poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

先月までその名称も知らなかったのに・・・私、「輪行」デビューしちゃいました

3年半前のアーリーリタイアをきっかけに、趣味の世界を次々と開拓しているpooh。
お菓子作り、鉄道旅行、将棋、カメラ・・・以前はまったく無関心だった事柄を存分に楽しんでいます。(但し、どれもテキトー感満載)
このたび、またしても新ジャンルに首を突っ込みました。

それは“輪行”です。
<輪行(りんこう)とは?>
公共交通機関を使用して自転車を運ぶこと。
サイクリストや自転車旅行者が、行程の一部を自走せず省略するために使う手段。
公共交通機関を利用しない自走以外の移動(例えば自家用車積載)は輪行とは呼ばない。


コトの発端は、今回1泊2日で訪れた帯広。
初日は「ばんえい競馬」の観戦(→6/9の記事)、さて2日目は? と、事前計画を立てていた際に、折りたたみ式レンタサイクルの存在を発見しました。
その名も、「とかっちゃレンタサイクル」(→オフィシャルサイト)です。

バス会社によっては、折りたたみ式であろうとも「輪行NG」の所もありますが、ここ帯広の十勝バスでは問題ありません。(但し十勝管内のみ。都市間高速バスでは不可)
それどころか、とかっちゃレンタサイクルと連動した特典まで用意されています。

●十勝バスの1日乗車券「乗放きっぷ」を提示すると、自転車レンタル料が1日¥300!

ちなみにママチャリ、クロスバイク等のレンタル時には、この特典は適用されません。
折りたたみ式限定で、通常¥800の料金が¥300になります。(9:30~17:30の「1日コース」)
「乗放きっぷ」は、①帯広市内限定の1dayきっぷ(¥900)、②十勝管内すべてで利用できる2dayきっぷ(¥3,900)の2種類で、pooh家は①を利用しました。

そして迎えた当日、レンタサイクルの手続きを終えて帯広駅前を出発。
覚悟していたとは言え、輪行バッグ入りの自転車はかなりの重さ(15kg☓2台)です。
2017061100.jpg
南に向かう「広尾線」のバスに揺られること1時間。
乗放きっぷ対象エリアギリギリのバス停「大正30号」で途中降車しました。

周囲は広~い畑しかなく、時折車が往来するだけ。
pooh家の2人は、その道端で自転車を組み立て始めたのです。
<before>
2017061101.jpg

<after>
2017061102.jpg
前日の申込み時にレクチャーを受けたとは言え、ちゃんと組み立てられるかどうかドキドキものでしたが、無事に完成(ホッ)
さぁ、5時間・30kmに及ぶサイクリングのスタート!

・・・もちろん、ヘナチョコ・サイクリストですから、延々と5時間走り続けた訳ではありません。
どちらかと言うと休憩時間の方が長かったような(笑)
でも、
 ①ジンギスカンと言えばココ!とも言われる「白樺」(→オフィシャルサイト)
 ②15,000坪もの面積を誇る観光ガーデン「紫竹ガーデン」(→オフィシャルサイト)
 ③手作りチーズやジェラートで人気の「十勝野フロマージュ」 (→オフィシャルサイト)
 ④1987年に廃駅となった後も観光地として名高い「幸福駅」(→オフィシャルサイト)
などを中心に、精力的に回りました。

最後は再び十勝バスのバス停「幸福」の前で自転車を畳み、バッグに入れて帯広駅へ。
2017061105.jpg
バス停→帯広駅まではおよそ25km。
自転車だけでは到底来られないエリアでサイクリングを楽しめたのは輪行のおかげです。
とても充実した1日でした。

でも、輪行は決して万人向けではないのも事実でしょう。
四十路オンナとしては力持ちなpoohでも、15kgの自転車を携えてのバスの乗り降りは、かなりギリギリ感に満ちたものでした。
長距離サイクリングよりも、自転車を運ぶためのパワーが重要・・・というのが今回の教訓です。

さて、本日の記事は道中の風景写真でシメましょう。
広い青空と大地、これが初夏の北海道・十勝です。
2017061103.jpg
2017061106.jpg
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

キャッチフレーズは「馬の一発逆転ライブショー」だそうです

世界で唯一とも言われる、「ばんえい競馬」をご存知ですか?

