poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

シブくて奥が深~い世界に足をツッコミかけています

「3月のライオン」で将棋、「弱虫ペダル」で自転車。
漫画・アニメ作品がきっかけでマイブーム到来・・・が、ここ数年のpoohの定番です。
そして今回もまた、新ジャンルを開拓してしまいました。

それは落語です。

もちろん一般常識として、その存在は知っていました。
でも、きちんと落語に触れた経験はありません。
「寿限無(じゅげむ)」や「死神」レベルの話なら・・・と言っても、そのオチまでとなると???です。
まさにチンプンカンプンの世界でした。

そんなド素人が、アニメ「昭和元禄落語心中」で開眼!
昭和元禄落語心中
<「昭和元禄落語心中」(しょうわげんろく らくごしんじゅう)とは?>
原作は、雲田はるこによる漫画作品。
講談社発行の「ITAN」で2010~2016年まで連載された。コミックスは全10巻。
テレビアニメは第1期が2016年、第2期が2017年にTBS系列で放送された。


江戸落語の世界が舞台です。
Wikipedia(→こちら)から抜粋引用したあらすじは以下のとおり。
「昭和後期の名人と弟子の出会いに始まり、名人の孤独の形成される過去話となる戦前から戦後に飛び、もどって昭和終わりのバブル前後、明白となった落語衰退時期へとつながり、名人の孤独・孤高な芸風と生き方と落語界の衰退とがより強く関わり合う。」 

一昨年・昨年の放送時には随分と話題になった作品だそう。
poohは今回初視聴(Netflix)だったのですが、あっという間にズブズブとハマっちゃいました。
「八代目 有楽亭八雲(菊比古)」を演じる声優・石田彰さんの落語シーンが迫力満点!
落語って伝統芸能なんだなぁと、今更ながら実感した次第です。

そんな訳で、本物の落語も見てみたくなりました。
でも、poohにとっての落語家は「笑点に出演している方々」程度の知識のみ(恥)
これからコツコツ学んでいくつもりです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

思い出すのもイヤだった記憶の封印を解いてみた

思い出すのもイヤで、ずっと自分の中で封印していたことがあります。
それは子供時代に通っていたピアノ教室の思い出です。

チビpoohにとって、レッスン場はほとんど「恐怖の館」でした。
当時の先生が超スパルタだったのです。
体罰・暴言といった行為はないけれど、その冷酷な雰囲気といったら・・・
常にプレッシャー100%状態で、震える指を動かしていました。

演奏を楽しむ・・・そんな感覚とは無縁の世界。
その後、教室を辞めた時は解放感でいっぱいでしたっけ。
以来、すっかりピアノから遠ざかっていたのです。

でも、それから20余年・・・40代を迎えたpoohに心境の変化が訪れました。
再び鍵盤に向き合いたくなって電子ピアノを購入し、練習を再開しています。

<ピアノに関する過去記事>
●ピアノは“ぼっち”にオススメの趣味(→2015年5/10の記事)
●電子ピアノ? アップライト? グランド? どんなピアノを選びましょうか?(→2015年7/3の記事)


教室には通わず、自分が好きな曲を好きなように弾いています。
かなりテキトーですが、これはこれで楽しいひととき。
でも、やっぱり演奏の精度を高めたい・・・とも考えるようになりました。
そのためには緊張感が必要だけど、さて、一体どうしたものか?

・・・ということでpoohが考えた策がコレ。
かつての恩師の姿を脳内再生してみよう!

ずっと封印していたあの記憶を今度は自ら紐解いてみました。
するとどうでしょう! 明らかに演奏の仕上がりが違うのです(驚)
先生の怖~い顔を思い浮かべるだけで、格段に緊張感がUPしました。
バーチャルピアノ講師の指導力、侮れません。

でも、大人になった今、振り返ってみると、あの先生もたいして怖い人ではなかったような・・・
随分お世話になったくせに勝手に記憶を封印し、その後「鬼」イメージだけを呼び起こしているのは、かなり失礼な話でしょう(笑)
「先生の教え、今になってすご~く役に立っています!」と、お伝えできたらいいのになぁと今更ながらに感じています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

夫のオリジナルアイディアも、18年目にしてついにお役御免となりました

夫・ケッチーくんが独身時代から愛用しているフライパン。
現在も日々大活躍です。
2018020601.jpg

2001年の結婚を機に、poohもこのフライパンを使うようになりました。
ピチピチの新妻だった(←過去形)poohが驚愕したのが、彼から伝授されたその使用法です。
2018020602.jpg
「フライパンの蓋は、このお皿だよ!」
なんとも得意げに、ケッチーくんは実演してくれましたっけ。

肉料理やホットケーキ等の際には、蓋をかぶせて蒸し焼きにすることも多いフライパン。
専用蓋がない場合は別売の品を追加購入、もしくは他の鍋蓋で代用するケースが多いでしょう。
実際poohも、Myフライパンには雪平鍋の蓋をのせて使っていました。

でも、ケッチーくんのフライパンは直径27㎝のデカサイズ。
これにピッタリハマる物を模索し、彼はこの白い大皿に辿り着いたそう。
いやはや、斬新なアイディアです。

ただし、只のお皿ですから持ち手はありません。
加熱具合によっては、「蓋」の開閉が困難になることもしばしば。
それでもケッチーくんは「布巾や鍋つかみを使えば大丈夫!」と自信満々でした。
夫に従順だった(←過去形)poohも、それに倣うことになったのです。

