poohの毎日~40代でアーリーリタイアした夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活も8年目に入りました。シンプルに楽しく過ごす日々を綴ります。

デビュー作との差は歴然!私の新作靴下をお披露目します

ジャ~ン! 新作靴下が完成しました(小躍り)
9作目にあたる今回は交差編み&変形かのこ編みを取り入れました。
2021051151.jpg
ダイヤ模様を縦に3つ繋げたデザインです。
やけにラブリィなピンク色の毛糸は実家の押入れにあった40年以上も昔の物。
亡き母が幼い娘達(=私&妹)用に買った品だと思われます。
2021051153.jpg

脚の内側はダイヤ柄無しで仕上げました↓
2021051152.jpg

靴下編み、我ながら上達したなぁと思います。
なんせ5ヶ月前のデビュー作はなんの変哲もない超シンプル靴下だったのですから↓
2020120902.jpg
<参考過去記事>
●編み物初心者が靴下を完成させました。合計23時間もかかりました(→12/9の記事)


ちなみに参考にしたのはこの本です。
◆「手編みのソックス」 著:嶋田俊之 発行:文化出版局
2021051154.jpg
素敵な靴下がモリモリ紹介されている教則本ですが、如何せんこちらは初心者。
当初は編み図もチンプンカンプンで、今回のデザインもハードル高感アリアリでした。
でも、毎日の練習の甲斐あって、やっとこさここまで辿り着いたという訳です。

さて、今度は「バスケット編み」という手法で10作目の靴下編みに取り掛かります。
文字通りバスケット風に交差する編み方をまずは余り毛糸で練習中!
2021051155.jpg
まだまだ腕が未熟で目も不揃いですが、少しずつコツを掴んできました。
本番用の毛糸で編み始める日も、そう遠くはないはず(たぶん)
嶋田先生の本に相変わらず首っ引きで編み物に夢中な私です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ


関連記事

手持ちのオーディオスピーカーでSpotifyを聴きたい!「USB DAC」とやらを試してみた

細かいことにはこだわらない私(=大雑把)ですが、本件については物足りなさを感じていました。
それはデバイス機器で聴く音楽です。

Spotify、YouTubeといった音楽配信サービスは私も重宝しています。
でも、PCやスマホ・タブレット経由だと、どうしたって音質がチャチ。
ヘッドフォンを接続すれば少しはマシになるとはいえ、イマイチ感は否めません。
オーディオスピーカーで聴けたらどんなに良いでしょうか?

⋯⋯そんな訳で新兵器を導入しました。
その名も「USB DAC(ユーエスビーダック)」です。

◆Dilvpoetry DAC-X6pro 購入価格¥6,500
2021051001.jpg
USB DACとはデジタル音源データをアナログ信号に変換する機器。
ちなみにDAC自体はオーソドックスなPC・スマホ等にも内蔵されていますが、音楽用の物ではないため高品質とはいえません。
USB DACを使えばより高音質で音楽を楽しめるらしいのです。

さっそく使ってみましょう!
おNEWのDACとタブレット、そして押入れ内のオーディオ機器を接続しました。
2021051002.jpg
<“オーディオin押入れ”に関する過去記事>
●押入れをプチ改造。ふすまを開けると、そこには⋯⋯(→2016年4/22の記事)


あとはタブレットにSpotifyアプリを立ち上げ、好みの音楽タイトルを入力するだけ。
さぁ、これでちゃんとスピーカーは鳴るのでしょうか? 
ドキドキの私の耳に聴こえてきたのは⋯⋯

とっても良い音質のミュージック(歓喜)!

これまでのシャカシャカ音とは比べ物にもなりません。
曲のあいまに挟まるCMのナレーションまでもやけに鮮明で、いちいち感動しています。
買って良かった、USB DAC!

そんな訳で嬉しくていろいろな音楽を聴いています。
もともと好きなクラシックはもちろん、J-POPやTVアニメのサントラ等々。
本日はサカナクションやフジファブリック、それに懐かしのユニコーン、松田聖子と文字通り手当たり次第に楽しみました。
さてさて明日は何をチョイスしようかしら⋯⋯これから布団の中で考えておきます♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

関連記事

「コアラのマーチ」の伝説的レアキャラ「盲腸コアラ」にご対面!

