という訳で今後使うバイアステープは自作、それも紙製テープメーカーで! と心に誓った私です。
手作りティーコゼーを使って紅茶を淹れるたびに、いちいち「ムフフ♡」とほくそ笑んでいるのでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

知っている人には今更アイテム?「ロータリーカッター」なる物を使ってみました

「そんなに良い物なら私も使ってみようかしら⋯⋯」ということで購入に踏み切りました。
2020110600.jpg
「ロータリーカッター」です。

購入価格は¥1,015なので、さほどの物ではありません。
でも、「買い物は常に真剣勝負」のpooh家ゆえ、今回も吟味に吟味を重ねて品定めしました。
選んだのはオルファの「セーフティロータリーカッターL型」です(→メーカー公式サイト)

<オルファとは?>
大阪市東成区に本社を置く刃物会社、及びそのブランド名。
折る刃式のカッターナイフを世界で初めて製造・開発した(社名の由来も「折る刃」から)
ロータリーカッターも同社の発明品である。


それにしてもpoohさんはなぜ、この品を? と不思議に思われた方も多いことでしょう。
実は私が最近目を通している本のすべてが「ロータリーカッターはオススメ」と記しているのです。

そのジャンルは洋裁関連。
ここ最近、夫婦で裁縫仕事に励み、図書館であれこれとソーイング本を借りていますが、どの本にもオススメ道具としてロータリーカッターが取り上げられていました。
定番中の定番アイテムである針・糸・ハサミとほぼ同格の扱いです。

なんでもロータリーカッターは布地の裁断に最高! だそう。

<ロータリーカッターのオススメ理由 byソーイング本>
・裁ちバサミよりも正確に裁断可能
・厚手の生地にもOK
・2枚、3枚と布を重ねてもキレイに切れる
・細かい箇所も仕上がり抜群


さ~て、その性能のほどは?
ドキドキしながらパッケージを開封してみました。
2020110601.jpg
オルファのブランドカラーの「あたたかみのある黄色」がイケています。
卵の黄身をイメージした色で、「道具箱の中でも目立つ黄色にすることで、刃物であるカッターナイフで不意に怪我などをしないように…」という想いが込められているそう。

今回の品はロックボタン付き。
中央部の赤ボタンでロックをON・OFFする仕組みです。
ハンドルを握ると同時に直径45ミリの円形刃が出てくるので、この安心設計は確かに心強い!
2020110602.jpg

そして実際に布を裁断してみました。
おぉっ、スパッと切れて気持ちいいですっ!
2020110604.jpg
この切れ味はクセになります。
嬉しくなってアレコレと布地をカットしまくってみました。
直線はもちろん、曲線もなめらか、そして分厚いキルティング生地とも好相性です。

結論:ロータリーカッター、最高!

これからガンガン使いまくることになりそう。
「末永く仲良くしていこうぜ!」という思いを込め、専用ケースも自作しちゃいました。
先日ご紹介したハサミケースとお揃いです。
2020110603.jpg
<参考過去記事>
●長靴リメイク、お手製ハサミケース⋯⋯百均素材で“なんちゃってレザークラフト”(→10/12の記事)


もしかするとロータリカッターは、もはや裁縫界における常識なのかもしれません。
でも、まだ使ってないよ~という方には私が自信を持ってオススメします。
我が家では使用のたびに「コレ最高!」と、いちいちキーキーと感激しまくる毎日です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

今年のカレンダーは最高でした。気に入ったので2021年分も同じ物を用意しました

ザックリ大雑把なpooh家にも、ミョーにこだわりまくることがあります。
その1つが「カレンダー選び」です。

毎年、年末が近づくと次年度分のカレンダーを1つ用意しています。
その条件は以下の通り、我ながらなかなか細かいです。

①卓上型
②1ヶ月ごとの月めくりタイプ
③サイズは可能な限り大きめ、但し設置時の安定感も重視
④写真・イラスト無しのシンプルなデザイン
⑤祝日が記載されている
⑥手書きで文字を書き込める余白有り
⑦書いた文字を消しゴムで消しても表面が凸凹にならない
⑧価格は安ければ安いほど◎。基本的には百均製品


我が家のカレンダーは日付確認用だけではありません。
外出スケジュールはもちろん、数日先の献立予定も常に記入しています。
献立は買い物内容によって急遽変更することも多いため、消しゴムで消して書き直すこともしばしば。
その他にも「歯ブラシの交換日」、「夫の散髪日」といった覚え書きもチョコチョコと記しています。
いわば生活の記録媒体、だからこそカレンダー選びに妥協は禁物!

