poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活も7年目に入りました。シンプルに楽しく過ごす日々を綴ります。

寝る時の姿勢を変えてみた。たったそれだけで、もうビックリ!

「寝る時は仰向けスタイルが望ましい」…以前からよく耳にしていた情報です。
横向き寝では下になった部分が圧迫され、身体に歪みが生じてしまうそう。
しかし、pooh自身はずっと横向き派でした。
慣れないせいか、仰向けはどうにも落ち着かなかったからです。

でも、「落ち着かないからダメ」なんて単なる言い訳に過ぎません。
今回ふと思い立ち、仰向け寝に挑戦することにしました。
普段からノンベンダラリと過ごしているんですもの、ここらでいっちょ自分に活を!と考えたのです。
気合を入れて取り組むのが睡眠というのもヘンですが(笑)、当日は張り切って布団に入りました。

聞く所によると、仰向け時は手の平も上向けにすると良いそうです。
手の平を天井に向け、甲部分を下(敷布団側)にすると、肩が開くからです。
実際にやってみると「きをつけ」スタイルよりも安定感が増し、リラックス効果を感じました。
仰向け寝が苦手なpoohでも、これなら熟睡できそうです。

「フムフム、なるほど…確かに良い気がするぞ」
寝相の悪さには定評があるpoohですが、それでもできる限り努力してみました。
その甲斐あって、翌朝目覚めた時も仰向け状態をキープしていたのです。
これが身体の歪みの解消となっているのかはナゾだけど、まずは何事も継続が大事。
そう自分に言い聞かせて、毎晩仰向け寝を実行しました。

そして数日…スゴイ事に気づいたのです。
眉間のシワが消えている(驚)!

眉と眉の間に1本刻まれた縦ジワはpoohの悩みのタネでした。
もともとシワが出来にくい肌質だけに、ここだけがミョーに目立つのです。

普段から意識して眉をひそめないよう努めているのに、シワは刻々と深まっていきます。
アラフィフという年齡を考えれば仕方ないのでしょうか?
鏡を見ながらため息をついていたところ、夫・ケッチーくんが教えてくれました。
「だってpoohってば、いつも“困った顔”で寝ているよ!」

えっ、そうだったの? それは盲点でした。
彼によると寝ている時のpoohは、いつも眉間にシワを寄せているそうです。
横向き寝によって顔の側面が枕で圧迫され、余計な力が入るのでしょう。
毎日約8時間の睡眠中、ずっとそんな顔”をしていたら、そりゃあシワも深くなります。

そんな中、今回の仰向け寝が思わぬ効果を生み出しました。
この姿勢なら“困った顔”を回避できるのです。
結果、眉間の縦ジワが軽減…poohが小躍りしたのはいうまでもありません。

仰向け寝は話に聞いていた以上の効果アリ!
今後は一生poohは仰向け寝を貫くと、ここに宣言しておきます。
皆さんもぜひ一度お試し下さい。
最初は少々違和感があるかもしれませんが、「手の平も上向け」で乗り切れますよ(たぶん)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

丸見えのダンボールにプチDIYを施しました

ダンボールって便利です。
丈夫で軽くて入手しやすい、そして簡単に加工可能…こんな素材はそうそうないでしょう。
しかし、どんなに便利であろうとも、この状態はさすがにどうかと感じます。
2019041931.jpg

ここはpooh家の2階の一室。
①は扇風機台、②は動画鑑賞用のタブレット棚で、両者共にダンボール製です。
「3本ローラー」(画像手前の器具)での自転車トレーニングには手放せないアイテムです。

<参考過去記事>
●Amazonのダンボール、意外な所で活躍中!(→2017年11/23の記事)


しかし、そろそろなんとかしないといけません。
ダンボールが丸見えではオシャレ感ゼロだからです。
来客のたびに「この状況は一時しのぎ」と、いちいち言い訳するのにも飽きてきました。
毎日30分以上過ごすトレーニングルームですもの、見栄えにもこだわりたい!

