poohの毎日~40代でアーリーリタイアした夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活も8年目に入りました。シンプルに楽しく過ごす日々を綴ります。

「よっこらしょ」の代わりに私が使っている掛け声

ノンベンダラリと暮らすpoohにも「気合を入れる」シーンがあります。
ヌクヌクの布団から抜け出す時、やや面倒な家事に着手する時、筋トレ中に立ち上がる時⋯⋯
どれも「気合」というにはプチレベルですが(笑)、精神を集中し勢いをつけて臨んでいます。

この時に発する言葉といえば「よっこらしょ」(=どっこいしょ)が代表格でしょう。
poohもしばしば使います。
しかし、この掛け声は可能な限り避けたいのも事実。
だって自分の老化現象をモロに感じてしまうからです。
テレビ・雑誌の「老化チェック特集」にも、「無意識に『よっこらしょ』と口にする」という項目がたいてい含まれているんですもの、ここはやはりセーブしたい!

⋯⋯と、一人息巻いてみました。
これもアラフィフというビミョーなお年頃ならではの悪あがきです。
そんなpoohは「よっこらしょ」の代わりに、この言葉を使っています。

「トォッ!!」という掛け声です。

仮面ライダー風に「トォッ!!」と口にするだけで、お腹に力が入り瞬発力が生まれます。
その際に握りこぶしを勢いよく天に突き出せば更に効果倍増です(あくまでもpooh感覚)

すっかり気に入り、最近は何かにつけて「トォッ!!」 「トォッ!!」と口にするようになりました。
そして“イマイチ気が乗らない時用バージョン”も編み出したのです。
⋯⋯といっても、こちらは小さな声で「ト⋯⋯」と呟くだけ。
でも、これまた絶妙なエネルギー(但し超微量)を生み出し、重い腰も上がります。
掛け声のパワー、侮れません。

さぁ、皆さんもご一緒に!
「よっこらしょ」の代わりに「トォッ!!」で気合を入れ、今日も明日も頑張っていきましょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

次々に浮上する品薄問題の乗り越え術 ~ドライイーストを例に考えてみました~

買い物のたびにいちいちビックリする今日このごろ。
だって、さまざまなアイテムが次々と品薄になっているからです。
マスク、消毒液、トイレットペーパーに引き続き、体温計、ガーゼ生地、ミシン糸、ゴム紐⋯⋯etc
「えっ、こんな物まで?」と感じる品も少なくありません。

現在の品薄品は強力粉、ホットケーキミックス、生クリームというところでしょうか?
報道によると、ステイホームによって自宅でパン・お菓子作りをする方が増えたからだそう。
実際、pooh行きつけのお店の製菓用品コーナーも棚がスカスカ状態でした。
そんな矢先に「ドライイーストを分けて欲しい」と知人から連絡が入ったのです。

新型コロナの影響が、なんとドライイーストにまで及ぶとは(驚)
「ピザを作りたいのにイーストがどこにも売っていないの」と嘆く彼女のために、我が家のストックから20gをお裾分けしました。
ドライイーストならpoohはいつも500g単位で購入し、冷凍保存してあるからです。

<参考過去記事>
●我が家のドライイーストはコスパ重視で500gのフェルミパンです(→2014年4/21の記事)


さぁ、こうなってくると品薄現象ももう他人事ではありません。
もしもpooh自身が今回の知人と同じピンチに陥ったら、一体どうすれば良いのでしょうか?
ドライイーストを例にして対策を考えてみました。

その①:知人たちにヘルプ要請
今回は「分けてあげる」側だったpoohですが、実は他アイテムでこの手段を既に実行済み(照)
先日ミシン糸を切らしてしまい、実家の母から分けてもらいました。
「困った時はお互い様」という言葉を身にしみて感じた次第です。

<参考過去記事>
●品切れしているのはマスク・消毒液だけじゃなかった!(→4/22の記事)


その②:市販の代替品を模索
まずは「ドライイースト 代用」でググってみましょう。
すると出るわ出るわ、代替品情報がモリモリとみつかります。
その代表格はベーキングパウダー!
もちろんイースト使用とは若干風味が異なりますが、パン・ピザ生地作りのピンチヒッターとしては十分アリだとpoohも思います。

⋯⋯と言っても現在はベーキングパウダーも入手困難品。
でも、ベーキングパウダーの代わりに重曹を使うワザもあるし、更に掘り下げていけば何らかの手段がみつかるはず。
とにかく情報を集め、無い知恵を絞ってみるのです。

