poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

夫のうっかりミスをきっかけに、ジャパニーズ感あふれる新兵器を導入しました

「やっちまった~」
夕食後、食器を洗っていた夫・ケッチーくんが何やらしでかした模様です。
2017102601.jpg
あっ、炊飯用の土鍋が欠けているではないか。

圧力鍋で玄米を炊く機会も多いけれど、白米の時は土鍋炊飯が最近のpooh家スタイル。
<参考過去記事>
●結婚16年目にして気づきました。もしや私は錯覚に陥っていた? (→2016年9/21の記事)


当初は修理も考えたけれど、亀裂は鍋本体にまで及んでいる模様です。
もう20年以上使った品なので、ここは潔く処分し、新しい炊飯鍋を購入しましょう。

お米を美味しく食べることにはこだわりたいpooh家ゆえ、あれこれPC検索を重ねながら次代鍋の選定作業に勤しみました。
でも、10万円クラスの高級電気炊飯器には目もくれません。
我が家にはガス炊飯の方が性に合っているし、こちらならばもっと手頃な価格で良い鍋が見つかる・・・と踏んだのです。

その結果、我が家にやってきたのは
2017102602.jpg
「謹製 釜炊き三昧」 ¥6,150

新潟県の調理器具メーカー「ウルシヤマ金属工業」(→オフィシャルサイト)の製品です。
2合、3合、5合用と3種類ある中、最も大きい5合サイズを購入しました。

その見栄えは、昔の日本で愛用されていた羽釜風です。
木製取っ手付きのステンレス製「圧力蓋」、アルミニウム合金製の「特製釜」、そしてコンロ周りの吹きこぼれ汚れも防いでくれる「かまど」の3点セット。
2017102603.jpg

それでは、さっそくご飯を炊いてみましょう。
研いで水に浸けておいたお米と水を入れ、ガスコンロに乗せてみます。
2017102604.jpg
おおっ、いつもの台所が一気にクラシカルな雰囲気に!
これはちょっと期待できそう。

まずは強火→沸騰後は弱火で10分間→火を止めて15分間蒸らしました。
ワクワクしながら、ドッシリと重たい蓋を開けてみると・・・
2017102605.jpg
まばゆいまでの白飯の完成!

いやぁ、夕食が進むこと、進むこと。
2017102606.jpg

嬉しいことに、この炊飯鍋はセンサーコンロにも対応しています。(IH調理機器は不可)
キッチンタイマーを使わずとも、ワンタッチで炊飯できちゃうのです。
もちろん、炊き込みご飯や雑穀米も美味しく作れるそうなので、今後いろいろ試してみます。

電気炊飯器→コンロ付属の文化鍋→土鍋→そして今回の「釜炊き三昧」。
我が家の炊飯事情は、そのつど些細な出来事がきっかけで進化しています。
今後は、この丸っこいカワイイ鍋がpoohの相棒です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

この冬、新しいことに挑戦します。目標は東京!

「夏が終わると女性は1つ老ける」と言いますが、poohには冬季の方が切実でした。
ひと冬終えるごとに己の体力の衰えを痛感するのが、すっかり恒例となっていたのです。

その原因は明確です。
ここ北海道では、雪が積もるとどうしても自宅にこもりがち。
室内で筋トレに励もうが、買い物を兼ねたウォーキングで外を歩き回ろうが、運動量の減少は否めません。

このままではいかん!

そんなことを考えていた中、我が家に絶好のアイテムが導入されました。
室内でも自転車をこげる「3本ローラー」です。
3本ローラー見本
※画像は製造メーカー「ミノウラ」のオフィシャルサイト(→こちら)より拝借しました。

ローラー台上の自転車操作に苦戦しつつも、なんとか打開策を見つけ(→9/29の記事)、今や毎日トレーニングに励んでいます。
さぁ、これで冬季もビシバシと身体を鍛えましょう!