さっそくダイソーに出かけ、材料を購入。
◆ラッピング用ワックスペーパー(70✕150cm) ¥108✕2本
2019041932.jpg

ダンボールの表面を紙で覆ってしまおうという算段です。
2019041933.jpg

大きな紙と格闘しつつ、作業を進めました。
2019041934.jpg

「見えるところだけ包めばいいや」という、ズボラっぷりです(照)
2019041935.jpg

最後に定位置に戻して完成!
2019041936.jpg
扇風機台の方は下地のガムテープがうっすらと透けています(照)
でも、丸見え状態よりはマシになった…とpooh自身はご満悦。
単なるダンボールでも、自分の手が加わると愛着が増すから不思議です。

そんな訳でトレーニングのたびにラッピング・ダンボールに見惚れる毎日になりました。
やっぱりダンボールは最高! と改めて実感しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

年に一度のチャンス到来!「ゴールデンカムイ」の1コマを再現してみました

今春のpooh、いつもとはちょっと違いました。
例年なら「庭で発見→即収穫」のフキノトウを敢えて放置していたのです。

「フキノトウは地面から顔を出した直後が一番美味しい」と、ずっと信じてきたpoohなのに…
実際、去年までは毎年雪どけと同時に摘み取り、「フキノトウ味噌」を作っていました。

<参考過去記事>
●「今、この瞬間を逃してはならじ!」と、私が鼻息荒く臨むもの(→2016年3/21の記事)


放ったらかしのフキノトウは日を追うごとにニョキニョキと育ちます。
その姿を目にするたびに収穫したくてウズウズしまくっていました。
でも、「今年は特別」と必死に我慢したのです。

だって漫画「ゴールデンカムイ」の1コマに、こんなセリフがあったんですもの!
2019041901.jpg
◆「ゴールデンカムイ」第⑧巻より

昨春のTVアニメ放送をきっかけに、ファンになった「ゴールデンカムイ」。
今ではコミックスも買い揃え、繰り返し繰り返し読み込んでいます。
好きが高じて、北海道内の旅行時にもガイドブック的に利用するくらいのハマりっぷり(笑) 

<参考過去記事>
●ひょんなことから地元愛に目覚めました(→2018年6/15の記事)
●青春18きっぷを使って体力勝負に挑んできました(→2018年7/29の記事)
●「ゴールデンカムイ」の聖地・網走監獄で大興奮!…でも、1つだけ心残りもあるのです(→2/6の記事)


その作中で「フキより美味い」と言われたら、試してみるっきゃありません。
とにかくフキノトウを大きくせねば…と自分に言い聞かせて1ヶ月、そろそろ良い頃合いです。
根元から刈り取り、漫画のセリフ通りに葉&花をちぎりました。
2019041902.jpg2019041903.jpg

そして茎部分を焼きます。
漫画の主人公・アシㇼパさんは焚き火か囲炉裏を使ったのでしょうが、poohはキッチンの魚焼きグリルでお手軽調理。
2019041904.jpg

皮むき作業もピーラーでチャチャッと行ないました。
2019041905.jpg

これでフキノトウの下ごしらえは完了。
漫画ではサクラマス、行者ニンニクと一緒に煮込んで「オハウ」(アイヌの汁物料理)を作っていましたが、poohはコンニャクと一緒に炊き合わせました。
2019041906.jpg

アシㇼパさんのフキノトウ料理(っぽい物)がついに完成!
「春になったら絶対作ろう」と昨夏から企んでいただけに感激もひとしおです。
2019041907.jpg
「大きくなったフキノトウ」を食べるのは初めて…でも、その味はフキと一緒でした(笑)
でも、柔らかくて食べやすく、「フキより美味い」というのも納得。
「甘くてほろ苦い春の味だ」というアシㇼパさんのセリフを思い出しながら、美味しく頂きました。

さぁ、フキノトウの後はミツバ、ニラ、アスパラ…と次々に家庭菜園の収穫が始まります。
ゴールデンカムイの登場人物同様、これからの季節はpoohも大忙しです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

珪藻土バスマットを使い始めて3ヶ月…現在の状況を報告します

吸水速乾・防カビ・消臭効果に優れ、水に濡れても即サラサラ!
…最近あちこちで目にする「珪藻土(けいそうど)バスマット」の謳い文句です。
「そんなに人気なら試してみよう」と、poohも3ヶ月前に購入しました。
2019013001.jpg
●参考過去記事: 最近人気の珪藻土バスマット…これから購入する方々にぜひ知っておいてもらいたいこと(→1/30の記事)