かれこれ15年ぶりでしょうか?
久しぶりにロッテの「コアラのマーチ」を入手しました。
¥59という特売価格に吸い寄せられての購入です。

その開封にあたり、ふと思い出しました。
「そういえば“ラッキーコアラ”とやらがあったよな?」

ハート型のハッピーターンや森永ピノ、そしてチョコの色が従来品とは異なる逆アポロ⋯⋯
都市伝説的な「見つけたら幸せになれるお菓子」はいろいろあります。
確か「コアラのマーチ」にも何かあったような気がします。

⋯⋯といっても、そんなレア物が私の手元に来る可能性は限りなく低いはず。
期待するだけムダと自分に言い聞かせながら、一応「コアラのマーチ ラッキーキャラ」とスマホ検索してみました。
そして思い出したのは「眉毛コアラ」の存在です。

そうそう、そんなものがあったよなぁと頷きながら自分のお皿をチェックしてみました。
すると、そこに眉毛コアラ発見!
2021050404.jpg
もちろん、これが幸せに直結するとは思いませんが、やっぱり嬉しいものですね。
聞くところによると、この眉毛コアラの登場は1988年。
女子高生の間でラッキーコアラブームが巻き起こったそうです。

そして私は今回初めて知ってしまいました。
ラッキーコアラの中には「盲腸コアラ」なるものもあるらしい!

「盲腸コアラ」だなんて、なかなか面白い発想です。
それこそ私が実物を手にする機会などないでしょう。
⋯⋯と、自分に言い聞かせながら、箱の中身を更に漁ってみました。
するとあらまぁ、なんということ!
2021050402.jpg
眉毛コアラと同じ箱に「盲腸コアラ」発見!

お腹の右側にキズがある泣きベソ顔のコアラです。
ちなみに「盲腸コアラ」はメーカー公式サイトの絵柄図鑑(→こちら)にも掲載されています。
2021050405.jpg
サイトを覗いてみると、直近の絵柄には「オンラインコアラ」「マスクコアラ」「映えコアラ」なんてものも。
その他にも「円周率コアラ」「ほんものみたいなコアラ」「おやじコアラ」等、思わず吹き出してしまうキャラもモリモリです。
「ご当地コアラ」も47都道府県分すべて揃っているというし、私もまた買っちゃうかも!

そして今回、盲腸コアラの次に私が気に入った絵柄がこちらです↓
2021050403.jpg
ベビー服にくるまった赤ちゃん? それともユーレイかしら? と思いきや、実はコレは「北海道クリオネ着ぐるみコアラ」。
単なるクリオネではなく、「着ぐるみ」というところが可愛いです。
こんな調子で1つ1つ、コアラの絵柄を凝視しておやつを食べています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

関連記事

「カワラヒワ」が今日も来ています

「アイツは何者? 一体なんという名前なの?」
ここ数日、夫婦でこんな会話を交わしていました。

しかし、いくら2人で知恵を絞っても、その正体はわかりません。
もともとの知識を持ち合わせていないので当然といえば当然です。
結局ネット検索を行ないました。
検索ワードとして打ち込んだのは「緑色」「スズメ大」「北海道」⋯⋯etc.

そして、ついに回答を得ました。
この子は“カワラヒワ”という野鳥です!
2021043001.jpg
<カワラヒワとは?>
東アジア(中国、モンゴル、ロシア東南部、朝鮮半島、日本)に分布する野鳥。
体長は約14cm 、翼開長約24cm。(スズメと同大)
全体的に黄褐色で、太いクチバシと翼に混じる黄色が特徴的である。


聞くところによると、カワラヒワは「スズメと見間違えられる鳥NO1」だそう。
確かに私も当初はスズメだと思っていました。
でも、普段から見慣れているスズメとはちょっとだけ様子が違います。
目を凝らして見ると羽の色がうっすら緑がかっているし、全体的に丸っこい雰囲気。
おまけに庭に設置されたスズメ用餌場にはまったく寄り付きません。

<スズメ用餌場に関する過去記事>
●私は影から見守るだけ。夫の“片思い”は実るのか?(→2016年2/29の記事)