でも、ただ室内で自転車をこぐだけでは面白みに欠けるのも事実です。
もちろんpoohは、その辺も対処済み。
実はローラー台購入にあたり、「サイクロコンピュータ」(以下サイコン)なる物も入手していました。
(ローラー台&サイコンの2点セットで¥30,000でした)
2017101601.jpg
<サイコンとは?>
自転車の速度、走行距離などを計る機械。
ハンドルに本体、前輪にセンサーを取り付けて使用する。


ペダルをこぎながら、自分の速度をチェックするのはなかなか楽しいものです。
格好の玩具を手に入れたpooh、今度は更にオリジナルプランを打ち立てました。
日々の走行距離を記録して、地図上をバーチャル・サイクリングしてみることにしたのです。

当初は「北海道の海岸線一周コース」を考えていました。
しかし、このルートは意外に長く、3,000km以上になるらしい(驚)
いくら冬が長いといえど、これはちょっと無謀なような・・・
まずはキリよく1,000kmという目標を打ち立ててみました。
これだと丁度、札幌駅→東京駅間くらいになるのです。


いざ始めてみると、これが思いのほか面白いです。
スタート地点を札幌駅に設定し、3km、5kmとチマチマ走っては記録をつけて「中島公園に着いた」、「もうすぐ札幌市内脱出」などとゆっくり地図をなぞっています。
まさに亀の歩みですが、さて、いつゴールできるか? 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

クサイ? 私にはいい匂いなんだけどな~

ぬか味噌というと、世間一般では「クサイもの」のイメージが強いようです。
所帯じみた様子の例えにも、しばしば多用されますね。

しかし、Myぬか床に毎日触れているpoohには、そんなマイナスイメージはありません。
ほのかな酸味を含んだその匂いには食欲を感じるくらいです。
自分自身が「古女房」の域に近づきつつある今では、更に親しみを覚えるようになりました。

ちなみにpoohのぬか床は今年で丸12年。
そのお手入れ方法については、以前も記事にしたことがあります。
<参考過去記事>
●ぬか漬けをスタートするなら今が仕込み時です(→2015年5/20の記事)


当時は市販の炒りぬかを使っていましたが、今夏からは新ワザも導入しました。
“ぬか”そのものも自作するようになったのです。
<参考過去記事>
●今シーズンから更に「手作り度」が増した物(→2017年5/4の記事)


炒りぬかは新鮮な物が良いと聞いていたけれど、確かにその通りだったようです。
自家製ぬかを加えるようになってから、poohのぬか漬けは格段に美味しくなりました。
2017092550.jpg

そんなぬか漬けも、そろそろシーズン終盤です。
気温の低下と共に乳酸菌の働きが弱くなるのでしょう。
夏季は1日で済んだ漬け込み時間が徐々に延び、現在は2~3日間にしています。

更に、あまり暖房を効かせない冬季のpooh家ではぬか床も強制冬眠がお約束。
そう、今の時期は手作りぬか漬けを楽しむ最後のタイミングでもあるのです。

漬け込む野菜も家庭菜園製から市販品へと徐々に切り替わりつつある今日このごろ。
季節が変わったことをしみじみと実感しながら、poohは今日もぬか床をかき回しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

2011年にブームを巻き起こした食品。「懐かしい」という方も多いのでは?

「美容健康に効果あり」 「食べるだけで○○kg痩せた!」
テレビや雑誌、ネット記事効果で一躍ブームとなった食品は今までに随分とありました。

<その一例>
納豆、トマト、バナナ、ココア、ヨーグルト、スキムミルク、甘酒、きな粉、寒天、ゼラチン、オリーブオイル、粗塩、黒酢、鮭の中骨缶、鯖の水煮缶・・・etc


そうそう、「塩麹(しおこうじ)」も忘れてはなりません。
確か2011年頃に一大旋風を巻き起こした調味料です。
当時はスーパーの陳列棚に、瓶詰・パウチ入り製品がズラリと並んでいました。
塩麹の使い方を紹介したレシピ本も、本当によく見かけたものです。

