poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活も7年目に入りました。シンプルに楽しく過ごす日々を綴ります。

見るからにビミョーな「ペヤング」を食べてみた感想

見るからに怪しい商品を見つけてしまいました。
●「ペヤングやきそば スカルプD」
2019052301.jpg
黒いパッケージがなんともビミョーです。
「ヌルヌル塩味」、「男たちよ、立ち上がれ!!」というキャッチコピーも謎過ぎます。
カップ麺やスナック菓子でお馴染みのコラボ企画も、ついにここまで…と感心しきり。
ペヤングの商品開発担当者が育毛シャンプー「スカルプD」の愛用者なのかもしれませんね。

普段のpoohなら「ふ~ん」と素通りで済ませた商品です。
でも¥68という破格値に釣られ、今回は買ってしまいました。
さぁ、この判断が吉と出るか凶と出るか…ドキドキしながら実食です。
2019052302.jpg
オーソドックスなカップ焼きそば同様、中身は麺、ソース、かやくの3点セット。
「ヌルヌル塩味」なので、ソースの色は薄めです。

特徴的なのはかやくでしょう。
髪に良いとされる海藻(昆布、ひじき、わかめ)がたっぷりと入っていました。
お湯を注いだ瞬間から「磯の香り」がプンプンと漂ってきます。
そして完成したのは…
2019052303.jpg
これまたビミョーなビジュアル…

味は決して悪くありません。
いや、塩焼きそば好きのpoohとしては結構好みの味でした。
調べたところ、この製品は昨年12月から発売されていたそう(→まるか食品の公式サイト)
話題の品を経験できて満足です。

ちなみに「ペヤングやきそば スカルプD」には「鮭エキス」と「びわ葉パウダー」も含まれています。
鮭に含まれる「アスタキサンチン」という成分が薄毛・抜け毛を防ぐ上、びわの葉にも育毛効果が期待できるとありました。
もちろん、ペヤングごときに入っている量などたかが知れていますが(笑)、遊び心は満点です。

そうそう、期待の「ヌルヌル感」はさほどのものでもありませんでした。
また面白い商品を発見したら積極的に試してみようと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

誰にもバレなかったようですが…先日のミスをあえて自己申告しておきます

実はpooh、前回の記事でこっ恥ずかしいミスを犯していました。
夫・ケッチーくんからの指摘を受け、投稿2時間後に慌てて修正しましたが、いやはやお恥ずかしい限りです(赤面)
でも、「間違っているよ~」というコメントもなかったので、どうやら誰にもバレなかったはず…
まずはホッと胸をなでおろしています。

くだんの記事はこちらです。
●「筋肉の質」まで自宅でチェックできるようになりました(→5/19の記事)

誤り部分は既に修正済みですが、あえて自己申告しておきましょう。
記事の中でpoohは、体重計のメーカー「タニタ」を「タニ」と記載していました。
しかも2ヶ所…トンチンカンもいいところです。

タニタといえば、日本で初めて家庭用体重計を製造・販売した老舗メーカー。
今では一般名詞的に使われる「ヘルスメーター」も同社による命名です。
そして体脂肪計や体組成計を世界に先駆けて製造・販売、更にはキッチン秤、タイマー、医療施設向け機材の数々…と、その技術力は誰もが知るところでしょう。

そんな「タニタ」の名前を間違えるなんて…実は、これにはワケがあります。

一般的には耳慣れない「タニ」も、poohにとっては超身近なメーカー名だからです。
当ブログでも過去に何度もこの名前を紹介してきました。
バーム 025
そう、絶賛愛用中のヨーグルトメーカー「ヨーグルティア」がタニ社の製品です。

ヨーグルト作りはもちろん、玄米の吸水(→2017年4/16の記事)、パン用酵母起こし(→2014年4/29の記事)、果ては家庭菜園の下準備(→2017年4/22の記事)とヨーグルティアをフル活用。
我が家では2台の同時稼働も珍しくありません。
そんなpoohですもの、「“タニ…”と言えば?」と問われたら、まず「タニ」の名前が浮かびます。

もちろん、以前からこうだった訳ではありません。
10数年前、「タニのヨーグルトメーカーを買おう」と提案してきたケッチーくんに、「それってタニタのバッタモン?」とpoohは冷たく言い放ったものでした。
しかし、今や自他共に認める熱烈なタニ信者です。
体重計のメーカー名を間違えてしまったのも、もはや仕方ないのです(開き直り)

でも、やっぱり世間一般では「タニ」はマイナーな存在でしょう。
なんせWikipediaにも「タニ」の記述はありません。

同社に関する情報はオフィシャルHP(→こちら)のみが頼りです。
それによるとタニ電器は「昭和46年に日本初のヨーグルトメーカーを開発し製造販売」したそう。
ほ~ら、「昭和39年に日本初の家庭用体重計を開発」したタニタ社に近いものを感じます!

