poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

夫婦2人でのアーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

ご飯が雑巾のニオイに?・・・少々怯えつつも挑戦してみました

玄米ご飯を食べるようになって以来、スーパーに行くたびにその品定めをしています。
そんな中、「発芽玄米」なる製品にも興味を持つようになりました。

<発芽玄米とは>
玄米を発芽させたもの。
血圧上昇を抑制するγ-アミノ酪酸(通称:ギャバ)が多く含まれている。


なかなか魅力的な品だけど、¥700/kgと発芽玄米は結構高価。
我が家のお米の購入目安は¥300台/kgですから、到底手が出るものではありません。

それなら自作してみよう!

調べたところ、発芽玄米の自作例はさまざまありました。
基本的な製法は、「約1~2日間、玄米をぬるま湯に浸す」  というところです。
玄米は植物の種ですから、水分を与え、適温(35℃くらい)を保っていれば良いのでしょう。
キモとなる水温キープには、ヨーグルトメーカーがぴったりだそうです。

まぁ! ヨーグルトメーカーなら、poohもタニカ製の「ヨーグルティア」を持っています。
よし、これで試してみようと思いきや、ここで衝撃の事実が発覚しました。

自家製発芽玄米は、雑巾くさくなりがち・・・らしい。

確かに30℃前後のぬるま湯は、雑菌が繁殖する絶好の環境。
「せっかく発芽させたのに、雑巾臭で食べられなかった」という失敗談もありました。
う~む、さすがのpoohもビビります。

いろいろ検討した結果、水に漬ける時間を短めにすることにしました。
雑菌が増える前に食してしまおうという魂胆です。

さっそく実行に移しました。
2017041601.jpg
ぬるま湯に玄米を浸します。
ヨーグルティアの容器には、密封用の内蓋も付いていますが、今回は使用しません。
取っ手蓋のみをセッティングし、空気の通りを良くしました。

本体にかぶせる外蓋も、ちょっぴり斜めにズラします。
2017041602.jpg
35℃で8時間保温した後は、ザルに上げて水洗い。
時間が短いせいか、心配されたニオイはありません(ホッ)
冷水に漬ける普段の玄米と比べると、粒がパンパンに膨らんで、水分がより多く含まれているように見受けられます。

しかし・・・肝心の「芽」は確認できず。

ネット上で紹介される発芽玄米の先端には、チョロっとした「芽」があります。
※画像はWikipedia(→こちら)から拝借しました。
220px-Hatsuga_genmai.jpg
でも、poohお手製の発芽玄米(を目指したもの)には、ここまでの突起物は見られません。
まぁ、玄米の品質によっては発芽しないものも多いというし、そもそも外殻から芽が顔を出すには8時間では短すぎるのも了承済み。
でも、粒の中で発芽現象が起きている可能性はあるような気がします。

もちろん、これはpoohの憶測に過ぎません。
でも、パッケージ越しに観察した市販の発芽玄米にも、芽らしきものは確認できなかったし、まぁ、こんなものだと都合良く解釈することにしました。(開き直り)

その後、圧力鍋で炊いてみました。
パンパンに吸水しているので、加熱時間も10分間と通常の玄米よりも短めです。
でも、その食感は確実にいつもと違いました。
甘味が増し、歯応えも心地よく、美味しさも抜群です!

命名:「pooh印のプレ発芽玄米」

結論的には、これを「発芽玄米」と称して良いのかは怪しいところです。
γ-アミノ酪酸なる物質が増えたかどうかも定かではありません。
でも、玄米の調理法として「ヨーグルティア」の使用は絶対オススメ!
大いに気に入ったので、今後しばらくは、このプレ発芽玄米でのご飯が続きそうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

我が家の年間家計を一挙公開! 一見、前年と同じですが、内情はまったく異なります

pooh家の家計は毎月24日締め、年度締めは3月です。
先日3/24に2016年度が終了しました。
アーリーリタイア生活もすっかり落ち着いた4年目は、一体どうだったのでしょうか?

※支出のみの公開
※ローンなしの持ち家。「家財・住居費」には修繕積立金(年間36万円)が含まれる
※水道光熱費の内訳については、先日検証済み(→3/15の記事)
※国民年金保険料(年間およそ20万円✕2人分)は別途管理
04022016家計費まとめ

年間支出総額は161万円・・・予算とする160万円をちょっぴりオーバーしました。
平均すると1ヶ月あたり13万円ちょっとで、夫婦2人が暮らせた計算になります。
前年もほぼ同額でしたから、まぁ、こんなもの?

