poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

えっ? 順番が逆なのでは・・・と思った話

夫・ケッチーくんは博識なタイプです。
しかし時折、ミョーにトンチンカンなことを言い出してpoohを驚かせることも。
その内容は芸能人の名前だったり、洋服のブランド名だったり、冠婚葬祭における作法だったり・・・まぁ、オッサンには不得手なジャンルなのでしょう。

そんな彼が、今回もトボけたことを言い出しました。
「サクラの花が終わったら、ウメを見に行こう」

えっ? 男性ならではの無粋さで、彼は花の季節も勘違いしているようです。
ウメといえば、年賀状のイラストでも多用されるとおり「初春」のイメージ、それに対してサクラは「入学式」の象徴ともいうべき存在なのに・・・

確かに、ここ札幌のサクラの開花は毎年5月初旬で、一般的な日本人の感覚とはズレています。
でも、「ウメ→サクラ」の順番は不動のはず。
その勘違いを正してやるのが妻の務め・・・と、poohはツッコミの鬼と化しました。

しかし、ケッチーくんも負けていません。
「北海道ではウメの方が後なんだ!」

確かに彼は純正の道産子、でもpoohだってもう20年以上この地に住んでいます。
そんな北海道ルール聞いたことないと反論しながら、結局ググってみました。
そこで判明したのは・・・ケッチーくんの勝ち、つまり「サクラ→ウメ」(驚)

では、時系列に沿って、実際に見てみましょう。
まずは先日、10日ほど前に見かけた満開のサクラ。
2017051450.jpg

そして昨日の「平岡公園」(→オフィシャルサイト)の梅林。
2017051452.jpg
・・・写真では満開のウメがよくわからないような(照)
でも、丁度紅梅が満開だったのです。
2017051453.jpg
市内では最大級という1200本もの梅林は、お花見客で大混雑!
う~む、確かにウメの見頃は今でした。
ちなみに平岡公園の「ひらおか梅まつり」は5/21(日)まで開催中だそうです。

いやはや、北海道にはまだまだpoohの知らないことがいっぱいです。
昨日はちょっと寒くて、名物「梅ソフトクリーム」を食べられなかったので、いつかリベンジせねばなりません。
今後は「サクラ→ウメ」が、pooh家の歳時記として定着することでしょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

もしもアーリーリタイアしていなかったら、自分はどうなっていたのだろうか?

アーリーリタイアして、もうすぐ丸4年。
この生活スタイルにもすっかり慣れ、毎日淡々と暮らしています。

そんな中、「もしもアーリーリタイアしていなかったら、自分はどうなっていたのかな?」と考えることがあります。

おそらく今も、同じ勤務先で働いていることでしょう。
業務内容には何らかの変化が生じたかもしれませんが、家事と並行させながらそれをこなし、多忙な日々を過ごしているはず。
そして、その暮らしに満足していたに違いありません。
精神的には現状と同様だと思います。

もちろん、フラリと旅に出たり、チマチマと手作りに勤しんだりといった行動は、アーリーリタイアによって実現したものです。
こうしてブログを綴る時間だって、会社員時代には到底捻出不可能でした。
でも、時間的制約があったらあったで、poohは他の楽しみを見つけ、そこに喜びを見出していたのではないでしょうか。

結局、どんな環境にあっても自分は自分なのです。
アーリーリタイアしようと、仕事を続けていようと、pooh自身はさほど変わりありません。

会社勤めをしていたあの頃も充実していたし、今の引きこもり暮らしも十分幸せ。
・・・そして、今後は?
まずは毎日、小さな発見を積み重ねながら、ゴキゲンに暮らしていくつもりです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

「節電効果も兼ね備えたオシャレインテリア」と呼ぶには、実にビミョーです

ガーデニング関連製品を取り扱う(株)タカショーより、株主優待品が届きました。
2017051043.jpg
ここの株主優待は、複数の商品群の中から好みの品を1つ選ぶシステムです。
今年は、このソーラーライトをセレクトしてみました。

上部のソーラーパネルを太陽光にあてて充電する作りになっています。
2017051044.jpg
日が暮れて暗くなると、自動的にライトが点灯するそう。
そういえば、ご近所の庭先で夜間ピカピカ光っている物を見かけるけれど、そうか、こういう物体だったのですね

でも、届いたライトはたったの1本・・・
いざ自宅の庭に置くとなると、ビミョーに設置ポイントに悩みます。

ライブ会場でのペンライトやサイリウム風に振ってみたり、マイク代わりにしてみたり・・・
ひとしきりマヌケな一人遊びにも興じてみましたが、数分間で飽きてしまいました。
しかし、そこで、ひらめいたのです。
これって室内でも使えるかも!

