poohの毎日~40代でアーリーリタイアした夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活も10年目に入りました。シンプルに楽しく過ごす日々を綴ります。

覚えたてホヤホヤの「アネフォー」という言葉について

先日、美容院にて新語をインプットしてきました。
「アネフォー」というものです。

情報源は月刊誌「STORY」。
会社員時代は私も愛読していたファッション誌です。
このたび久々に手にしたところ、誌面のあちこちで「アネフォー」という表現が使われていました。
2022080701.jpg

この手の女性誌は独特の造語を生み出すのが上手です。
言葉ひとつで読者層、もしくは彼女らが目指すスタイルを的確に表現してくれるんですよね。

<その一例>
エビちゃんOL、名古屋嬢、シロガネーゼ、美魔女⋯⋯etc


今やすっかり定番ワードとなった「アラサー」もその1つ。
雑誌「GISELe」(ジゼル・主婦の友社)で2006年(平成18年)頃から登場した言葉です。
ターゲットの30代前後の読者を“around the age of 30”=略称アラサーと名付けたものでした。
これが広く浸透し、その後は「アラフォー」、「アラフィフ」、「アラ還」⋯⋯と各世代にも派生したのは皆さんもご存知の通り。
いや、現在においては語源の「アラサー」よりも「アラフォー、アラフィフ」の方が多用されています。

そして今回の「アネフォー」!

美容師さんにヘアカットをしてもらいながら、私はSTORYのページをめくり、自分なりにその意味を模索しました。
おそらく元ネタは「姉フォー」、そして世間のアラフォー(37~44歳前後)よりも年上世代を指すのでは? と推理したのです。
帰宅後ネットでググってみたところ、これがドンピシャの正解でした。

●参考:STORY編集長登場!「アネフォー」という言葉はどうして生まれた?(→STORYweb 2022年4/20の記事)

アネフォーはやはり「姉フォー」で45歳以上50歳未満の女性を指します。
本来ならば「アラフィフ」に該当する層ですが、それを自称するのは抵抗アリ⋯⋯というビミョーな女ゴコロを汲んだものでした。
なるほど~、確かに40代と50代の間には見えない壁があるような気もします。

よし、それなら私は将来55歳になった時には「アネフィフ」と自称しよう!

⋯⋯と、数年後の自分に向けて今から宣言してみました(笑)
数年前のアネフォー時代にこの単語を使えなかったのがちょっぴり悔しかったからです。
しかしながら「アネフィフ」って少々発音しづらいし、そもそも「アネフォー」自体がそこまで世間に周知されるのかは怪しいところ。
いざ該当年齢を迎えても、私自身が失念している可能性も大アリだとも思います。

そんなこんなでこのたび覚えたアネフォーも、私にはあまり使う機会はなさそう。
仕方ないので夫・ケッチーくん相手に「同世代の45~49歳の男性は『アニフォー』って言うんだって」と豆知識を披露しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

関連記事

初めての「札幌文化芸術劇場hitaru」でもっとも印象深かったもの

以前から興味津々だったスポットに初潜入!
「札幌文化芸術劇場 hitaru」です。
2022080102.jpg
<札幌文化芸術劇場 hitaru(ヒタル)とは?>
札幌にある舞台芸術施設。3層バルコニー構造で2,302席。
北海道内初となる多面舞台を備え、オペラ、バレエ、演劇、ミュージカル等の発表の場に使われている(→公式サイト)


2018年(平成30年)10月にオープンした施設です。
以来あちこちで称賛の声を聞きつつも、利用機会がなかった私は歯がゆい思いをしてきました。
しかし、このたびついにチャンス到来!
夫と2人でウホウホとhitaruデビュー(もちろん客席)を果たした次第です。

今回の演目は「札幌市政100周年記念式典」!

