poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

体を張って試してきました! JRのロングセラー「フルムーンパス」はどこまでお得? 

4年前のアーリーリタイアをきっかけに、鉄道旅に目覚めたpooh家の2人。
「青春18きっぷ」、「北海道&東日本パス」、「一日散歩きっぷ」等、これまでもJRのお得切符を多々活用してきました。
でも、今回はちょっぴり違う鉄道旅行を楽しんできたところです。

利用したのは「フルムーン夫婦グリーンパス」!

年齢合計が88歳以上の夫婦対象の切符です。
その価格は ①5日間¥82,800、②7日間¥102,750、③12日間¥127,950 の3種類。
(いずれも2人分。我が家は②を利用しました)

↓切符の詳細については下記をご参照下さい。
●シニア限定? いいえ、40代の私にも利用可能なお得企画です(→4/30の記事)

「フルムーンなんて、まだ先」と思いきや、実はとっくのとうに対象年齢をクリアしていた我が家。
春先にその事実に気づいた瞬間から、今秋のデビューを決意していたのです。
2017101001.jpg
↑9月に事前購入したフルムーンパス (背景にあるのは各列車の指定席券)
赤線部分に2人の名前&年齡を記入して使います。

この切符1枚で、新幹線も含む殆どのJR列車、しかもグリーン車までもが乗り放題・・・とくれば、普段からチマチマと計算を重ねるpooh家にはたまりません。
¥102,750の切符を有意義に使おうと、練りに練ってプランニングしました。

その結果、巡ってきたルートがこちらです。

(青ラインは自動車道路のため、実際に走行したルートとは若干のズレあり)

<行程>
1日目:札幌→横浜
2日目:横浜→浜松でランチ→広島
3日目:広島→宮島→尾道→倉敷
4日目:倉敷→出雲→松江
5日目:松江→鳥取→大阪
6日目:大阪→金沢
7日目:金沢→札幌


JR乗車総距離4,702m、1人あたりの通常運賃は¥180,790(※)、つまり2人で36万円分!
(※グリーン車価格。普通指定席利用の場合は1人¥129,060)
長距離移動はもとより、横浜・大阪では市内間でもJRをフル活用して¥102,750の切符代のモトを存分に取ってきました。
これぞpooh家ともいうべき欲張りプランともいえましょう。

結論:「フルムーンパス」は、とってもお得(断言)

でも、今回のpooh家の姿は、本来のフルムーンカップル像とは随分とかけ離れていたような。
そもそもフルムーンといえば、しっとりと落ち着いた「大人っぽい」夫婦のイメージが強いです。
ジャケットやニットを小粋に着こなし、キャリーケースをコロコロ・・・といった都会的なスタイルを思い浮かべる方も多いでしょう。

それなのにpooh家ときたら、各自リュックを背負い、機能性最優先の無骨スタイル。
せっせと電車を乗り継ぎ、現地に着いたら着いたで怒涛のように散策・・・そう、当ブログではお馴染みの体力勝負を今回も挑んできたのです。
我が家にとっては、旅行はもはやレジャーではなく、“修行”の場に近いのかも(笑)

とは言え、充実した7日間でした。
旅先での思い出話は、またゆっくりお話ししていきますね。

さて、本日の締めは、初日に観光した横浜での夜景写真です。
普通列車限定の「青春18きっぷ」だと、丸1日かけても函館までがやっとなのに、札幌出発から9時間ほどでこの地に到着しちゃいました。
さすが特急+新幹線! (「飛行機利用なら4時間じゃん」というツッコミはナシで)
2017101002.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

「夫に従う」なんて、普段の私にはあり得ないのですが・・・

結婚して16年、基本的に我が家は「かかあ天下」です。
たいていのことは妻であるpoohが主導権を握っています。

しかし、たまには夫唱婦随で夫・ケッチーくんの背中に黙ってついていくことも。
今回もその時がやってきました。
「自転車で由仁(ゆに)に行こう!」 byケッチーくん

ここ最近、彼が何やら真剣に調べ物をしていたことには気づいていました。
カタカタとキーボードを鳴らしてPC検索を重ねたり、地図帳や時刻表を広げたり・・・
ハハ~ン、さてはまたお出かけのプランニングと思いきや、予想の斜め上レベルです(驚)

