poohの毎日~40代でアーリーリタイアした夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活も8年目に入りました。シンプルに楽しく過ごす日々を綴ります。

マイナポイントの落とし穴⋯⋯私もズッポリとハマりました

前々からウワサには聞いていたけれど、まさかここまで面倒なものとは⋯⋯
7/1よりスタートしたマイナポイント申請はpoohもかなり手こずりました。

<マイナポイントとは?>
マイナンバーカード普及に向けた取り組みの1つ。
キャッシュレス決済サービスを通じて買い物、もしくはチャージをすると25%のプレミアム(上限¥5,000)が付与される(→総務省公式サイト)


⋯⋯と言っても今回のマイナポイントは自分の分ではありません。
我が家も申請する気マンマンですが、肝心のマイナンバーカードをつい先日に申し込んだばかり。
つまり、マイナポイントの手続きはまだまだ先(1ヶ月後くらい?)の話です。
今回は実家の両親名義(2人分)の作業を行ないました。

「マイナポイントやらを利用したい」と彼らから頼まれ、実家に向かったのは7月某日。
もちろん事前にネット検索を重ね、ガッツリと予習もしておきました。

●用意するもの
マイナンバーカード、暗証番号(数字4桁)、利用する決済サービスのID&セキュリティコード

●必要な環境 (A~Cのどれか)
A:マイナポイントアプリ対応のスマホ
B:ICカードリーダライタ付きのパソコン
C:コンビニ・郵便局等に設置されている専用端末

●申請プロセス
①「予約」画面を開いたスマホ(PC、専用端末)にマイナンバーカードのICチップを読み込む→暗証番号入力(※)
②「申込み」画面を開き、決済サービスを検索→必要事項入力
③再びICチップ読み込み→暗証番号入力(※)
(※)iPhone利用の場合は暗証番号入力→ICチップ読み込みの順


両親はマイナンバーカードを交付スタート時(2016年)に取得済み。
そして決済サービスにはWAONカードを⋯⋯とのことでした。

申請に使う機器はスマホ(Android)です。
pooh自身のスマホは「マイナポイントアプリ」非対応だけど、両親の機器ならOKだからです。
これなら実家にいながらにしてサクッと作業できるはずと当初は考えていました。
ところがドッコイ! 作業開始直後からpoohは大苦戦を強いられたのです。

苦戦①:スマホがICチップを読み込まない!
実は、この件については事前からある程度の覚悟はしていました。
既に申し込みを終えた方々の体験談を見る限り、1発でこの作業に成功した人などいないからです。

・机の上にカードを置き、その上にスマホを乗せて作業せよ。
・暗証番号入力中もスマホを1ミリたりとも動かしてはならじ。
・とにかくスマホとカードをピッタリあて続けるべし。


上記が先駆者たちが編み出した「ICカード読み取りのコツ」。
この情報を知らなかったら、poohなど開始早々から完全にお手上げだったことでしょう。
いや、予習済みだったにも関わらず、「カード読み取りに失敗しました」のエラーコードを10回以上突きつけられました。
いやはや、聞きしに勝るとはまさにこのことです。

苦戦②:電子証明書が有効期限切れ!
マイナンバーカードには「電子証明書」なるものが標準的に組み込まれています。
この有効期限は5年で、2016年作成の両親分はそれぞれつい先日に期日を迎えていました。

実は更新手続きの案内書が届いていた時点で、両親は一度区役所に行ったそう。
しかし、新型コロナの混乱で現場はてんやわんや、更にはサーバーダウンまで発生中で、その時は申請手続きがストップしていたとのことでした。
「コンビニ交付等の予定がなければ、このままでも大丈夫ですよ」という区役所の担当者のアドバイスもあり、彼らはそのまま放置していたのです。

しかし、マイナポイントの申請には電子証明書が必要のよう。
だってpoohの手元のスマホには「電子証明書有効期限切れ」という一文が表示されており、その先のプロセスに進めません。
やっとの思いでICチップ読み込み→暗証番号入力までいったのに、なんて非情な仕打ちでしょう。
しかも電子証明書の更新はスマホ・PCの利用は不可。
役所の窓口のみの対応です。

仕方ないので高齢者2人(両親)を連れてpoohは区役所に向かうことに。
でも、これも悪くない⋯⋯と良い方に解釈し、自分で自分を慰めていました。
だって区役所にはマイナポイント専用窓口が設置されています。
専用端末を使えば申請作業など楽勝のはず!
スマホでチマチマ入力作業をするよりもずっとスムーズに事が運ぶと読んでいたのです。

⋯⋯しかし、これまたそう上手くはいきませんでした(痛恨)

