poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

せっかく新しい言葉を覚えたのに使うチャンスがありません

新しい言葉を覚えると、さっそく使ってみたくなるのが人間というもの。
もちろんpoohも同類です。
気の利いたフレーズを耳にすると、脳ミソに刻み込み、後日別のシーンで活用しています。
一旦習得すると、もう早く使いたくてウズウズしちゃいます。

そんなpoohが最近覚えたのが
「You copy?」 「I copy」というやりとり。

意味としては「わかったかい?」 「了解しました」という感じです。
本来は軍隊等の無線で使う言葉だそう。
最近観ていたアニメ「プラネテス」のお仕事シーンで随分と多用されていました。
プラネテス
<「プラネテス」とは?>
NHK BS2で2003年に放送されたアニメ作品。
原作は幸村誠による漫画。
宇宙のゴミ「デブリ」回収作業に勤しむサラリーマン・ハチマキを主人公に、2070年代の地球における宇宙開発を描く。


10年以上も昔のアニメのセリフですから、今更感アリアリです(照)
でも、最近のpoohはオンタイム放映のテレビ番組を殆ど観ていません。
視聴するのは再放送や動画配信Netflixを介したものばかり。
情報源が情報源ですから、どうしてもビミョーに“旬”から外れてしまうんですよねぇ。

何事も「ちょっと遅れている」が最もダサい存在なのは重々承知。
でも、poohの場合、お披露目相手が夫・ケッチーくん限定なので、“ちょいダサワード”だろうがお構いなしです。
今回の「「I copy」も、さっそく使おうと張り切っていました。

「pooh、○○しておいて」と、ケッチーくんから物事を頼まれるシーンはしばしばあります。
その際に「プラネテス」のヒロイン・田名部愛風に可愛らしく「アイコピーですっ!」と切り返したら、彼だってプッと吹き出すはず。
しかし、どういう訳か、なかなかそのシーンに恵まれません。

「そのリモコンを取って」、「今日の買い物はあそこのスーパーにするよ」
なんだかんだとケッチーくんから話しかけられるのは普段どおり。
でも、「従順な妻」ではないpoohは、それらをスムーズに受け入れられないのです。
「え~、面倒くさい」と、彼の提案に対しては、いつも真逆の姿勢を取っているのですから。

もっともいちいち反論しつつも、結局は彼の指示に従うのがpoohの日常。
それなら最初から素直に受け入れれば良いものを、生来のアマノジャク気質がここでも表面化しているのでしょうね。
う~む、いかんいかん・・・初々しかったあの頃の自分を取り戻さねば・・・(遠い目)

そんな訳で、せっかく覚えた「「I copy」は未だ出番なし。
でも、近日中に必ずや・・・と、今この瞬間も虎視眈々と態勢を整えています。
あぁ、早く使ってみたい!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

不動産屋さんを訪れる時のドキドキ感が復活しました

進学、就職、転勤、結婚・・・人生の節目のたびに不動産屋さんを訪れました。

その行動パターンは基本的に同じです。
まずは自分で居住エリアを絞り、現地に赴いて不動産屋さんに入店。
家賃・間取り等のこちらの条件を提示して、候補物件を一緒に決めていく・・・というものです。
物件探しは毎回ドキドキ感でいっぱいでしたねぇ。

「いっぱいでした」・・・そう、今のpoohは不動産屋さんとはすっかりご無沙汰です。
マイホームを数年前に購入したので、もう転居はありません(たぶん)
現在の家は快適だし、1ヶ所に落ち着けるようになったことにも十分満足しています。
でも、不動産屋さんでのドキドキ感を味わえなくなったのは、ちょっぴり残念な気もします。

・・・こんな調子で、やけにpoohが不動産屋さんを懐かしんでいるのには理由があります。
ドラマ 「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」を只今Netflixで視聴中だから!

※画像はテレビ東京のオフィシャルサイト(→こちら)から拝借しました。
吉祥寺だけが
<「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」とは?>
原作は「ヤングマガジンサード」(講談社)にて2015年から連載中のマキヒロチ作の漫画。
2016年にテレビ東京にてドラマ化された。


舞台は東京・吉祥寺に店を構える「重田不動産」です。
おデブの双子姉妹(大島美幸&安藤なつ)が切り盛りしています。
「住みたい街ランキング」で常に上位の人気エリアの吉祥寺なので、お店を訪れるお客様たちは皆、現地での物件探しが目的です。

でも、重田姉妹の決めゼリフは「じゃ、吉祥寺やめよっか」
相手の条件・生活スタイルに合わせ、よその土地を紹介していく・・・という筋立てです。

雑司ヶ谷、五反田、神楽坂・・・彼女らが案内する“非・吉祥寺エリア”は様々。
でも、それぞれ味があり、「こここそ私が住む土地だ」と思えるものばかり。
重田姉妹ってば、実はスゴ腕のコーディネーターなんですねぇ。

今のpoohが重田不動産を訪れたら、どこのエリアを紹介してもらえるのだろう?
過去の物件巡りの思い出を振り返りながら、毎晩1話ずつ楽しんでいます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

両親と顔を合わせるたびに「お墓」の話題が浮上します

同じ市内にある実家には月イチペースで顔を出しています。
両親も最近めっきり老いてきたとはいえ、今のところは問題ない暮らしぶり。
そんな彼らのペースに合わせて、のんびりと会話を交わしています。

取り上げる話題はさまざまです。
お天気、親族&知人の近況、最近見たテレビ番組、子供の頃の思い出話・・・
PC・スマホの操作法を問われることも多いです。
文字通りの「雑談」ですが、その中で毎度毎度浮上する話題がコレ。

