poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活も7年目に入りました。シンプルに楽しく過ごす日々を綴ります。

高所恐怖症の人の気持ち…今の私にはよくわかります

高所恐怖症…ずっと自分には無縁の言葉だと思っていました。
だってpoohは展望台や観覧車といったスポットが大好き♡ 
高い所では常にヘッピリ腰の夫・ケッチーくんをせせら笑い、「poohはへっちゃら~」と威張りまくっていたのです。

●大阪「さきしまコスモタワー」(高さ252m)にて (2018年5月撮影)
2019101884.jpg

しかし、それは単なる強がりでしかなかったよう。
先日の旅行6日目に訪れた福井県東尋坊で、poohはただただビビりまくっていたのですから。

<東尋坊(とうじんぼう)とは?>
福井県坂井市に位置する崖。
波の浸食によって荒々しくカットされた断崖絶壁が約1km続く奇勝地で、国の天然記念物に指定されている(→坂井市観光連盟のサイト)


当日は快晴! 
観光遊覧船でクルージングを楽しんだ後、改めて海を撮影しようとpoohは岸壁に向かいました。
しかし、ほんの手前で足がすくみ、もうその先には行けずじまい。
カメラを水平に保つこともできず、「怖いよ~」と打ち震えていたのです。
2019101881.jpg

まぁ、これも致し方ありません。
国定公園の特別保護地区ゆえ、東尋坊には柵など設置されていないからです。
高さ20m以上の断崖絶壁の迫力は下記画像からお察し下さい。
poohが遊覧船から撮影したもので、矢印が指す粒状の物体が人影です。 
この位置から海を見下ろすなんて、怖いに決まっているじゃないですか!
2019101882.jpg

東尋坊…今、思い出しても冷や汗が出ます。
でも、あの景観を目近にできて本当に良かった!
その感動をお伝えするには拙い写真ですが、pooh渾身の1ショットもお披露目しましょう。

青い海と空、そしてボコボコの崖…その記憶は未だに鮮明です。
2019101883.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

「キャッシュレス・ポイント還元」についての質問に回答しました

「キャッシュレスのポイント還元って、poohお姉ちゃんはどうしてる?」
同じ市内在住の妹から質問がありました。
身内ということもあり、彼女とはこういった生活情報をちょくちょくやり取りしています。

●参考過去記事:妹から家計の見直し相談(→2014年9/3の記事)

このたびの消費税率引上げに伴う需要平準化対策としてスタートした「キャッシュレス・ポイント還元事業」。
街でもあちらこちらで「ポイント還元」のポスター&のぼりを見かけます。
「一家の主婦として、この流れには乗っておかねば!」と妹も感じたのでしょう。

<キャッシュレス・ポイント還元事業とは?>
中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元等を支援する事業。
現在、来年6月末までの9ヶ月間限定で実施中。
※経済産業省の公式サイト(→こちら)


そんな問いに対し、まずpoohが説明したのは「この制度、我が家にはさほどメリットなし」ということ。
これは「中小・小規模事業者」限定だからです。
小売店における中小規模の定義は「資本金5000万円以下、または従業員50人以下」。
poohが日常使いしているスーパーやドラッグストア、ホームセンターは軒並み対象外です。
コンビニには適用されていますが、こちらは利用頻度が低いので、やはり身近ではありません。
妹宅周辺でも実施店は少数であることを具体的な店名をあげつつ紹介しました。

「え~っ、そうなの? 知らなかった…」
ネットやテレビでサラッと聞きかじる程度だった彼女は、ただ驚くのみでした。
既にスタートしている制度なので常識といえば常識でしょうが、まぁ、世間の認識などこんなものかもしれません。

「それにしても対象店舗名までスラスラ言えるなんて、poohお姉ちゃん、随分詳しいねぇ」
今回の件では妹からミョーに感心もされました。
でも、こんなのpoohにとってはオチャノコサイサイでもあるのです。

なんせ我が家では自作の一覧表を作成済み。
今回のポイント還元事業とは無縁の店でも、キャッシュレス決済によって1%前後のポイントを得られることが多いからです。
ただし、提携している決済手段が店ごとに異なり、結構ややこしいのも事実。
そのためpoohは自宅近隣の小売店をリストアップし、「A店:WAONカード」、「B店:Edy」、「C店:楽天Pay」、「D店:ハウスカード+楽天ポイント」等々、それぞれ決済方法を決めています。

<pooh家におけるポイント付与率の一例>
①イオン系スーパーでのWAONカード決済は1%
②Edyの決済時に付くポイントは0.5%だが、チャージでも0.5%付くので合計1%
③楽天Payは10/1~12/2の期間限定で5%
④楽天ポイントは0.5%だが、ハウスカード(0.5%~)と併用可
⑤上記以外はクレジットカード払い(1%)


