poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

夫婦共に退職して4年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

ほっともっとの利用時に、私が最もこだわること

(株)プレナスの株主優待券が、年間¥500☓5枚☓2名義=¥5,000分届くので、時々、持ち帰り弁当「ほっともっと」を利用しています。
2017032502.jpg
自炊が面倒な時のお助けマン的イメージが強い持ち帰り弁当。
「ほっともっとで今夜は済ませちゃおう」といった具合に、その時の思いつきで来店する利用者が多いように見受けられます。

しかし、pooh家はちょっと違います。

我が家には“思いつき”の機会が、まずないのです。
献立決めは、いつも2、3週間前から計画を立て、粛々と実行するのがpooh家流。
特売時に買いだめした食材のストック状況を確認し、「◯日はコレを食べよう」、「その翌日はコレ」と、カレンダーに記入するスケジュールには、“思いつき”の余地などありません。

そのため、「ほっともっとを食べよう」とpooh家が心積もりするのは、最低でも10日前(笑)
事前にキャンペーン開催を知った時や、「この辺りで揚げ物を食べよう」と思い立った時に、計画的に組み込みます。

<参考過去記事>
●プレナスの株主優待、割引企画を活用してお得度UP!(→2014年10/28の記事)
●ほっともっとのチキン南蛮弁当の「南蛮」って?(→2015年3/27の記事)


更に、その利用タイミングを計る際に必ず念頭に置くのは・・・
プラスチックゴミの回収日です。

持ち帰り弁当は手軽だけれど、食後の容器がゴミになるのがネック。
結構かさばる物なので、何日間もゴミ箱に入れておくのはビミョーに気になります。
普段は細かいことを気にしない大雑把なpoohも、この点にはこだわります。

そんな訳で、我が家の「ほっともっとの日」は、いつもプラスチックゴミの回収日前日。
カレンダーの献立スケジュールには、たいてい1、2日のズレが生じるけれど、この日だけはキッチリカッチリ死守しています。

今回はコレを食べました。
(左)和風幕の内弁当 (右)20品目の彩り弁当 各¥500
2017032501.jpg
食べた後の容器は、軽く水洗いしてゴミ袋へ。
そして翌朝には、回収に出してしまいます。

現在手元に残っている株主優待券の有効期限は5月末日。
「あと2枚・・・これはいつ使おうかな?」と、相変わらずゴミの日を視野に入れながら、次回の利用日選定に勤しんでいます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

マイナー家電・精米器で実験してみました

玄米食のスタートをきっかけに、先月精米器を購入しました。
●参考過去記事
我が家の“三種の神器”はホームベーカリー、ヨーグルトメーカー、そして・・・(→2/1の記事)

2017020101.jpg
以来、我が家の米飯は、一気にバリエーションが拡大しました。
「今夜は焼き魚だから玄米ご飯」、「丼メニューには白米の方が合うはず」などと、日々おかずとの相性を考えながら、お米をセレクトしています。
家電としてはマイナーだけど、精米器は我が家向きのアイテムと言っても良いでしょう。

そんな中、気になっていたのが
精米器の“分つき米”モード

<“分(ぶ)つき米”とは?>
白米よりも精白度が低い米。
玄米表面のぬか層が残っているので、ビタミン・ミネラル・食物繊維といった栄養価が高い。
炊飯方法は白米と同様でOK。


表皮を3割削ったものが“3分つき”です。(ちなみに10分つき=白米)
poohの精米器の分つき米モードは、3分・5分・7分の3種類。
「数値が変わると、味はどのくらい違うのだろう?」という疑問が湧いてきます。

そんな訳で、食事のたびに各モードで精米器を稼働してみました。
精米比較表201703
↑玄米を2カップずつ精米し、それぞれ重量を計って廃棄率も計算。
当然のことながら、精白度が高まるごとに廃棄率も上昇しています。