そうと決まれば、さっそく階段に置いてみましょう。
2017051045.jpg
ポールを取り外してライト部分のみにし、階段の隅っこにチョコンと設置しました。
ここなら昇り降りの際にもジャマになりません。

これが夜になると・・・
2017051042.jpg
ウム、なかなかいい感じに光っています。
間接照明的なムーディーさもあり、インテリアとしてもバッチリでしょう。
しかも微々たるものとは言え、電灯分の電力削減に繋がるのも嬉しいところではありませんか。
我ながらナイスアイディア・・・と、poohはほくそ笑みました。

しかし、所詮はガーデン用。
すぐに問題点もあらわになりました。


付属のソーラー電池をフル充電するには、約8時間太陽光に当てねばなりません。
それでも点灯時間の目安は6時間程度です。
曇りの日は充電量が不足するらしく、就寝時まで電池が持たないシーンが見受けられました。
今の季節でこれですから、冬季は更に稼働時間が短縮するはずです。

実際「公共および商業施設でのご使用はお控えください」と、取扱説明書にも明記されています。
この製品は本格的な照明にはなりません。

しかも、電池の寿命は1年間ほどとのこと。
市販のニッケル水素充電池(単4☓1本)を購入すれば継続使用も可能ですが、これでは電気代の節約効果はほぼなしと言ってもよいでしょう。
ソーラーライトを常備灯代わりに使おうというアイディアは、やはり無謀でした(照)

でも、階段に小さなライトがあるのも楽しいもの。
うっすらとした灯りは気持ちが安らぐし、消えていたら消えていたで、「そういえば今日は曇っていたなぁ」と1日を振り返るきっかけにもなります。
そんな訳で、これはこれで良しとしているpoohなのでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

GW最大の収穫は「チャンカレ」との出会いでした

好天に恵まれた今回のGWは、pooh家もカメラ持参で精力的に出歩きました。
「モエレ沼公園」も、その1つです。
2017050802.jpg
<モエレ沼公園とは?>
札幌市東区にある総合公園。
188ヘクタールもの広大な敷地に、幾何学的形態を多用した施設が整然と配置されており、自然と芸術が融合した景観を楽しめる。(→モエレ沼公園オフィシャルサイト)


ガラスのピラミッド「HIDAMARI」の中では、結婚式も行なわれていました。
桜が満開となるシーズンなので、お花見客も多かったようです。

でも、広々としたこの公園では、そんな人混みもまったく気になりません。
白い一本道が象徴的な「プレイマウンテン」を登る人々も、豆粒にしか見えないくらいです。
2017050801.jpg

しかし、poohのボルテージが最も上がったのは、実はまったく別のスポット。
今、思い出しても「あそこは良かった!」と興奮冷めやらぬ場所は・・・
2017050803.jpg
カレーのチャンピオン 札幌白石店

札幌といえば「スープカレー」、さてはここも?・・・いえいえ、このお店のウリは「金沢カレー」!
石川県金沢市のB級グルメとして名高いスタイルのカレーライスです。

<金沢カレーの特徴> ※Wikipedia(→こちら)より抜粋引用
・ルーは濃厚でドロッとしている。
・付け合わせとしてキャベツの千切りが載っている。
・ステンレスの皿に盛られている。
・フォークまたは先割れスプーンで食べる。
・ルーの上にカツを載せ、その上にはソースがかかっている。
・ルーを全体にかけて白いライスが見えないように盛り付ける。


この「カレーのチャンピオン」は、金沢カレー文化の担い手の1つです。
1961年創業の老舗で、地元では「チャンカレ」という呼び名で親しまれているそう。(→(株)チャンピオンカレー・オフィシャルサイト)

全国各所にフランチャイズ展開されている中、北海道では、ここ札幌白石店のみ。
地下鉄東西線「東札幌駅」から100メートルほどの住宅街の中・・・という、ビミョーに地味な立地ゆえ、pooh家の2人は今回が初来店でした。

①Lカツカレー大盛り¥790+キャベツ増量¥20
②Lカツカレー普通盛り¥690+キャベツ増量¥20 をオーダーしました。
2017050804.jpg
おおっ、なんとボリューミー!(大興奮)