<ばんえい競馬とは?>
最大1トンにも及ぶ鉄ソリを使った競馬レース。
一般的な平地競馬とは違い、馬のパワーと持久力、そして障害(坂)を超える際の騎手のテクニックが勝負を左右する。
(→ばんえい十勝のオフィシャルサイト)

開拓期の北海道では、木材運搬用の馬の力比べとして、各地で行われていたそうです。
その後、公営競技(地方競馬)となり、2006年までは旭川・岩見沢・北見でも開催されていましたが、現在は帯広市のみとなりました。
以前から「ばん馬」に興味津々だったpooh家、このたび念願叶って出かけることに。

※白地図はCraftMAPを利用
札幌帯広地図
札幌→帯広はJR特急でおよそ2時間半かかります。
帯広駅→競馬場は「タクシーで7分、路線バスなら10分」ですが、お天気も良かったのでpooh家は徒歩で向かいました。
せっかくここまで来たからには、その舞台裏も覗いてみようと、「ばんえい競馬バックヤードツアー」なるものにも参加。
2017060901.jpg
<バックヤードツアー概要>
●受付時間:ナイター開催時(4/21~11/20) 開門時刻~14:00
●受付場所:総合案内所(スタンド1階奥)
●料金:大人¥500(おみやげ付き)/小学生以下無料(おみやげ無し)
●定員:20名
※開門時刻は土日13:00、月曜日は13:30
※競馬場入場料として、別途¥100かかります

馬と競馬関係者が共に生活する厩舎地区等、一般人は通常入ることができないエリアも見学でき、なかなか面白いツアーでした。
おみやげとしてクリアファイル、ポストカード、ポケットティッシュもいただきましたよ。
2017060903.jpg
※画像は2人分

さて、ツアー終了後はコース近くで観戦です。
200メートルの直線コースを併走しながら応援できるのも、この競馬の魅力でしょう。
「馬の一発逆転ライブショー」のキャッチフレーズどおり、スタートダッシュを切った馬が必ずしも上位になる訳ではない点に、親近感を覚えました。
2017060902.jpg
それにしても、サラブレットの倍近い重量(約1トン)のばん馬は、本当に巨大!
このパワーみなぎる勇姿に、「北斗の拳」のラオウの愛馬・黒王号を重ね合わせるのは、おそらくpoohだけではないはずです(笑)
2017040603.jpg
ちなみに、このばんえい競馬は春~秋はもちろん、真冬も開催しているそう。(毎週土・日・月)
北海道の中でも寒いことで有名な帯広だけど、次は冬季レースも観てみたいなぁ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

キッチリカッチリ人間ゆえの悩み

生来のキッチリカッチリ人間だからでしょうか?
poohは「無造作」が苦手です。
「肩の力を抜いたナチュラル感」なるものに憧れつつも、どうも上手くいきません。

その傾向が顕著に表れているのが髪の毛でしょう。
まとめ髪をする際には、必要以上にピシッとスタイリングしてしまいます。
理想とするのはこんな感じ↓なのに・・・.
くるりんぱ2
ふんわりとおくれ毛があった方がオシャレだろうな・・・と思いつつも、いざ実践となると、顔周りや首がかゆくて耐えられません。
結局、ギューギューにまとめ上げてしまっています。

インテリアも同様です。
オシャレ・カフェ的な雰囲気のある部屋を見ると、マネしたくなります。
例えば、こんなイメージ↓
無造作インテリア
自分の好きなものが詰まった部屋は、ホコリすらオシャレでステキですが、現実の我が家は素っ気なさの方が前面に。
自分の身繕いにせよ、室内の調度品にせよ、どうもpoohは「色気」に欠けているようです。

色気とは関係ないのですが、実は当ブログも「不定期更新」をうたっていながら、キッチリカッチリと隔日ペースを貫いています。
ここにも、無造作を苦手とする己を痛感します。

でも、傍目から見ると四角四面なようでいて、実はこれがpoohにとっての快適なスタイル。
最近では「これも個性」と、すっかり開き直っています。
そんな訳で、今後もナチュラルとは無縁のまま、キッチリカッチリ暮らしていこうと考えているpoohなのでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