5分つきしたものを玄米・白米と並べると、その色合いの違いがハッキリとわかりますね。
2017031570.jpg

もちろん炊き上がったご飯もそれぞれ異なります。
◆3分つき・・・やや茶色味がかかり、玄米ご飯風の香りもある。
2017031573.jpg

◆5分つき・・・3分つきと比べると色も香りも控えめ。
2017031572.jpg

◆7分つき・・・かなり白米に近い感じ。
2017031571.jpg

まぁ、敏感な味覚を持たないpooh家には、どれも「美味しい♡」で終わってしまうのも事実(笑)
結局のところは、非精米の玄米も含め、その時々の気分でモード選択することになりそうです。

「今日は5分つき米に押麦も混ぜて炊いてみよう」
「おにぎりにするなら、精米度を高めた方が美味しいのでは?」
毎日、あれこれ試行錯誤するのも楽しいものです
今や精米器はpoohにとって実験器具、いや、オモチャみたいな存在となっています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

“脚のびたくん”を導入しました。これで昼寝もバッチリ!?

夫・ケッチーくんの日課の1つ・・・それは昼寝です。
●参考過去記事:睡眠はアーリーリタイア人間の至福のひととき(→2014年6/4の記事)

PCデスクに座ったままだったり、畳の上だったりと、そのスタイルはさまざま。
今の季節は、リビングルームのコタツが定位置です。
2017021502.jpg
コタツ布団から顔だけ出して、スヤスヤ眠る彼は気持ち良さげ・・・と思いきや、実はケッチーくん、以前からある問題点を訴えていました。
「寝返りのたびに、コタツ天板が腰骨に当たっちゃうんだ」 

まぁ、動けないほどではないし・・・と我慢していた彼も、遂に改善を決意したよう。
ホームセンターに出かけ、こんな物を購入してきました。
2017031340.jpg
その名も “脚のびたくん” ¥950
コタツやテーブルの底上げグッズです。

使い方は簡単です。
2017031342.jpg
小さなプランター状の継ぎ脚の中に、コタツの脚を入れるだけ。
底上げ値は5センチ、または7センチと、2種類から選べます。

pooh家は5センチアップを試みました。
2017031344.jpg

ちょっとブカブカした様子は、長靴を履いた子供の脚みたい(笑)
2017031345.jpg

たった5センチアップでも、その効果は抜群です。
パッケージと同様、ケッチーくんも天板に当たることなく楽々と寝返りが打てるようになりました。
2017031343.jpg
更に快適な昼寝空間を得て、彼も大満足♪
でも、真の安眠妨害物は未だ幅を効かせています。

それは、コタツ内のスペース占拠を目論むpoohです。
「キミの脚、ジャマ」、「そっちこそアッチ行け」という天板下の仁義なき戦い(=蹴り合い)は、まだまだ終わりそうにありません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

我が家の基本理念が通用しない場面・・・それは株の売却時です

いつもスピーディーな行動を心掛けているpooh家の2人。
傍目にはノンキ度100%に見えるでしょうが、実は一旦「やる」と決めたことは、とっとと片付けずにはいられないタイプです。
夫婦揃ってせっかちな性分ゆえ、“保留”という状態は極力避けて暮らしています。

しかし、そんな我が家の基本理念がまったく通用しない場面もあります。
今回は「ハーバー研究所の株、1名義分を売却したよ」という夫・ケッチーくんからの報告から、それが表面化しました。

poohにとっては、「えぇ? 今頃?」と言うしかない話です。
だって、このハーバー株は、もう1年も前に手放すことを決めていたはず・・・(遠い目)

確か、昨年3月に突如発表された優待制度の変更がきっかけでした。
1名義につき年間18,000円分届いていた商品券が、変更によって年間20,000円分の割引券に“改悪”されてしまったのです。
その時のショックについては、当時も記事にしましたっけ。

●参考過去記事:今回の「悲報」は私にも直撃・・・(→2016年3/15の記事)

あの時点で処分を決めたのに、つい最近までキープしていたとは。
資産運用に関しては彼に丸投げで、とやかく言える立場にないとはいえ、普段の“せっかちケッチーくん”を知るpoohにはビックリものです。
しかし、当のご本人である彼は堂々と言い放ちました。

“持っている理由がない”と、“今すぐ手放す必要がある”は別物だよ。
株に関しては、タイミングの見極めが重要なんだ!