外出時には毎回この表を確認し、使用するカード(orスマホアプリ)を事前に準備しています。
この作業を怠ると、いざレジ会計という時点でアワアワしがち。
おっちょこちょいのpoohなので、カードの出し忘れやスマホ落下事故の恐れもおおいにあり得ます。
無用な事故の防止策としても、この店舗リストはなかなか有効です。

「…poohお姉ちゃんてば、相変わらず細かいことやっているんだねぇ」
ハイ、子供の頃からチマチマとした作業に勤しむ姉(=pooh)でした。
その後、妹も自分なりにいろいろ調べ、d払いやPayPayを使い始めた模様です。
poohにとっても、その使い勝手は気になるところ。
姉妹間の情報交換会は今後も盛り上がりそうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

福井県立恐竜博物館から帰宅した私がまず最初に行なったこと

只今、こんな本を読んでいます。
(左)「大人のための恐竜教室」 
(右)「絶滅生物 ビジュアル大図鑑」

2019101804.jpg
そう、poohの中で巻き起こっているのは恐竜ブーム!
先日の旅行で訪れた「福井県立恐竜博物館」で、ガッツリ影響を受けてきたからです。
札幌に帰ってきた後、さっそく図書館で恐竜関係の本を借りてきました。
2019101802.jpg
<福井県立恐竜博物館とは?>
福井県勝山市にある自然史博物館。
カナダのロイヤル・ティレル古生物学博物館、中国の自貢恐竜博物館と並ぶ「世界三大恐竜博物館」として評価される人気施設(→公式サイト)


実はpooh、幼少期に「恐竜図鑑」を読み漁ったクチです。
当時のお気に入りはステゴサウルスやプテラノドン…そうそう、デスモスチルスという響きにも心惹かれたものでした。
カタカナの読み方はあの図鑑で習得したような気もします。

しかし、それだけ夢中になっていても、いつの間にか恐竜愛は失速。
チビpoohの好奇心は別ジャンルに移っていきました。
今回、恐竜博物館を訪れていなかったら永遠に封印されていたかもしれません。

それにしても、こんなにも福井県が恐竜推しだったとは驚きです。
JR福井駅前には、その名も「恐竜広場」!
2019101803.jpg
この広場には3体の恐竜モニュメント(実物大)が設置されていました。
画像右が最も大きなフクイティタン、その高さは約6mというから圧巻!

博物館最寄りの勝山駅(えちぜん鉄道)前にも恐竜がドーンと立っています。
2019101801.jpg
こちらの恐竜はフクイサウルス。
記憶の片隅に残っているイグアノドンに似ているなぁ…と思ったら同類とのことでした。
駅前からバスに乗り、博物館まで約10分間、その道中にも随所に恐竜たちが展示されています。

なんでも福井県では1989年以来、たくさんの恐竜化石が発掘されているそう。
上述のフクイティタン、フクイサウルスに加え、フクイラプトル、フクイベナートル、コシサウルスと5種類の恐竜に「福井・越」由来の名前がつけられています。
これらの化石&発掘現場が天然記念物にもなっているとあらば、「福井=恐竜王国」も納得!

そんな訳で只今poohは恐竜本に夢中です。
「え~? 『ブロントサウルス』っていう恐竜名はもう使われていないの?」
「パキケファロサウルスといえば頭突きばかりしているイメージだったのに、これも否定されている…」

poohが離れていた40余年間のうちに恐竜学も大きく進化していました。
脳内に刷り込まれている知識はまったく太刀打ちできないことにビビりつつ、童心に帰って恐竜愛に浸っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

能登半島・羽咋にてステキな出会いがありました

夫婦2人でひっそりと暮らすpooh家には、他人との交流機会がほぼありません。
旅行先でも同様で、せいぜいホテルや飲食店のスタッフと必要最低限の会話を交わすくらいです。

そんな中、今回の中部地方旅行ではステキな出会いがありました。
4日目に訪れた石川県羽咋(はくい)市での出来事です。

※「羽咋市公式サイト」(→こちら)より画像を拝借しました。
2019101406.jpg
羽咋の名所といえば「千里浜なぎさドライブウェイ」!
はるばる能登半島まで来たんですもの、pooh家もレンタサイクルで砂浜を走ろうと気合満々でJR羽咋駅に降り立ちました。

<千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイとは?>
全長8kmに及ぶ日本海に面した砂浜。
「日本で唯一、車で走ることができる砂浜」として人気が高い(→ほっと石川旅ねっとの記事)


当初は駅で自転車を調達するつもりでした。
しかし、タイミングが悪かったようで、駅員さん1人に対し、待機客が複数人。
雰囲気から察するに、皆それぞれ時間がかかりそう…自転車入手までのタイムロスは明らかです。
「それなら徒歩で行っちゃえ!」とpooh家はテクテクと歩き始めました。
地図によると砂浜までは「車で5分」という距離、我々ならイケると踏んだのです。

でも、荷物は重いし、道はビミョーな上り坂…おまけに蒸し暑くて、なかなか難儀。
己の判断を後悔しながらヨチヨチと歩いていたところ、天の声が聞こえてきました。
「どこまで行くんだい? 乗っていきなぁ」