そんな訳で毎年この時期はダイソーやキャンドゥの店頭でああでもない、こうでもないと悩みまくってきました。
しかし、今年はカレンダー選びの苦行からついに開放されたのです。

「パソコンカレンダーサイト」と出会ったから!

<パソコンカレンダーサイトとは?>
広島市西区在住の男性が個人で運営しているホームページ(→こちら)


管理人さんは「ネット上で自分好みのカレンダーを選んだり作ったりできたら便利だと思って」、当サイトを開設したそう。
種類も豊富なカレンダーをすべて無料でダウンロードさせてくれる太っ腹さが魅力です。
私自身はちょうど1年前にこのサイトをみつけ、2020年のカレンダーとして愛用してきました。

これがもう使いやすいのなんの!

⋯⋯という訳で来年の2021年分もプリントアウトしちゃいました。
A4サイズで1~12月までの12枚です。
2020110241.jpg
私が選んだのは「月間カレンダー」の「1ヶ月カレンダー カラー枠タイプ[ sp-1000 ]」。
7色ある基本色の中から「オレンジ」をチョイスしました。
その理由は自宅のプリンター内のインク事情。
4色のインクのうち、黄色が多めに残っていたから⋯⋯という超個人的な理由です(笑)

それはさておき、このカレンダーなら冒頭で羅列した「理想のカレンダー条件」もほぼクリア。
⋯⋯と言いつつも筆頭に挙げた「卓上型」ではありません。
実際、プリントアウトしたペラペラの紙×12枚では使いづらいことこの上なし。

もちろん紙をそのまま壁に貼って使うという手もあるでしょう。
しかし、我が家はリビングの飾り棚の上に置き、常に手に取れる状態で使いたい⋯⋯
そこで夫・ケッチーくんが一工夫を凝らしました。

彼はカレンダー専用スタンドを自作したのです。
2020110242.jpg
いえ、「専用スタンド」と呼ぶほどのものではありません(照)
ダンボールにA4サイズのクリアファイルを貼り付けた、なんともアッサリした作品です。

でも、しっかりした作りで安定感も抜群!
2020110243.jpg

このクリアファイルにカレンダーを挟み込めば、ほ~ら、見事な「卓上カレンダー」に!
2020110244.jpg

もちろん文字を記入する際には、そのつどクリアファイルから紙を引っ張り出す必要があります。
人によってはこれが面倒に感じるかもしれません。
でも、我が家はさほど苦に感じることなく、この10ヶ月間を過ごしてきました。
とにかく見やすいし、余白もたっぷり、そしてインテリアのジャマにならないシンプルさ。
今まで使ってきたカレンダーの中でベスト1だと感じています。

管理人さんがサイトを続けていく限り、私はこのカレンダーを使っていくでしょう(たぶん)

只今、来年のカレンダーを探している人も多いはず。
まずは一度「パソコンカレンダーサイト」を覗いてみてはいかがでしょうか?
アナタ好みの物がみつかるかもしれませんよ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

表面ボロボロのデスクチェア⋯⋯既製品の力も借りて完全再生!