塩麹にはアミラーゼやプロテアーゼといった消化酵素がたっぷり含まれているそう。
そのため肉・魚を柔らかくし、料理に深いコクや味わいを加える・・・というのがウリ文句でした。
また、生活習慣病の予防や美肌効果もあると紹介されていた記憶があります。
「一体どんな味なのだろう?」と、poohも興味津々で試しましたっけ。

あれから6年・・・そのブームも今ではすっかり過去のもの。
もちろん完全に消滅した訳ではないけれど、塩麹は再びマイナーな存在に戻ってしまいました。
普段使いの調味料としては若干高価だったのも、その一因なのかもしれません。
でも、我が家では相変わらず使い続けています。
だって、乾燥麹を使った手作りならば安上がり、かつ美味しいんですもの!
2017091901.jpg
乾燥麹の通常価格は200g¥200ほど。
でも、毎年秋の漬物シーズンには¥140ほどの特売品が出回ります。
保存が効くので、poohはこの時期に買いだめしています。

塩麹は乾燥麹200gに、塩60g&水300ccを加えるだけ。
あとは時々かき混ぜながら、常温で1週間寝かせれば麹が発酵して完成です。
ただし、この方法だとビミョーに完成のタイミングがわからないのも事実。

そんな訳でpoohはヨーグルトメーカーを使って、発酵を促進しています。
2017091903.jpg
60℃設定のヨーグルトメーカーに6時間入れ、常温で冷ませば作業終了。
手間らしいことはほとんどかかりません。
2017091904.jpg
完成した塩麹は密閉容器に移し、冷蔵庫で保管します。
使うたびに全体をかき混ぜることを心掛けていれば半年は大丈夫、いや、むしろ時間が経った物の方が味がこなれていて美味しいです。

調理前の肉・魚に塗ったり、野菜サラダのドレッシングに使ったり・・・
塩代わりにパン生地に混ぜ込んでも、なかなか風味の良い物に仕上がります。
ブームは過ぎ去ったけれど、poohは塩麹を今後も使い続けることでしょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

お尻の痛みがもう限界・・・ついに対策を打つことにしました

poohはツラの皮同様、お尻の皮も厚いみたいです。
普通列車に1週間乗り続けようが、ビクともしません。
世に言うところの“ケッ痛”なんて、自分は無縁だと思っていました。

しかし、これは間違いでした。
ここ最近のpoohは「お尻が痛い・・・」と外出のたびに涙目です。
出先では我慢しますが、帰宅後はヘッピリ腰でお尻をさすり続けています。

その原因は自転車。
今夏に購入した非ママチャリは、サドルが若干硬めなのです。
それでもいつかは慣れるはずと思いきや、まったくその兆しはありません。
ついに音を上げ、新兵器導入に踏み切りました。

その名も「3Dゲルパッド サイクルインナーパンツ」
(左)メンズ¥1,198   (右)レディース¥1,180  共にDABADA(ダバダ)製
2017090711.jpg
「3D」というだけあって、立体性に富んだ品です。
サイクリングパンツというと、スパッツ的なピッタリパンツ(=レーパン)をイメージする方も多いでしょうが、今回の品はあくまでもインナー。
手持ちの衣類の下に履いて使用します。

ちなみに、両方とも表面はブラックですが、左のメンズだけ敢えて裏返し状態で撮影しました。
オレンジ色部分がゲルパッドです。
2017090712.jpg
サドルにまたがった時に、このパッドがお尻を保護してくれます。
実は夫・ケッチーくん自身はサイクリングで“ケッ痛”を訴えたことはありません。
それなのに「poohが買うならオレも買う!」と言い出し、一緒にAmazonでポチりました。
結婚17年目にして初めてのペアパンツです(笑)

実際に履いてみたところ、確かにお尻が守られている感たっぷり。
でも、大きいパッドの割に収まりが良いので、衣類のラインが崩れることもなさそう。
まずは次回のサイクリングで着用し、その効果を検証しましょう!

poohのお尻の痛み、どうか解決しますように(祈)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