poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして6年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

たかが290メートル…とナメていたら、エライ目にあっちゃいました

poohはパワフルなオバサンです。(略して“パワオバ”)
40代も終盤となった現在も、体力(だけ)は衰えていません。
しかし、今回の四国旅行では、その鼻っ柱をへし折られた場面もありました。

それは徳島市・眉山での出来事です。

<眉山(びざん)とは?>
徳島市街の南にそびえる山。
どの方向から眺めても眉の姿に見えることから、その名がついたといわれる。

2018111404.jpg
↑左右が見切れていますが、中央に見えるのが眉山です。
「眉(まよ)のごと雲居に見ゆる阿波の山 かけて漕ぐ舟泊(とまり)知らずも」と、万葉集でも詠まれた徳島市のシンボル的存在。
もちろんpooh家も、この山の観光を出発前から決めていました。

「眉山って標高290mなんだって。ロープウェイもあるけどキミは自力で登れるかい?」
夫・ケッチーくんからの打診に 「そんなのお茶の子サイサイだよ~ん」と答えたpooh。
これが富士山だったら、さすがにビビりますが、290mなんて、その10分の1以下です。
自称・パワオバなら鼻歌まじりでスタスタ歩ける…と考えていました。
今回の旅行はジーンズ&スニーカーの軽装だし、手荷物も宿泊ホテルに預ければ、何ら問題なしと判断したのです。

しかし、いざ登り始めてから、己の甘ちゃんぶりを大後悔。
2018111401.jpg
この悪路は一体…(愕然)

最初は石段だったのに、途中からいきなり急傾斜のボコボコ道に。
当然手すりなどありません。
ちょっとでも油断したら足を滑らせて横道に落下しそう…まさに冷や汗モノでした。

「うぅっ、こんなハズじゃなかった…」
手荷物をケッチーくんに託し、ヘッピリ腰でヨロヨロと登りました。
ロープウェイだったら、たったの6分間の道のりを、40分以上かけてやっと頂上に着いたのです。
いやはや山を舐めてはいけません。

しかし、苦労しただけあり、山頂からの景色はサイコーでした。
最初は曇り空だったのに、いつのまにか青空が顔を出し、清々しいことといったら!
淡路島や紀伊半島も見えましたよ。
2018111402.jpg

こちらは仏教寺院・パゴダ平和記念塔。
2018111403.jpg

帰りも自力で下山しました。
下りは下りで、おっかなビックリだったことは言うまでもありません。
やっとの思いで麓に辿り着いた時は、心底ホッとしましたねぇ。
その後の「ラーメン東大 大道本店」(→オフィシャルサイト)の「徳島ラーメン」が最高でした!
2018111405.jpg

それにしても「体力には自信アリ」と言っておきながら、なんともブザマな自分に反省いっぱい。
でも、今回の登山をきっかけに、また新たな課題が見いだせたのも事実です。
帰宅後は足腰を鍛えるためのスクワットを日課に加え、「パワオバ」存続に向けて文字通り踏ん張っているpoohなのでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

「水曜どうでしょう」の名シーン…はるばる四国まで行って再現してきました

「どうしてもアレをやってみたい」
今回の四国旅行を決めた時から、ずっと考えていたことがありました。

それは「水曜どうでしょう」(以下 水どう)の名シーンの再現です。
その名も “エヘヘの小坊主”!
エヘヘ フィギュア
<エヘヘの小坊主とは?>
「水どう」が番組企画として行なった四国八十八箇所巡礼(=お遍路)の中で、大泉洋が編み出した記念撮影用ポーズ。
寺院内に設置された“小坊主”の立て看板の後ろにしゃがみ込み、「エヘヘ~」と呟きながら鼻下の指を左右にスライドさせる。
(上記の画像はオフィシャルグッズとして発売されたフィギュア模型)


第1弾が1999年、第2弾が2000年、そして第3弾が2002年と、20年も前の作品なのに未だ大人気の水どう・お遍路シリーズ。
その中で最もpoohが気に入っているのが、この「エヘヘ~」です。
(ついでに言うと、洋ちゃんのマイケル・ジャクソンのモノマネも捨てがたい)

せっかく四国まで行くんですもの、自力再現しようじゃないか!