そのまま暮らすこと17年・・・
すっかりフライパン専用となったお皿は、呼称まで「フタ」になる始末。
しかし、所詮お皿はお皿です。
いつ、手を滑らせて割ってもおかしくありません。

そんな訳でついに購入!
2018020603.jpg
●フライパンカバー(24~28㎝) ¥537

これで、アツアツのお皿に触れる作業から解放されました。
「持ち手が付いているって、なんて便利!」と、いちいち感動しています(笑)
たったの¥537で問題解決できるなら、もっと早く踏み切るべきだった・・・と反省しつつ、古女房poohは今日も食事作りに励んでいます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

この2年間、私が大事に大事に使ってきた物

つい数年前までは湯水のようにジャンジャン使用。
でも、今では貴重品・・・さて、これは何でしょうか?

・・・本日はクイズ調で語り出してみました(笑)
ちなみに「湯水のように」の表現は、pooh家ではイマイチ、ピンとくるものではありません。
お湯はもちろん、水だってコマメに蛇口を締めるのが節約家の基本でしょう。
でも、このアイテムに限っては、確かに惜しむことなく多用しまくっていました。

それは新聞紙です。

下駄箱・押入れの敷き紙にしたり、ガラス窓を拭いたり・・・
野菜を包めば保存性も高まるし、お菓子・揚げ物の調理時にも重宝します。
夫・ケッチーくんの髪を切る“おうち床屋”も、新聞紙を床に敷いてからスタートするのがお約束。
何かにつけて新聞紙が活躍しています。

しかし、時代の流れもあり、我が家では2年前に新聞購読をやめました。
その際には2ヶ月分の新聞紙をストックし、雑務用に備えたのです。

●参考過去記事: 新聞購読をやめるにあたり、私がとった2つの行動(→2016年3/27の記事)

現在はそのストック分を大事に大事に使っていくだけ。
そう、我が家において、新聞紙は「限られた資源」になりました。
最近は可能な限り使い回し、その消費量削減に努めています。
我が家の冬の風物詩「ストーブで作る焼き芋」にいたっては、市販のキッチンペーパー利用に切り替えたくらいです。

●参考過去記事: 我が家の中心に構える大黒柱。本日も絶賛活躍中!(→2016年1/15の記事)

でも、敷き紙や野菜の保存用にはやっぱり新聞紙に勝る物はありません。
これだけ吸水性に優れ、大判サイズを誇る紙って、そうそうないんですよねぇ。
その使い勝手の良さに改めて感心しながら、ストック分をチマチマ使っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

オンナは若ければ良い・・・ってもんじゃないのだ!!

そりゃあ、どうせ見るなら、若い女の子の方がオバさんよりもずっと良いでしょう。
THEオバさん・ド真ん中のpoohだって確かにそう思います。
だけど、年齡を重ねたからこそ、にじみ出る魅力をおざなりにしてはなりません(鼻息)!

・・・本日はいきなり、「オバさんの主張」チックに切り出してみました(笑)
ちなみに、その主張の矛先はNHK朝ドラ・歴代ヒロインの皆さん。
自称・朝ドラウォッチャーのpoohは、彼女たちの老けなさ加減にいつも独りツッコミしています。

<朝ドラウォッチャー・poohによる参考過去記事>
●毎日15分間の楽しみ、もう8年も続いてます(→2015年11/6の記事)
●深読みしたつもりだったけれど、NHKの方が一枚うわ手でした(→2016年3/6の記事)


半年間かけて、1人の女性の人生をじっくりと描くのが朝ドラの基本形。
でも、作中でどんなに年月が経とうとも、ヒロインたちは若い“女の子”のままなのです。
「孫が生まれて、お婆ちゃんになりました~」というシーンでも、お肌はピカピカのツルツル、せいぜい白髪を数本チラつかせるだけ。
女優のビジュアルイメージを損なわせてはならじ・・・という大人の事情なのかしら?

まぁ、この現象にはpoohもすっかり慣れっこです。
「今、この人は50代」と、いちいち脳内変換してドラマ内の違和感を乗り切ってきました。

しかし、現在放送中の「わろてんか」には、さすがのpoohも完全お手上げ。
もうとっくに「おっかさん」の域に達したヒロインが、まったく老けていないのです。
本日から登場した20代の息子役と並んでも、全然親子には見えません。
ここまでくると、せっかくのドラマも、ほとんど「学芸会」です・・(遠い目)

オンナは若ければ良いってもんじゃないよ・・・とつぶやきたくもなるでしょう。
でも、そんな中、吉報が届きました!
10月からスタート予定の新作ドラマ「まんぷく」で、安藤サクラがヒロインを演じるのです。

◆参考: ママ女優 安藤サクラ 朝ドラヒロイン 夫柄本佑後押し(→日刊スポーツの記事)

彼女は現在31歳・・・しかも、プライベートではつい先日に出産したばかり。
ママさん女優がヒロイン役を務めるのは、50年以上に及ぶ朝ドラ史上でも初めてだそうです。
でも、彼女なら、ただただ若くてカワイイだけではない女性の姿を見せてくれるはず。(たぶん)
朝ドラ・ウォッチャーとして、早くも楽しみにしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事