やけにお固いタイトルに首をかしげた方も多いでしょう。
札幌市民の私も、広報誌でその文字をみつけた当初は同様の反応でした。
でも、参加応募要項を読み込むうちに持ち前のミーハー魂がムクムクと高まってきたのです。

だって式典会場は憧れスポットhitaru。
そしてイベントアンバサダーが長谷川雅紀だったのですから。
2022080101.jpg
<長谷川雅紀とは?>
1971年生まれ、札幌市出身。
お笑いコンビ「錦鯉」のボケ担当で「M-1グランプリ2021」では史上最年長で優勝を果たした。


そう、ナマ芸能人につられて⋯⋯というのが、このたびの式典参加理由です。
まぁ、いざ行ってみるとイベント自体は「文化祭的なゴッタ煮感」あふれる内容でした。
アイヌ舞踊から始まったプログラムは中学生の作文お披露目、若者&市長のクロストーク、よさこいソーラン等々。
そして入場時に配布されたお土産も、これぞ「お役所」という品々だったのです。
2022080103.jpg
BOXティッシュはさておき、ウチワ、缶バッジ、ステッカーなんて一体どこで使えば良いのやら(笑)

でも、そんなツッコミを交えつつもやっぱり行って良かったとも思います。
だって錦鯉やタカ&トシの漫才タイムにはおおいに笑わせてもらいました。
プロの笑いを最高の施設で体感できて満足です。

⋯⋯と言いつつも、今回のイベントでもっとも私がときめいたのはこちらでしょう↓
2022080104.jpg
2,300人の観客中100人が当選したスイーツ券(¥1,000)です。
「花より団子」な私には最高の恩恵だったことは言うまでもありません。
ありがとう札幌! 今後もよろしく札幌!

なんでも本日2022年8月1日は、札幌が「市」になって100周年になるのだそう。

100年前の大正11年(1922年)8月1日、札幌はそれまでの札幌区から札幌市になり、市としてのスタートをきりました。当時の札幌市は、人口は約12万7千人、戸数は約23,000戸、面積は約24平方キロメートルでありました。
●札幌市公式サイト(→こちら)より抜粋引用



長らくこの地に住んでいるけれど、まだまだ知らないことだらけです。
せっかくなのでこれを機に、札幌に関する私のアンテナも改めて張り直すとしましょう。
札幌文化芸術劇場 hitaruにもまた行きたいなぁ。
おっと、その前にまずはスイーツ券を使ってどこのお店のどんなお菓子を買おうかしら? とあれこれ真剣に検討中です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

関連記事

モヤモヤ感は相変わらずだけど、今日の「ちむどんどん」で私のやる気スイッチが入りました

ツッコミどころが多すぎて、毎日モヤモヤ感でいっぱいになっちゃうものがあります。
それはNHK朝ドラの「ちむどんどん」。
このドラマのイマイチ度については以前も記事で取り上げました。

●参考:きっかけは「ちむどんどん」⋯⋯記憶のメカニズムに関する話を思い出しました(→5/19の記事)

あれから2ヶ月経ったけれど、物語は相変わらず迷走中です。
ヒロイン・暢子には感情移入できないし、ニーニーのダメっぷりは相変わらず、そしてネーネーの別居話にいたっては「もういい加減に決着しろ」と言うしかありません。
もはや私の関心事は「フォンターナを辞めた矢作先輩の再登場はあるのか、否か?」のみ。
実力派俳優・井之脇海くんが演じた矢作先輩ですもの、あんなにあっけなく消え去るわけがない⋯⋯というのが私の読みなのですが、はてさてどうなるのでしょうかねぇ。

⋯⋯と、ケチョンケチョンに言いつつも、本日7/28(木)の回は真剣に見入ってしまいました。
いや、「聴き入った」と表現すべきかもしれません。

私が惹きつけられたのは劇中のBGMだったのですから!
2022072801.jpg

それは和彦(宮沢氷魚)とその母・重子(鈴木保奈美)のワンシーン。
重子行きつけの喫茶店で、あるピアノ曲が流れていました。
この曲に思わず聞き惚れてしまったのです。

ゆったりとしたテンポでちょっと物憂げ。
和音の使い方も独特で耳にした瞬間「あっ、ステキ♡」と思いました。
以前、どこかで耳にした曲のような気もします。

テレビ視聴後、「ちむどんどん ピアノ曲」の検索ワードであれこれとググって調べてみました。
そして答えを発見!
チャイコフスキーの「舟歌」でした。

《舟歌とは?》
ロシアの作曲家 ピョートル・チャイコフスキー(1840-1893)が作曲したピアノ作品集「四季」の6番目の曲。


【YouTube動画  ピアノ:中川京子】


ドラマの中で重子が自分の気持ちを重ねるように朗読していたのは中原中也の詩集でした。
なんでも、その中原中也が生前好んで聴いていた音楽が「舟歌」だったそう。
なるほど~、中也といえば「汚れつちまつた悲しみに⋯⋯」くらいしか知らない私にも、その繊細で物悲しい雰囲気がこの曲と共鳴しあうように感じられます。
そんなこんなで自分で「舟歌」を弾いてみたくなりました。