いいえ、内情は前年とまったく異なります。

<2016年度の大きな変更点>
●交通・通信費・・・新聞購読をやめた。(→2016年3/27の記事)
●教養・娯楽費・・・旅行費が大幅増。(10月に九州、3月に函館に出かけました)
●前年は、5年に1度の火災保険料の支払いがあった。

この3項目だけでも大きな凸凹になるはずが、前年と同額で収まったのは単なる偶然。
でも、毎日好きな物をお腹いっぱい食べ、十分楽しく生活できた1年でした。
結論としては、2016年も二重丸だったといえましょう。

そんな訳で、既にスタートした2017年度も160万円で予算設定します。
でも、今後に向けてはちょっと気になる事項も・・・

それは家電の買い替え。
「家財・住居費」で管理しているこれらは、時に応じてドーンと金額が膨らみます。
2016年度はオーブンレンジ(¥32,184)、精米器(¥11,000)、布団乾燥機(¥9,000)で済んだけれど、いずれは冷蔵庫等の大型家電を買い替える日が来るはず。
(ちなみに2017年度は予定なし)

もちろん、その時が来ればドーンと一括払いで購入するつもりですが、家計的にはやはり打撃。
それならば・・・とpooh家の2人は考えました。

今年度からは、家財に対しても引当金を積もう!
<引当金 (ひきあてきん)とは>
将来の特定の支出や損失に備えるために、貸借対照表の負債の部(または資産の部の評価勘定)に繰り入れられる金額。


既に我が家では、家屋の修繕積立金として、毎月3万円ずつ引当金を積んでいます。
これに加えて、家財類にも同様の仕組みを導入することにしました。
過去の家計簿を遡って計算し、その金額は月々¥3,500、年間で¥42,000と設定したのです。

この引当金も踏まえて、2017年度の予算を組みました。
↓修繕積立金36万円+家財積立金¥42,000=¥402,000が、「家財・住居費」に含まれています。
2017家計予算0402

アーリーリタイア生活も5年目を迎えたけれど、まだまだいろいろと模索中です。
自分たちにとってのベストな家計管理法を目指して、2017年度も頑張ります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

ほっともっとの利用時に、私が最もこだわること

(株)プレナスの株主優待券が、年間¥500☓5枚☓2名義=¥5,000分届くので、時々、持ち帰り弁当「ほっともっと」を利用しています。
2017032502.jpg
自炊が面倒な時のお助けマン的イメージが強い持ち帰り弁当。
「ほっともっとで今夜は済ませちゃおう」といった具合に、その時の思いつきで来店する利用者が多いように見受けられます。

しかし、pooh家はちょっと違います。

我が家には“思いつき”の機会が、まずないのです。
献立決めは、いつも2、3週間前から計画を立て、粛々と実行するのがpooh家流。
特売時に買いだめした食材のストック状況を確認し、「◯日はコレを食べよう」、「その翌日はコレ」と、カレンダーに記入するスケジュールには、“思いつき”の余地などありません。

そのため、「ほっともっとを食べよう」とpooh家が心積もりするのは、最低でも10日前(笑)
事前にキャンペーン開催を知った時や、「この辺りで揚げ物を食べよう」と思い立った時に、計画的に組み込みます。

<参考過去記事>
●プレナスの株主優待、割引企画を活用してお得度UP!(→2014年10/28の記事)
●ほっともっとのチキン南蛮弁当の「南蛮」って?(→2015年3/27の記事)


更に、その利用タイミングを計る際に必ず念頭に置くのは・・・
プラスチックゴミの回収日です。

持ち帰り弁当は手軽だけれど、食後の容器がゴミになるのがネック。
結構かさばる物なので、何日間もゴミ箱に入れておくのはビミョーに気になります。
普段は細かいことを気にしない大雑把なpoohも、この点にはこだわります。

そんな訳で、我が家の「ほっともっとの日」は、いつもプラスチックゴミの回収日前日。
カレンダーの献立スケジュールには、たいてい1、2日のズレが生じるけれど、この日だけはキッチリカッチリ死守しています。

今回はコレを食べました。
(左)和風幕の内弁当 (右)20品目の彩り弁当 各¥500
2017032501.jpg
食べた後の容器は、軽く水洗いしてゴミ袋へ。
そして翌朝には、回収に出してしまいます。