由仁といえば夕張郡。
poohの居住地・札幌から直線距離で42kmほど、車無しではホイホイとは行けないイメージです。
JR駅はありますが、ここを通る電車は上り下り共に1日7本、しかも札幌直通ルートはなし。
一旦岩見沢まで北上、もしくは苫小牧方面まで南下しなくてはなりません。

おののくpoohに対し、ケッチーくんは自信満々でプレゼンを始めました。
「札幌→北広島のサイクリングロードがあるんだ。
それを経由すれば50km、帰りは由仁からJRに乗るよ」

◆青ラインがザックリとしたサイクリングルート (B地点が由仁)


彼は現地での観光プランも用意していました。
温泉施設(→ユンニの湯オフィシャルHP)で汗を流し、更にみそホルモン焼き(→東京ホルモンオフィシャルHP)を楽しもうという算段です。

◆タイムスケジュール
2017由仁行きスケジュール改

ほんとに由仁まで自力で行けるのだろうか・・・
ビビりながらも、当日はおニューのサイクリングパンツ(→9/7の記事)を履いて出発しました。
まず目指したのは札幌市内の「白石こころーど」。
1973年(昭和48年)に廃止された旧国鉄・千歳線の跡地を転用したサイクリングロードで、お隣・北広島市まで19.8kmを結んでいます(→白石区のオフィシャルHP)
2017091160.jpg

1時間ほどで北広島市内に入ると、道路の愛称も「エルフィンロード」に変わります。
途中には「自転車の駅」も。 (営業時間前だったため閑散としていました)
2017091163.jpg
早朝のサイクリングロードは空いていて快適。
スイスイ自転車を漕ぎながら、「なんだ、由仁なんてチョロい」とpoohは調子に乗っていました。
でも、一般道路に入ってからは苦難の連続だったのです。
緩やかとはいえ上り坂、何度自転車を降りたことか・・・

それでもなんとか3時間半のサイクリングを終え、予定通り「ユンニの湯」に到着。
疲れた体に温泉、そして地元が誇るローカルフード・味噌ホルモンの美味しかったこと!
2017091167.jpg

帰路は自転車を輪行袋に入れ、JRでのんびりと札幌に戻りました。
一般的な札幌市民(=pooh)にはまず思いつかないハードプランだったけれど、だからこその達成感を味わえました。

たまには夫の後ろを黙ってついていくのも良いものです。
いつものいばりん坊モードから一転、少しだけ従順なpoohを尻目に、ケッチーくんは新たなプランに着手した模様。
さぁ、次回の旅はどんなことに? 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

出川哲朗の痕跡を肌で感じてきました

「an・an」の「嫌いな男ランキング」で殿堂入りした人といえば・・・そう、出川哲朗です。
2001~05年の5年間、彼は連続首位という栄えある記録を残しています。
しかし時代は変わるもの・・・現在の出川(←あえて呼び捨て)は皆から愛される人気者です。
リアクション芸人の第一人者として、抜群の安定性を誇っていますよね~。

これまではテレビのみで、その様子を垣間見ていたpoohですが、このたび「出川人気」をダイレクトに感じてきました。
JR輪行&サイクリングをした際の出来事です。

<そのタイムスケジュール>
2017082455.jpg

土地勘のない方のために地図も用意しておきましょう。
※白地図は「CraftMAP」を利用
新十津川2017MAP

新十津川ー滝川ー砂川ー月形を巡る45kmのサイクリングのお楽しみは、当然現地グルメです。
ランチは松尾ジンギスカン本店(→オフィシャルサイト)で、滝川名物のジンギスカンでした。
2017082452.jpg
ジュージューと焼ける羊肉の美味しいこと!
夫・ケッチーくんと夢中で食べていたところ、隣席から聞こえてきたのは・・・
「この前、出川もこれを食べたんだよな!」