PC画面をにらみながら夫・ケッチーくんが何やらジ~ッと考え込んでいます。

彼が座っているのはPCデスク専用のデスクチェア。
その肘当て部分には作りたてホヤホヤの「オリジナルカバー」が装着されています。
表面がボロボロと剥がれてきた合皮部分をなんとかしたくて、ケッチーくん自らが型紙起こし→ミシン縫製まで行なった力作。
その出来はなかなかのもので、当ブログ読者からもお褒めの言葉を頂きました。

<参考過去記事>
●合皮製デスクチェアの経年劣化⋯⋯あまりにもみすぼらしいので対策を打ちました(→10/16の記事)

2020101675.jpg

「でも、椅子本体の傷みにはどう対処すればいいのかなぁ?」とブツブツ呟くケッチーくん。
そう、肘当て部分はなんとかなったものの、表面の剥離は本体にも及んでいます。
これも合皮製品の宿命⋯⋯と開き直るのもアリでしょうが、やはり気になるところです。
2020102801.jpg
肘当て同様、当初はここもハンドメイドでクリアしようとも考えました。
しかし、形が複雑で素人には手に負えません。
おまけに表面積が大きいので、材料の布地も新たに買い足す必要があります。

材料費にお金をかけるくらいなら既製品の方が割安なはず。
そう考えたケッチーくんは「デスクチェアカバー」、「椅子カバー」等々のキーワードでPC検索を重ねていたのでした。
そして、ついに理想の品を見つけたのです。

その名も「LEKING オフィスチェアカバー(黒) Lサイズ」
購入価格は¥1.128でした(→Amazonの商品紹介ページ)
2020102802.jpg
実際に商品が届いた時点でもドキドキ状態⋯⋯
だって値段があまりにも安いし、サイズ感も心配です。
大きすぎてダブダブならまだしも、小さくて椅子が入らなかったら目も当てられません。

さっそく取り付けてみました。
2020102804.jpg

両サイドにはファスナーが付いています。
2020102805.jpg

そして完成!
2020102803.jpg
オーダーメイド並にジャストフィット!

「オレがきちんと椅子のサイズを測って選んだからね」とケッチーくんもご満悦。
その慎重さはもちろんですが、伸縮性の高い素材のおかげでピッタリと椅子が収まりました。
手作りの肘当てカバーとの相性も良く、オンボロ椅子も完全再生です。

そんな訳で今日も我々夫婦は代わりばんこにこの椅子に座り、ゴキゲンな時間を過ごしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

座布団の裏、コタツ天板の下⋯⋯コッソリと隠している我が家のヒミツ

コタツ布団の新調ついでに、先日、座布団カバーとマルチカバーを作りました。
前者は私、後者は夫の作品です。
2020102104.jpg
<参考過去記事>
●今年のコタツ、ガラッとイメチェン!(→10/21の記事)


手前味噌ではありますが、両方とも上手に出来たと思います。
しかし、ブログ読者の皆様にはここで白状しなくてはなりません。
実は今回の作品には小さなヒミツがあるのです。
2020102605.jpg
パッと見はごくベーシックな座布団2枚ですが⋯⋯
2020102606.jpg
カバー裏面は別布!
しかも右側の品にいたっては2種類の布をツギハギして使っています(笑)

でも、この程度ならカワイイもんです。
なんせマルチカバーの方は更に大胆な作りです。
2020102608.jpg
天板下に隠れる中央部はこれまた別布!
それも大判のチェック柄!
おまけにその右下部分には何やら意味不明のパッチワークまで施してあるのですから。

それというのも今回メインに使った生地が116×157㎝サイズだったからです。
2020102607.jpg
端切れとしては大判だけど、座布団カバー×2枚&コタツ用マルチカバーには明らかに不足。
そこを何とかならないものか⋯⋯と無い知恵を絞りました。
図面を引いてギリギリラインで裁断したのが正方形×2枚、三角形×4枚だったのです。
2020102603.jpg
↑これらを使うのは見える部分だけ、そして足りない箇所には別布を継ぎ足す。
非常に安直な策ですが、いざ完成させてみると意外とイケていました。
2020102100.jpg
どうせ来客などない我が家だもの、これで十分! と開き直っています。
でも、実際に誰かを迎えたら「ねぇねぇ、コレ面白いでしょ?」とわざわざ座布団をひっくり返したり、天板を外して見せびらかしちゃうかもしれません(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