カワラヒワが食すのは庭の表面に落ちている草の種です。
そして鳴き声にも特徴がありました。
カタカナで表現するならば、その声は「キリリッ」「ピーン」という感じ。
これがまたよく鳴き、室内にいてもバッチリ聞こえてきます。

名前もわかり、今ではカワラヒワとも友達になったつもり♪
もちろんスズメ同様、人間にはまったく懐かない野鳥ゆえ、ちょっとした物音でいっせいにチリヂリに飛び立ってしまう彼らですが、すぐ庭に戻ってきます。
その姿を私は窓越しにカメラ撮影したり、双眼鏡で観察したり⋯⋯
「日本野鳥の会」の気分で観察する毎日です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

関連記事

押入れ経由で音楽を楽しめる季節になったので⋯⋯

春です。大々的に音楽鑑賞を楽しめるシーズンになりました。

「えっ? 音楽鑑賞に季節は無関係でしょ?」と思われた方もいるでしょう。
いえいえ、pooh家においては関係大アリです。
だって我が家のオーディオ機器は和室の押入れ内にセッティングされているんですもの。
2016042253.jpg
<参考過去記事>
●押入れをプチ改造。ふすまを開けると、そこには⋯⋯(→2016年4/22の記事)


この部屋は暖房未設置ゆえ、冬季は「開かずの間」になります。
つまり、我が家における音楽鑑賞は春~秋季限定というわけ。
不便といえば不便ですが、生活に季節のメリハリがつくので良しとしています(開き直り)

さて、その押入れ経由で最近聴いているのはクラシック音楽です。
このたび、こんなCDを買ったので繰り返し繰り返し聴いています。

★ラフマニノフ:ピアノ協奏曲全集(第1~4番)
2021042501.jpg

CD購入のきっかけは映画「シャイン」の自宅鑑賞でした。
実在のピアニスト、デイヴィッド・ヘルフゴットの半生を描いた伝記映画です。

<シャインとは?>
1996年公開。監督:スコット・ヒックス
主演のジェフリー・ラッシュは第69回アカデミー賞主演男優賞等、多数の賞を受賞した。


物語の核として使われているのがラフマニノフの「ピアノ協奏曲第3番」。
これがもう、とんでもない難曲です。
映画の中のピアノ教師も「1本の手に10本の指があると思って弾け。1つ間違うと大怪我」と言っているくらいです。

主人公・ヘルフゴットはこの第3番に真剣に取り組むあまり、練習中から精神を病み始めます。
そしてコンクールでは見事完璧に弾きあげますが、その場で失神、そして表舞台から去ることに⋯⋯
これらのシーンに触れているうちに、私もこの曲をきちんと聴いてみたくなりました。

しかし、我が家のCDコレクションに本タイトルは未収録。(最もメジャーな第2番のみ所有)
そこで夫・ケッチーくんが購入に踏み切った次第です。

購入CDのピアノ演奏はヴラディーミル・アシュケナージ、「ラフマニノフを弾かせたらピカイチ」といわれる名ピアニストです。(指揮:アンドレ・プレヴィン、オーケストラ:ロンドン交響楽団)
1970年~71年の録音でありながら、古臭さはまったく感じさせません。
「歴史的名盤」という呼び声にも納得です。

さて、一旦お気に入りの曲をみつけると更にあれこれ聴きかじりたくなるのがクラシックというもの。
調子に乗ったケッチーくんは更にもう1枚のCDを買い足しました。
同じピアノ協奏曲の2番・3番のみをまとめた作品です。

★ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番&第3番
2021042502.jpg

キャッチコピーは「ラフマニノフ自作自演」。
そう、こちらのピアノは作曲者・ラフマニノフが自分で担当しています。
録音も古く、なんと1929年、1939年のもの!
当然モノラル録音だし、ところどころにノイズも聞こえますが、これまた「歴史的名盤」でしょう。
実際、ファンからの評価も高く、人気のあるCDだそう。

最初に買ったアシュケナージの演奏と比べると、ラフマニノフ本人のピアノはかなりアッサリ。
同じ曲でも表現によって随分変わるんだなぁと味わいながら聴いています。
押入れ経由の音楽鑑賞はpooh家のくつろぎタイムです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

関連記事