ケッチーくんによると、ハーバーの株価は制度変更の発表後に急落したそう。
それまでは4,000円を超えていたのに、3,200円まで下がりました。

ただでさえ優待改悪でダメージを受けているのに、ここで更に傷口を広げる訳にはいきません。
ひたすら辛抱強く、彼は株価が戻るのを待っていたのです。

売ると決めたけれど、今じゃなくても良い。
持っていても損になる訳ではない。
売りたい人が減れば、いずれ株価は戻ってくる・・・

そんなことを心の中で念じ続け、結局彼がハーバー株を手放したのは、それから11ヶ月後。
4,280円まで戻したタイミングだったそうです。
いやはや、株の売却に限っては、普段の行動力が却って妨げになるのですね。

「やっとジャマモノを処分できたよ♪」と、1年を要した決着にケッチーくんもスッキリ顔です。
でも、彼に言わせるとこんなのは序の口だそう。
「株の売買で最も必要なのは忍耐力」などと、ド素人pooh相手に偉そうに講釈するのも、実は自分自身への戒めに違いありません。

今日も彼はPCのチャート画面を眺めながら、ミョーにどっしりと構えています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

電力小売全面自由化から1年経過・・・我が家の判断は吉と出たのか?

今月は、我が家の家計の年度締め月です。
まずは水道光熱費を集計しました。

※金額は税込み
※ガス:都市ガス。調理コンロで使用
※灯油:ストーブ&給湯ボイラーで使用
2017光熱費まとめ改
本年特筆すべきは、なんといっても電気代でしょう。
2016年4月からスタートした電力小売全面自由化に伴い、我が家もそれまで利用していた北海道電力から、「北海道ガスの電気」に契約を切り替えました。
「まずは1年、お試し感覚で」と、軽い気持ちでトライしてみたのです。

<参考過去記事>
●調べてみました。電力小売自由化で我が家の電気代はどう変わる?(→2016年1/9の記事)


当初のシミュレーションでは「切り替え効果は年間で¥1,130」と予想していたのに、いざ蓋を開けてみると、なんと1万円以上も電気代を削減(喜)

いや、実はこれにはカラクリがあります。
契約切り替えによって、料金請求の締め日も変わり、本来12回の支払いが本年は11回でした。
このまま前年と比べるのもどうかと思うので、単価を出してみましょう。

・本年度 ¥35,865÷1294kwh=¥27.7
・前年度 ¥45,993÷1580kwh=¥29.1

・・・ウム、やはり5%ほど安くなっています。
シミュレーションでの割安度は2.4%だったので、電力会社の変更は予想以上の効果をもたらしたとも言えそうです。

まぁ、我が家の場合は電力会社云々よりも、使用量減少が最大要因でしょう。
前年と比べて286kwhも減れば、電気代が安くなるのも当然です。
請求が1回少なかったことを考慮しても、この数値は侮れません。

それにしても、最近は“節電”をさほど意識していないのに、ここまで使用量が減るとは少々意外。
敢えて挙げるならば、20年以上使っていたオーブンレンジの買い替えや、朝のテレビ視聴をラジオに切り替えたことが影響を及ぼしたのかもしれません。
どちらもプチレベルだけど、“ちりも積もれば”的な効果を生み出した・・・のかな?

まずは、水道光熱費全体で、前年比90.2%の好成績を残せたことに大満足♪
「今年も頑張った」と自画自賛しつつ、poohは来年度に向けてまた新しい一歩を踏み出します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事