苦戦③:電子証明書の更新後すぐのマイナポイント申請は不可!
いやぁ、これは盲点でした。
電子証明書を更新したら、そのまま区役所内で一気にすべてを片付けようというpoohの目論見は見事にハズレてしまったのです。

20人待ちの行列に並び、30分かけて電子証明書を更新。
その後、両親と一緒にpoohはマイナポイント専用窓口に向かいました。
入室と同時に「マイナンバーカードとWAONカード、それぞれ2人分です」と鼻息荒く専属スタッフに差し出したpooh、なかなか迫力あったと思います(照)

しかし、いざ作業が始まるとあっという間に端末画面はエラーモードに。
「すみません。明日以降にまたお越し下さい」というスタッフの言葉にガックリと肩を落としました。

・電子証明書を更新した場合、24時間はマイナポイントの申込手続は不可。

恐るべし、マイナポイント!
本件に関してはpooh、ボッコボコに落とし穴にハマりました。

しかし、ヘコタレてなどいられません。
この日、poohは両親のマイナンバーカードを預かって自宅に帰りました。
彼らのWAONカードのID&セキュリティコードもメモっておいたのです。
そして後日、1人で「マイナポイント手続スポット」(今回は郵便局)に赴き、キッチリと作業を完了させました。
これまたビミョーに使いづらい端末でしたが、まぁスマホよりはマシだったとも思います。

近日、自分たちのマイナポイントの申請も行なう予定。
今回の経験を活かし、次回は何ら戸惑うことなくサクサクと作業をすることでしょう。

そんな訳で今のpoohははちょっとしたマイナポイント博士です。
「手続スポットは全国に9万箇所!」
「ポスターに描かれたウサギは『マイナちゃん』っていう名前なんだ!」
⋯⋯という駄ネタまで絡め、夫・ケッチーくん相手にレクチャーしまくる日々を送っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

電気VS都市ガス、どっちが安い?改めて検証してみました

以前、電気と都市ガスのコスト検証をしたことがあります。
片方は電子レンジ、もう一方はガスコンロを使い、それぞれモヤシを加熱調理しました。
その結果は電気代¥1.06、ガス代¥2.97。
つまり電子レンジの圧勝でした。

<参考過去記事>
●節約対決!電子レンジVS都市ガス(→2014年7/11の記事)


⋯⋯と、6年も前の過去記事を掘り起こしたのには理由があります。
実はpooh家、このたび「電気ケトル」の導入を検討しました。
それもオーソドックスな物ではありません。
細口ノズルのドリップケトルタイプです。
2020071001.jpg
※画像はメーカー「山善」の公式サイト(→こちら)から拝借しました。

そう、今回の最大の目的は「コーヒーを美味しくドリップできるようになりたい」。
そのためには1℃単位の湯温管理がキモと知り、最適な道具を追い求めてこの山善製品「YKG-C800」に辿り着きました。
これなら60~100℃まで1℃単位で温度調節可能だし、そのままドリッパーにも注げます。

ちなみに本体価格は¥6,000前後と許容範囲内。
しかし、毎日使う物なのでランニングコストも事前に確認しなくてはなりません。
6年前のコスト検証は電子レンジ使用だったので、今回も同様とは限らないからです。
さっそく電卓を使ってそれぞれの光熱費を出してみました。

①電気ケトルYKG-C800
ネット情報によると本製品の消費電力量は1000W。
そして水800mlを沸騰させた時の所要時間は5分間だそうです。
この数値を元に算出すると、電気料金は¥2.24になります。

<算出方法>
1000W=1kW
1kW×(5分間÷60分)=0.083kWh
¥27.0(※)×0.083kWh=¥2.24
(※)電気単価は全国家庭電気製品公正取引協議会で定めている 1kWh¥27.0で設定

②都市ガス
2020071003.jpg
①と同量(800ml)の水をステンレス製ヤカンに入れ、強火で沸騰させました(加熱時間3分50秒)
使用前・使用後のメーターをチェックして出した使用ガス量は0.0155㎥、ガス料金は¥2.92です。

<算出方法>
¥188.5(※)×0.0155㎥=¥2.92
(※)pooh家契約の北海道ガスの単価は1㎥=¥188.5 

ちなみに②は水温22℃からのスタートでした。
①の加熱前水温は不明なので単純比較はできませんが、¥2.24と¥2.92という数字を見ると今回も「電気の方が割安」という結果です。
よし、これなら電気ケトルを買っても大丈夫でしょう。

⋯⋯という訳でさっそくポチっちゃいました。
購入価格¥5,399なり!
2020071002.jpg
ウフフ、なかなかステキ♡ スタイリッシュなビジュアルがまさにpooh好みです。
これで美味しいコーヒーを淹れるとしましょう。
もちろんコーヒー以外でも中級煎茶で80〜90℃、玉露なら70℃と今後はお茶によってそれぞれキッチリと湯温管理をしていくつもりです。