大泉洋ちゃん御用達!・・・と聞けば、もう黙っていられません

「好きな芸能人は?」と問われたら、「大泉洋ちゃん!」と夫婦揃って答える我が家。
あの天才的なしゃべり、独特の存在感、彼は北海道の財産です。
全然イケメンではないのに、いつのまにか“いいオトコ”の雰囲気も醸し出すようになってきたのも、ファンとしては嬉しい限りです。

そんな洋ちゃんが先日のテレビで、ある飲食店を紹介していました。
「こんなに美味しいのに、今まで食べていなかったのが不思議」と、彼は熱く語っていたのです。

「それは行かねば」ということで、pooh家が鼻息荒く向かった先は・・・
2017060502.jpg
札幌・ススキノのおにぎり専門店、その名も「にぎりめし」(→食べログの記事)
歓楽街ススキノの中心部、「すすきの市場」の中にあるお店です。
そのわかりやすい立地はもちろん、テイクアウトもイートインもOKという使い勝手の良さも魅力的。

ただし、このお店、夜はかなり混雑しているそうです。
「呑みの〆は、にぎりめしのおにぎり」というのが、最近のススキノのトレンドだとか。
おそらくランチ時も賑わっているに違いありません。

でも、ご安心下さい。
小さなおにぎり専門店でありながら、なんとここは24時間営業なのです。
平日16時過ぎに訪れたpooh家は、スムーズにイートインコーナーに着席できました。

今回オーダーしたのは、洋ちゃんオススメの醤油おにぎり。
にぎりめしにはベーシックな塩味おにぎりもありますが、「ここは絶対、醤油」と彼がキッパリと言い放っていたからです。
具材は「山わさび納豆」、「さばトロ」(各¥280)、そして「たらこバター」(¥250)☓2個をセレクト。
2017060501.jpg
おぉっ、美味しそう(興奮)!

醤油を手に塗りつけて、ふんわりと握ったおにぎりの美味しさは確かに絶品。
実はここに来る前、勝手にその味を想像してpoohも醤油おにぎりを作ってみたのですが、実物はまったく異なるものでした。
どうやら“たまり醤油”を思い切り塗り込んで握っているようです。

「洋ちゃんも、この味を堪能したんだねぇ」と、しみじみ感動しながら味わったおにぎり。
しっかりと舌に念写してきたので(たぶん)、今度こそ自力再現に挑戦しようと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

私・・・「まむし指」なんです

皆さん、「まむし指」ってご存知ですか?
指の悩みとして時々話題になるものです。

実はpoohもまむし指です。
でも、アナタが思い浮かべたまむし指と、poohの症状は別物かもしれません。
まむし指には全く異なる2つのパターンがあるのです。

①:短指症の一種で、親指の先が短いもの。横長の爪の形が特徴。
②:ピアノを弾く際に、本来はアーチ状になるべき指の関節が逆方向に凹むこと。


①のまむし指を持つ有名人といえば、元AKBの篠田麻里子や山瀬まみ、松嶋菜々子、浅野ゆう子・・・とそうそうたるメンツ。
しかし、poohは②です。
小指の第二関節がべコッと内側に入ってしまいます。
まむし指
調べた限り、この②タイプの有名人は見つかりませんでした。
でも素人ピアノ弾きには、結構多く見受けられるものだそうです。
特に関節が柔らかい子供だと、親指から小指まですべての指がまむし・・・というケースも。
実際、かつてのpoohがそうでした。

矯正法は指そのものを鍛えるのみ・・・と小学生時代に教わり、ひたすら指が凹まないよう意識して練習に励んだチビpooh。
そのおかげでかなり改善しましたが、小指だけは未だにこの悪癖に悩まされています。
関節が凹むと指の動きが鈍くなって演奏にも支障が出るし、腱を痛める原因にもなりかねません。

また、指が疲れやすいのも悩みです。
最近、久々の新曲に取り組み始めたpooh、積極的に練習したいのに、30分も弾くと小指がけいれんし始めるという有様です。
かつてのトレーニングを思い出し、とにかく正常形のキープに努めていますが、果たして克服できるのでしょうか(遠い目)

「くぅっ、この小指がニクイ・・・」
ベコッと凹む関節と、只今格闘中です。
それにしても「マムシ」とはよくぞ言ったものだと、ミョーなところで感心もしているpoohなのでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