poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

出川哲朗の痕跡を肌で感じてきました

「an・an」の「嫌いな男ランキング」で殿堂入りした人といえば・・・そう、出川哲朗です。
2001~05年の5年間、彼は連続首位という栄えある記録を残しています。
しかし時代は変わるもの・・・現在の出川(←あえて呼び捨て)は皆から愛される人気者です。
リアクション芸人の第一人者として、抜群の安定性を誇っていますよね~。

これまではテレビのみで、その様子を垣間見ていたpoohですが、このたび「出川人気」をダイレクトに感じてきました。
JR輪行&サイクリングをした際の出来事です。

<そのタイムスケジュール>
2017082455.jpg

土地勘のない方のために地図も用意しておきましょう。
※白地図は「CraftMAP」を利用
新十津川2017MAP

新十津川ー滝川ー砂川ー月形を巡る45kmのサイクリングのお楽しみは、当然現地グルメです。
ランチは松尾ジンギスカン本店(→オフィシャルサイト)で、滝川名物のジンギスカンでした。
2017082452.jpg
ジュージューと焼ける羊肉の美味しいこと!
夫・ケッチーくんと夢中で食べていたところ、隣席から聞こえてきたのは・・・
「この前、出川もこれを食べたんだよな!」

70代とおぼしきご老人グループが、しきりに出川、出川と連呼しています。
ハハ~ン、彼らはあの番組のことを指しているのでしょう。
「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」です。

<「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」とは?>
テレビ東京制作の旅・バラエティ番組(土曜日19:54-20:54放送)。
2時間の充電で20キロ走行する電動スクーターに乗った出川哲朗と同行ディレクターが、行く先々で人々に「充電させてもらえませんか?」とバッテリー充電をお願いしながら旅をしていく。(→テレビ東京のオフィシャルサイト)


「出川哲朗のゴールデン帯初の冠番組」でもある人気番組です。
8/5、12の放送分が、富良野~小樽の200kmの旅でした。
その際、彼は滝川に立ち寄り、このお店でジンギスカンを食していたのです。

決して狙った訳ではなかったのですが、今回のpooh家のサイクリングは、出川&縫田ディレクター、そしてゲスト・井森美幸の3名が辿ったルートを一部なぞっていました。
そういえば国道12号線沿いの標識も、番組内で紹介されましたねぇ。
2017082450.jpg
「直線道路日本一 29.2km」、poohもしっかり自転車で(一部を)走ってきました!

辿り着いた砂川で入店したお店も、出川の痕跡バッチリです。
2017082454.jpg
ここはアップルパイで有名なナカヤ菓子店(→砂川観光協会のサイト)
店内には「出川さん、滝川・砂川でもロケ」という新聞切り抜きやサイン色紙も貼られていました。
もともと人気店ですが、今回のテレビ放映が追い風となっているのでしょう、お客様がひっきりなしに訪れています!
2017082451.jpg
もちろんpoohたちもしっかり味わってきました。
うん、確かにヤバイよ! ウマイよ!

その後も自転車を漕ぎながら「出川もこの景色を見たんだなぁ」と、要所要所で楽しみました。
poohにとって、今や彼は夏の北海道の空気を共有した“仲間”です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

散々逃げ回っておきながら、最近ちょっぴり受け入れられるようになったもの

poohが苦手とするもの・・・それは紫外線です。
美容のために「アンチ紫外線主義」を20年以上貫いてきました。

学生時代から朝の日焼け止め、夜の美白美容液を欠かしたことはありません。
家庭菜園の見回り、サンルームでの洗濯物干しの際には、どんなに短時間であろうとも帽子&ストールを追加し、ガッツリと重装備。
もちろん外出時は日傘&UV手袋が必携アイテムでした。

アーリーリタイアした現在も、その習慣は続いています。
日課のウォーキングを日没後に行なうのも、日光を避けたいという一念からです。

・・・と言うと「poohさんは色白なのね」と思われた方もいるでしょうが、決してそうではありません。
どちらかと言うと黒い方だし、紫外線を吸収しやすい肌質です。
そのコンプレックスがあったからこそ、徹底したUV対策に励んできました。

でも、最近はそれほどまではこだわっていません。
どうやっても日光から逃れられないシーンが増えつつあるからです。

それは自転車に乗っている時間。

先日新しい自転車(非ママチャリ)を購入したのをきっかけに、晴れの日は積極的にサイクリングに出かけるようになりました。
もともとは「おうち大好き」のインドア派だったのに、人間変われば変わるものです。
それに伴い、ある程度の日焼けは「まぁ仕方ないや」と腹をくくり受け入れています。

もちろん自転車乗車時も、衣類&化粧品で可能な限りのUV対策は取っています。
でも、どうしたって太陽から免れることは不可能なのです。
気づけばpooh、ほんのりと黒くなってきました。
腕などは衣類との境界線がクッキリしています(苦笑)

あ~あ、こんなになっちゃった・・・と思いつつも、それも今の自分が選んだ道。
せめてカサカサ乾燥肌だけは回避しようとお手入れに励みながら、「今度の晴れの日はどこに行こう?」とウキウキと毎日を過ごしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

弱点克服・・・できるだろうか?