YKG-C800の使い勝手については、また後日改めて記事にしますね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

料金体系が他社とは別物!新電力会社「ダイレクトパワー」と契約してみた

電気料金をもっと安くしたい!
そんな節約心から電力会社の見直しを計りました。
ちなみにpooh家の電気料金は昨年1年間で¥44,752(使用量1447kwh)です。

これで2度目の電力会社変更になります。
前回は2016年、電力小売自由化をきっかけに北海道電力から「北ガスの電気」に乗り換えました。
結果は上々⋯⋯でも、3年目でほぼ頭打ちとなり、これ以上の料金削減はちょっとムリそう。
再び数々の電力会社をリストアップし、比較検討を重ねました。

~「北ガスの電気」を選んだ際の過去記事~
●調べてみました。電力小売自由化で我が家の電気代はどう変わる?(→2016年1/9の記事) 
●電力小売全面自由化から1年経過・・・我が家の判断は吉と出たのか?(→2017年3/15の記事)


そして「コレだ!」という会社と契約しました。
「ダイレクトパワー」です。

<ダイレクトパワーとは?>
(株)メディオテック(戸建住宅の電気設備工事会社)のグループ企業。
2019年4月に新電力会社としてサービス開始。
「市場価格連動型」という特徴的な料金体系をとっている(→公式サイト)


そう、ダイレクトパワーの最大の特徴は「市場価格連動型」。
卸電力取引所(JEPX)の取引価格に連動し、30分ごとに料金単価が変わるシステムです。

「電気単価が毎日変わる? しかも30分単位で?」と驚いた方も多いはず。
実は電気の市場価格(原価)は日々刻々と変動しています。
毎日30分✕48コマ分の価格が季節や天候等の条件を反映して決まり、前日にJEPXから発表。
各電力会社はこの市場価格で電気を買い、一般家庭に小売⋯⋯という流れです。

皆さんご承知の通り、普通の電力会社の料金は市場価格と連動などしていません。
あらかじめ各社独自の単価を設定し、それを元に契約プランを作っています。
それに対し、ダイレクトパワーは「ナマの市場価格+手数料等」と非常に斬新!

つまり、ダイレクトパワーなら安い時間帯に集中的に電力消費、かつ高い時間帯の使用は控え、金額を抑えることが可能です。

事前に市場価格をチェックし、当日の電力使用の時間帯をコントロールするのです。
もちろん冷蔵庫や待機電力等はそのままですが、オーブン、アイロンといった消費電力高めアイテムを安価な時間限定にすれば料金が割安になるというわけ。
このダイレクトパワーでpooh家は電気料金削減を目指します!

⋯⋯と熱くその魅力を語りましたが、ダイレクトパワーは決して万人向けではないのも事実。
メリットがあれば当然デメリットも存在します。

市場価格をそのまま⋯⋯ということは、高騰時の影響も直接受けるということ。
全国的に電気消費量が増える真夏や真冬はもちろん、地震・台風等の災害時には一気に料金が跳ね上がることを覚悟しておく必要があります。

また、価格変動のパターンは毎日大きく変わり、事前予測もできません。
下記の折れ線グラフは①が6/7(日)、②が6/11(木)分ですが、それぞれ完全に別物です
この波に合わせて当日の行動をいちいち変更するなんて、一般家庭には厳しすぎます。

<例①:6月7日(日)の市場価格>
2020061501.jpg

<例②:6月11日(木)の市場価格>
2020061502.jpg

しかし、我々pooh家ならならできるはずです。
なんせアーリーリタイアした身なので、当日の行動も自由自在。
さっそく①の日は11:00~13:00、②の日は6:00の起床と同時にパン作りや電子レンジ調理を行ない、効率的に電気を消費しました。
「折れ線グラフが下がった瞬間が電力消費タイム」は早くも夫婦間の合言葉になりつつあります。

このダイレクトパワー作戦が吉と出るか凶と出るか? 現時点ではまだなんとも言えません。
でも、毎日電気単価をチェックしながらの生活も意外と楽しく、我が家向きだと感じています。
本件については今後もちょくちょく経過報告していきますね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

ヤボだなぁと思いつつも、やっぱり電卓を叩いてしまいました

「金に糸目はつけないぜ」⋯⋯なんて粋なセリフなんでしょう!
でも、pooh自身はお金の糸目つけまくり、しかも常にギッチギチです(笑)

そんなpoohが本格珈琲(←あえて漢字表記)に首を突っ込みました。
自分で焙煎したコーヒー豆をクラシカルな電動ミルにかけ、ゆっくりとハンドドリップ⋯⋯
こだわりいっぱいの趣味の世界です。