しかし、今回のpoohの旅はお遍路ルートとはかけ離れています。
電車(JR・琴電)メインの移動ゆえ、霊場寺院に立ち寄る時間はほぼありません。
それでも88ヶ所のうち1軒くらいは行けるかも…と、地図やJR時刻表とにらめっこして探しました。

その結果、浮上したのが
第八十六番札所・志度寺(しどじ)

香川県さぬき市にあるお寺です。
ここなら2日目の高松→徳島の移動途中で立ち寄れます。


そんな訳で当日は朝7:52に高松を発ち、8:30に志度駅着(JR運賃¥360)
そのまま海に向かって歩くこと約1km、10分ほどでお寺に着きました。
2018111202.jpg

石と白砂が美しい枯山水庭園「無染庭」や五重塔など、見どころ満載のお寺です。
でも、pooh家の2人はトンボ帰りで駅に戻り、9:13発の電車に乗らねばなりません。
つまり、お寺での滞在時間は15分間が限界…その中で「小坊主の立て看板はどこだ~?」と、朝のお寺を散策しました。
2018111203.jpg
↑境内にいくつかあった立て看板。
しかし、poohの求める“小坊主”はコレではありません。
アニメの“一休さん”的な小坊主でなければ「エヘヘ~」は成り立たないのです。

タイムリミットが迫る中、「もうダメかも…」と諦め半分でいたところ…
2018111204.jpg
あっ、小坊主クンだ~(歓喜)!

でも、もう時間的にギリギリ。
本来ならば小坊主の後ろにしゃがみ込み、二人羽織チックに手を出すべきところですが、簡易バージョンでいきましょう。
看板隣に立ったまま、その鼻下に指を置いてみました。
2018111201.jpg
祝・エヘヘ~

その後は早足でJR志度駅まで戻り、無事に電車に乗りました。
記念撮影のみを目的とした弾丸スケジュールも、まさに「水どう」そっくりです(笑)
でも、憧れのお遍路の一片をかじり(?)大満足の旅となりました。

いつかは本物のお遍路にもチャレンジしたい…
「エヘヘ~」クリアをきっかけに、poohは新たな野望を抱きつつあります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

6泊8日の旅から帰ってきました

ただいま~!
無事に旅行を終えて、札幌に帰ってきました。

今回、pooh家が訪れたのは四国です。
JR四国の「バースデイきっぷ」をメインに、香川・徳島・高知・愛媛の4県を巡ってきました。

<バースデイきっぷとは?>
誕生月の連続3日間、JR四国の鉄道等が乗り放題になるお得な切符。
普通自由席用¥9,500、グリーン車用¥13,000の2種類がある(→JR四国の公式HP)


11月といえば、夫・ケッチーくんの誕生月です。
この切符は本人に加え、3名までの同行者分が購入可能なので、「四国に行くなら11月」とpoohたちは以前から狙いを定めていました。
今回のプランは下記の通りです。


<行程> ※バースデイきっぷは3日目~5日目で利用
1日目:札幌→飛行機で神戸→高速バスで高松(①)へ
2日目:JRで徳島市(②)へ
3日目:JRで高知市(③)へ
4日目:JRで松山(④)へ
5日目:JRで今治→“しまなみ海道”の一部をサイクリング→JRで琴平(⑤)へ
6日目:琴電で高松(①)へ
7日目:高松市内をサイクリング→神戸行きフェリーに乗船
8日目:飛行機で札幌へ


7日目の宿泊はフェリーの中…つまり6泊8日です。
今治以外の土地(高知・松山・高松)でもレンタサイクルでのサイクリングを楽しんできました。
そのおかげでしょうか? 現地グルメもたらふく楽しんだのに、帰宅後の体重はプラマイゼロ!
「旅行を終えたら即ダイエット」がお約束のpoohですが、今回は珍しく心安らかです(笑)