…と、「タニタ」と「タニ」を間違えてしまった言い訳をツラツラと並べてみました(照)
でもやっぱりミスはミスです。
今後はもっと気をつけます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

「筋肉の質」まで自宅でチェックできるようになりました

入浴のたびに計測している体重・体脂肪率の数値が最近なんだか怪しいです。
体重計が壊れたのかもしれません。

ネット情報によると「デジタル体重計の寿命は3~8年」が目安とのこと。
どんなに大事に使っていても圧力センサーが劣化するからだそうです。
指折り数えてみると、pooh家の品はなんと18年(!)モノ。
とっくのとうに限界を越えていました(照)

そんな訳で、新しい体重計を購入しました。
2019051910.jpg
(左)新調した「体組成計 RD-502」 
(右)18年モノの「脂肪計付ヘルスメーター TBF-633」


両者共にメーカーはタニタです。
でも、完全に別物同士…RD-502のスタイリッシュさが際立っています。

そう、RD-502は薄くて軽い!
2.3kgもある旧品に比べて、こちらは1.3kg…持ち運びも楽々です。
いやはや、18年もの間に体重計も随分進化していたんですねぇ。
2019051911.jpg
もちろん、RD-502の特徴はこれだけではありません。
この製品の最大の持ち味は…
「デュアル周波数測定」によって、“筋肉の質”までチェック可能!

<デュアル周波数測定とは?>
細胞内・外全体の情報を取得する「高周波電波」と、細胞外の情報を習得する「低周波電波」の2種類の電波を流して行なう測定方法。

●参考:タニタのオフィシャルサイト(→こちら)

poohにはチンプンカンプンですが、要は従来品よりも高精度で細やかな計測が叶うということ。
この機能によって、なんと10項目に渡って自分の体をチェックできるのがRD-502です。 

<計測項目 (カッコ内は単位)>
①体重(kg) ②体脂肪率(%) ③内臓脂肪(レベル) ④筋肉量(kg) ⑤筋質点数(点) ⑥体内年齢(才) ⑦基礎代謝量(kcal/日) ⑧推定骨量(kg) ⑨体水分率(%) ⑩BMI


これまでは①②のみだったpooh家にとって、これは嬉しい!
なんせ日頃から気になっていた筋肉や骨量まで自宅で計測できるのです。
でも、項目が多くなった分、数値管理にも手間がかかるようになりました。
実はスマホにデータを飛ばせる上位機種(RD-800、RD-906/907)も存在するのですが、当然お値段が高いため、pooh家はスルーしちゃったのです。

その代わりとして、専用記録用紙をExcelで自作しました。
2019051912.jpg
週イチペースでこのシートに10項目の数値(×夫婦2人分)を記録していきます。
(体重・体脂肪率はこれまで同様、入浴のたびに手帳にも記載)

さて、さっそく第1回目の計測を実施しました。
旧体重計時代から連日、その数値を競い合っていたpooh&夫・ケッチーくんが大騒ぎしたのは言うまでもありません。
「フフン、筋質点数はpoohの方が15点も上回っているよ」
「でも、オレの体内年齢は35歳!」

そう、この「負けず嫌い同士」がpooh家の2人の体型キープの秘訣です。
RD-502の導入によって、今後はますますお互いへのツッコミが激しくなりそう。
何はともあれ、新兵器が先代品同様に長持ちすることを祈ります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

フルーツをより長く楽しむための小ワザ

熊本産の「ジューシーフルーツ」を頂きました。
その名前を見た瞬間、♪キミとイチャイチャしてるところを見られちゃったわ~♪と、昭和の懐メロを口ずさんでしまったのはpoohだけではないはずです。(えっ、poohだけ?)
そう、ロックバンド「ジューシィ・フルーツ」のデビュー曲「ジェニーはご機嫌ななめ」(1980年)です。
2019051110.jpg
縦長の無骨なビジュアルがカワイイ柑橘です。
正式名称は「河内晩柑(かわちばんかん)」、「和製グレープフルーツ」とも呼ばれているそう。
5月に開花→翌年の4~8月に実を収穫、つまりここまで大きくするのに1年もかかる果物です。