さぁ、さっそくピアノの前に座るとしましょう!
実は最近は少々忙しくてピアノからも遠ざかっていたのですが、だからこそ好きなことに没頭したい気分です。
楽譜を見る限りではそれほど難曲ではない⋯⋯はずなので頑張ります♪

毎日毎日モヤモヤする~とブーたれていた「ちむどんどん」に、やる気スイッチを押してもらいました。
そんな訳で今後も一応は視聴継続⋯⋯となりそうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

関連記事

筋トレを始めて丸3年⋯⋯そして今の私は?

当ブログの予言(?)がドンピシャで当たりました。
それは 「『はじめてのやせ筋トレ』は私のバイブルになりそうです」 というもの。
ちょうど3年前の記事でした。

●「はじめてのやせ筋トレ」は私のバイブルになりそうです(→2019年7/24の記事)
2019072261.jpg

この本を見ながら「やせ筋トレ」をほぼ毎日続けてきました。
その経過についてもブログ内でご紹介しています。
1年前からは「真向法」というストレッチ体操も追加して身体を鍛え続けています。

●「やせ筋トレ」を始めて2ヶ月…私に起きた変化あれこれ(→2019年9/23の記事)
●筋トレ開始から5ヶ月…また新たな世界に出会いました(→2019年12/20の記事)
●若さを取り戻すために「真向法」を再開しました(→2021年7/25の記事)


トレーニング効果は確実に出ていると思います。
今や私も50代、どうしたって身体のガタが表面化しがちなお年頃だけど、一応はそこそこレベルをキープできているからです。
もちろん単なる個人の主観でしかありませんが、もしも筋トレをしていなかったら⋯⋯
間違いなく私はもっと衰えていたことでしょう。

そんな私の成長ぶりは道具にも顕著にあらわれています。
3年前に購入したのは2kg×2個のダンベルでした。
その重量に物足りなさを感じるようになり、3kg×2個に交換したのが昨年のこと。

左:2kg×2個  右:3kg×2個
2022072601.jpg
3kgダンベルの色・形状がバラバラなのはご愛嬌(笑)
1つはもともと自宅にあった物、それに合わせてもう1つをリサイクルショップで追加購入(¥500)したからです。
重量を増やした当初は少々苦労しましたが、いつしかまたスムーズにこなせるようになりました。

そんな訳で最近は更なる挑戦をしています。
2022072602.jpg
いきなりド~ンと10kgダンベル!

いやぁ、コレが重いのなんの。
両手で握ってスクワットをしていますが、6,7回目にはヨロヨロです。
でも、考えてみると3年前はダンベル無しでもこのレベルでした。
そんなペーペー状態から2kg×2個→3kg×2個と負荷を上げ徐々に筋肉をつけてきたのです。
また頑張っていけば、きっと10kgも楽勝になるはず!

⋯⋯と威勢のいいことを言いつつも10kgダンベルはスクワット時のみ。
片手でのダンベルメニュー(※)は3kg物でとどめています。
(※)ダンベルベントオーバーロウ、ダンベルフライ、ライイングフレンチプレス等

私が目指すのはバッキバキの筋肉ではなく、あくまでも女性的なスタイル。
それを叶える手段として「やせ筋トレ」はまさにピッタリ、筋トレ初心者にもオススメです。
私も「はじめてのやせ筋トレ」の本を今後も繰り返し読み込んで、せっせと身体を鍛えていきますよ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

関連記事

カップ焼きそばのチョイ足しアレンジ術を「やきそば弁当」で試してみた

皆さんは「やきそば弁当」をご存知でしょうか?
「マルちゃん」ブランドの東洋水産による北海道限定カップ焼きそばです。
道民の間では「やき弁」の呼び名で親しまれ、夫・ケッチーくんも大好物。
彼のやき弁愛については過去記事でも取り上げたことがあります。