それにしても四国は暖かった!
例年よりは気温高めとはいえ、やっぱり札幌は寒いです。
只今、現地でモリモリ撮影してきた写真を整理しながら、あの日差しを懐かしんでいます。

さて、その中から、まずは今回のお気に入りショットをお披露目しましょう。
3日目の高知駅→桂浜までの往復20kmサイクリングの帰り道で撮影した作品です。
2018111001.jpg

先日入手したばかりの広角レンズ(→10/23の記事)のデビュー作です。
キラキラ輝く太平洋が本当にキレイでした。
「今度は室戸岬や四万十方面へ…」と、早くも次の四国行きを夢見ています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

しばらく旅行に出かけます

先日より計画していた旅行に、いよいよ出かけることになりました。
そんな訳で、しばらくブログ更新はお休みします。

今回も緻密にプランを立てて、準備も万端!
お土産話をたっぷり仕込んでくるつもりです。

それでは皆様、いってきま~す!

「5人組」といったら、どんなグループをイメージしますか?

「さて、今度は何と命名すべきか…」
久々に真剣に思い悩んでしまいました。

いや、“悩み”というには限りなくしょーもない内容です。
なんせ、対象は単なる趣味アイテム。
先日1つ増えて、合計5個になったカメラレンズにグループ名を付けたいだけ(笑)
2018102301.jpg
(左から)①単焦点レンズ ②標準ズーム ③魚眼 ④望遠ズーム ⑤超広角ズーム

一番ノッポな④で高さ6cm、チビスケの③ならたったの3cmというミニミニサイズが特徴のPENTAX・Qシリーズのレンズ達です。
カメラ本体に装着しても、手のひらに乗っちゃうところがカワイくてたまりません♡
2018102304.jpg

ちなみに⑤の広角レンズが加わる前、poohは①~④を「北斗神拳四兄弟」と呼んでいました。
マンガ「北斗の拳」にちなみ、4つのレンズをラオウ、トキ、ジャギ、ケンシロウと名付けたのです。

<参考過去記事>
●1年半で4個目を入手・・・私がズブズブとハマっている物(→2017年5/22の記事)


レンズ交換のたびに、いちいち各キャラクターの名シーンを思い出し、一人楽しんでいました。
ネーミングによって、それぞれの個性が際立ち、より愛着を感じていたのです。
…とあらば、5個セットになっても新呼称を与えたくなるのも当然(?)でしょう。

まずは手当たり次第に「5人組」を思い浮かべてみました。

①秘密戦隊ゴレンジャー
②科学忍者隊ガッチャマン
③ザ・ドリフターズ
④フィンガー5
⑤ジャクソン5
⑥SMAP
⑦嵐
⑧南斗五車星

…う~む、今ひとつピンときません。
①~⑤に関しては“昭和”感が拭えないし、ジャニーズに無関心なpoohには⑥⑦も疑問。
⑧にいたっては、「北斗の拳」からムリヤリ引っ張り出しただけだし…

しかし、ここで閃きました!
アンアン表紙

「5人そろって、TEAM NACS(チームナックス)!」
今や北海道を代表する人気グループを忘れる訳にはいきません。
これぞpoohがイメージする“理想の5人組”でしょう。

そうと決まればあっという間です。
5個のレンズを並べて、それぞれのキャラ付けも行ないました。

「最も活用頻度が高い『標準ズーム』が大泉洋ちゃん」
「顔のデカさで『超広角ズーム』はリーダー(森崎博之)に」
「『魚眼』といえば音尾琢真くん一択」
「端正なイメージの『単焦点』がシゲちゃん(戸次重幸)だな」

最後に残った「望遠ズーム=ヤスケン(安田顕)」以外は、完璧に近いマッチングです。
いや、これはこれでピッタリにも思えてきました。
さぁ、これでpoohの悩みも無事に解決。
「5人揃って、TEAM NACS!」と、今後はカメラを手にするたびに心の中で叫び続けます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