現在手元に残っている株主優待券の有効期限は5月末日。
「あと2枚・・・これはいつ使おうかな?」と、相変わらずゴミの日を視野に入れながら、次回の利用日選定に勤しんでいます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

マイナー家電・精米器で実験してみました

玄米食のスタートをきっかけに、先月精米器を購入しました。
●参考過去記事
我が家の“三種の神器”はホームベーカリー、ヨーグルトメーカー、そして・・・(→2/1の記事)

2017020101.jpg
以来、我が家の米飯は、一気にバリエーションが拡大しました。
「今夜は焼き魚だから玄米ご飯」、「丼メニューには白米の方が合うはず」などと、日々おかずとの相性を考えながら、お米をセレクトしています。
家電としてはマイナーだけど、精米器は我が家向きのアイテムと言っても良いでしょう。

そんな中、気になっていたのが
精米器の“分つき米”モード

<“分(ぶ)つき米”とは?>
白米よりも精白度が低い米。
玄米表面のぬか層が残っているので、ビタミン・ミネラル・食物繊維といった栄養価が高い。
炊飯方法は白米と同様でOK。


表皮を3割削ったものが“3分つき”です。(ちなみに10分つき=白米)
poohの精米器の分つき米モードは、3分・5分・7分の3種類。
「数値が変わると、味はどのくらい違うのだろう?」という疑問が湧いてきます。

そんな訳で、食事のたびに各モードで精米器を稼働してみました。
精米比較表201703
↑玄米を2カップずつ精米し、それぞれ重量を計って廃棄率も計算。
当然のことながら、精白度が高まるごとに廃棄率も上昇しています。

5分つきしたものを玄米・白米と並べると、その色合いの違いがハッキリとわかりますね。
2017031570.jpg

もちろん炊き上がったご飯もそれぞれ異なります。
◆3分つき・・・やや茶色味がかかり、玄米ご飯風の香りもある。
2017031573.jpg

◆5分つき・・・3分つきと比べると色も香りも控えめ。
2017031572.jpg

◆7分つき・・・かなり白米に近い感じ。
2017031571.jpg

まぁ、敏感な味覚を持たないpooh家には、どれも「美味しい♡」で終わってしまうのも事実(笑)
結局のところは、非精米の玄米も含め、その時々の気分でモード選択することになりそうです。

「今日は5分つき米に押麦も混ぜて炊いてみよう」
「おにぎりにするなら、精米度を高めた方が美味しいのでは?」
毎日、あれこれ試行錯誤するのも楽しいものです
今や精米器はpoohにとって実験器具、いや、オモチャみたいな存在となっています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

“脚のびたくん”を導入しました。これで昼寝もバッチリ!?

夫・ケッチーくんの日課の1つ・・・それは昼寝です。
●参考過去記事:睡眠はアーリーリタイア人間の至福のひととき(→2014年6/4の記事)

PCデスクに座ったままだったり、畳の上だったりと、そのスタイルはさまざま。
今の季節は、リビングルームのコタツが定位置です。
2017021502.jpg
コタツ布団から顔だけ出して、スヤスヤ眠る彼は気持ち良さげ・・・と思いきや、実はケッチーくん、以前からある問題点を訴えていました。
「寝返りのたびに、コタツ天板が腰骨に当たっちゃうんだ」 

まぁ、動けないほどではないし・・・と我慢していた彼も、遂に改善を決意したよう。
ホームセンターに出かけ、こんな物を購入してきました。
2017031340.jpg
その名も “脚のびたくん” ¥950
コタツやテーブルの底上げグッズです。

使い方は簡単です。
2017031342.jpg
小さなプランター状の継ぎ脚の中に、コタツの脚を入れるだけ。
底上げ値は5センチ、または7センチと、2種類から選べます。

pooh家は5センチアップを試みました。
2017031344.jpg

ちょっとブカブカした様子は、長靴を履いた子供の脚みたい(笑)
2017031345.jpg

たった5センチアップでも、その効果は抜群です。
パッケージと同様、ケッチーくんも天板に当たることなく楽々と寝返りが打てるようになりました。
2017031343.jpg
更に快適な昼寝空間を得て、彼も大満足♪
でも、真の安眠妨害物は未だ幅を効かせています。

それは、コタツ内のスペース占拠を目論むpoohです。
「キミの脚、ジャマ」、「そっちこそアッチ行け」という天板下の仁義なき戦い(=蹴り合い)は、まだまだ終わりそうにありません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