その③:自作に挑戦
世の中には知識人、器用な人が沢山います。
②同様ネットでググれば、そのお知恵をいくらでも教えてもらえます。
ちなみにドライイーストと同じ効能を持つ素材なら、pooh自身も自作経験アリ!
リンゴや玄米を発酵させて「天然酵母」を作れば良いのです。

<参考過去記事>
●リンゴ酵母(→2013年12/14の記事)(→2013年12/15の記事)
●玄米酵母(→2017年7/3の記事)


酵母はイチゴやヨーグルト、レーズン等でも美味しくできます。
但し、酵母作り及び酵母使用のパン作りはすべての人にオススメ! とはいきません。
ドライイーストと比べると、あまりにも時間がかかるからです。

パン作りを思い立ち準備スタート→完成までの所要時間はドライイーストなら3時間ちょっと。
しかし天然酵母だと最低1週間、長い時は2週間(!)必要です。
おまけに少々不安定なので、ヘタをすれば腐敗しちゃう恐れも。
アイテムによっては意外とチョロいハンドメイド作戦ですが、天然酵母は少々手強いと心しておいた方が良いでしょう。

その④:パン作り自体を諦める
①~③で悪あがきしていたくせに「諦める」では元も子もないような(苦笑)
でも、今の非常事態を思えばこれも致し方なしです。
幸いパンもピザも既製品が沢山売られているし、主食ならお米や麺類もあります。
趣味のパン作りはひとまず休止しても何ら問題ありません。

ちなみに「品薄品はメルカリ・ヤフオク等で探す」という手段もありますが、poohは利用しないつもり。
世にいう“転売ヤー”の懐を潤すのは小シャクだからです。
流通が正常化するのをジッと待つのも大人の嗜みだと考えています。

さて、ドライイーストを例にして、昨今の品薄問題の乗り切り術を書き連ねてみました。
「術」というにはイマイチ感も否めませんが、実はこれで結構イケるとも思います。
そうこうしているうちに、なんだか無償にパンを作りたくなってきました。
明日あたりpoohは小麦粉をこねまくっている⋯⋯予感がします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

お恥ずかしい話ですが…日本地図を見てビックリしちゃった私です

このたび自分の無知っぷりに衝撃を受けました。
ただただ赤面するばかりです。

いやぁ、沖縄って遠かったんですね!

「今更何を言っているのか?」と総ツッコミを受けそうです(照)
そもそも、どこを拠点にするかで「遠い」の概念も変わるでしょうが、沖縄といえば日本の最南端、遠隔地と称して良いでしょう。
しかし、poohときたらその位置を大幅に勘違いしていました。

まずは実際に日本地図を広げてみましょう。
右上から順々に「poohの居住地・札幌」、「東京」、そして今回の「沖縄・那覇」をマークします。

※Craft MAP(→こちら)の白地図を加工して使用
2020012704.jpg

沖縄本島は左下の隅っこ。
東京からの距離は札幌よりも離れています。
poohにはこれが驚きでした。
なんせ、今までなんとな~くイメージしていたのは緑色の円のあたり…本来よりもずっと本州寄りに捉えていました(改めて赤面)
「オイオイ、そこは鹿児島県屋久島だろう」と今更ながらの自分ツッコミ…

この事実に気づいたのはつい先日、人生初の沖縄旅行の準備中でした。
飛行機の発着時刻をチェックしているうちに「アレレ?」と疑問を抱いたのです。

新千歳→羽田の飛行時間は1時間半なのに、羽田→那覇が3時間っておかしくない?

ここで初めて正確な沖縄の位置を認識…という訳です。
でも、poohの勘違いにも一応は理由があります。
だって、沖縄って日本地図上では実際とは異なる位置に記されていることが多いじゃないですか!

例えば地図グラフの制作ツール「白地図ぬりぬり」(→こちら)では…
2020012707.jpg
本州との間の海洋部分が大きく省略されています。
また、pooh所有の地図帳でも、沖縄は本州の右下(太平洋側)や左上(日本海側)にチョコンと描かれているものばかり。

画面&紙面スペースの都合で、こうせざるを得ないのでしょう。
いやはや、おかげでpoohは沖縄の正確な位置をずっと知らずにきてしまいました。

改めて自分に言い聞かせています。
沖縄は遠いのです!