「大人2人が連続して使えるだけの吸水力はあるのか?」
「いくらお風呂上がりとはいえ、使っているうちに薄汚れてくるのでは?」
初めて使う素材だけに当初は不安もありました。
しかし、実際に使ってみると、これが非常に良いのです。

「珪藻土、サイコー!」と使うたびにいちいち感動しています。
使用後はスタンド(100均製品)に立てかけて乾燥させていますが、これも習慣になれば、たいした手間ではありません。
落として割ることさえなければ、おそらくそこそこは長持ちするでしょう。
pooh、すっかり珪藻土ファンです。

そんな訳で、こんな物も買ってみました。
2019041501.jpg
●珪藻土スティック(4本入り)¥279

スーパーのキッチン用品売場で見つけました。
塩や乾物類の保管容器に入れて使うものだそうです。
(※ただし砂糖にはNG。湿気を吸い取りすぎて砂糖が固結するとのこと)

取扱説明書に沿って、まずは一旦水洗い。
その後、数日間放置し、カラカラに乾燥させました。
あとは1本ずつ干し椎茸、干しキクラゲ、ほうじ茶、玄米茶の瓶に入れるだけです。
2019041502.jpg
スティック表面に乾物・茶葉の粉が付き始めたら、再乾燥のタイミングとのこと。
繰り返し使える除湿剤、その効果に期待大です。

そういえば同じ売場には珪藻土製のスプーンもありました。
これも粉類の取り分け用に重宝しそうです。
1つ、また1つとpoohの周囲に珪藻土グッズが増えています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

新しいキッチンマット…床に敷くまでドキドキでした

キッチンマットがだいぶくたびれてきました。
ボーダー柄の茶色地は問題ないけれど、白い部分が薄汚れ、洗濯しても落ちません。
そろそろ買い替え時でしょう。
2019041303.jpg
この品の購入時(2014年秋)、poohはキッチンマットに3つの条件を設けていました。
①幅240cmサイズであること
②キッチンの雰囲気とマッチした色味であること
③手頃な値段であること


次代品も①~③は絶対条件です。
更に前回の反省を踏まえて、もう1項目追加しました。

④全体が濃い色であること

油ハネや食材クズで汚れやすいアイテムだけに、キッチンマットは濃い色がベスト。
先代品だって白地部分がなければ、もう少し寿命が伸びたはずです。
理想の品を求めて、あちこちのお店を渡り歩きました。

そして発見!
税抜き¥2,980→イオンのネットクーポン使用で10%OFF=税込み¥2,896でした。
2019041301.jpg
購入の決め手となったのはオール焦げ茶の色味です。
これなら汚れも目立たず、長持ちするに違いありません。
ただし「本当にこれで大丈夫だろうか?」という迷いもありました。
「システムキッチンI型専用サイズ」だったからです。
2019041302.jpg
これまで見た中で最長幅の252cm。
「主婦の要望サイズ№1」という記載もあるけれど、poohが欲しいのは先代品と同じ240cmです。
でも、この焦げ茶色の製品に240cmサイズはありませんでした。
たかが12cmとはいえ、我が家には大きすぎてハミ出してしまうかも…

一旦帰宅し、床サイズを測ってから再来店しようかとも考えました。
しかし、それも面倒で「ええい、ままよ!」と勢いで購入したのです。
さぁ、この判断が吉と出るか凶と出るか…ドキドキしながらキッチンで広げてみました。
2019041304.jpg
おぉっ、ちゃんと収まりました!
誂えたかのようにピッタリです。

理想のマットを手に入れて、まずはめでたしめでたし…
でも、実際にこの品を使うのは秋以降になります。
「春夏期間はマット不要」がpoohの持論だからです。

<参考過去記事>
●マットやカバーは極力敷かない・掛けない→掃除がしやすい!(→2014年4/30の記事)


半年後の使用開始を今から楽しみにしています♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事