poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして6年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

♪私バカよね~♪ ハイ、その通りです

♪私バカよね~ おバカさんよね~♪
只今poohの脳内には、このフレーズが延々とリフレインしています。

そのタイトルは「心のこり」。
演歌界の大御所・細川たかしのデビュー曲です。
彼は、この曲で1975年の新人賞を総ナメにしました。

ちなみに同年の新人賞ライバルは岩崎宏美の「ロマンス」…こちらも名曲でしたねぇ。
幼かったチビpoohも
♪うしろゆ~び うしろゆ~び さ~されぇても♪ だの、
♪あなた お~ねがぁいよ~ 席をた~たなぁいで~♪ だのと熱唱したものです。
我ながらオマセさんでした(遠い目)

それにしても、あれから43年(!)
なぜ、今更ながらpoohが「心のこり」で頭をいっぱいにしているのかというと…
2018090562.jpg
真狩(まっかり)村に行ってきたから!

↑この画像では、よくわからないかもしれません。
よし、ズームアップしてみましょう。
2018090563.jpg
デ~ンと立つ「細川たかしの像」。その名も「熱唱」!

「エゾ富士 4分の3周サイクリング」(→9/3の記事)で立ち寄った、ここ真狩村は細川たかしの生まれ故郷です。
銅像は彼のデビュー20周年&真狩村開基100年を記念して、平成6年に建立されたものだそう。

サイクリングの途中で、「細川たかしの像」の案内板を偶然見つけたpooh家の2人。
好奇心と共に、この真狩川の河川公園へ向かいました。
今回は雲で山頂が隠れちゃっていますが、エゾ富士(=羊蹄山)を背にしたダイナミックなオブジェに大喜びしたのは言うまでもありません。
周囲に誰もいなかったのをいいことに、バシャバシャと写真を撮りまくってきました。

「良い物を鑑賞できた」と、帰宅後もpoohはご満悦だったのです。
しかし、その感動をブログに綴ろうと、銅像の詳細をググっているうちに痛恨の事実発覚!

あれは「歌う銅像」だった(愕然)

銅像の土台側面に手形のセンサーが設置されていたそう。
そこに手を当てると、彼の代表曲4曲が結構な音量で流れる…というではありませんか。

●参考記事:歌う像 細川たかし記念像(→フォートラベルの記事)

え~、現地にそんな案内などなかったよ~と、今更嘆いても手遅れです。
カメラ操作に夢中で、銅像そのものに近づかなかったことが裏目に出ました。
あぁ「北酒場」、「矢切の渡し」、「浪花節だよ人生は」、そして「心のこり」…聴きたかった…

教訓:展示物は細部まで要チェック

そんな訳でpoohの脳内テーマ曲が ♪私バカよね~♪ に。
今後、真狩を訪問される皆さんは、どうぞ“たかし”の唄を聴いてやって下さい。
2018090564.jpg
さて、その銅像ですが、細川たかしよりも森進一に似ているとpoohは感じました。
でも、メジャーデビュー前の彼は“札幌の森進一”と呼ばれていたので、コレはコレでありでしょう。

「上京前は札幌・ススキノのクラブで唄っていた」
「スキーが得意で一級を取得済み」
「ああ見えて、キティちゃん好きの“キティラー”。しかも、そのきっかけは少年隊・植草カッちゃん」
銅像との出会いによって、poohはちょっとした「細川たかし博士」になりつつあります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

ラスト1枚の青春18きっぷ…さぁ、どうする?

格安料金でJRを楽しめる「青春18きっぷ」。
pooh家もすっかりヘビーユーザーです。
しかし、夫婦2人旅メインの身には、ちょっとした問題も発生します。

5枚綴りのため、どうしても1枚余りがち。

2人✕2回の旅行後に、ハンパな1枚が発生してしまいます。
でも大丈夫! 我が家は秘策(?)を編み出しました。

3回目の青春18使用時は、「一日散歩きっぷ」(¥2,260)を1枚購入します。
1人が青春18、もう1人が「一日散歩きっぷ」を使うという訳です。
この手法はJR北海道のみ、しかも土日限定で路線にも制約がありますが、pooh家にはバッチリ!