四十路も後半なのにカツカレー、しかも、Lサイズのカツはヘビーかもという懸念もありました。
しかし、Lカツカレーこそがチャンカレのデフォルトとあらば、スルーする訳にはいきません。
でも、これが大正解!
カレーもカツも美味しくて美味しくて、あっという間にペロッと完食しちゃいました。

「チャンカレ、サイコー!」と、声を大にして叫びたいくらいの高揚感を味わえたこのGW。
これから夏に向けて、北海道はますます良い季節を迎えます。
今度はどこへ出かけようか、そして何を食べようか・・・やっぱり「花より団子」のpooh家です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

インスタントラーメンよりも安いラーメン、一丁上がり~!

我が家のインスタントラーメンの購入目安は、「5Pセットで¥200前後」です。
つまり1食あたり¥40・・・十分リーズナブルですが、世の中にはもっと安いラーメンがあります。

それは生ラーメンです。
特売で購入した今回は3食入りで¥63・・・1食あたりなんと¥21です。
2017042040.jpg
ただし、この品にも大きな欠点があります。
実はスープが別売なのです。

市販のラーメンスープは、安いものでも1杯分¥50と、麺よりも高価。
よし、それなら自分でスープを作ってみようではありませんか!

しかし、寸胴鍋で鶏ガラや豚骨を長時間煮込むなどというのは、さすがに御免被りたい。
そもそも材料費だってバカになりません。
自宅にある食材でお手軽にできる方法はないものかと頭をひねりました。

その結果、用意したものがコレです。

<材料 (丼2杯分)>
水700cc、昆布5センチ、煮干し6匹、カツオ節1つかみ、
(A):味噌大さじ3、醤油大さじ1、コチュジャン・豆板醤・鶏ガラスープ・砂糖・みりん各小さじ1、塩少々
(B):ゴマ油大さじ2、ニンニク・ショウガ各1片、長ネギ5センチ
(C):豚肉50g、モヤシ1.5袋、キクラゲ少々

2017050650.jpg
まずは前夜から昆布&煮干しを水に漬け込んでおきました。

翌朝、これを火にかけて沸騰前に昆布、沸騰後に煮干しと順々に取り出します。
その後、火を止めたらザルを入れ、カツオ節を投入。
2017050651.jpg
そう、poohはいつものお味噌汁を作る要領でダシを取ったのです。
普段は「昆布&カツオ節」、もしくは「煮干しのみ」と、料理の内容や、その時の気分で2パターンのダシを使い分けていますが、今回は合わせ技にしてみました。

さて、カツオ節を取り出したら、(A)の調味料をすべて溶きます。
2017050653.jpg
油っけがないので、見かけはラーメンスープというよりは、まさにお味噌汁(笑)
もちろん、このままではミョーにあっさりした物足りないラーメンになることがミエミエ。

でも、大丈夫! コクと風味はこれから加えます。
みじん切りにした(B)を中華鍋で熱し、(C)と共に炒め合わせました。
この工程と並行して、麺を茹でるお湯も沸かします。
2017050652.jpg
麺の茹で上げ時間を計算しながら、画像左の中華鍋に先程の「味噌汁風スープ」を投入して軽く煮込みました。

湯切りした麺を丼に盛り付け、スープ&具材をザザ~ッとのせて完成!
2017050654.jpg
pooh飯店の特製味噌ラーメン、一丁上がり~!

全体的にアッサリながらも、煮干し・昆布・カツオ節・鶏ガラスープのダシが効いていて、意外なくらいの美味しさです。
昨今のラーメン界のトレンドが「ダブルスープ」ならば、4種類のダシをブレンドしたこの品は「クワトロスープ」と自称しても良いでしょう。

ちなみに普通盛り(麺1食分)で作った場合の材料費は
麺¥21+スープ¥15=¥36・・・と、インスタントラーメンよりも安上がりです。

具材をトッピングし、麺は1.5食分使用した今回の大盛り版でも、1杯あたり¥85ほど。
夫婦2人でお腹いっぱいラーメンを食べても¥170で済んでしまいました。

「今度は醤油味・塩味にもチャレンジしてみよう」
「以前パスタマシンで作った自家製中華麺(→2014年8/16の記事)なら、更にオリジナル度がアップするよ」
pooh家のおうちラーメンは、すっかり独自路線を猛進中です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事