お墓について

「我々の遺骨はお墓に埋葬はせず、海に撒いて欲しいんだ」と、父が必ず言い出すのです。
次男に生まれた彼は、本来ならば新しくお墓を用意する立場。
でも、あえてそれはせず、母共々「海に散骨」を希望するそう。

あぁ、またその話かい・・・と思いつつ、「うん、それが良いと思うよ」と毎回poohも答えています。
既に何十回も聞かされたテーマですが、老人相手ですもの、それも致し方ありません。
ちなみに、散骨の話をする時の両親はなんだか楽しげ。
まったく悲壮感はなく、ニコニコ顔です。

・・・となると、会話を盛り上げるのが娘としてのpoohの務め。
以前ブログ記事で取り上げたこともあり、本件に関する基本知識は習得済みでもあります。
「お墓を建てるとなると、その管理も考えなきゃだしねぇ」
「最近は散骨方法もバリエーション豊富らしいよ」などと、これまた同じ話を蒸し返しています。

<関連過去記事>
●子供がいない夫婦のお墓問題(→2014年11/18の記事)
●散骨の選択肢。宇宙葬という変わり種も(→2014年11/20の記事)


父: 「ここ札幌なら、散骨は小樽の業者に依頼するのが良いのかな?」
母: 「あら、私は日本海よりも太平洋に流されたいわ」
pooh:「いや、海は繋がっているんだから、どっちでも一緒じゃない?」

まるで旅行のプランニングです(笑)
毎月こんな話をリピートするのもどうなのか・・・と思いつつも、これはこれで有意義なひととき。
こうして語り合える時間を大切にしていこうと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

バレンタインデーにまつわる赤面モノの思い出・・・実は私にも1つだけあるんです

クリスマス、お正月、節分・・・毎月のようにさまざま行なわれる年中行事。
でも、イベント嫌いのpoohは基本的にすべてスルーしています。
自分に子供がいれば「それも教育の一環」として実施したでしょうが、夫婦2人暮らしの身にはさほど意味を感じません。
周囲の盛り上がりをよそに、いつも平常心で過ごしています。

●参考過去記事: 年末にあえて私がやらないこと(→2014年12/30の記事)

その最もたるものが、バレンタインデーでしょう。
近年は「チョコレート販促強化月間」のイメージが強いイベントですが、もともとはローマ発祥(※諸説あり)の「カップルの愛の誓いの日」。
日本では「意中の男性に女性から愛の告白をする日」ともされています。
poohが小中学生だった頃などは、2・14は年に一度のアプローチデーでしたねぇ(遠い目)

でも、当時からこのイベントにも不参加を決め込んでいたチビpooh。
「『告白する日』なんてナンセンス。自分が男の子に気持ちを伝えるとしても、2/14だけは絶対避けよう」と考えていました。
我ながら硬派な子供だったのです。

・・・と言っておきながら、実はpoohにも「THEバレンタイン」な経験があります(赤面)
それも大人になってからの話ですから、一体何をか言わんやでしょう(赤面プラス)
更に付け加えると、そのお相手は現在の夫・ケッチーくん・・・(超ド赤面)

あれは彼と知り合ってから数週間目、2人で食事をした帰り際のことでした。
poohが「今、私の想いを伝えねば」という気持ちになったのは当日がバレンタインデーだったから。
これが他の日だったら、あの勢いは生まれず、そのまま持ち越したはずなのです。
その後の状況によっては、2人の関係もフェードアウトしたかもしれません。
「バレンタインデー=女性から告白」という先入観があったからこそ、成り立った出来事でした。

あの日をきっかけに2人は交際スタート→そして結婚。
そう考えると、poohは“アンチ・バレンタイン”どころか、今日はバレンタインの神様にひれ伏して、貢物を捧げる立場かもしれません。
普段はクールを気取っているクセに、実はこっ恥ずかしい面も併せ持つ・・・そんな自分に今更ながら照れまくっています(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

「明星チャルメラ」を手にしただけで、いろいろなことを考えてしまいました

スーパーの特売品コーナーで発見!
「明星チャルメラ」の「あんかけラーメン」と「バリカタ麺」です。
2018021201.jpg
ここ札幌は、明星食品製品の取扱いが少ない地域です。
インスタントラーメンといえば日清食品・東洋水産が主流で、根っからの札幌っ子・ケッチーくんには「チャルメラ」という響きすら新鮮だそう。
それゆえ特売対象となる機会も滅多にありません。
即購入に踏み切りました。

pooh家にとっては久々の「チャルメラ」です。
もしかすると初購入かもしれません。
それにしても、今回に限ってなぜ、この2品が特売になったのでしょうか?

消費期限が迫っているのかと思いきや、まったくそんなことはありません。
さては冬季限定品?
いいえ、明星食品のオフィシャルサイト(→こちら)では、「あんかけ」も「バリカタ麺」も定番商品として紹介されています。

たかがチャルメラごときにも、pooh家の2人はムダに真剣(笑)
最終的には、現パッケージの販売期間が終了間近なのでは? と勝手に推測してみました。
その名も「すずネコスペシャル」、黒猫に扮した広瀬すずちゃんが目を引くパッケージです。
でも、旬の人気女優もスーパーの片隅で山積みされるとミョーに物悲しい・・・
「とろみスープニャ!」、「極細ストレート麺ニャ!」のフレーズと共にキメた彼女の猫手ポーズに、「すずちゃん、さぞや辛かろう・・・」と、これまた勝手に同情しちゃいました。

袋麺を手にしただけで、つい、いろいろ考えちゃう、それがpoohなのです(照)

そんなこんなの「チャルメラ」は2種類共に美味でした。
「よし、もっと買っておこう!」と再びスーパーに出向き、それぞれ更に1セットずつ追加購入、つまり合計20個をGET。
只今、pooh家は「チャルメラ祭り」を絶賛開催中です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