さて、今回の件をきっかけに、また改めて日本地図を眺めるようになりました。
やっぱり知らないことが多くて、いちいち新鮮です。
人生は日々勉強…とつくづく感じる今日この頃なのでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

「山わさび」ってご存知ですか?わさびとは別物なんです

「¥54なら安いよね」 「でも、コレってどう使うの?」
もはや定番となったpooh家の家族会議 (inスーパーの食品売場)です。
今回も真剣に討議を重ね、思い切って買ってきました。
2020012001.jpg
山わさびです。
ちなみに値引きシールが複数枚重なっている時は、1枚目をソロソロと剥がして直前価格まで遡るのも我が家の定番行事です。

<参考過去記事>
●「50円」の値下げシール。ドキドキしながら剥がしてみると…(→11/4の記事)

2020012002.jpg
見づらいですが、以前は¥108だった模様。
商品棚提示の元値は¥213だったので、半額→更に半額という行程を経たという訳です。

さて、この山わさびは一体どう使えばいいのでしょうか?
実はpooh家、その使い勝手をまったく知らないくせに購入しちゃいました。
20年前だったら、只々持て余すだけだったかもしれません。
でも、大丈夫、現代にはGoogle様という心強~いアドバイザーがいるんですもの!

<今回習得した山わさび豆知識>
①フィンランド、東ヨーロッパ原産の耐寒性の多年草
②日本原産のわさび(=本わさび)とは別物
③本わさびよりも安価なので、チューブ入り製品には山わさびが含まれていることが多い


フムフム、なるほど。
山わさびの最もメジャーな使い道はローストビーフの薬味だそうです。
そういえば「ホースラディッシュ」なるものがありましたっけ…あれが山わさびだったのですね。
でも、チューブ入りワサビにも使われるものならば、おろしてお刺身につけてもいいはずです。

しかし、今回の購入分は1回やそこらで使い切れる量ではありません。
2020012003.jpg
大丈夫、Google様は保存法も伝授してくれました!
山わさびは冷凍保存が可能です。
2020012004.jpg
さっそく10等分に分割し、1片ずつラップに包んでフリーザーへ。
おろす時に作業しやすいよう小さなスティック状にカットしました。
我が家ではショウガもこの方法で保管しています。

<参考過去記事>
●ショウガを冷凍保存(→2013年11/19の記事)


後日、夕食にお刺身を用意し、冷凍山わさびをすりおろしてみました。
2020012005.jpg
画像左が山わさびです(右はチューブ製品のわさび)
見た目は白くてわさびっぽくないけれど、ツーンとくる辛さは山わさびも同格!
いや、フレッシュな風味は山わさびの勝ちでした。
冷凍ストックがなくなるまで、思い切り楽しめそうです。

そんな訳で「見切り品でみつけたら即購入アイテム」の中に山わさびが仲間入りしました。
でも、やっぱりマイナーなのか、なかなかお目にかかれません。
次回見つけた時には、ガバっと食らいついてしまいそうです(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

声の老化をひしひしと実感…対策方法を調べてみました

年齢にはどうしたって勝てません。
でも、ギリギリラインでいいからそこをなんとか食い止めたい…最近とみに感じます。
そんな訳でpoohはせっせと悪あがき。
肌や髪のお手入れ、更には筋トレ、自転車トレーニング、ウォーキングと次々にアンチエイジングメニューを増やし取り組んでいます。

それでもやっぱり新たな老化現象が浮上しました。

それは「声」です。
声帯も老けるという情報は以前から小耳に挟んでいたけれど、なんとなくスルーしていました。
でも、最近明らかに喉が衰えたような気がします。
声のハリがなくなったというか、ガサガサしてきたというか…
さっそくネットでザックリと対策方法を調べてみました。

<声の老化を防ぐ方法・一例>
①早口言葉を唱える(毎日複数種類ずつ)
②朝昼晩に1分間ずつ、声を出して文章を読む
③「の~」と発声しながら低音→高音→低音と音階を上げていく(これを10回)


つまりはボイストレーニングですね。
どのメニューも毎日少しずつ継続していくことがキモだそうです。
足腰の筋肉同様、喉も意識して使い続けることが大切なのでしょう。

そんな訳でpoohも少しずつ声帯を鍛え直していくつもり。
老化防止策が更に増えて忙しくなりますが、これもアラフィフ世代の定めです。
いくつになっても軽やかな声でおしゃべりに興じるお婆ちゃんを目指します!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