<参考過去記事>
●ちょっとマニアックな「ボンマックBM-250N」⋯⋯私の巣ごもりグッズです(→5/11の記事)
●百均グッズでプチカスタマイズ。電動コーヒーミルの弱点を克服しました(→5/18の記事)
●コーヒー豆を自力焙煎してみました。実際に飲むまで3日もかかりました(→5/22の記事)


しかし、やっぱりpoohはpoohでした。
コーヒーブレイクを楽しみつつも、脳内では相変わらず電卓を叩いています。

~その一例~
①購入した生豆は5kg¥3,676→つまり¥74/100g
②初回焙煎で使用した生豆は212g→¥156分
③焙煎前に豆の選別をしたところ標準値の豆は212g中190g→可食部率89.6%
④選別による不良豆は212g中12g→廃棄率5.7%
⑤190gの生豆を焙煎すると160gに→目減り率84.2%
⑥完成した焙煎豆は¥156÷160g=¥9.8/100g
⑦コーヒー1杯に10gの豆を使用→つまり1杯あたり¥9.8

もともと飲んでいたレギュラーコーヒー(スーパーの特売品)は300g¥300ほど。
つまり¥10/100gですから、上記⑥とほぼ同額です。
でも、己の欲目を差し引いても、味は自作品の方が断然上!
自家焙煎デビューのお手本にした市販豆(¥20/100g)よりも美味しく感じたくらいです。
2020051813.jpg
それにしても趣味の世界でこんなにも必死に電卓を叩くなんて、あまりにもヤボ(苦笑)
美味しいコーヒーを淹れたなら、その味を楽しむことのみに集中した方がスマートだとも思います。
でも、poohにとってはコスト計算までが一連の娯楽。
「お金の糸目はつけつつも、その中で最大限楽しむ」がpoohスタイルなんですもの!

さて、そんなpoohのコーヒー道はまだまだ発展途上です。
今後もシビアに電卓を叩きながら、より良い味を追求していくつもりです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

アーリーリタイア夫婦の年間光熱費…昨年&一昨年の数字も掘り起こしてみました

先週、家計簿の2019年度データを取りまとめました。
ギリギリながらも年間支出を予算(200万円)内におさめ、ホッとした次第です。

●参考過去記事:アーリーリタイア夫婦の年間生活費 ~2019年度決算~(→4/3の記事)

しかし、これにて一件落着とはいきません。
光熱費の検証が中途半端のままだったので、本日キッチリとカタをつけます!

さて、先週ご報告した2019年度光熱費は¥96,265でした。
これは前年比80.2%の好記録…しかし、灯油代未発生というオチを含んだ数字です。
例年なら年度内に行なう灯油注文を今年はあえて見送っていました。
世界的な原油安傾向にあったため、新年度スタートの4月まで持ち越す方が割安と読んだのです。

そんなpooh家の作戦は大当たり!
4月某日に67円/Lのお手頃価格で1年分の灯油を入手しました。
¥25,891の代金(351.3リットル分)は2020年度分の光熱費として計上します。

この年度またぎの灯油代も含め、一表にまとめました。
2020040910.jpg
※北海道の一戸建、夫婦2人暮らし
※金額は税込み
※ガス:都市ガス。調理コンロで使用
※灯油:ストーブ&給湯ボイラーで使用


家計簿は金額欄しか見ない…という方も多いと聞きます。
しかし他項目ならともかく、光熱費は「使用量」をチェック! というのがpoohの持論。
灯油価格は常に変動しているし、昨今は電気・ガスの単価値上げも著しい…しかも2019年度は10月から消費税もUPしました。
こうした外因をいちいち考慮するよりは、使用量に着目した方がスムーズに検証も行なえます。

…と力説しつつも、2019年度のpooh家は使用量・金額共に前年オーバー(照)
でも、これには理由があります。

表の「前年」、つまり2018年度は丸々1ヶ月、自宅を留守にしていました。
4月半ばから5月にかけて、京都のマンスリーマンションに滞在していたのです。

●参考過去記事:1ヶ月間の潜伏生活を終えました。さっそく情報解禁です(→2018年5/24の記事)

不在期間が長ければ当然光熱費も縮小します。
つまり、上記の前年オーバーは「分母が小さかったため」(言い訳?)
それならばということで、今度は一昨年(2017年度)と比べてみました。
2020040911.jpg

フムフム…水道使用量の110.3%が気になりますが、電気・ガスについてはほぼ同レベル。
アーリーリタイア以来、毎年少しずつ光熱費を削減してきたpooh家も、どうやらこの辺で底打ちなのかもしれません。
でも、節約には今後もアグレッシブに取り組んでいくつもりです。

これで2019年度の家計簿にも決着をつけました。
さ~て新年度はどんな節約ワザを取り入れようかな…只今あれこれ思案中です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