●参考過去記事: 残り1枚となった青春18きっぷ。2人暮らしの我が家ではこうやって使います(→2016年8/30の記事)

さて、今年も「一日散歩きっぷ」を併用して、シーズン最後の青春18旅に出かけてきました。
My自転車を持参した輪行旅行です。
まずはJRで札幌→小樽経由で、倶知安(くっちゃん)駅へ。
現地で自転車を組み立て、“エゾ富士”の麓をグルっと一周サイクリングしました。


<エゾ富士とは?>
正式名称は「羊蹄山(ようていざん)」。標高1,898mの成層火山。


上記地図でわかる通り、正確に言うと「一周」ではなく、4分の3の周回です(照)
まぁ、この中途半端さもpooh家らしくて良いでしょう(更に照)
その羊蹄山をずっと右側に眺めながら、しっかりとペダルを漕ぎ続けてきました。

①朝10時のサイクリングスタート直後は 「どれが山?」という状態
2018090502.jpg

②スタートから1時間。その姿が次第に明らかに
2018090503.jpg

③更に30分後 「あっ、てっぺんが見えた~!」
2018090504.jpg

ちなみに当初のスケジュールは下記。
2018090506.jpg

予定では40kmのサイクリング終了後は、ニセコ駅からJRに乗るつもりでした。
でも、1時間ほど早く到着できたため、調子に乗ったpoohたちは更に12km西に進み、1つ先の「昆布駅」(上記地図の★印)まで自転車を走らせたのです。
自転車走行距離は40km+12km、つまり52kmになりました。
2018090505.jpg

麓とはいえ、上り坂も多かった今回の道のり。
ハードだった分、充実感いっぱいの1日でした。

有効期限9/10の今シーズンの青春18も、これにて完全消化。
「この切符で平取(→7/29の記事)、旭川(→9/1の記事)、そして羊蹄山に行ったんだなぁ」と、しみじみと今年の夏を振り返っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

青春18きっぷで旭川へ…しかし、旅のクライマックスは現地を発ってからでした

「う~む、3時間もかけて、ここまで来たのに…」
2018090101.jpg

JR旭川駅にて恨めしげに空を見上げました。
天気予報を信じて早起きした結果が、まさかの雨…う~ん、痛恨です。

<当初の予定> 
①6:00札幌発→8:54旭川着 (青春18きっぷ利用)
②持参した自転車を組み立て、北鎮記念館(→オフィシャルHP)
③旭川ラーメンの人気店・蜂屋(→食べログの記事)でランチ
④旭川市内→神居古潭(カムイコタン)→JR滝川駅まで50kmサイクリング
⑤15:45滝川発→岩見沢で乗り換え→17:19札幌着


①と⑤はJR、②~④は自転車利用の輪行プランです。
まぁ雨といっても霧雨だったので、②③までは決行しました。
しかし、今回最大の山場ともいうべき④は無念のリタイアに。
濡れた路面のサイクリングは危険過ぎるからです。

結局、ランチ後は駅前のイオンでダラダラと2時間を潰しました。
特急なら30分毎の運行なのに、普通列車は3時間待ちもザラ…これも“青春18アルアル”です(悲)

その後、13:47発の電車で旭川を後にしました。
滝川、岩見沢で乗り換えて16:19札幌着予定…当初の予定より早めです。
でも、北鎮記念館もラーメンも楽しめたから、これはこれで良しと自分を慰めるしかありません。
しかし、あぁ、なんということでしょう。
車窓から見える空は、いつのまにか晴れ、道路も乾いています。

よし、岩見沢からはサイクリングで札幌を目指そう!
2018090102.jpg

そんな訳で15:24、岩見沢で電車を降りました。
ここの駅舎(2007年完成)は、とてもオシャレで有名です。

窓枠には、実際に線路で使われていたレールを再利用(合計232本)
本来の線路同様1.1m間隔で配置したレールで、「鉄道で発展した岩見沢」の歴史を象徴するなんて粋な計らいです。
2018090103.jpg

また、外壁レンガには、寄付者の方々の名前&出身地を刻印(合計4777個)
レンガは、北海道の伝統的な手法「小端空間積み」を再現した工法で積まれています。
2018090104.jpg
2009年「グッドデザイン賞・大賞」(内閣総理大臣賞)、2010年「日本建築学会賞」、2011年「ブルネル賞」受賞と、世界的にも評価の高い建物に見とれつつ、駅前広場で自転車を組み立てました。
そして40kmサイクリングに繰り出したのです。

さぁ、札幌へGO! ※(A)地点が岩見沢


夕方スタートということもあり、車の往来が多い国道は避けました。
地元名産の玉ネギ畑や、刈り取り目前の稲穂を眺めながら夕日に向かって走ったのです。
2018090105.jpg
そして3時間後、無事に自宅に到着。

「旭川も良かったけれど、やっぱり今回のクライマックスは岩見沢だったね!」
そんなことを夫・ケッチーくんと語り合っています。
もちろん、今回断念した旭川→神居古潭ルートのことも忘れません。
来年には必ずや…と、今からリベンジを企てています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

「まるで消化試合」と周囲から笑われようが、自分のスタイルを貫いています

旅行には2種類のスタイルがあります。
1つはノープランで気の向くままに過ごす「きまぐれ旅行」。
それに対抗するのは、事前計画を立ててから臨む「計画旅行」です。
pooh家は断然、後者派です。