最近のpoohは自転車に夢中です。
つい先日までママチャリしか乗ったことがなかったくせに、今や新しい自転車まで購入し、せっせとペダルを回しています。
JR輪行にも挑戦し、美瑛(→7/29の記事)、富良野(→8/6の記事)を制覇しました。

いや、「制覇」は少々盛り過ぎです。
だってpooh、まったく坂道が登れなかったんですもの(赤面)

実はママチャリ時代から、上り坂はpoohのウィークポイント。
四十路オンナにしては体力はある方なのに、坂道ではあっという間に足をついてしまいます。
ギアを軽くしてもダメで、いつもそのまま自転車を押しながらトボトボ歩くだけ。

前回の富良野など、あやうくリタイアしかけました。
ギリギリの思いで「ハートヒルパーク展望台」(→観光協会の公式サイト)に辿り着いた時は、「頑張って良かった!」と実感しましたねぇ
2017081071.jpg
標高270mの高台から市街地を見下ろした景色・・・というと聞こえはいいですが、ここまでの道中、自転車はほとんど「押すだけ」状態でした(苦笑)

こんな有様ではサイクリストは名乗れません。
せめて夫・ケッチーくんに追走できるくらいにはなりたいものです。

おそらくpoohは脚力が足りないのでしょう。
それと同時に上半身(腹筋・背筋)も鍛える必要がありそうです。
さぁ、早速トレーニング開始!

そんな訳で、日課の筋トレ(っぽいこと)のメニューを、このたびちょっぴり増やしてみました。
スイスイ坂道を登りきる自分を夢見て、エッチラオッチラあがいています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

お盆ならではのビミョーな頂き物、さぁ、どうする?

お盆といえば親族の集まり。
poohの実家では、その際に手土産をやり取りするのが恒例でした。
市販のお菓子だったり、ちょっとした雑貨だったり・・・身内といえど品選びには悩んだものです。

でも、ここ数年は随分と気楽になりました。
小学生~中学生の甥姪たちの発案で、手土産交換会がビンゴゲーム形式になったからです。
彼らの祖父母(poohの両親)も交え、大人と子供で景品を数点ずつ持ち寄り、スマホのビンゴアプリで抽選を行なうスタイルです。

<ビンゴに関する参考過去記事>
●親族の集まりと言えば「お金がかかる」と思いがちですが・・・(→2014年8/18の記事)
●「お盆玉」、皆さんはどうしましたか?(→2015年8/20の記事)


景品は各家庭での不用品を中心に、安価な品を「質より量」で提供し合います。
でもチープな品も、ゲームの要素が加わると特別味が増すから不思議なもの。
今回もpoohは自宅内を漁り、マグカップやタオル、石鹸等を持参しました。

そんな物々交換会の結果、poohが持ち帰ってきた物。
2017081601.jpg
食品、布巾、靴下、メモ帳・・・どれも実用性が高く、戦利品としては上々でしょう。
しかし、「一体コレはどうしたものか・・・」と唸る品も含まれています。
それは画像左上のトートバッグです。

可愛いデザインだけど、あまりpooh好みではありません。
このままクローゼットに収めてしまったら、もう永遠に日の目を見ることはないでしょう。
でも、さすがにタグ付きの新品を捨てるのは、もったいない気がします。
リサイクルショップに持って行っても二束三文の品だろうし・・・

あれこれ思案した挙句、最終的に選んだ道は
2017081602.jpg
「小物入れ in 押入れ」

最近増えた自転車用品をまとめ、バッグの中に入れてみました。
携帯用工具や輪行バッグの付属品等、こまごました物をまとめるのに丁度良いサイズです。
口が広いので、そのつど必要アイテムを出し入れしやすく、使い心地もバッチリ!

「好みに合わない物はすべて排除」という考えもアリだけど、たまにはこういう遊び心も良いもの。
自分ではまず買わない品だからこそ、その存在感が新鮮です。
押入れを開けるたびに今夏の楽しい思い出がよみがえり、つい顔がほころんでいます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

マイホーム修繕積立金に導入した新ルール

築25年の中古一戸建を購入した7年前から、「修繕積立金」を家計から引当しています。
当初の金額は月々4万円でした。

<その主な使い道>
2年目:外壁塗装 48万円
4年目:屋根の修理、2F和室の壁紙張替・畳替 32万円 
5年目:浴室リフォーム 102万円

気になる箇所のリフォームを一通り終えた後は月々3万円に減額し、現在に至ります。
<参考過去記事>
●15年度家計予算策定に向けて、修繕積立金を再検証しました(→2015年2/26の記事)


そんな修繕積立金に、このたび新ルールを導入しました。
セルフメンテ分の対価も修繕積立金から計上!

これまでは業者への支払いが主でした。
でも今後は自力で家屋のメンテナンス作業を行なった際にも、修繕積立金を利用します。
さっそく¥25,000を計上しました。

<その内訳>
①ストーブの分解掃除¥10,000
②ガスレンジの分解掃除¥10,000(→7/21の記事)
③キッチン水道蛇口の「レバー栓カートリッジ」交換¥5,000(→8/8の記事)

専門業者の料金を元にして、①~③それぞれの金額を算出しました。 
この¥25,000はpoohたちの労働による「収入」とみなし、家計費に記帳します。
もともと家計から引当した修繕積立金を戻しただけなので、傍目には単なる二度手間にしか見えないでしょう(笑)
でも、自分たちで方法を調べ、部品を用意し、頑張って作業した分なので、これはこれでアリ。
最近はもっぱら貯まる一方だった修繕積立金の有効利用法の1つ・・・と言えるかも。

まぁ10年後には再び外壁塗装等を業者依頼するつもりだし、いずれは何処かしらのリフォーム工事を思い立つかもしれません。
その時のために、しっかり資金を準備していこう・・・と考えながら、まずはセルフメンテに励んでいます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事