声の主は自家用車に乗った70代男性(Yさん)でした。
知らない人の車に乗せてもらうなんて、普段のpooh家ならまず避けたことでしょう。
でも今回ばかりは甘えてみようという気持ちが湧き上がってきました。
Yさんは見るからに親切そうな人だったし、こちらは2人。
何があっても大丈夫という思いがあったからなのかもしれません。

そのまま念願の千里浜に連れて行ってもらいました。
2019101405.jpg
「羽咋にはな~んもないんだよ」とYさんは言うけれど、いえいえ、そんなことはありません。
波打ち際のドライブは本当に爽快!
「自転車でチョロッと走れればいいな」と考えていた砂浜をYさんは8km全走行してくれました。

更には「ここはオススメ!」と、気多大社にまで案内して下さったのです。
<気多(けた)大社とは?>
縁結びの神である大国主神を祀る創建2100年の古社。
その名前は「万葉集」の中にもみられる(→公式HP)

2019101404.jpg
自転車、ましてや徒歩では到底来られなかった場所です。
その後は道の駅にも立ち寄ってもらい、1時間ちょっとの羽咋観光を楽しみました。
景色はもちろん、車中でのおしゃべりも良い思い出になっています。

生粋の地元っ子というYさんの言葉は、能登弁というのでしょうか?
関西弁的なイントネーション、でも、それとはまた異なる語尾の抑揚がpoohたちには初めての言語で、当初はところどころで会話も「???」でした。
でも、徐々にこちらのリスニング能力も高まり、最後の方ではほぼ完全理解。
羽咋という街を大好きになれたのも、Yさんの存在あってこそです!

Yさん、楽しい時間をありがとうございました!

ちなみに羽咋のもう1つの売りは「UFOの街」。
古文書にもUFOらしき記述が残され、現在も数多くのUFOの目撃談が集まっているそうです。
2019101401.jpg
「のとののど(能登の喉)」とも呼ばれる羽咋での思い出は、今後もpoohの宝物になることでしょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

宗教にはとんと興味なし…そんな私でも心が動いたもの3点

「宗教」というものにpoohはまったく関心がありません。
神様はいるのか? と問われると、「う~ん、わからん」とゴニョゴニョ誤魔化すのが恒例です。
そんな人間ではありますが、お寺・神社巡りは結構好き♡
今回の旅行でも、あちこち観光してきました。

<旅行行程に関する記事>
●中部地方(愛知・岐阜・富山・石川・福井)を満喫してきました(→10/7の記事)


熱田神宮、八百富神社、気多大社、永平寺…
各所でひんやりとした独特の空気を味わってきました。
そんな道中でpoohが気に入った建築物3点をご紹介しましょう。

その①:岐阜大仏
2019101101.jpg
この大仏様は「日本三大仏」の1つだそう。
つまり奈良、鎌倉に続く3番手…今回の旅行前から参拝を楽しみにしていました。
なんせpoohは「三大○○」というフレーズが大好き。
この言葉を聞くと「コンプリートしたい!」という欲望がムクムクと渦巻いてきちゃうのです。

<「三大〇〇」について述べた記事>
●福島名物を食べたとたん、なぜか東京と岡山に行きたくなった理由を心理学的に説明します(→2018年7/23の記事)


像の高さは13.63m、耳の長さだけでも2.12mもあるとのこと。
見下ろされた視線に温かみを感じる大仏様です。
※詳細は「岐阜観光コンベンション協会のサイト」(→こちら)にて

その②:高岡大仏
2019101104.jpg
「えっ、また大仏?」というツッコミも聞こえますが、これもスルーするわけにはいきません。
だって、ここ富山県高岡市の大仏様も「日本三大仏」の1つだからです(笑)

そう、大仏に限らず「三大〇〇」の3番手にはさまざまなパターンがあるのが常。
ちなみに、この高岡大仏は与謝野晶子が「鎌倉大仏より一段と美男」と評したそうです。
ウム、確かにイケメンですね。
※詳細は富山県観光公式サイト「とやま観光ナビ」(→こちら)にて

その③:光禅寺
2019101103.jpg
富山県氷見市にある小さなお寺です。
実はここ、あの藤子不二雄Ⓐ先生のご実家!
そんな訳でハットリくん、怪物くん、プロゴルファー猿、喪黒福造の石像が並べられていました。
「富山といえば藤子不二雄先生」と小学生の頃から刷り込まれてきたpoohにとっては感涙モノのスポットです。
※詳細は氷見市観光協会「きときとひみどっとこむ」(→こちら)にて

岐阜大仏、高岡大仏、光禅寺…どこもひっそりとした場所でした。
でも、それぞれに味わいがあり、関わってきた人々の思いがpoohにも感じ取れたのです。
これぞパワースポット!
現地でエネルギーをチャージしてきたからでしょうか? 今日もpoohは元気いっぱいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事