もちろん、「きまぐれ旅行」も魅力的です。
でも、pooh家は2人揃って、情報収集&プランニングが大好き♡
我が家の「旅行」は、この段階からスタートしていると言っても過言ではありません。

さて、先日の新十津川(しんとつかわ)行きの際も、キッチリカッチリ計画を立てて出発しました。
そもそも、この地に向かうJRが1日1本(!)ですから、当然といえば当然でしょう。
おまけに復路は75kmサイクリング…
体力の限界スレスレとあらば、道に迷う訳にもいきません。
コンビニすらない田舎道では、休憩場所の事前チェックもキモとなります。

JR時刻表、Google Map、各施設の紹介サイト…今回も時間の許す限り下準備を行ないました。
当日、思い切り旅を楽しめたのは、すべてこの計画性のおかげです。

●参考過去記事:鉄道マニアの“聖地”から8時間かけて戻ってきました(→8/12の記事)


今回のプランは以下のとおり。
★A地点・新十津川で、2つの記念館を見学。
 ・新十津川町開拓記念館(→トリップアドバイザーの記事)
 ・新十津川物語記念館(→じゃらんの記事)

★B地点・鶴沼で「ぼたん亭」のそばのランチ(食べログの記事)
★C地点・当別で、「パン屋 きみかげ」(→食べログの記事)


もちろん、各施設の休業日、営業時間等の確認も抜かりありません。
夫・ケッチーくんに至っては道路の状態までGoogle Map画像でチェックという周到ぶり(笑)

こんな調子なので、旅行本番は淡々と計画をなぞっていくのみでした。
捉え方によっては、「消化試合」にしか見えないかもしれません。
でも、自分で作ったプランを予定通りこなしていく爽快感も良いものです。
2018081407.jpg
前もって調べていなかったら、まず見落としていたであろう「きみかげ」のパンに巡り会えたのも、今回の旅の収穫でした。
さぁ、次はどこに向かおうか…今日もpooh家はせっせとプランニングに励んでいます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

鉄道マニアの“聖地”から8時間かけて戻ってきました

毎年確実に重なっていくもの…それは年齢。
でも、poohは一向に衰えることなく、むしろパワフルになっています(あくまでも現時点では)

今回も頑張りました。
新十津川→札幌の75kmサイクリングに挑戦したのです。


<新十津川 (しんとつかわ)とは?>
北海道の空知地方中部にある町。(上記地図のA地点)
総人口は6,671人(2018年3/31現在)(→新十津川町役場のオフィシャルサイト)


出身有名人はレオナルド熊…と、派手さには欠ける街です。
でも、鉄道マニアの間ではJR新十津川駅は“聖地”の1つ。
なんせ、ここを行き来する電車は1日1往復しかありません。
午前9:28着の電車が32分後に札幌方面に向かってしまうと、その日の営業は終了です。
つまり、「日本一 終発の早い駅」!

実はpoohは一昨年(①)、昨年(②)と、2年連続でこの地を訪れています。
①②共に往路はJR利用、でも、復路はそれぞれ異なるpooh家オリジナルルートを辿りました。

【過去の復路ルート】
①徒歩で滝川へ向かい、JRに乗って札幌へ(→2016年8/10の記事)
②持参したMy自転車を新十津川で組み立て、滝川→砂川→月形をサイクリング。そこからJRに乗って札幌へ(→2017年8/20の記事)


①の歩行距離は3km、②の自転車走行距離は45km。
そし3年目の今回、ついに完全自力帰還に挑戦しました。
長距離サイクリングは、先日の夕張→札幌の65km(→6/29の記事)が自己最長。
75kmという未知の世界に自ら飛び込んだのです。

↓作成したスケジュール
2018081215.jpg

当日は自転車入りの大荷物を抱えてJRに乗り込みました。
夏休み中ということもあり、一両編成の電車は鉄道マニアでほぼ満員!
皆で、この小さな無人駅・新十津川を目指したのです。
2018081211.jpg

9:28に駅に着いた乗客のほとんどが、32分後の10:00に札幌方面に戻っていきました。
それを見送りながら、夫・ケッチーくんと共に自転車を組み立てたpoohです。
2018081212.jpg

現地観光を楽しみながら、せっせとペダルを漕ぎました。
2018081213.jpg

途中でランチやおやつを食べながら、夏の北海道を満喫♪
2018081214.jpg

そして18時に自宅到着。
のんびり走ったので8時間もかかっちゃいましたが、その達成感はサイコーでした。

結論:オバサンだって、やればできる!

着々と走行距離を伸ばす自分に一人ウットリしています。
でも、これ以上はやっぱりキツイかもしれません。
体力的にはまだ余裕があるけれど、如何せんお尻が痛い…
久々に自転車のサドルの硬さを実感しましたねぇ。

それでも既に次のサイクリングプランを立案中。
この夏、また1つ歳を取ったpoohだけど、まだまだやれると自分で自分を励ましています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