さて、せっかくの頂き物なので大事に食べようと考えました。
でも、普通に食してしまうと一瞬でなくなってしまうのがフルーツの宿命です。
もちろんそのフレッシュ感を楽しむのもアリだけど、今回はより長く賞味することを優先したい…そんな訳でpoohは得意のワザを行使しました。
まずはピーラーで皮の表面を剥いたのです。
2019051112 (2)
<その後の工程>
①剥いた皮を千切り→鍋に入れて茹でこぼす
②実を取り出してほぐす
③水気を絞った①+②の重量を計り、その半量の砂糖を加えて中火で加熱。

2019051112.jpg

瓶2個分のママレードの完成!
2019051113.jpg
パンやホットケーキに塗ったり、ヨーグルトにかけたり、用途はさまざまです。
これからの季節ならゼラチンと共にお湯に溶いて冷やし固め、フルーツゼリーにしても◎でしょう。
いろいろなパターンで楽しみます。

今後しばらくはpoohの脳内BGMもジューシィ・フルーツ一辺倒。 
♪それをペチャクチャ言い触らされて、私ピ~ンチッ♪と、ママレードの瓶を手にするたびに甲高い声で歌いまくることになりそうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事

マイホーム購入10周年…その節目に向けて考えていること

中古一戸建を購入して、もうすぐ10年を迎えます。
…となると、そろそろアレに取り掛からねばなりません。
外壁の塗装工事です。

一見した限りでは、さほど薄汚れた感はありません。
でも、いくら外観面に問題がなくても、外壁塗装は定期的に行なう方が良いそうです。
それは建物を「保護」するためです。

塗装は日差しや雨雪から家を守るための「バリア」です。
家屋の状況にもよりますが、「7~15年に1回」が塗り替えの目安。
入居2年目(2011年)に前回の塗装を行なったpooh家は、来年あたりが頃合いでしょう。

そんな訳で、たまたま見つけた広告をきっかけに「リフォーム業界の虎の巻」を入手しました。
こういった類の資料請求はずっと避けてきたpoohですが、「これならいいかも」と感じたのです。

<参考過去記事>
●「無料で資料を送ります」という広告に珍しく心が揺れ動いて…(→5/3の記事)

2019051701.jpg
画像左から:「リフォームの青本」、「外壁塗装の赤本」、「リフォーム・外壁塗装の実例集」

外壁塗装が目的だったので、まず赤本から開いてみました。
所詮無料配布の資料だし、「まんがでわかる!」というタイトルに「日ペンの美子ちゃん」的な軽~いノリをイメージしていましたが…
2019051703.jpg
意外なくらい本格的な内容!

~「外壁塗装の赤本」の目次~

①外壁を塗り替えなければならない2つの理由
②メンテナンス費用の最小化のために
③得をする外壁ランニングコストの考え方
④塗料の種類と耐久性
⑤メンテナンス不要の半永久的な塗料はあるのか?
⑥業者の言いなりにならない塗料の選び方
⑦保証書を信用しすぎると失敗する
⑧ハウスメーカーの長期保証は保証ではない?
⑨根拠のない値引きと「お宅だけ特別に…」は手抜きの前兆
⑩手抜き工事を防止する簡単で確実な方法
⑪見積書の6つの確認ポイント
⑫依頼先によって大きく変わる塗装工事のお値段



まずはこの本をじっくりと読み込み、知識を蓄えるつもりです。
そして来年に業者を選定し、工事内容を詰めるとしましょう。
なんせ塗装工事にかかる費用は数十万円!
これだけ大きい買い物ですもの、poohの鼻息も荒くなります。

でも、費用についてはさほどの不安はありません。
こういった家屋のメンテナンスに備え、毎月3万円の「修繕積立金」を用意しているからです。

<参考過去記事>
●家を買うなら維持費についての心構えも必要です(→2014年9/18の記事)


この家には今後も10年、20年と、まだまだお世話になる予定。
快適に暮らしていくためにもお手入れは欠かせません。
今回届いた冊子を真剣に読み進めている真っ最中です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

関連記事