70代とおぼしきご老人グループが、しきりに出川、出川と連呼しています。
ハハ~ン、彼らはあの番組のことを指しているのでしょう。
「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」です。

<「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」とは?>
テレビ東京制作の旅・バラエティ番組(土曜日19:54-20:54放送)。
2時間の充電で20キロ走行する電動スクーターに乗った出川哲朗と同行ディレクターが、行く先々で人々に「充電させてもらえませんか?」とバッテリー充電をお願いしながら旅をしていく。(→テレビ東京のオフィシャルサイト)


「出川哲朗のゴールデン帯初の冠番組」でもある人気番組です。
8/5、12の放送分が、富良野~小樽の200kmの旅でした。
その際、彼は滝川に立ち寄り、このお店でジンギスカンを食していたのです。

決して狙った訳ではなかったのですが、今回のpooh家のサイクリングは、出川&縫田ディレクター、そしてゲスト・井森美幸の3名が辿ったルートを一部なぞっていました。
そういえば国道12号線沿いの標識も、番組内で紹介されましたねぇ。
2017082450.jpg
「直線道路日本一 29.2km」、poohもしっかり自転車で(一部を)走ってきました!

辿り着いた砂川で入店したお店も、出川の痕跡バッチリです。
2017082454.jpg
ここはアップルパイで有名なナカヤ菓子店(→砂川観光協会のサイト)
店内には「出川さん、滝川・砂川でもロケ」という新聞切り抜きやサイン色紙も貼られていました。
もともと人気店ですが、今回のテレビ放映が追い風となっているのでしょう、お客様がひっきりなしに訪れています!
2017082451.jpg
もちろんpoohたちもしっかり味わってきました。
うん、確かにヤバイよ! ウマイよ!

その後も自転車を漕ぎながら「出川もこの景色を見たんだなぁ」と、要所要所で楽しみました。
poohにとって、今や彼は夏の北海道の空気を共有した“仲間”です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

同じ土地なのに去年とは全然違う! それは私自身が大きく変わったから

青春18きっぷを利用して、富良野に行ってきました。
※白地図は「CraftMAP」を利用
富良野地図
実はJRでの富良野行きはこれで2回め。
1年前に同じく普通列車限定の「一日散歩きっぷ」で訪問済みです。
当時まだ営業していた「北の国から資料館」→ラベンダー畑の「ファーム富田」→富良野駅近辺でB級グルメや「へその街」にちなんだモニュメントを楽しみました。

<参考過去記事>
●「散歩」と言いつつ、片道100キロ!? (→2016年7/5の記事)
●車なしでは不便な場所があるのも事実。今回の訪問先もその代表例でしょう(→2017年7/7の記事)


しかし、今回の富良野観光は1年前とはまったく違います。
そのタイムスケジュールを比較してみましょう。
富良野2017タイムスケジュール

札幌⇔富良野の往復経路時刻はほぼ同じですが、注目すべきは本年の「サイクリング」。
そう、今回のpooh家はMy自転車を携えて、鼻息荒くこの地に乗り込んだのです。
あの名作ドラマ「北の国から」のロケ地・麓郷(ろくごう)地区を中心に巡ってみました。

純&蛍の通学路だった(と思われる)道
2017081072.jpg

小学校や中畑木材も数々のシーンの舞台となりましたねぇ。
2017081073.jpg2017081074.jpg

出会いと別れの場だった「麓郷」のバス停は、現在1日4便が運行。
2017081078.jpg

五郎が建てた丸太小屋にも行きました。
「拾ってきた家」には、彼の遺言の石碑もあります。
2017081075.jpg2017081076.jpg

ちなみに、これらのスポットはそれぞれ結構な距離があるため、見学者は車(もしくは大型バイク)の利用が常識。
その中をエッチラオッチラ自転車で回っていたpooh家の2人は、かなり異質な存在でした(笑)
上り坂では一体何台に追い抜かれたことか・・・でも、この頑張りによって1年前のチンマリ観光とは全然違う富良野を楽しむことができたのです。