<参考過去記事>
●「やきそば弁当」vs「昔ながらのソース焼そば」…2つのマルちゃん製品を食べ比べてみました(→2019年3/14の記事)

2022072201.jpg
そんなやき弁をこのたび久々に購入しました。
先日テレビで見た物を自分でも試したかったからです。

それは「燻製カップ焼きそば」!
TVドラマ「いぶり暮らし」で紹介されていました。

~「いぶり暮らし」とは?~
2022年4~6月に放送されたTVドラマ(BS松竹東急、主演:志田未来)
原作は大島千春の漫画で、20代の同棲カップルが休日に自宅やキャンプ場で燻製作りをし、楽しむ様子を描いている(→公式サイト)


ドラマに出てきた燻製素材は卵、牡蠣、コロッケ、シュークリームetc⋯⋯
そして第12話ではカップ焼きそばが燻されていました。
これがまた美味しそうで私も食べてみたくなったのです。
なんせ私だって自家製燻製歴7年のベテラン!(あくまでも自称)
スーパーでUFO、ペヤングどれにしようか迷った結果、「やはり我々はやき弁だよね!」と鼻息荒く調達してきた次第です。

さて、さっそく燻るとしましょう。
まずは容器を開封し、麺、ソース、かやく、ふりかけ、スープの素を取り出しました。
2022072202.jpg

<作り方>
①アルミホイルを敷いた鉄鍋に燻製チップをひとつまみ入れ、金網をかぶせる
②鍋の蓋をし、ガスコンロで強火→弱火10分
③金網の上に麺を乗せて弱火10分

2022072203.jpg

煙をしっかり馴染ませるため、消火後もそのままで5分間放置します。
そして取り出してみたところ⋯⋯
2022072204.jpg
おっとっと、少々燻し過ぎて麺の縁が焦げちゃいました。
でも、まぁギリギリ許容範囲内⋯⋯としておきます。

熱々の麺はしっかり冷ました後、ビニール袋に入れて一晩寝かせました。
ドラマのヨリコ&メグルは作った燻製をすぐに食べていたけれど、「自家製燻製はちょっと時間を置いた方が美味しい」というのが私の持論。
煙の香りが素材に馴染み、更に味が良くなるような気がします。

⋯⋯という訳で翌日のランチに麺を容器に入れ直し、調理しました。
比較対象用として燻製加工無しの通常麺の用意も忘れません。

↓画像左が通常麺、そして右の黒い方が燻製麺
2022072205.jpg

それぞれの容器に添付のかやくを入れ、熱湯を注いで3分。
→お湯をきってソースを絡め、ふりかけをかければ一丁上がり!
2022072206.jpg
調理前同様、完成品も燻製麺(右側)の方が色が濃いです。
そして味もやっぱり違う!
燻製麺の方は確かに煙独特の香りがあり、味に深みを感じました。

⋯⋯しかしながら今後もカップ焼きそばを燻製するのか? と問われると私は迷いを感じます。
だってカップ麺のウリは、なんといってもお手軽さ。
それにいちいち燻製加工を施すのはビミョーな気もするのです。
燻製によってそこまで劇的に味向上とも言い切れないし、おそらく今回が最初で最後になるでしょう。

ついでにいうと燻製麺のお湯で作ったやき弁スープにいたっては、かなりイマイチの味でした。
そう、「やきそば弁当」には「中華スープの素」が付いているのです。
その粉末をマグカップに入れ、麺の戻し汁で溶かして食す⋯⋯これぞやき弁のアイデンティティともいえる重要アイテムなのですが、これに関しては通常麺の方が絶対美味しい!(断言)
中華スープと燻製風味は相性が悪い⋯⋯と私は感じました。

(画像右の色濃いめのスープが燻製麺の戻し汁製)
2022072207.jpg
結論:カップ焼きそばはわざわざ燻製しなくて良し

⋯⋯という訳で「いぶり暮らし」からヒントを得た私の実験は終了です。
それにしてもやっぱり「やきそば弁当」は美味しい♡
今後もちょいちょいと食べていくことでしょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

関連記事