そんなpooh家が、最後に辿り着いたのはJR布部(ぬのべ)駅!
シリーズ第1話の冒頭で、五郎・純・蛍の3人が降りたった場所です。
ここで自転車を輪行袋に入れ、JRで再び札幌に戻りました。
2017081079.jpg

今回の自転車走行距離は50km超!
poohの人生で最長のサイクリングとなりました。
昨年の自分がこの行程を知ったら、只々腰を抜かしたことでしょうね(笑)

1年で人間は大きく変わる。
既に四十路も後半の身ですが、poohにもまだまだ進化の余地はありそうです。
・・・と言うと、さも余裕しゃくしゃくに聞こえますが、実は現在、猛烈な疲労感&筋肉痛に襲われているのも事実。
ヘッピリ腰のヨロヨロ状態から、まずは早く復活せねばなりません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

ヘッポコなくせに「青春18きっぷ」で輪行しちゃいました

先日、実験的に行なった地下鉄輪行も無事にクリア(→7/25の記事)
すっかり調子に乗ったpooh家の2人は、本格的な輪行旅に出ることにしました。
JRで自転車を持ち運び、出先でサイクリングしちゃおうという魂胆です。

目指すは、夏の北海道を代表する人気スポット・美瑛(びえい)です。
今回は旭川経由のルートを選択しました。
※白地図は「CraftMAP」を利用
美瑛地図
札幌市民の旭川行きは特急列車の利用が一般的です。
これなら美瑛までの所要時間も、乗り換えを含めて2時間半というところでしょう。

しかし、「青春18きっぷ」のpooh家は、朝6:00札幌発のハードスケジュール(笑)
1人1万円目安の往復運賃が¥2,370で収まる・・・と考えれば、早起きだって苦になりません。
2017美瑛観光スケジュール
ちなみに早朝の車内には、自転車らしき大荷物を抱えた乗客が何人もいました。
さすが夏の北海道、サイクリストたちに大人気です。
「深川で降りたあの人は、留萌方面を目指すのかな?」
「旭川まで一緒だったグループ客は、大学の自転車部に違いない」などと、勝手に人様の輪行ルートを思い描くのも楽しいものです。

そんな「自転車の達人」的な方々と比べると、ヘッポコレベルのpooh家ですが、それでも問題なく自分たちの目的地に到着!
2017073120.jpg
美瑛駅の1つ先の美馬牛(びばうし)駅です。
駅前の広場・・・というか、単なる砂利道で、夫・ケッチーくんと共に自転車を組み立てました。
2017073121.jpg
さて、ここから、およそ20kmサイクリングして、美瑛駅を目指します。
まずは腹ごしらえ・・・ということで、いの一番に訪れたのは
2017073122.jpg
「小さなパン店 リッカロッカ」(→食べログの記事)
店内併設のカフェで、外の景色を眺めながら、パンをモリモリと食べました。
2017073123.jpg
その後は、いよいよ美瑛へGO!
「丘のまち」とうたわれるだけあり、時折上り坂にも出くわしますが、比較的ゆるやかです。
地元のレンタサイクルを利用した観光客も沢山いました。

東京ドーム3個分の広大な敷地がウリの「四季彩の丘」(→オフィシャルサイト)
2017073124.jpg

ごくごく普通の道路も、まるでパッチワークのような美しさです。
2017073125.jpg
本当はもう少し晴れていれば、写真もよりキレイだったでしょうが、当日はあいにくの曇り空。
しかも途中で小雨がパラついてきたこともあり、当初は15:31美瑛発のつもりだった電車を1本繰り上げて、この地を後にしました。

帰りも輪行袋と共に、のんびりと鈍行列車に揺られてきました。
「青春18きっぷで輪行」と考えた当初は、体力面に少々不安もあったけれど、意外と余裕でこなせた・・・ようにも思います。
そんな訳で早々に第2弾を実施予定。
この夏、pooh家は今までになくエネルギッシュです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